バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

Bobby Charles(1972年)
【2016/10/17 21:11】 音楽ほ
Bobby Charles(1972年)
 ボビー・チャールズ

BobbyCharles-1.jpg

01. ストリート・ピープル
02. ロング・フェイス
03. アイ・マスト・ビー・イン・ア・グッド・プレイス・ナウ
04. セイヴ・ミー・ジーザス
05. ヒーズ・ガット・オール・ザ・ウィスキー
06. スモール・タウン・トーク
07. レット・ユアセルフ・ゴー
08. グロウ・トゥー・オールド
09. アイム・ザット・ウェイ
10. テネシー・ブルース
11. スモール・タウン・トーク (シングル・ヴァージョン) (Bonus Tracks)
12. ホームメイド・ソングス (Bonus Tracks)


米国のシンガー&ソング・ライター、ボビー・チャールズのファースト・アルバム(1972年作品)
ベアズヴィルよりリリース。

ボビー・チャールズ(本名Robert Charles Guidry)は米国ルイジアナ州アブヴィル生まれ。
(1938年2月21日~2010年1月14日 / 満71歳没)
1955年にチェス・レコードからデビュー。




BobbyCharles-2.jpg

名前もアルバム・ジャケットも知っているし、いつか欲しいな~とも思っているけど、
なかなか買わなかった作品たちの内の一枚がこれ。

プロデュースはボビー・チャールズ、ザ・バンドのベーシストであるリック・ダンコ、
そしてジョン・サイモンの三人による共同作品。

参加メンバーがスゴイ。
ロビー・ロバートソンを除くザ・バンドのメンバー、
ロビーの代わりに?ギターはエイモス・ギャレット、
ドクター・ジョン、ジェフ・マルダー、ベン・キース、デイヴィッド・サンボーン etc・・・

音は面子から想像できるとおりのウッドストック・サウンドにニュー・オーリンズ的な南部の
スパイスが加わったゆったりとした、それでいてファンキーなもの。

ボビーの歌声は緩くて素朴で温かい。

曲は全曲、彼自身か共作によるもの。
駄作なし。名曲だらけ。渋いけど。

買って良かったと思える傑作。
というか、もっと早く手に入れるべきだった・・・(^_^;)

☆BOBBY CHARLES - Small Town Talk



☆Bobby Charles - Tennessee Blues







スポンサーサイト

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

ボブ・ディランにノーベル文学賞
【2016/10/13 21:46】 音楽ほ
ボブ・ディランにノーベル文学賞

米国のミュージシャンで作詞家のボブ・ディラン(Bob Dylan)さん(75)が、
2016年のノーベル文学賞に決まったと13日、スウェーデン・アカデミーが発表した。
賞金は800万スウェーデンクローナ(約9400万円)で、授賞式は12月10日、ストックホルムで行われる。
米国人のノーベル文学賞受賞は1993年のトニ・モリスン以来で、11人目。

朝日新聞より




おめでとうございます。

へ~、ですけど(笑)

僕にとってディランは1975年リリースの“血の轍”。

いまだにこんがらがって、よくわかりませんが・・・(^_^;)

Bob Dylan - Tangled Up In Blue



Bob Dylan - Shelter From the Storm



Bob Dylan - Idiot Wind







テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

Poco / Call It Love
【2015/06/13 21:44】 音楽ほ
Poco / Call It Love



先日ラジオで聴いて、懐かしさのあまりアップしました(笑)。
如何にもアメリカの西海岸らしいロックン・ロールです。
この曲はポコの歴史の中では新しい方ですね。
PVがあるし・・・。

ポコといえば、メンバーが凄かった。

バッファロー・スプリングフィールドが解散し、メンバーのリッチー・フューレイとジム・メッシーナが、
ランディ・マイズナー、ラスティー・ヤング、ジョージ・グランサムを加えてポコを結成した。

マイズナーは勿論、イーグルスのベーシスト。
そのマイズナーの後釜がティモシー・B・シュミット。
ティモシーが後にイーグルスに加入するのはご存じの通り。



テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

ボビー・ウーマック氏、死去
【2014/06/28 19:39】 音楽ほ
アメリカを代表するソウル歌手で、ローリング・ストーンズなど多くのミュージシャンに
影響を与えたことでも知られるボビー・ウーマックさんが27日、亡くなりました。
70歳でした。

以外と若かったのでビックリしました。
80歳ぐらいかと思っていました。

彼の曲はいろいろ聴いているのですが、オリジナルを聴くのは今日が初めてかな(^_^;)。
カバーが有名なんですよね・・・。

Bobby Womack / WOMAN'S GOTTA HAVE IT



Bobby Womack / Gypsy Woman



Bobby Womack / It's All Over Now




テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

ボブ・ディラン30周年記念コンサート
【2014/04/01 20:11】 音楽ほ
ボブ・ディラン30周年記念コンサート

51o72t4RfpL.jpg

1992年10月16日NYのマジソン・スクエア・ガーデンで行なわれた、
ボブ・ディランのデビュー30周年を祝う、
豪華絢爛ゲスト陣を迎えた伝説のトリビュート・コンサート、通称“BOBFEST"。
完全ソールドアウト18000人のオーディエンスを前に、ディランの名曲をスーパースター達が演奏。
今は亡きジョージ・ハリスン(ビートルズ)、ジョニー・キャッシュ、ルー・リードをはじめ、
ニール・ヤング、エリック・クラプトンなどもう二度とあり得ない奇跡的なコンサート。
最後にはディラン本人も登場し、大円団はステージに全員が登場し「天国の扉」を大合唱。

ソング・リスト

1. Like A Rolling Stone - John Mellencamp
2. Blowin’ In The Wind - Stevie Wonder
3. Foot Of Pride - Lou Reed
4. Masters Of War - Eddie Vedder/Mike McCready
5. The Times They Are A Changin’- Tracy Chapman
6. It Ain’t Me Babe - June Carter Cash/Johnny Cash
7. What Was It You Wanted - Willie Nelson
8. I’ll Be Your Baby Tonight - Kris Kristofferson
9. Highway 61 Revisited - Johnny Winter
10. Seven Days - Ron Wood
11. Just Like A Woman - Richie Havens
12. When The Ship Comes in
  - The Clancy Brothers and Robbie O’Connell with special guest Tommy Makem
13. War - Sinead O’Connor
14. Just Like Tom Thumb’s Blues - Neil Young
15. All Along The Watc htower - Neil Young
16. I Shall Be Released - Chissie Hynde
17. Love Minus Zero, No Limit - Eric Clapton
18. Don’t Think Twice, It’s Alright - Eric Clapton
19. Emotionally Yours - The O’Jays
20. When I Paint My Masterpiece - The Band
21. You Ain’t Goin’ Nowhere - Mary
22. ABSOLUTELY SWEET MARIE - George Harrison
23. LICENSE TO KILL - Tom Petty & The Heartbreakers
24. RAINY DAY WOMAN #12 & 35 - Tom Petty & The Heartbreakers
25. MR TAMBOURINE MAN - Roger McGuinn
26. IT’S ALRIGHT, MA - Bob Dylan
27. MY BACK PAGES
  - Bob Dylan/Roger McGuinn/Tom Petty/Neil Young/Eric Clapton/George Harrison
28. KNOCKIN’ ON HEAVEN’S DOOR - Everyone
29. GIRL OF THE NORTH COUNTRY - Bob Dylan



NHK-BSで放映されたのをやっと観ました。

上記のソング・リストは、販売されているDVDのものを参考にしましたが、天下(笑)のNHKでは、
ジョージ・ハリスンの“イフ・ノット・フォー・ユー”とボブ・ディランの“ウディに捧げる歌”が、
ちゃんと放映されました。
漏れているのはその2曲だけだと思います。

反対にNHKでカットされたのが、“LEOPARD - SKIN PILL”
“Boots Of Span ish Leat her - Nancy Griffith with Carolyn Hester”
“Gotta Serve Somebody - Booker T. & The M.G.’s”の3曲。
LEOPARDはJohn Mellencampのことのようです。

あとステージ上では、観客のブーイング事件により歌われなかった
“I Believe In You / Sinead O’connor”が、CDにリハ用の音源が
収められているようです。

そしてこの夜のバンドのは、ジム・ケルトナー、ブッカーT、スティーヴ・クロッパー、
ドナルド・ダック・ダン、そしてバンマスがG.E.スミス。アル・クーパーは歌っていないけど
オルガンで参加しているそうです。

非常に良かったのはクラプトンのギター!
自分が歌う時以外でも、今回のコンサートでの演奏はピカイチ!
って言うほどクラプトンのファンじゃないけど、兎に角、今回の彼のギターは良かったです。

勿論ニール・ヤングの仰け反りギターも相変わらずカッコイイです。

それとバングラデシュ・コンサート以来のMSGになるジョージ・ハリスン。
泣けます・・・。

リヴォン・ヘルムもこの時はまだまだ元気でしたね。

ウィリー・ネルソンとクリス・クリストファーソンもさすがに1992年だと若々しい。
今年のグラミー賞に二人とも出ていたけど、大丈夫かって?いう感じだったからね。

いろいろとまだ出てほしい人ってたくさんいますが、諸問題でダメだったのかな・・・。
仕方ないですね。

ハイライトは何といっても、“MY BACK PAGES”ですね。

ディランのファンなら楽しめること間違いありません。

MY BACK PAGES~KNOCKIN’ ON HEAVEN’S DOOR





テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB