バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

松本城に行ってきました。
【2016/01/18 20:42】 旅行ー信州
DSC00793-1.jpg

松本城に行ってきました。

ちょこっと、松本城について↓

安土桃山時代末期-江戸時代初期に建造された天守は国宝に指定され、
城跡は国の史跡に指定されている。
松本城と呼ばれる以前は深志城(ふかしじょう)といった。
市民からは別名烏城(からすじょう)とも呼ばれている。



DSC00795-1.jpg

雨の日にお城に登るのは嫌なんですが、仕方がない。
入り口と出口が違うので、靴と傘を持って上がって下らないといけないのがメンドーです(^_^;)

DSC00800-1.jpg

階段が急なうえに、一段の差が大きいので、子供は大変です。
幼稚園児ぐらいだと、自分の身長分ぐらいを上がったり下ったりです。
その上に階段の幅が狭いし、皆さん、靴と傘とカメラ(スマホ)を持って移動するので、
そんなに混んでいない日でしたが、すぐ渋滞しちゃいます。

DSC00811-1.jpg

途中の窓?から望む。

DSC00807-1.jpg

DSC00816-1.jpg

天守のてっぺんの梁。
これを持ち上げたんだからスゴイですね。
みなさん、天井見つめて唸っていました。

DSC00826-1.jpg

DSC00829-1.jpg

久々にお城に登りました。
これで晴れていたならな~(^_^;)




スポンサーサイト

テーマ:城址巡り - ジャンル:旅行

湯田中温泉の萬屋に行ってきました。
【2015/09/11 21:29】 旅行ー信州
今回の台風18号の影響による大雨被害に遭われた方には
心からお見舞い申し上げます。

実は9月8日と9日に信州の湯田中温泉に行ってきました。

行く前は、台風が10日(木曜日)ぐらいに中部地方を直撃ということだったのと、
台風自体もそんなに強力じゃないようだったので、ま~なんとかなるなと予定通り
旅行に出発しました。

ただ8日は朝から雨で、それだけで観光気分は半減。

宿に着いてテレビをつけると、浜松が洪水というニュース。

多治見市の防災メールを登録しているのですが、
8日16時42分に大雨注意報が発表。
9日4時37分に大雨と洪水注意報
9日4時57分に暴風警報
9日7時に公立幼稚園、小学校、中学校は休校の発表。

で、9日はこんな状態じゃ観光もおちおち出来ないと、お土産だけ買ってすぐ帰宅しようと宿を出発。

車の中でラジオを聴いていると、知多半島に台風上陸のニュース。
浜松以外にも三重県の一部や豊橋あたりでも水害らしい。

8日の朝からずっと雨だったのですが、9日は梓川を過ぎたあたりから晴れ間も見えだした。

昼ごろ、今度は岐阜市上空に台風が移動のニュース。
台風の東側が危険とラジオで発表。

台風の東側って多治見なんですけど・・・。
家に帰ったら、こんな時に遊びに行って何よ!と怒られるな・・・と。

中央道に入って、伊那あたりから完全に晴れ。

途中駒ケ根で昼食を取り、食べ終わって店を出たら、日差しが強くて暑い!

で、多治見に着いたら、道路もどこも濡れていない。

一同、???。

帰宅して確認すると、全然大したことは無かったと。

後日、知り合いに会って、水曜日どうだった?と聞くと、
朝も早いうちから防災放送が鳴って、おちおち寝てもいられなかったし、どうなるかと思って
心配していたけど全然大丈夫だったと笑っていた。

何はともあれ、良かった。

10日4時55分 全ての警報が解除。



DSC00851-1.jpg

で、行ったのは湯田中温泉萬屋というホテル。
ここの温泉が登録有形文化財指定になっている。
温泉の名前は“桃山風呂”と言います。

yoroduya-2.jpg
(写真はネットから拝借)

これがレトロで情緒たっぷりのお風呂。
これはオススメ。

こっち↓は露天風呂(これも写真はネットから拝借)

yoroduya-5.jpeg

ただしここの温泉、湯の温度が高い。
僕は熱いのが苦手なので、足湯から始めないと入れない。

もう一つオススメが外湯の共同浴場。

DSC00854-1.jpg
(雨だったので外にいって撮っていないので・・・)

近所の方々が共同で管理している温泉なんですが、萬屋もそのメンバーなので、
ここで宿泊した人は使用できる仕組み。

しかし、ここが容赦ない熱さの温泉なんです。

僕とS氏と二人でこの共同浴場に行ったのですが、湯船が二つに仕切られていて、
高温と低温という張り紙が貼ってあります。

最初、高温の方に指を入れたんだけど、あまりの熱さに叫び声(ちょっと大げさ)を
あげてしまいました・・・(^_^;)。
とてもじゃないけど、火傷するんじゃないかと思ったぐらい熱い!

で、低温の方のお湯でかけ湯をしたんですが、こちらもどこが低温なのか理解できない
ぐらい熱い。恐るおそる足を湯船に入れ、そこでストップ。
S氏は多少慣れてきたら、腰まで湯につかりましたが、僕は無理!

その共同浴場には先客がいて、話をすると、地元の方で毎日ここに通っているそうです。
勿論、熱さなんか全く平気で、首までつかっています(低温の方だけど)。
その後、その地元の方は高温の方に移動して、ざばざばかけ湯をしていました。
流石に高温の方には入りはしませんでしたけどね、その人でも・・・。



テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

福島宿 (中山道)に行ってきました。
【2014/12/06 20:38】 旅行ー信州
福島宿 (中山道)

御嶽山の噴火といい長野県神城断層地震といい、今年の長野県は大変でした。
お隣の県で、よく行くところだけに、他人事じゃなく心配です。
被害を受けられたみなさまに心からお見舞い申し上げます。

風評被害も大きくて、岐阜県も長野県も観光に影響が出ているます。
実際は全然大丈夫なところでも、宿泊のキャンセルがでたりしているので、
みなさん、よく確認してくださいね。

で、今年の夏に行った福島宿について。

福島宿(ふくしまじゅく)は中山道37番目の宿場(→中山道六十九次)で、
現在は長野県木曾郡木曽町福島。


DSC00289-1.jpg

DSC00288-1.jpg

実は木曽町はかなりよく通る町なんですが、ゆっくり町中を散策したことは無かった。
せっかく奈良井宿に行ったので、ついでに寄ってみました(ついでで申し訳ない・・・)。
奈良井宿の記事はこちら↓
http://oukei1963.blog90.fc2.com/blog-entry-374.html

実は下調べもせずにいきなり行くことにしたので、この宿場がどういったところなのかよく分からず、
ぶらぶらしていたところ、旧中山道は現在の商店街?から上がったところにあることが分かりました(^_^;)。

DSC00298-1.jpg

もともと旧宿場の規模が大きくないようなのに、僕たちはショートカットしてしまって、あっという間に
歩き終わってしまいました・・・(^_^;)。

DSC00301-1.jpg

DSC00300-1.jpg

DSC00302-1.jpg

町の中には川が流れていて、この川沿いの風景はなかなか風情があります。

DSC00291-1.jpg

足湯もありました。

DSC00292-1.jpg

木曽路では有名なお蕎麦屋さん↓

DSC00307-1.jpg

江戸時代じゃなくて昭和の名残かな・・・。

DSC00308-1.jpg

なにかお土産を買おうと、和菓子屋さんを見つけて入店。

201408-01.jpg

写真を撮り忘れたのでネット上から頂きました(^_^;)。

お店は“宝来屋”。
なんと創業が元禄元年(1688年)だそうです。

買ったのは“黒むし羊羹”です。
はじめ名前を聞いたときは“栗蒸し羊羹”と聞き間違えました(^_^;)。
栗じゃなくて黒糖の羊羹でした。

201408-02.jpg

正直にいうと初めて口にしたときの感想は、・・・でした。
でも食べなれるとこれがちょっとやみつきに。

201408-03.jpg

ねっとりした歯触りに、甘さ控えめの味が止められません。
また行ったら是非買いたい一品です。
誰かお土産にくれないかな(笑)。



テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

御嶽山
【2014/10/21 21:00】 旅行ー信州
9月27日に噴火した御嶽山。

56人が死亡し、今も7人の行方が分からなくなっていますが、長野県の対策本部は10月16日で
ことしの捜索を中止し、来年春以降、再開する方針を決めたそうです。

ご家族や親しい方をなくされた皆様に心よりお悔やみ申し上げます。

岐阜県と長野県にまたがる御嶽山は、下呂市や高山市は当然としても、岐阜県の中でもJR中央線、
国道19号、または中山道沿線の東濃地方の人間にとっては、非常に身近な山といえます。

僕の住んでいる多治見からは噴煙が見えるそうです(僕は見ていないんです)。
それも母校の中学校をちょっと上がったところから見えるそうです。

ちなみに僕は登山をしたことはありません・・・(^_^;)。
まわりには何度も御嶽山に登った人はたくさんいますが。

僕にとってはスキーといえば、おんたけ2240(昔は村営・おんたけスキー場という名前だった)で、
多分一番多く通ったスキー場のひとつだと思う。

このスキー場は、噴火以来、何度もニュースで耳にしたと思いますが、長野県木曽郡王滝村の御嶽山南東に
あるスキー場で、その名の通り、標高2,240mから最長で10,000mを滑走できるゲレンデがあります。
コースの標高が高いので、雪質が良好で遅い時期までの滑走が可能です。
冬は何度も行っているので、夏に行きたいと思っていたのですが・・・。

去年ですけど開田高原にいって、御嶽山の写真を撮ってきました。

IMG_0579.jpg

写真を撮ったのはやまゆり荘という温泉施設です。

IMG_0576-1.jpg

蕎麦も食べてきました。

IMG_0568-1.jpg

IMG_0564-1.jpg

今年は“道の駅 木曽福島”から御嶽山を眺めてきました。

早く噴火が収まってくれるといいです。


テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

奈良井宿に行ってきました。
【2014/09/19 21:03】 旅行ー信州
奈良井宿に行ってきました。
中山道六十九次で34番目の宿場です。
また木曽路十一宿の江戸側から2番目でもあります。
現在は長野県塩尻市ですね。

DSC00269-1.jpg

DSC00274-1.jpg

去年も5分!くらい立ち寄ったのですが、ちゃんと見たいと思い今年も行きました。

国道19号からの目印として、木曽の大橋というのがあります。

この橋の名前を奈良井大橋と思っていたので、木曽福島あたりでナビによる到着時間を
調べるにあたり、奈良井大橋と打ち込んだところ、到着までに1時間以上かかる結果に。
奈良井大橋という名前の橋が、松本にあるんですね・・・(^_^;)。

これが“木曽の大橋”です↓。

DSC00278-1.jpg

DSC00285-1.jpg

さて奈良井に着いたのが11時半ごろ。
まず昼食をということで、今回は“徳利屋”というところに入りました。

DSC00260-1.jpg

結構年季の入った建物です。
江戸時代には脇本陣をつとめ旅籠として使われた建物だそうです。納得。
囲炉裏もあってなかなか風情があります。

DSC00256-1.jpg

DSC00257-1.jpg

DSC00244-1.jpg

さて我々の注文したものは、五平餅定食。
手打ちそば、三色五平餅、煮物、サラダ、豆腐、香の物、デザートのセットで1730円。

DSC00248-1.jpg

DSC00249-1.jpg

この三色五平餅はえごま、くろごま、くるみの三種類のタレで頂きます。
普通の五平餅は、わらじ(小判)タイプか団子状のものを串にさしたものが多いのですが、
この徳利屋のものは円盤状のもので、串にさしてないものです。
自宅でつくるときは、この円盤状のものが多いのですが、外食では初めてでした。

DSC00253-1.jpg

DSC00243-1.jpg

味は特に可もなく不可もなくといったところ。
観光地の食事としては普通ですね。

DSC00271-1.jpg

この奈良井宿は朝ドラ「おひさま」のロケ地として有名ですが、土産屋の御主人は不景気だと
泣いていました。我々が奈良井を尋ねたのは平日なのですが、傍目にはそれなりに観光客はいると
思うのですが、要はお金を使わない(お土産を買わない)ということですね。

後日知り合いと奈良井の話をしたところ、「おひさま」の時が凄すぎたとのこと。
NHKのドラマで有名になるのも良し悪しかな・・・。
でも、もともとそれなりに有名なところなんですけどね、奈良井って。
でも日本中に名前が売れるのは、やっぱり特別なんですね。

水飲み場がたくさんありました。“水場”というのだそうです。

DSC00276-1.jpg

DSC00264-1.jpg

こちらは高札場です↓。

DSC00267-1.jpg

今回、父親も一緒に行ったのですが、飽き性で体力無しなので、すぐ帰ろうと言い出します。
基本的に晴れていたのですが、ちょこっと雨が降ったものだから、もう見る気無し。
年寄りを連れて行くのは考え物です(^_^;)。

妻籠とか馬籠などが好きでよく行くので、もうちょっとゆっくりしたかったな。


テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB