バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

あやしい彼女(2016)
【2017/01/13 20:08】 映画あ
あやしい彼女(2016)

ayasii-01.jpg

上映時間 : 125分
製作国 : 日本

監督:水田伸生
脚本:吉澤智子
撮影:中山光一
美術:磯見俊裕
衣裳:篠塚奈美
音楽:三宅一徳
主題歌:anderlust『帰り道』
劇中歌プロデュース:小林武史
出演:
多部未華子 / 大鳥節子
倍賞美津子 / 瀬山カツ
要潤 / 小林拓人
北村匠海 / 瀬山翼
金井克子 / 相原みどり
志賀廣太郎 / 中田次郎
三鴨絵里子 / 中田麻衣子
越野アンナ / アンナ
温水洋一 / オオトリ写真館の店主
小林聡美 / 瀬山幸恵

73歳の瀬山カツはワガママで無神経な毒舌おばあちゃん。
地元商店街ではいつもトラブルの元凶となる鼻つまみ者。
女手一つで育て上げた娘の幸恵とバンド活動をしている孫・翼の自慢話に周囲は辟易。
そんなカツの唯一の理解者が、昔なじみの中田次郎。
彼女を一途に慕い、どんな時でも味方になってくれていた。
ある日、幸恵と喧嘩して家を飛び出したカツは、見知らぬ写真館にふらりと足を踏み入れる。
やがてふと気づくと、いつの間にか20歳の時の自分に若返っていたのだった。
そしてひょんな成り行きから、大鳥節子と名乗り、次郎の家に居候することに。
やがて、のど自慢大会がきっかけで翼のバンドにスカウトされたカツ。
かわいい孫のためとひた肌脱ぐことに。
一方、音楽プロデューサーの小林拓人も同じようにカツの歌声に魅了され、
その行方を捜していたのだが…。



ayasii-03.jpg

評判の高かった韓国映画「怪しい彼女」の日本版リメイク。

以外にオリジナルに忠実。
もちろん、細かいところは結構違う。

おばあちゃんのこどもは息子が娘になっているし、自分の代わりの二代目歌手は孫娘から
孫の彼女(だったっけ・・・? 単なるバンド仲間?)になったりとかね。

ayasii-02.jpg

あの作品ならどう料理したってそこそこ面白くなるだろうと思って観たら、
日本映画ならでは、というか日本人ならこの方が分かりやすいという設定で、
予想以上の出来でした。

やっぱり“歌”が韓国の歌では感情移入ができない。
その点、日本の歌だと知っているものばかりですから。
若い人にとってはどうなのかはわからないけど、昭和生まれの人間にはこの方がいい。

多部未華子、倍賞美津子、金井克子、志賀廣太郎、小林聡美、みんな良かったです。

笑えて泣けるというのもオリジナル譲りで良かった。

ayasii-04.jpg

そうそう二代目の歌手役、如何にも小林武史の好みっぽいな~なんて思っていたら、
越野アンナって小林武史とakkoの娘なんですね!
どうりで歌声がakkoにそっくり!

ayasii-05.jpg

難点は多部ちゃんの歌が上手くないこと(^_^;)
まー本人もなぜこの役?というオファーだったらしいけど・・・。

でも可愛かったから許す(笑)

エンディングの真っ赤なパンツで変な踊りで歌う多部ちゃんも良かった。

☆予告



☆anderlust/帰り道 (映画「あやしい彼女」主題歌)








スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

アメリカン・スナイパー(2014)
【2015/08/20 21:37】 映画あ
アメリカン・スナイパー(2014)
 AMERICAN SNIPER

as-1.jpg

上映時間 : 132分
製作国 : アメリカ
映倫 : R15+

監督:クリント・イーストウッド
原作:クリス・カイル
『ネイビー・シールズ 最強の狙撃手』(原書房刊)
スコット・マキューアン
ジム・デフェリス
脚本:ジェイソン・ホール
撮影:トム・スターン
出演:
ブラッドリー・クーパー / クリス・カイル
シエナ・ミラー / タヤ・カイル
ルーク・グライムス / マーク・リー
ジェイク・マクドーマン / ビグルス
ケヴィン・レイス / ドーバー
コリー・ハードリクト / “D”/ダンドリッジ
ナヴィド・ネガーバン / アル=オボーディ師(長老/シャイフ)
ミド・ハマダ / 虐殺者

2001年のアメリカ同時多発テロをテレビで目の当たりにした青年クリス・カイルは、
祖国の人々を守るために貢献したいとの思いを強くし、
ネイビー・シールズで狙撃手としての過酷な訓練に励んでいく。
やがてイラクに出征したクリスは、その驚異的な狙撃の精度で味方の窮地を幾度も救っていく。
仲間たちから“レジェンド”と賞賛される活躍をし、無事に帰国したクリス。
これでようやく、愛する妻タヤと生まれたばかりの長男と共に平穏な日常を送れるかに思われたが…。



as-2.jpg

先ず最初にラストのお話。
エンドロールに音楽が無いのにビックリしました。
だってクリント・イーストウッドの作品なんですよ。
イーストウッドは俳優、監督であると共に作曲家でありミュージシャンでもあるので、
その彼がエンドロールを無音で流すというのは、かなりの異常事態であると言ってもいい。

そもそもこの映画に使われている音楽って、イーストウッド作の「タヤのテーマ」と
ヴァン・モリソンの「Someone Like You」とエンニオ・モリコーネの「The Funeral」
(「続・荒野の1ドル銀貨」の曲)の3曲だけ!
無音のエンドロールといい、どんな意味が込められているのでしょうね・・・?
無音のエンドロールを眺めながら、いろいろと考えてくださいということなのでしょうか?
僕はいろいろ考えましたよ・・・。結論出ませんでしたが・・・(^_^;)。

as-5.jpg

さて、アメリカ本国で、公開一週目に1億530万ドルの興行収入を上げ、R15+指定で歴代2位の成績。
その後も戦争映画のヒット記録を更新中というハリウッドの予想(常識)をひっくり返しているらしい。
イラク戦争とアフガニスタン戦争を扱った戦争映画はヒットしないというのが常識だそうです。

この映画はどういう立場で観るかによって、評価は変わると思いますが、アメリカ人にとって
ヒーロー映画であるということだけは間違いが無い。強い愛国心と仲間意識を持った青年が、
イラクにおいて160人以上の敵を射殺したという事実は、一般のアメリカ人にとって拍手喝采もの
なんでしょね。だからこんなにヒットした。

そして、この作品は非常に微妙な立場にいるといえる。だからこんなに騒がれる。

この作品のテーマは、どう見ても戦争がもたらす犠牲者についてといっていい。
主人公は戦争によるPTSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)になっていて、
「ハート・ロッカー」の主人公もそうだったけど、クリス・カイルも戦場における極限状態の緊張が
もたらす副作用として、何度も戦場に戻ってしまう。一種の麻薬みたいなものですね。実際クリスは
イラクに4回も志願して戻っている。それにより、普通の家庭生活を送るのが難しくなってしまう。

as-3.jpg

それにも関わらず、この映画では、イラク侵攻についての是非は特に問題にしていない。
でも観終わった感想は、この作品は戦争を肯定した作品ではないということは言える。
言えるはずなんだけど、そう思えない人々がいるってことなんですよね。

それは、戦争映画(ヒーロー映画)として、手に汗握る作品に仕上がっているということかな。
そうエンタメ作品として、とても面白い!
敵の狙撃者は元オリンピック選手でメダリスト、説明の必要のない銃の名手。
そんな敵がアメリカ兵をどこからともなく狙っている!

そうそう、地元の長老に会いに戻る場面、ちょっと作戦が杜撰すぎじゃないですか、
無防備というか・・・。あんなに犠牲者だして、指揮官の失敗ですね。

そしてカイルは何と1.9キロ離れた敵を狙い、カメラはその弾の動きをスローモーションで追う。
ゴルゴか!?

そうかと思えば、狙う敵が女や子供であったりして、しかも彼等を撃つ判断はカイルに委ねられる。
隣にいる仲間は、武器を装備していない女子供を撃てば、軍事裁判にかけられるぞなんて言っているし、
上司は彼等が武器を持っていると思えばすぐに撃てと言う。
そりゃ観ている方はドキドキするし、当事者はおかしくなるよ。

この女子供を撃つしかないということ自体は、戦争なんだから仕方がない。
それが戦争なんだけど、でもその結果がPTSDなんですよね。

後半、戦場から家庭に戻ったカイルが、PTSDによる爆発がいつ起きるのか?という見せ方も上手い。
妻や子供たちに暴力を振るうんじゃないかというハラハラ感で、これまた手に汗握ります。

as-4.jpg

インタビューなんかを見ると、まず脚本家がカイルの自伝に興味を持ち、カイルにも会い、脚本を書き出した。
主演のブラッドリー・クーパーは打診を受けこの作品に出演と製作で参加し、イーストウッドは最後に決まった
ようですね。それを知ると、この作品におけるイーストウッドの意見はどこまで出ているのかな?と思います。

クーパーは勿論彼と知っていて観ているんだけど、筋肉をつけて一回りくらい大きくなっていて別人に思える。
そして単なるヒーローではなく、優しい家族思いの人間としてカイルを演じている。
だから家に戻ってきてからのカイルの行動を見るのがつらい。

シエナ・ミラーもとっても上手い。
ちょっとビックリ(シエナ、御免!)。

一人殺したら殺人犯だが、百人(この映画で言えば160人以上)殺したら英雄だというのは、
戦場での行為を表した言葉だけど、ホント空しい言葉です。
一人殺しても百人殺してもそれは殺人犯だと言える日々が来ることはあるのかな・・・。

「地獄の黙示録」だったかな? 戦場における無差別殺人に関して、戦場で殺人問題を持ち出すのは、
インディ500で早い車をスピード・オーバーで取り締まるようなものだ、みたいなセリフがあるんですが、
民間人を無差別に殺してはいけないということになっていても、日本軍もアメリカ軍もドイツ軍もやりたい放題
だったわけで、それが戦争なわけですよ、悲しいことに。



数少ない今作の音楽です。

☆Clint Eastwood - Taya’s Theme



☆Van Morrison - Someone Like You



☆American Sniper OST - The Funeral



☆予告↓






テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

怪しい彼女(2014)
【2015/07/01 19:21】 映画あ
怪しい彼女(2014)
 MISS GRANNY

ayasii-1.jpg

上映時間 : 125分
製作国 : 韓国

監督:ファン・ドンヒョク
脚本:シン・ドンイク
ホン・ユンジョン
ドン・ヒスン
出演:
シム・ウンギョン / オ・ドゥリ
ナ・ムニ / オ・マルスン
ジニョン / パン・ジハ
イ・ジヌク / ハン・スンウ
ソン・ドンイル / パン・ヒョンチョル
パク・イナン / パク氏
ファン・ジョンミン / エジャ
キム・スルギ / パン・ハナ
キム・ヒョンスク / パク・ナヨン
キム・スヒョン
チャン・グァン

口が悪くて頑固な70歳のおばあさん、オ・マルスン。
トラブルが絶えず、周囲にとっては煙たい厄介者。
そんな彼女の自慢は、女手一つで大学教授にまで
育て上げた一人息子のヒョンチョル。
しかし当の息子は嫁姑問題に頭を悩ませる日々。
ある日、ふらりと写真館に入ったマルスンは、
いつのまにか20歳の頃の容姿に若返ってしまう。
そのまま家に帰ることなく、憧れの女優にあやかり“
オ・ドゥリ”と名乗って別人として生き始める。
やがて孫のジハに頼まれ、彼のバンドでボーカルを務めることに。
するとその歌声が人々の心を捉えていく。
そんな中、どう見ても20歳とは思えない彼女の怪し過ぎる言動のせいで、
次第にその正体がバレ始めてしまうマルスンだったが…。




ayasii-4.jpg

ブログを拝見させて頂いてる方々がとっても面白いとオススメしていたので、
それなら観てみようとレンタル予約しようとしたら、なんととっくに予約していました(^_^;)。

主人公が韓国映画にしては美人じゃないと、いらぬ難癖付けましたが、彼女を観るのはこれが
初めてではありませんでした・・・・。

いやいや、ホント老化が心配です、我ながら・・・。

シム・ウンギョンは「サニー 永遠の仲間たち(2011)」という作品ですでに観ていましたね。
この作品、オススメです。ツッコミどころ満載ですが、40代以上の方はウケると思います。
彼女、この作品の時の方が可愛かったかな(^_^;)。
シム・ウンギョンって、1994年生まれなんだ。若っ!。
しかし俳優としてはとっても好いです。
彼女が主演で良かったと思います。
最高です。

ayasii-3.jpg

さて、この「怪しい彼女」、皆さんがオススメの通り、面白かったです。
怪作で快作ですね(笑)。

シム・ウンギョンとナ・ムニの二人の魅力が大きいです。

ナ・ムニ演じるばあちゃんが、いやま~何というか、僕の祖母だったら嫌だな~というタイプ
なんだけど、日本人に分かりやすく言うと長谷川町子の“いじわるばあさん”ですよね。

で、このいじわるばあさんがなんと20歳になっちゃうんだけど、中身は当然そのまんま。
口が悪くて、凶暴で、ファッションの趣味も不思議だし、見た目はハタチなのに行動は年寄り臭い。
ここからは誰もが想像するコメディになっていくんですけど、この作品の優秀なところは、
最後に泣かせるんですよ。

ayasii-2.jpg

いじわるばあさんのままだったら、、老人問題、嫁姑問題、若者?の結婚問題等てんこ盛りの
ブラック・ユーモアというオチなんだけど、この映画は最後にひとひねりあるんですね。

いや、ひとひねりという程のもんじゃないかもしれない。こういうオチもありだなと想像できる
タイプのものだけど、でもこれにやられちゃったんですよ。
あ~観て良かったなってね。

オススメです。

☆予告↓





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~(2013)
【2015/06/29 22:22】 映画あ
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~(2013)
 ABOUT TIME

at-1.jpg

上映時間 : 124分
製作国 : イギリス

監督:リチャード・カーティス
脚本:リチャード・カーティス
出演:
ドーナル・グリーソン / ティム
レイチェル・マクアダムス / メアリー
ビル・ナイ / ティムの父親
トム・ホランダー / ハリー
マーゴット・ロビー / シャーロット
リンゼイ・ダンカン / ティムの母親
リディア・ウィルソン / キットカット
リチャード・コーデリー / 叔父さん
ジョシュア・マクガイア / ロリー
ウィル・メリック / ジェイ
ヴァネッサ・カービー / ジョアンナ
トム・ヒューズ / ジミー

イギリス南西部コーンウォール。
何をやっても上手くいかない冴えない青年ティム。
いまだ恋人もいない21歳の誕生日、父親から思いも寄らぬ事実を告げられる。
それは、一家の男たちにはタイムトラベルの能力があるとうものだった。
驚くティムだったが、その能力を活用して恋人作りに奔走する。
やがてロンドンで働き始めたティムは、チャーミングな女性メアリーと出会い、
恋に落ちるのだったが…。



at-6.jpg

「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督らしいロマンティック・コメディ。
今回はSF作品でもあります。

オススメです。
最近はちょっと変わった作品ばかり取り上げていましたが、これは普通にオススメします(笑)。
もっともカーティス監督が嫌いではどうしようもないですけど・・・。

この作品、去年日本でも公開されていたようなんですが、僕はまったく知りませんでした(^_^;)。

DVDのレンタルが始まったのでようやく知ったのですが、雑誌でもラジオでもやたら褒めるので、
内容をよく知らずにレンタル予約しておいたら、意外と早く届きました。

上手く説明できませんが、如何にも英国風という趣も好いです。

at-2.jpg

何をやっても上手くいかない青年ティムは、21歳の誕生日に父からとんでもない告白を受ける。
それは一家代々、男だけにタイムトラベルの能力が備わっているというものだった。

で、一目ぼれした女性メアリーと上手くいくために、その能力を最大限活用する。
その努力(といっていいのか?)の甲斐あって、めでたくメアリーと結ばれるのだが・・・。

at-3.jpg

ただ、ここまでは普通にコメディーなんですけど、やっぱり人生いろいろで、厄介な問題もわんさか起きます。
いくらタイムトラベルの能力があるといっても、そうそうすべてが上手くいくわけではない。

で、主人公は気付くわけですよ、人生で大事なことって何か?

上手くいかない日を、タイムトラベルで戻ってやり直してばかりでいいのか?

そんなのはダメだ、その日その日を悔いの無いように生きよう!
戻ることのない時間が愛おしいのだと。

勿論ツッコミどころ満載の作品ではあります。
だいたいタイムトラベルで彼女を手に入れるって、ズルじゃん。
でも観終わって、どうでもよくなりました(笑)。

ティムの家族がかなり変わりものというのは、ちょっとなーと思いましたが、
父親のビル・ナイや叔父さんのリチャード・コーデリーとか憎めないです。
キットカットは可哀そうでしたが、そういうメンバーも一人はいないと・・・。

やっぱり英国の父親は、ビル・ナイですね!

レイチェル・マクアダムスは最初、誰か分からなかったんです。
誰が世界一の美女だよ?とさえ思いました(^_^;)。
弁解じゃないけど、メガネ女子だからじゃないですよ。
僕はメガネ女子、どちらかというとタイプですから・・・。
でも最後には彼女も可愛く見えてきました(笑)。

at-4.jpg

メアリーはケイト・モスのファンという設定なんですけど、誰の趣味なんだろう?
ケイト・モスが出現してからかな、痩せ過ぎモデルが売れっ子になったのって。
痩せているのはケイトの責任ではないですけどね・・・。

ティム役のドーナル・グリーソンは冴えない青年を好演。
でも、上手くいかない若者が、弁護士になれる?
その上不思議なのは、弁護士なのにお金がぜんぜん無いこと。
英国でも弁護士って余っている?

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」にも出ていたマーゴット・ロビーが、
ここでもセクシーな女性役で主人公をクラクラさせます(笑)。

at-5.jpg

この映画のもう一つの魅力は音楽。
サントラ買おうか悩んだぐらい。
まだ買っていませんが・・・(^_^;)。

カーティス監督は音楽のセンスいいですね。

テーマ曲いいですよ↓

☆About Time - Theme



☆予告↓







テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

アクト・オブ・キリング(2012)
【2015/06/23 21:46】 映画あ
アクト・オブ・キリング(2012)
 THE ACT OF KILLING
 殺人という行為(山形国際ドキュメンタリー映画祭2013)

aok-1.jpg

上映時間 : 121分
製作国 : デンマーク/インドネシア/ノルウェー/イギリス

監督:ジョシュア・オッペンハイマー
共同監督:クリスティーヌ・シン
製作:シーネ・ビュレ・ソーレンセン
製作総指揮:エロール・モリス
ヴェルナー・ヘルツォーク
アンドレ・シンガー

1965年から66年にかけて、インドネシアで政権を巡る権力闘争を引き金とした
20世紀最大規模の大虐殺が発生する。
事件の真相は闇に葬られる一方、殺害を実行した者たちは罪を問われることなく、
今なお英雄として平穏な日常を送っている。
本作は、そんな殺人部隊のリーダーにカメラを向け、殺戮がどのように行われたかを
加害者たち自身による再現で映像化し、その衝撃の真相を明らかにしていくとともに、
この恐るべき行為を実行した当事者の心の内に迫っていく衝撃のドキュメンタリー。
なお本作では、製作に関わった多くの現地スタッフは、名前を明かすことが様々な危険を伴うとの
理由から“ANONYMOUS(匿名)”としてクレジットされている。



aok-2.jpg

こんな作品よく撮れたなというのが、先ず第一の感想。
とんでもないな!としか言えません。

ちょっと長くなりますが、自分の為にも解説を書きます。




☆ジョシュア・オッペンハイマー監督の話(WIREDより)を基に↓

1965年9月30日深夜のインドネシア。
スカルノ初代大統領派の陸軍左派がクーデター未遂を起こした。
それを、後に大統領となるスハルト少将(当時)が鎮圧。
「事件の黒幕は共産党」と断定され、インドネシア全土で
同党支持者とされた人々、華僑ら100万人以上が殺害された。
その後30余年にわたるスハルト独裁体制のもと、事件に触れることは
タブーになり、加害者は訴追されていない。

2000年代初め、オッペンハイマー監督は人権団体の要請を受け、
虐殺生存者たちの話を聞いていた。
しかし撮影は軍の妨害によって中断せざるをえなくなった。

そこでオッペンハイマーは、あるアイデアを思いつく。
加害者、つまり殺人の実行部隊となった地元のギャングたちに
「あなたが行った虐殺を演じてくれませんか」と提案したのだ。
するとスマトラ島メダン市で「1000人以上は殺した」と豪語する殺人部隊リーダーの
アンワル・コンゴらが、喜々として大虐殺の方法を「演じ」始めた。

さらに驚くべきは、彼らがとても協力的なことだ。
監督が「あなたたちの過去の行為を映画にしましょう」と提案すると、自ら出演者を仕切り、
衣装やメークを考え、演出にも進んでアイデアを出す。「これこそ歴史だ」と。




いやはや、とんでもないでしょう?

アンワルがうれしそうに当時の殺人方法を再現します↓

aok-3.jpg

勿論このじいさんも、家庭では好々爺というわけですよ↓

aok-4.jpg

でも最後にアンワルは、もしかして自分は酷いことをしたと自己嫌悪?で嘔吐しちゃうんですね。

しかし、大虐殺自体は、このインドネシアに限らず、悲しいことにこの世に溢れています。
ドイツ、カンボジア、ルワンダと様々な国で大虐殺はありました。
また大虐殺ではないけど、アメリカの赤狩りや日本の治安維持法、或いは旧ソ連、中国、
キューバ等の共産国家での非人道行為など、挙げたら限がありません。

その上、その主謀者達はぜんぜん反省していないし、英雄扱いされたりしているし、
この映画の主人公達が特別というわけでもないんですよね。

まー早い話が、一人殺すと殺人罪だけど、百人(千人)殺すと英雄ということです。

某人権団体も世界中で、これやったらいいんですよ!
って、このアンワルたちみたいなのは、やっぱり特殊ですね。
その他の主謀者達はこんなに協力的なことはやらないでしょうね。

はっきり言って、観て気持ちの良い作品ではないです。
それでも観ておくべき作品というのでしょうね・・・。

本作の大ヒットを受け、劇場公開版より40分以上長い「オリジナル全長版」(166分)も
一部劇場にて上映が実現したそうです。
再現ドラマをタップリ観ることができるのかな・・・。

☆予告↓






テーマ:映画感想 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB