バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

岐阜のお雑煮(か?)
【2017/01/25 19:39】 グルメ
いつもお邪魔しているOmunaoさんがお餅料理対決なる記事をアップしました。

記事はこちら→オムライスのある風景

我が岐阜県のお餅料理というか、お雑煮にはと言うと、極めてシンプルなもの。

カツオだしのおすましに茹でた切り餅、花かつお、モチ菜(緑の葉っぱならなんでもOK)、
表面が赤いかまぼこというものです。

ネット上で写真を探したけど、同じ岐阜県のものでも微妙に違って、なかなか我が家のものと
同じお雑煮って無い!
皆さん、白菜を入れる方が多い。
それとかまぼこが入っていない。

個人的な趣味としてかまぼこは入っていなくてもいいのですが、
花かつおはどっさり入っているのが好き(きしめんか・・・)!(^^)!

比較的似ているものをお借りしました↓

これ↓にかまぼこが入っていれば・・・

ozouni-1234.jpg

このお雑煮↓が一番近いです。
このかまぼこって背中赤いのかな・・・?

ozouni-123.jpg





スポンサーサイト

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

新年会(2017年)
【2017/01/11 22:15】 グルメ
いつもの店でいつものメンバーで新年会。

ブログ用に撮った写真ではないけど、せっかくなのでアップしました(笑)

お正月なのでナマスとか数の子とか黒豆とか・・・

DSC_0011-12.jpg

乾杯はビールですが、下戸の人々は暖かいお茶(笑)

DSC_0013-12.jpg

茹で蟹

DSC_0014-12.jpg

刺身

DSC_0015-12.jpg

椀物(麩とかシンジョとか・・・)

DSC_0017-12.jpg

揚げ物(蟹足)

DSC_0018-12.jpg

鰻のタレと山椒

DSC_0019-12.jpg

うな丼

DSC_0021-12.jpg

その後、富士山クッキーがオマケ。
写真は無い(笑)






テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

吉田うどんの「渡辺うどん」に行って来ました。
【2016/09/18 20:18】 グルメ
富士山の五合目に行った時のこと。

ちょうどお昼ごろ五合目に到着予定だったので、そこらへんの食堂で“富士山カレー”でも
食べようという話になった。富士山カレーって、ご飯が富士山型にしてあるカレーのことです。

そんなカレーが実際にあるのかどうかは分かりませんでしたが、半分ギャグのつもりで、
いかにも富士山らしい食べ物を食べようと、ちょっと車中で盛り上がりました。
味については、標高も高いし、スキー場のゲレ食なみぐらいだろうと、期待はしていません(^_^;)

が、五合目に近づいてくると、長老の一人が、きっと美味しくないし、食堂も混んでいるだろうし、
絶対下山してからの方がいいと、強く主張されるので、富士山カレーはボツになりました。

一応報告しておきますと、富士山カレーありました!
ちゃんと富士山型のご飯とその裾野にカレーがある想像通りのものが(笑)
その上、食堂ガラガラ。お値段も1000円以内でした。
でもいっぱいいるYOU達は、こんなところで外食しないのかな・・・。
ソフトクリームは食べていましたが。

そんなわけで、お次は忍野八海に行く予定なので、そこらへんで昼食ということに。

一応下調べしてあった、吉田うどんの有名店「渡辺うどん」に行くことにしました。
吉田うどんですが、住所は忍野村です。

DSC01271-1.jpg

吉田うどんのお店って、どれも2時ぐらいまでしか開店していないというのが多い。
五合目から下山してきたら、忍野村に入ったぐらいで1時15分ぐらいになっていて、
慌てて電話して確認したら、2時どころか1時40分で閉店とのこと。
もう少しで到着するので待っていてくださいと頼んだら、1時30分までに来てねとのこと。

ここで不幸にもナビがおバカになって、あたりを見渡せど、うどん屋さんなんて全くないところで
到着しましたと言うじゃありませんか。またお店に電話したら、やっぱり全然違うところでした。

そんなこんなで、やっと1時半に到着。
普通の住宅街の中で、旅行者には非常に分かりづらいところ。
その上駐車場が美容店と共同で、お店はそのまたちょっと奥にあります。

電話した時に、ちょうど行列が無くなったところだから空いていますよと言われていたので、
6人で入店しても余裕かなと。
実際、店内は半分ぐらいのお客さん。
僕等が入って、その後また一団体が来て、瞬間満席になりましたが、その後すぐ出ていく人もあって、
また店内は半分ぐらいに。

DSC01270-1.jpg

1時半までと言われていたので、そこでオーダー・ストップかと思いきや、
その後もまだ入店して来る人ありで、実際はいつまで?という感じです。
麺があるだけはやっていますというところでしょうか。

さてさて、店内は全部座敷で、座布団とお水はセルフのようです。
メニュー見て悩んでいると、おばちゃんが注文を取りに来たので、量について尋ねると、
隣りの席で食べていた人の丼を指さし、あれが大盛り。並は女性用ですねとのこと。
そんなこと言われたら、大盛り頼まないといけませんよね。
で、肉玉うどん、温かいやつ、大6人前ということに。

DSC01268-1.jpg

事前調査では、うどんが出てくるまでに結構時間がかかるということだったのですが、
すぐ出てきました。拍子抜けするくらい早かった。駅のうどん並!?

まずうどんを食べます。太い! かたい! ツルッとは絶対無理! モグモグ噛まないと。
そのうえ、量多い。完食無理かもと思いました。
みんな同じ考えのようで、並か小で良かったって・・・(^_^;)

具は馬肉、玉子、ワカメ、キャベツ、油揚げ、ネギ。
馬肉はかなり甘めの味付け。
「すりだね」と呼ばれる薬味があって、これが結構辛い。
甘い肉といいコンビです。
しかしこの「すりだね」、ほんの一匙入れただけでかなり効く。

隣りの男性なんて、つゆがピンクになるくらいすりだね入れていましたが、
どんだけ辛いのが好きなんや!?

あと天かすは入れ放題です。

麺が太くてかたいのは兎も角、全体の味付けは美味しいです。
キャベツなんて、うどんの具としては初めてでしたが、なかなか良かったです。

味噌煮込みうどんを普段食べている人間に、麺のかたさについてあれこれ言われたくないと
山梨県民は言いたいでしょうが(笑)、実際かたいだけならともかく太い!ので、ちょっと食べ難い。
しかし麺は慣れの問題なので、ここらへんに住んでいれば、吉田うどんが好きになるんでしょう。
と言っても、やっぱり個人的な趣味の問題なようで、6人中3人はダメでした(笑)

ちなみに、三人(一応若手)はつゆまで飲んで完食。
二人は麺と具は食べました。おつゆまでは無理。
一人は麺も残しました・・・(^_^;)

このうどんが、吉田うどんの標準的なものなのか分からないのですが、
一度は食べてみる価値ありですね。

☆店舗データ↓

渡辺うどん
山梨県南都留郡忍野村内野545-2





テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

天然氷のかき氷、食べました!
【2016/09/10 20:21】 グルメ
DSC_0096-1.jpg

」の後、サントリー白州蒸溜所へ向かいました。
が、この白州蒸溜所の工場見学って、完全予約制なので、
そのままでは早く着きすぎるということで、道中にあった
道の駅「はくしゅう」に立ち寄ることに・・・。

この道の駅が大変混んでいて、仕方がなくその向かいにあるスーパーに駐車。

ここで「天然氷のかき氷」の看板を発見!

DSC_0098-1.jpg

皆がトイレ休憩の間に、運転手のOTさんがその行列に並んでいました。
僕もOTさんの後ろで並びました。僕らの間には女性が一人いましたが。

並んでいる間中、何を頼むか悩みました。
僕等だけではなく、皆さんそうなんです。
前も後ろも、何を頼むか、おしゃべりに夢中。

結局、OTさんはイチゴ、僕はグレープフルーツに決定。
並んでいる間に、かき氷の大きさ!に恐れをなした我等オッサン二人は、
あんなに大盛りのかき氷は無理か~!?などとちょっと引き気味(^_^;)

このお店は、注文と清算は先に済ませ、その後かき氷を作る隣りの列に並び直します。

DSC_0101-1.jpg

OTさんは、自分の番がきたら、かき氷をつくっているお姉さんに、
「お姉さん、俺、絶対食べきれないから、あんなに盛らなくていいよ」
「あー、それくらいで止めて。ホントそれ以上無理!」と声をかけます。

お姉さん、「これくらいでいいですか? これグレープフルーツです。」

OTさん、「えっ!? 俺のじゃない。誰の?」

僕、「僕のだけど、僕もそんな程度で十分。それでOKです。」

OTさん、もう一人のかき氷師?のお兄さんに
「それがイチゴ? それじゃそれで止めて。」

このかき氷、凄かった!

出来上がりを持って、車までほんのわずかの間に、融ける融ける(笑)
あっという間に、半分くらいになっちゃいました。

そんなに簡単に融けるのって、それはそれでいいのか?とは思いましたが、
あまりに見事なとけっぷりに、感動するばかりです(#^.^#)

その口当たりの良さ、頭の痛くならない冷たさ、薄いけど薄すぎないシロップ、
甘すぎないし絶妙な味です。
シロップがべたつかず、さらっとしていて、手についても嫌な感じ無し。

氷が美味しいんでしょうね、あっという間にジュースになりましたが、絶妙な薄さ加減の
美味しいグレープフルーツ・ジュースでした。
カルピス・ウォーターが絶妙な薄さ加減なのと似ています。
薄いけど水っぽくないって、わかります?

DSC_0099-1.jpg

オッサンたちには、減らしてもらった量で十分でした(笑)
もう少し若かったら、既定のサイズぐらい必要でしょうけどね・・・。

かき氷師のお姉さん、かき氷つくる、汗ふく、水分補給すると大忙し。
サントリーの帰りに店の前を通りましたが、行列まったく減っていませんでした。
日曜日ですからね・・・スゴイ!

☆店舗データ↓

蔵元八義直営。
「天然氷のかき氷 はくしゅう道の駅店」
GWから9月まで営業
山梨県 北杜市白州町白須1319-1
はくしゅう道の駅 食品館エブリ前






テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

長坂の「翁」に行って来ました。
【2016/09/08 21:05】 グルメ
富士山は予定外のことでしたが、今回の旅行の目的の一つが
長坂(山梨県北杜市)のお蕎麦屋さん「翁」に行くこと。

20年以上前かな、知り合いからこの翁を勧められていたのですが、
蕎麦を食べに行くためだけに山梨までいくほど蕎麦通でもないし、
何かのついでにと思っていたら、今になってしまいました(^_^;)

岐阜県から行くと、小淵沢インターからということになるのですが、
こちらの道は、裏道っぽくって、この道で大丈夫か?というルートでした。

どちらにしても林の中にあるお店で、ロケーションは素晴らしいです。

DSC_0089-1.jpg

11時ちょっと過ぎに到着しましたが、すでに満席。
外まで人があふれています。
ノートに名前と人数を書いて、呼ばれるのを待ちます。
その間にもどんどんお客さんがきます。

店内で待つことが出来るのは、5~6人ぐらい。
雨が降っていたら、大変だな~と思いました。

店内で待っている間に、食べている人を観察していると、お年寄り!?でも
ざるそば2枚は注文している様子。
女性なんかだと一枚食べて、それから追加している人も多々あり。
若い男性は3枚ぐらい食べる人もいました。
その他、豆腐やアイスも結構注文しています。

結局45分以上待って、着席。
(一時間以内なら早いのかな・・・?)

DSC_0091-1.jpg

蕎麦は「ざるそば」と「田舎そば」しかないので、それぞれ注文。
どちらも880円也。
温かい蕎麦はありますが、ここはやっぱりざるそばですね。

DSC_0090-1.jpg

蕎麦の前に、「焼きみそ」と日本酒とノンアルコール・ビールとそば茶を頼みます。
普通に美味しい焼きみそでしたが、みその中身が分らなかった僕たち御一行でした(^_^;)
クルミか何かの実(蕎麦の実?)は入っているのですが、その他にも色々と。
でも、みんなの意見が一致しませんでした(笑)

DSC_0092-1.jpg

さて肝心の蕎麦。
まずはざるそばがきました。
更科系・・・? かなり薄い緑色のお蕎麦。
細めで、ちゃんと均等の太さです。
(↑それくらい蕎麦のこと分かりません・・・W)
水切りがしっかりしてあって、ここまで水のない蕎麦って、初めてかも。
香りはそれ程でもないけど、甘い。
しかし量は少ない。
二枚頼んで正解。

DSC_0093-1.jpg

つゆは辛過ぎず濃すぎず甘すぎず、程々。

それから、田舎そばが。
写真だとざるそばとの違いがよくわからないと思いますが、
こちらの方がかなり色が濃い。
でも、個人的に想像していたものよりかは薄い色です。

DSC_0094-1.jpg

これが太くてコシが強いというよりもっちり。
噛まないと食べられない。
のどごしどころか、モグモグ食べました。
でも結構個人的には、これ好きかも。
味はこちらの方が強いか。
でも甘みは、ざるそばの方が感じられました。

どちらの蕎麦も、普通に美味しいのですが、わざわざここまで来るほどかな?
というのが、正直な感想です。期待が大きすぎたかな。

DSC_0095-1.jpg

その後、そばアイスクリームも注文。
これが一番おいしい(笑)
ホント、マジに美味い。
そばの味が一番濃い!

ちょこっと前にも、蕎麦の実のソフトクリームを食べましたが、
それも大変美味しかったし、蕎麦のアイスってイケるんですね!

それとそば茶も美味しかったです。

ロケーションとかお店の人のきびきびした動きとか、トータルで見れば
結構いいお店だと思いますが、何かのついでがあったならね(笑)




テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB