バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

THE BEATLES / LIVE AT THE HOLLYWOOD BOWL
【2016/09/29 20:51】 音楽ひ
THE BEATLES / LIVE AT THE HOLLYWOOD BOWL(2016)
 ザ・ビートルズ / ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル

beatleslibeat.jpg

1 : Twist And Shout 1:33
2 : She's A Woman 3:12
3 : Dizzy Miss Lizzy 3:39
4 : Ticket To Ride 2:26
5 : Can't Buy Me Love 2:14
6 : Things We Said Today 2:18
7 : Roll Over Beethoven 2:13
8 : Boys 2:08
9 : A Hard Day's Night 3:13
10 : Help! 2:52
11 : All My Loving 2:15
12 : She Loves You 3:10
13 : Long Tall Sally 2:04
14 : You Can't Do That (Bonus Track)2:34
15 : I Want To Hold Your Hand (Bonus Track)2:29
16 : Everybody’s Trying To Be My Baby (Bonus Track)2:21
17 : Baby's In Black (Bonus Track)2:44


ザ・ビートルズがライヴ・バンドとして最も輝いていた1964年と1965年、
ロサンジェルスのハリウッド・ボウルで行われ、いずれもソールド・アウトになった
3回の公演の歓びに満ちたエネルギーをとらえたニュー・アルバム!
1977年に発売となった13曲入りのアナログ盤(邦題:『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ! 』)は
すでに廃盤となっていますが、今作はそのアルバムの単なるリイシューではなく、コンサートの
オリジナル3トラックのテープを直接のソースにして作られた、全く新しいアルバムです。
コンサート会場の熱気と興奮を保持しつつ、現在望みうる最高の鮮明さと音質でバンドの
パフォーマンスを再現するため、グラミーを受賞したプロデューサーのジャイルズ・マーティンと、
同じくグラミーを受賞したエンジニアのサム・オーケルは、ジャイルズの父である
サー・ジョージ・マーティンがプロデュースしたオリジナル・アルバム収録の13曲の他に、
この歴史的なコンサートから「4曲」の未発表レコーディング曲を新たに追加、
アビイ・ロード・スタジオで念入りなリミックスとリマスターを施しました。




当時、このレコードは中学生だった僕(とその同級生のビートルズ・ファン)にとっては、
彼等の解散後に発売される初の新盤だったのですが、意外と熱狂しなかった記憶がある。

観客の声(絶叫!?)が大きすぎて、肝心の演奏が聴き難いという噂(事実?)が広まり、
お金のない子供にはこれ(ライブ盤)を買うより、スタジオ盤を買ったほうが
はるかに合理的だったという判断が下され、結局誰も買わなかったと思う。

いや、僕の隣の席の娘が一人だけ、買ったかも・・・。
彼女は当時の少女にしては珍しくビートルズ・ファンだった変わりもの!?で、
なんとなく彼女だけがこのライブ盤を買ったような記憶がある。

でもこのレコードを録音してもらったカセットテープも存在していないし、と昔のことを
思い出していたところ、このライブ盤に限らず、ビートルズの曲を録音したカセットテープって、
そもそも一本も持っていないことに気が付いた。

僕が持っていたビートルズのレコードは、“ハード・デイズ・ナイト”、“サージェント・ペパーズ”、
“ホワイト・アルバム”、“アビイ・ロード”の4枚。それと赤盤と青盤。

それ以外のものは、友人が買って、それぞれ貸し借りしたり、家に聴きに行ったりしていた。
でも、何故かカセットテープに録音しなかったんですよ・・・。
それでも友人のレコードのものでも、ちゃんと曲順まで覚えていたので、集中力はあったんですね(笑)

で、このライブ盤、初めて聴くのかなと思ったら、聴いていましたね。
少なくとも①から③までは曲順通りに覚えていたので、これも借りて聴いたのかな・・・?

それで感想なんですけど、“ザ・ビートルズ 1”の時のような無駄な期待はせずに聴きましたが、
今回はちょっと“音”に感動しました。

まずはリンゴのドラム!
いや~、こんなにカッコ良かったんですね(^_^;)
ジョンやジョージが、ソロになってもリンゴにドラムを頼んでいたのは、彼のドラムが一番
歌いやすいからだと、二人の内のどちらかが答えていましたが、そういう問題では無く、
単純にドラマーとして、カッコいいと思いました。
音の分離が良くなって、聴きやすくなった恩恵ですね。

ポールのベースはいまさらながらですが、上手いとしか言いようがないです。

ジョンとジョージのギターは、同じチャンネルの中ですが、それでも分かりやすくなっていて、
ジョンの“All My Loving”におけるリズムギターとか、ジョージのカントリータッチのソロとか、
聴き応えタップリです。

ただ、あくまでも昔からのビートルズ・ファンに向けての作品であって、これからビートルズを
聴きたいなという方々には向きません。と言うか、もっと先にオススメする作品はいっぱいあります。

そうそうジャケット・デザインって、何故変更?
映画のためか?
確かに“EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years”の文字がありますね。
でもそれとこれとは別じゃないのか・・・?
ロン・ハワード監督のドキュメンタリーは興味がありますが、ライブ盤は昔の写真で出してほしかった。

☆The Beatles: Live At The Hollywood Bowl (official trailer)



これが1977年版の音です↓

☆ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!








スポンサーサイト

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

THE BEATLES 1+
【2015/12/23 14:48】 音楽ひ
THE BEATLES 1+(2015)
 ザ・ビートルズ 1+ ~デラックス・エディション~(完全生産限定盤)
 (CD+2Blu-ray) CD+Blu-ray, Limited Edition, SHM-CD

beatles1-1.jpg

ディスク:1

1. ラヴ・ミー・ドゥ (MONO)
2. フロム・ミー・トゥ・ユー (MONO)
3. シー・ラヴズ・ユー (MONO)
4. 抱きしめたい
5. キャント・バイ・ミー・ラヴ
6. ア・ハード・デイズ・ナイト
7. アイ・フィール・ファイン
8. エイト・デイズ・ア・ウィーク
9. 涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド)
10. ヘルプ!
11. イエスタデイ
12. デイ・トリッパー
13. 恋を抱きしめよう
14. ペイパーバック・ライター
15. イエロー・サブマリン
16. エリナー・リグビー
17. ペニー・レイン
18. 愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)
19. ハロー・グッドバイ
20. レディ・マドンナ
21. ヘイ・ジュード
22. ゲット・バック
23. ジョンとヨーコのバラード
24. サムシング
25. カム・トゥゲザー
26. レット・イット・ビー
27. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード


ディスク:2

1. ラヴ・ミー・ドゥ
2. フロム・ミー・トゥ・ユー
3. シー・ラヴズ・ユー
4. 抱きしめたい
5. キャント・バイ・ミー・ラヴ
6. ア・ハード・デイズ・ナイト
7. アイ・フィール・ファイン
8. エイト・デイズ・ア・ウィーク
9. 涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド)
10. ヘルプ!
11. イエスタデイ
12. デイ・トリッパー
13. 恋を抱きしめよう
14. ペイパーバック・ライター
15. イエロー・サブマリン
16. エリナー・リグビー
17. ペニー・レイン
18. 愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)
19. ハロー・グッドバイ
20. レディ・マドンナ
21. ヘイ・ジュード
22. ゲット・バック
23. ジョンとヨーコのバラード
24. サムシング
25. カム・トゥゲザー
26. レット・イット・ビー
27. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード


ディスク:3

1. ツイスト・アンド・シャウト
2. ベイビー・イッツ・ユー
3. ワーズ・オブ・ラヴ
4. プリーズ・プリーズ・ミー
5. アイ・フィール・ファイン (オルタネイト・ヴァージョン)
6. デイ・トリッパー (オルタネイト・ヴァージョン)
7. デイ・トリッパー (オルタネイト・ヴァージョン)
8. 恋を抱きしめよう (オルタネイト・ヴァージョン)
9. ペイパーバック・ライター (オルタネイト・ヴァージョン)
10. レイン (オルタネイト・ヴァージョン)
11. レイン (オルタネイト・ヴァージョン)
12. ストロベリー・フィールズ・フォーエバー
13. ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー/トゥモロー・ネバー・ノウズ
14. ア・デイ・イン・ザ・ライフ
15. ハロー・グッドバイ (オルタネイト・ヴァージョン)
16. ハロー・グッドバイ (オルタネイト・ヴァージョン)
17. ヘイ・ブルドッグ
18. ヘイ・ジュード (オルタネイト・ヴァージョン)
19. レボリューション
20. ゲット・バック (オルタネイト・ヴァージョン)
21. ドント・レット・ミー・ダウン
22. フリー・アズ・ア・バード
23. リアル・ラヴ





『ザ・ビートルズ 1』 2015年11月6日世界同時発売!

2000年にリリースされ、これまでに全世界で3200万枚、日本でも320万枚のセールスを記録している
大ベストセラーアルバム『ザ・ビートルズ1』の最新版が登場!
今回発売される『ザ・ビートルズ1』は、CDのみならず映像作品としても発売され、
音源はジョージ・マーティンの息子であるジャイルズ・マーティンが担当。
アナログ・マスターから全く新しいステレオ・ミックスがほどこされ、
DVDとブルーレイには5.1サラウンドの音源も収録されています。
ビートルズ初のミュージック・ビデオ集ともなる今作は、最新のデジタル技術で修復(4K/2K)された
驚きの高画質映像により、1stシングル「ラヴ・ミー・ドゥー」からラスト・シングルの
「ロング・アンド・ワインディング・ロード」までのミュージック・ビデオを瑞々しい画質でお楽しみいただけます。
また、同時に発売される豪華な『ザ・ビートルズ 1+ ~デラックス・エディション』(CD+2DVD もしくは
CD+2ブルーレイ)には、計23曲のレア映像のほか、オリジナル・ミュージック・ビデオの別ヴァージョンなどを
収録したボーナス映像ディスクとスペシャル・ブックレットが付き、 総時間3時間40分を超えるミュージック・ビデオを
楽しむことが出来ます。
まさに<究極のビートルズ>を体験できる、<究極のベスト盤>の登場です! !

★国内盤のCDはSHM-CD仕様です。
は驚きの限定スペシャル・プライスです! (初回限定盤です)
★「SHM-CD+映像付商品」は4種(1234)とも限定盤です。
特に「デラックス・エディション」に付く映像の“ボーナス・ディスク"は、
「完全限定生産盤」ですのでお早めにご予約ください。
★『ザ・ビートルズ 1+ ~デラックス・エディション』は、「23トラックのビデオを収録したボーナス・ディスク」と
「スペシャル・ブックレット付! 」 映像は合計50トラック/3時間40分を超える
究極の<ビートルズ・ミュージック・パッケージ>です!
★映像にはのVIDEO EXTRASとして、ポールの音声コメンタリーが3曲、リンゴ・スター映像解説が4曲入ります。
なお、デラックス・エディションのボーナス・ディスクにはポールの音声コメンタリーがさらにもう1曲入ります。



beatles1-2.jpg

商品説明が長くて申し訳ない(^_^;)
このブログは自分の備忘録でもあるので・・・。

え~、ビートルズ1なんてまったく買う気はなかったのですが、雑誌の広告にジャイルズ・マーティンが
アナログ・マスターから新たにステレオ・リミックスにしたとか、BDは5.1チャンネルだとか書いてあった
ので、おもわず購入予約してしまいました。

で、販売日当日、友人が来て、ビートルズ1当然買ったよねというので、いや別に買う気は無かったけど、
ステレオ・リミックスがどうなのか聴きたくて買っちゃったと答えたら、ビートルズ・ファンって、オリジナル
音源にこだわる人間が多いけど理解できないという話で盛り上がり、ジャイルスがリミックスしたなら、“LOVE”
みたいなぶっ飛んだ音になっているといいな~なんていう意見で落ち着きました。

で、聴いたみたら、なんだ今迄通りじゃん。
多少音は良くなったかな~ぐらい。
おいおいですよ。

冷静に考えたら(考えるまでも無いけど・・・)、我が家は5.1チャンに未だなっていないので、サラウンドはまだ
体験できないし・・・。
友人の家に行って、体験しないといけない。
そうそう友人は5.1チャンは凄いよーと言っていました。
老後の楽しみですね(^_^;)

ビートルズ1は別に買う必要ないですよ(笑)




テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

平井 大 / Slow & Easy
【2015/06/07 20:56】 音楽ひ
平井 大 / Slow & Easy



ラジオで初めて聴いたときは、ジェイソン・ムラーズのカヴァー?と一瞬思ったけど、
どうやら違っていました・・・(^_^;)。

この人のこと初めて知りましたが、なかなか気持ちいいですね。

まさに夏!

海岸線のドライブにピッタリです。



テーマ:J-POP - ジャンル:音楽

THE BEATLES / THE U.S. BOX
【2014/01/29 19:18】 音楽ひ
THE BEATLES / THE U.S. BOX (初回生産限定盤)(豪華BOX仕様)
 ザ・ビートルズ THE U.S.BOX

71FRIfCeLJL1234.jpg

(解説)

アメリカ上陸50年を記念し、USオリジナル盤が CDで復刻発売!

2014年はアメリカ上陸、そして日本デビュー50周年のメモリアル・イヤー!
1964年2月7日、ビートルズは3000人ものファンの絶叫が響き渡るジョン・F・ケネディ空港に降り立った。
そして、以後2週の間にアメリカ最大の人気テレビ番組『エド・サリヴァン・ショー』に3回連続出演、
ワシントンDCとニューヨークでのコンサートを挙行。
アメリカ全土を熱狂の渦に巻き込み、ショー・ビジネス史をまったく新しい
ディケイドに突入させて、イギリスに凱旋帰国を果たした。
その後もアメリカではビートルズ熱が冷めず、すでに全米シングル・チャート1位を
独走していた「抱きしめたい」に続いてビートルズの曲が大量にランクイン。
4月4日付チャートでは、1位から5位までを独占する空前絶後の大記録を樹立した。
その熱気はすぐに日本を含む各国に伝播、同年の夏には初の主演映画『ハード・デイズ・ナイト』が公開され、
世界を股にかけたビートルズ・ブームが始まった。
64年はビートルズにとって、そしてそれ以上にファンにとって、
忘れられないメモリアル・イヤーなのである。
それから50年の節目となるのを記念して、2014年、ビートルズの
アメリカ編集アルバム13組がCDボックス・セットで復刻されることになった。

■初回生産限定盤
※限定盤の為在庫がなくなり次第終了となります、ご予約はお早目に
■豪華BOX仕様
■USオリジナル・アルバムCD13枚組
■モノ・ステレオ収録
(※「ザ・ビートルズ・ストーリー」「ヘイジュード」はステレオのみ)
■日本盤のみオリジナル・キャピトルLPに準じたA式表張り仕様 紙ジャケット
■64ページ英文ブックレット
■英文ブックレット対訳/日本語解説/歌詞・対訳
■初CD化5枚
(ハード・デイズ・ナイト/ザ・ビートルズ・ストーリー/イエスタデイ・アンド・トゥデイ/ヘイ・ジュード/US盤リボルバー)



CD1:ミート・ザ・ビートルズ
CD2:ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム
CD3:ハード・デイズ・ナイト
CD4:サムシング・ニュー
CD5:ザ・ビートルズ・ストーリー (* ステレオのみ )
CD6:ビートルズ`65
CD7:アーリー・ビートルズ
CD8:ビートルズVI
CD9:ヘルプ!
CD10:ラバー・ソウル
CD11:イエスタデイ・アンド・トゥデイ
CD12:リボルバー
CD13:ヘイ・ジュード (*ステレオのみ)


919St1j8V12345.jpg

ビートルズ来日40周年記念の2006年に、「ザ・ビートルズ'65 BOX」というものが発売されました。
米CAPITOLが65年に発売した4枚をBOXにした「THE CAPITOL ALBUMS VOL.2」というもので、
その名の通りVOL.1がそれ以前に発売されており、あとはVOL.3を発売してくれればよかったのですが、
今回このような何考えているんだ!?というような、13枚ものBOXものが発売されてしまいました。

初CD化の5枚とHollywood Bowlのライブ盤を売ってくれればよかったのに・・・。

ビートルズのファンの方もお金が飛んでいきますね(泣)。

一般の方にはオススメしません。
物好きな方だけです、はい。

去年の年末からかなりの枚数のCDを買っている(アホですね)ので、これはそのうちゆっくり聴きます。


テーマ:ビートルズ関連 - ジャンル:音楽

PINKのあれこれ
【2013/11/29 20:22】 音楽ひ
デビューしたころは確かヒップホップよりの人だったと思うんだけど、
知らない間にロック歌手になっていたPINKです。

彼女のCDは一枚も持っていませんが、良い曲多いですね。

P!nk - Perfect



P!nk - Stupid Girls



P!nk - So What



P!nk - Raise Your Glass



P!nk - Please Don't Leave Me





テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB