バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

エール!(2014)
【2016/07/09 20:47】 映画え
エール!(2014)
 LA FAMILLE BELIER
 THE BELIER FAMILY

l-f-b-1.jpg

上映時間 : 105分
製作国 : フランス

監督:エリック・ラルティゴ
原案:ヴィクトリア・ベドス
脚本:ヴィクトリア・ベドス
スタニスラス・キャレ・ドゥ・マルベリ
エリック・ラルティゴ
トマ・ビデガン
撮影:ロマン・ヴァンダン
音楽:エフゲニー・ガルペリン
サーシャ・ガルペリン
出演:
ルアンヌ・エメラ / ポーラ・ベリエ
カリン・ヴィアール / ジジ・ベリエ(ママ)
フランソワ・ダミアン / ロドルフ・ベリエ(パパ)
エリック・エルモスニーノ / トマソン先生
ロクサーヌ・デュラン / マチルド
イリアン・ベルガラ / ガブリエル
リュカ・ゲルベルグ / カンタン(弟)
マール・ソデュープ / Mademoiselle Dos Santos
ステファン・ヴォイトヴィッチ / 村長
ジェローム・キルシャー / 医師

フランスの田舎町で酪農を営むベリエ家は、高校生のポーラ以外、
両親も弟も全員耳が聴こえない。
それでもポーラが通訳係をすることで、特段の不便も感じることなく、
明るく楽しい家庭を築いていた。
そんな中、ポーラは音楽教師に歌の才能を見出され、パリの音楽学校の
オーディションを受けることを勧められる。
歌手になることを夢みるポーラだったが、彼女の歌声を聴くことができない
家族は、彼女なしでは日常生活もままならないと、動揺を隠せない。
夢は諦めきれないが、家族のことを思うとどうしても
パリ行きを決断できないポーラだったが…。



l-f-b-2.jpg

今回はこの映画のハイライトから。
主人公がフランス語と手話で歌う場面です。
曲はミシェル・サルドゥ作の「青春の翼」

☆LA FAMILLE BELIERS / VERSTEHEN SIE DIE BELIERS? - JE VOLE



この映画、この場面で泣きます(笑)

残念ながらこの映像には日本語訳がついていませんが、
当たり前ですが日本語対応のDVDはちゃんと訳詩があって、
その歌詞があまりに主人公の気持ちを代弁していて、
審査員の先生が、“お嬢さん、いい選曲だ”と言いますが、
まさにその通り!と唸ってしまいます。
この歌が初めに決まっていて、それからストーリーを
考えたんじゃないかと思っちゃうくらいです。

ちゃんと訳詩をアップしていた方がいました。
良い人ですね!

☆青春の翼

作詞:ミッシェル・サルドゥー、ピエール・ビヨン 
作曲:ミッシェル・サルドゥー
(翻訳:古田由紀子※日本語字幕より)

ねえ パパとママ 僕は行くよ 旅立つんだ  今夜
逃げるんじゃない 飛び立つんだ
酒もタバコも 捨てて 飛ぼう

無言のまま 不安げなママ 感じてたんだね
聞こえてたんだね きっと

僕は大丈夫 そう答えると ママは うなずき パパは無理に笑う
振り返らない 遠ざかる 駅から駅へ やがて 海へ

僕は行くよ 今旅立つ 飛び立つんだ 今夜
逃げるんじゃない 飛び立つんだ
酒もタバコも 捨てて 飛ぼう

見たかもしれない パパとママは 僕の涙を
でも戻らない 進もう

人生を信じて 自分を見つめる
どう生きよう 思いにふける 独り

息が詰まる この鳥カゴ
胸がつかえ 歌えない 思いきり

ねえ パパとママ 僕は行くよ 旅立つんだ 今夜
逃げるんじゃない 飛び立つんだ
酒もタバコも 捨てて 飛ぼう
飛ぼう 飛ぼう




l-f-b-3.jpg

で、ここからが普通に感想書きます。

障碍者の話というと、お涙頂戴ものになって、なんだかな~と思う作品が多いものですが、
フランス映画というと、「最強のふたり」も主人公がぶっ飛んでいたので、湿っぽくならずに
済みましたが、今作も障碍者である両親がぶっ飛んでいます(笑)

兎に角、このお二人、デリカシーが無く、商売におけるサービス精神に欠ける(笑)

一家の中で声が聞こえるのが娘だけなので、なにかと彼女に通訳を頼む。
母親が下半身の病気なので、医者に行くのですが、勿論娘が通訳を務める。
医者が母親の症状が改善しないのは父親にも責任があるというのを伝えるのも勿論娘。
そして医者からセックスはしばらくお預けと言われるが、それも勿論娘が伝える。
それなのにこの両親ときたら、真昼間からやりだす!

母親は娘が自分に似ていなくて、なかなか“大人の女”にならないことが心配。
そんな娘にとって不幸は、男友達が来ている時に限って、生理がきちゃったこと。
母親は喜んで興奮のあまり、娘の男友達や弟や父親に“シミ”のついたジーパンを
見せびらかすんです・・・あーぁっ、なんて親だ!

l-f-b-4.jpg

そして弟も頭の中は妄想でいっぱいのようで、姉貴の友人とやっとやれるという時に、
なんと“ゴム・アレルギー”が発覚!
どうする弟、これからの下半身生活(笑)

また一家は自家製品のチーズを売っているのですが、どうもこれも娘に頼りっきりで、
その他のメンバーはあまり熱心に商売をしているようには見えない。

父親は村長の新たな政策が気に入らなくて、なんと村長選に出馬するのですが、
娘が耳の聞こえないことを心配すると、父親は「耳が聞こえないのは個性だ!
オバマだって肌の色は問題にならなかった」と反論します。

そんな一家なので、湿っぽくはならない。

l-f-b-5.jpg

勿論、障碍のことは大問題です。
娘が家族に音楽学校を受けることを言い出せないのはそれがあるからだし、
母親は耳の聞こえない自分が、耳の聞こえる娘を育てることに悩みながら
生きてきたことがわかったりして、やっぱり家族の悩みの種なんですね。

そんなポーラとガブリエルがデュエットで歌う場面、二人の声を消したのはなかなかユニークでした。
映画を観る僕たちもベリエ家と同じ状態で娘の歌う姿を観ることに。
二人の歌声に周りの人々が感動していくのを見てわかるベリエ家の家族。
自分の娘(姉)の歌声が聴けないもどかしさ。

だから、その後のパリのオーディション場面で、娘が手話で歌う場面が泣けるんです。

l-f-b-6.jpg

しかし、この一家が住んでいるところ、スゴイ田舎ですね。
映画の冒頭、主人公が学校に通うのに、初め自転車で走って、やっと着いたと思ったら、
またそこからバスでどんだけ行くんだ~ってくらい学校が遠い!

主人公(というかその友人たちも)が年齢不明で、中学生の役だったんですね。
さすがフランスの子供たち、マセています。

その主人公ですけど、美人じゃないけどキュートです。
ふとくないけど細くなく、ちょっと洗練とは程遠い(笑)
でも魅力的でした。
それと、やっぱり歌ですよね!
なんとなくアメリカでリメイクならクロエ・グレース・モレッツかな~なんて思いました。
いやクロエちゃんの歌が上手いかどうかは知りませんが・・・。

l-f-b-7.jpg

音楽の先生が、ミシェル・サルドゥの大ファンのようで、彼の歌ばかり取り上げるのですが、
本国フランスではどういう立場なんでしょうね。
まったく知らない人だったのですが、歌は良かったです。
しかし中学生に歌わせる内容の歌か?とは思いました。
先生は俺を歌で起たせろ!と指導していましたが・・・(^_^;)
あっ、でも先生っていい人だったんですね、初めは嫌なキャラでしたが。

日本語題名って、なんとなくこれを付けた意味はわかるけど、ベリエ一家とか、ベリエ家の人々ぐらいで
良かったんじゃないのかな・・・?

☆予告







スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

エンド・オブ・ザ・ワールド(2012)
【2014/05/29 20:01】 映画え
エンド・オブ・ザ・ワールド(2012)
 SEEKING A FRIEND FOR THE END OF THE WORLD

344408_02_01_02.jpg

上映時間 : 101分
製作国 : アメリカ

監督:ローリーン・スカファリア
脚本:ローリーン・スカファリア

出演:
スティーヴ・カレル / ドッジ
キーラ・ナイトレイ / ペニー

小惑星の衝突による人類滅亡まで、あと21日となった地球。
突然、妻に去られたドッジは、“最後の飛行機に乗り遅れて、両親のいるイギリスに
帰れない”と泣き崩れる隣人の女性ペニーと初めて言葉を交わす。
翌日、彼女のもとに誤って送られていたドッジ宛ての手紙3年分を渡される。
やがて、その中に彼が今でも想い続ける高校時代の恋人オリヴィアからの手紙を見つける。
彼は世界が終わる前にオリヴィアへの気持ちを伝えるべく、
飛行機を捜すペニーを連れ立ってオリヴィア捜しの旅へと繰り出すのだったが…。



344408_01_01_02.jpg

SF&パニック映画だと思って観たら、まったく違っていました(^_^;)。

ロマンス&ロード・ムービー(男と女と犬の三人組)ですね。

人類滅亡の映画もこんな風につくったら、低予算でできるんだという良い見本です。
なんでもアイデアしだいですね。

“ディープ・インパクト”とか“アルマゲドン”とか、あと何があったっけ?
とにかくその手の映画のつもりで観ると、がっかりすると思います。
派手なところはまったく無し。
淡々としています。

でもこれが結構良いです。
なんか見入っちゃうんですね。

地球が滅亡するのに、また来週来ますというメイドさん、
地球が滅亡するのに、交通違反を見逃してくれないお巡りさん、
地球が滅亡するのに、普段通り?にハイテンションなレストランのスタッフ、
みんな日常通りの行動をすることで、平常心を保ったいるのかな?

344408_01_05_02.jpg

地球滅亡が決まった時に、あなたならどうする?という映画です。

地球滅亡が決定した後に流れる歌が、ビーチ・ボーイズの“素敵じゃないか”。
いいですね(笑)。

監督は「キミに逢えたら!」の脚本を書いたローリーン・スカファリア。
「キミに逢えたら!」は日本未公開ですが、青春映画ファンならオススメの一本。

予告↓





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

エル・トポ(1969)
【2013/12/11 20:47】 映画え
エル・トポ(1969)
 EL TOPO

51Zus2svOgL.jpg

上映時間 : 123分
製作国 : メキシコ
日本初公開年月 : 1987/03/25
リバイバル : 2010.9.25(製作40周年デジタルリマスター版)
映倫 : R15+

監督 : アレハンドロ・ホドロフスキー
製作 : アレン・クライン
脚本 : アレハンドロ・ホドロフスキー
撮影 : ラファエル・コルキディ
音楽 : アレハンドロ・ホドロフスキー

出演:
アレハンドロ・ホドロフスキー / エルトポ
ブロンティス・ホドロフスキー / 息子(子供時代)
デヴィッド・シルヴァ / 大佐
ポーラ・ロモ / Woman in black
マーラ・ロレンツォ / マーラ
ロバート・ジョン / 息子(大人時代)

銃の名手エル・トポ(モグラの意)は、一人息子を連れて旅をしていた。
あるとき、彼は住民たちが山賊によって虐殺された村を通りかかる。
エル・トポは修道院を占拠していた山賊の首領との決闘に勝利する。
やがて彼は息子を置いたまま、首領の女を連れて再び旅に出る。



311199.jpg

いろいろと説明のいる作品なので、下記の様にまとめました。
ってウィキを利用していますけど・・・。

映画の内容があまりにも衝撃的であったため、深夜の映画館のみで上映される。
広告は小さな文字でタイトルと上映時間が載っているだけだったが、
口コミで広がり半年続くほどの異例の大ヒットとなる。
ただ、内容が常識とはかけ離れており、その上難解なので途中退場した観客も見られたという。

「もしフェリーニが西部劇を、クロサワがキリスト映画を撮ったらこうなったであろう」と絶賛され、
1971年の公開初日に劇場「エル・ジン」に訪れた観客にはアンディー・ウォーホール一派やの
デニス・ホッパー、ピーター・フォンダ、ミック・ジャガー、ジョン・レノン、オノ・ヨーコら著名人も訪れた。
劇場に四回足を運んだというジョン・レノンはこの作品と次回作の興行権を45万ドルで買い取っている。
これをきっかけで、大劇場でも大々的に上映されたが、不評の為に3日で打ち切りとなる。
日本では寺山修司がこの映画を絶賛しており、以来存在が知られるようになった。

途中に登場するフリークス(身体障害者)や、大量のうさぎの死体はすべて本物である。

その上、プロデューサーのアレン・クラインとのもめごとで、再上映が出来なかったため、
幻の作品として名前だけ有名になる(キング・オブ・カルトの所以ですね)。
アラン・クラインはロック・ファンにはおなじみの、あのローリング・ストーンズやビートルズの
マネージャーだった悪名高き人です(笑)。
その後、二人(監督と製作者)は仲直りして、日本でも無事に1987年に上映されたわけです。

そもそも今作は1969年に製作され、1970年に発表されるもメジャー系の配給会社に断わられ、
その後「エル・ジン」というスペイン語圏の映画を扱うミニシアター系の深夜上映が決定して、
1971年1月1日に封切られたそうです。



僕も写真↓だけは記憶にあったのですが、その内容はほとんど忘れていて、
今回初めて観たしだいです。

311122.jpg

前半は西部劇で、後半は「青の洞門」(菊池寛の「恩讐の彼方に」)。
かなり乱暴ですが一行で説明をすると、こんな内容の作品。

殺人、レイプ、同性愛、育児放棄、退廃、宗教腐敗、差別、偏見について語られながら、
後半は極めて道徳的なオチで終わるという作品です。

フェリーニと黒沢云々という評価について上↑に書いてありますが、僕が観終わって
先ず思い出したのは、パゾリーニ監督でした。
難解で暗示や比喩に満ちていた作品が共通していたというより、
パゾリーニの作品も今作も共に宗教の影響を強く感じるからです。
神に不信感を抱いているのでしょうか?

ただ今作はキリスト教(カトリック?)というだけでなく、ラストの主人公の焼身自殺とか
仏教的(東洋的)なものも感じられ、その点が非常にユニークなんですね。
東洋的というのは音楽もそうなんですが、まるで念仏みたいな曲があるんです。
音楽は監督自身の作のようですが、なかなか面白いです。

ってここまで書きながら、これって深読みしすぎ?とも思えるんですね。
というのも、DVDのおまけについている監督のインタビューを見ると、
たんなるおかしなオヤジか?としか思えないので・・・(^_^;)。
う~ん、どうなんでしょう?
宗教問題って日本人には難しいですね。
でもいろいろ考えさせられる作品であることは間違いないです。

31.jpg

デジタル・リマスターということで、兎に角1969年の作品としてはとてもきれいです。
砂漠と空の色が素晴らしい。
ただ“血の色”は笑っちゃうほどの色ですが。

反対に音の処理はちょっと???。
最初のセリフが流れた時、音声の確認してしまいました。
すべてアフレコで録ったのかな?
すぐ慣れましたけどね。

僕は非常に楽しめましたが、一般受けはしないでしょう。
でもシネフィルの人は観ないといけません!(^^)!。
2013年の日本では、これで人生が狂うことはないけど、
ちょっと(悪)影響大の作品といえるでしょう。

今の日本では決してつくられることのないタイプの作品で、
カルトとしか言いようがないです。
あ~、園子温ならつくるかもしれない・・・。

兎に角、怪作です。

予告↓




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

エクスペンダブルズ(2010)
【2013/04/28 20:06】 映画え
エクスペンダブルズ(2010)
 THE EXPENDABLES

61Mz8yOUmFL.jpg

上映時間 : 103分
製作国 : アメリカ
映倫 : R15+

監督:シルヴェスター・スタローン
原案:デヴィッド・キャラハム
脚本:シルヴェスター・スタローン
デヴィッド・キャラハム

出演:
シルヴェスター・スタローン / バーニー・ロス
ジェイソン・ステイサム / リー・クリスマス
ジェット・リー / イン・ヤン
ミッキー・ローク / ツール
ドルフ・ラングレン / ガンナー・ヤンセン
エリック・ロバーツ / ジェームズ・モンロー
ランディ・クートゥア / トール・ロード
スティーヴ・オースティン / ダン・ペイン
デヴィッド・ザヤス / ガルザ将軍
ジゼル・イティエ / サンドラ
カリスマ・カーペンター / レイス
ゲイリー・ダニエルズ / ザ・ブリット
テリー・クルーズ / ヘイル・シーザー
ブルース・ウィリス / チャーチ
アーノルド・シュワルツェネッガー / トレンチ

軍用銃のエキスパートであるバーニー・ロス率いる
少数精鋭の凄腕傭兵軍団“エクスペンダブルズ”。
ソマリアでの人質救出作戦を鮮やかに成功させた彼らに対し、
さっそく新たな依頼が舞い込む。
それは、南米の島国ヴィレーナを牛耳る独裁者ガルザ将軍の
抹殺というかつてない困難な大仕事だった。
すぐさま現地へ視察に向かったバーニーは、ガルザの実の娘でありながら
民衆の苦境を見かねて反政府活動に乗り出したサンドラと出会う。
その後アメリカに戻ったバーニーは、次第に見えてきたCIAの
薄汚い思惑に嫌気がさして仕事から降りてしまう。
その一方で、気丈に戦い続けるサンドラのことが放っておけず、
単身でヴィレーナへ乗り込もうとするバーニーだったが…。


336448_01_06_02-1.jpg

アクション映画の大スターが集結したアクション大作。

録画してあったものを観ました。

336448_01_03_02-1.jpg

アクション場面は確かにスゴイのですが、
何かスッキリ感が無い。

あ~観たー!って感じが無い。

暇つぶしにはもってこいなんですけどね・・・。

336448_01_01_02-1.jpg

予告↓




テーマ:映画動画 - ジャンル:映画

永遠の僕たち(2011)
【2013/04/05 21:12】 映画え
永遠の僕たち(2011)
 RESTLESS

永遠1

上映時間 : 90分
製作国 : アメリカ
映倫 : G

監督:ガス・ヴァン・サント
脚本:ジェイソン・リュウ

出演:
ヘンリー・ホッパー / イーノック
ミア・ワシコウスカ / アナベル
加瀬亮 / ヒロシ
シュイラー・フィスク / エリザベス
ジェーン・アダムス / メイベル
ルシア・ストラス / レイチェル
チン・ハン / ドクター・リー

交通事故で両親を失い、自身も臨死を体験した少年、イーノック。
以来、日本人の特攻青年ヒロシの霊が見えるようになり、今では唯一の話し相手となっていた。
すっかり死にとらわれてしまった彼は、見ず知らずの故人の葬式に紛れ込むことを繰り返していた。
ある日、それを見とがめられた彼は、参列者の少女アナベルに救われる。
彼女は余命3ヵ月であることをイーノックに打ち明け、2人は急速に距離を縮めていく。
そしてそんな2人を、イーノックの傍らでヒロシが優しく見守るが…。



永遠2

デニス・ホッパーの息子のヘンリーとミア・ワシコウスカの二人が瑞々しい青春ロマンス映画。

幽霊の設定が、何故日本人の特攻青年なのかよくわかりませんが、
加瀬亮の演技そのものは良いです。
彼って帰国子女なんですね、知りませんでしたが・・・。

永遠3

作品そのものは悪くはないんだけど、どうもノレなかったというのか、
いかにもガス・ヴァン・サント監督らしい作品ではありますが・・・。


ビートルズの“TWO OF US”は良かったけどね。




予告↓



テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB