バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

風立ちぬ(2013)
【2015/03/13 19:40】 映画か
風立ちぬ(2013)
 THE WIND RISES

987-10258.jpg

上映時間 : 126分
製作国 : 日本

監督:宮崎駿
原作:宮崎駿
脚本:宮崎駿
音楽:久石譲
主題歌:荒井由実『ひこうき雲』

声の出演:
庵野秀明 / 堀越二郎
瀧本美織 / 里見菜穂子
西島秀俊 / 本庄季郎
西村雅彦 / 黒川
スティーブン・アルパート / カストルプ
風間杜夫 / 里見
竹下景子 / 二郎の母
志田未来 / 堀越加代
國村隼 / 服部
大竹しのぶ / 黒川夫人
野村萬斎 / カプローニ

少年時代に夢の中で憧れのカプローニ伯爵と出会い、
飛行機の設計士になることを決意した堀越二郎。
1923年、東京帝国大学に進学するため上京した彼は、
列車の中で里見菜穂子と出会い心惹かれる。
そしてその移動中に関東大震災に遭遇、
混乱の中で菜穂子とお供のお絹を助ける。
卒業後、晴れて三菱内燃機株式会社への入社を果たした二郎は、
念願の設計士としての道を歩み始める。
しかし視察したドイツのユンカース社で技術力の差を痛感し、
設計主務者に選ばれた七試艦上戦闘機のテスト飛行も失敗に終わる。
1933年夏、失意の中で軽井沢を訪れた二郎は、そこで菜穂子と運命の再会を果たす。



1298125.jpg

宮崎駿が月刊模型雑誌『モデルグラフィックス』に連載していた漫画を自らアニメ映画化。
零戦の設計者である堀越二郎の半生を軸に、堀辰雄の『風立ちぬ』のエピソードを盛り込んだ作品。



堀越二郎については今回初めて知りました。

堀辰雄の『風立ちぬ』は読んでいません。
なんとなく内容(あらすじ)を知っているという程度です。
菜穂子のモデル?となった『菜穂子』については、もっと知りません(^_^;)。

「風立ちぬ、いざ生きめやも」という詩句は、小説『風立ちぬ』の作品冒頭に掲げられている
ヴァレリーの詩「Le vent se leve, il faut tenter de vivre.」を堀が訳したものだそうです。

ユーミンの「ひこうき雲」をイマドキの若者は、新曲だと思っているという記事を読んだので、
甥(大学生)に確かめたところ、えっっ・・・、そうじゃないの!?とビックリされてしまいました。
こっちがびっくりしましたよ、マジで(笑)。本当に知らないんだ。

32591475-123.jpg

僕は、実は漫画は好きなんですが、アニメはそれ程でもなく、宮崎駿作品も、
カリオストロ、ナウシカ、宅急便、もののけ、千と千尋とこれの6本だけですね、観たのは。

この「風立ちぬ」は、少し前にTV放映されたのを録画で観ました。
というか宮崎作品を劇場で観たことも無ければ、レンタルしたことも無いと思う。
友人が貸してくれたか、TV放映を観たかのどちらかですね(^_^;)。

で、どうだったかというと、これが普通に良かった。
というより、ちょっと感動すらしちゃいました(笑)。

まず、絵が美しく、丁寧な仕事ぶりが良かった。
って、アニメを観ない人間が言うのもナンですが・・・。

庵野秀明の声は、慣れましたね(笑)。
確かに上手いとは言えないですが・・・。

93018-987.jpg

僕は嫌煙家なので、煙草の煙ちょっと多いなとは思いましたが、
作品の時代設定が戦前戦中ですから、まー仕方ないかなと。

監督の嗜好は知りませんが、鈴木プロデューサーはめちゃくちゃヘヴィースモーカーだそうですね。

この作品は完全に大人向けなので、子供のことなんか考えていないので、
別に煙草の煙が多くてもいいんじゃないですか・・・。

反戦と兵器好きの共存も気にならなかった。
というか、その矛盾を矛盾のまま開き直っているのが良かったのか・・・?

主人公の堀越も菜穂子も迷いが無く、真っ直ぐに生きますね(菜穂子は死んじゃうんだけど)。
この二人の恋愛映画として、軽井沢の場面は良かったです。

9801-0125.jpg

恋愛映画としての面とは別に、この映画のもう一つの重要なテーマ?に
「美しさを追い求める自分勝手さ」があります。
というか、子供向けじゃない作品を自分の好きなようにつくったら、
こういう作品になっちゃったというべきかな。
そういう意味で、この堀越のキャラがそのまま監督自身のことだと言っていいと思う。

上に開き直っていると書きましたが、要は俺はこんなに自分勝手な奴なんだと言っているんですね(笑)。
そういう意味では、随分酷い男の話なわけです。

残念なのは、美を追求するのが目的?なため、戦闘シーンが無いことです。
ゼロ戦の事実を描かないというのは、飛行機という美しきものを描く上で、
監督にとって必要のないことなんでしょうね。

作品を鑑賞中はいろいろ気にせずに観ていました。

観終わってからは、いろいろと考えちゃいますけどね・・・。
えーっと、上手くまとまりません(^_^;)。

でも面白かったというのはホントです。
それと、これは反戦映画です。

☆予告↓




スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014)
【2015/02/11 17:37】 映画か
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014)
 GUARDIANS OF THE GALAXY

349437_02_01_02.jpg

上映時間 : 121分
製作国 : アメリカ

監督:ジェームズ・ガン
原作:ダン・アブネット
アンディ・ラニング
脚本:ジェームズ・ガン
ニコール・パールマン
撮影:ベン・デイヴィス
視覚効果監修:ステファン・セレッティ
プロダクションデザイン:チャールズ・ウッド

出演:
クリス・プラット / スター・ロード/ピーター・クイル
ゾーイ・サルダナ / ガモーラ
デイヴ・バウティスタ / ドラックス
ジャイモン・フンスー / コラス
ジョン・C・ライリー / ローマン
グレン・クローズ / ノバ軍の指揮官
ベニチオ・デル・トロ / コレクター
リー・ペイス / ロナン
マイケル・ルーカー / ヨンドゥ
カレン・ギラン / ネビュラ
ローラ・ハドック / クイルの母
ピーター・セラフィノウィッツ / サアル
ワイアット・オレフ / ピーター・クイル(少年期)
グレッグ・ヘンリー / クイルの祖父
ジョシュ・ブローリン / サノス
声の出演:
ヴィン・ディーゼル / グルート
ブラッドリー・クーパー / ロケット
セス・グリーン / ハワード・ザ・ダック

幼くして地球から誘拐されたピーターは、今や宇宙をまたにかけるプレイボーイのトレジャーハンター。
自ら“スター・ロード”と名乗り、どんなピンチも持ち前の悪知恵と度胸で乗り切ってきた。
そんな彼の心の支えは、70年代の地球のヒット曲が入った母の形見のウォークマン。
ある日、ピーターは強大な力を秘めたパワー・ストーン“オーブ”を手に入れる。
しかしそのせいで、銀河の支配を目論む恐るべき闇の存在と、
銀河の秩序を司るザンダー星の壮大な戦いに巻き込まれるハメに。
そこでピーターは、宇宙一凶暴なアライグマのロケットはじめ、
刑務所で出会った4人のワケありすぎるお尋ね者たちと手を組み
チーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”を結成し、
銀河存亡を懸けたあまりにも無謀な戦いに立ち向かっていくのだった。



349437_01_01_02.jpg

非常に評価が高かったので、ある意味恐る恐る観ましたが(笑)、面白かったです。
評判通りの快作スペースオペラ。

予想外だったのは、笑えるだけじゃなく、ホロリとさせられること。

349437_01_04_02.jpg

その泣きのツボを刺激するのが、ロケットとグルートの二人、じゃなくて二匹、
じゃなくて一匹と一本・・・か?

まさかアライグマと木に心奪われるとは、想像すらできませんでした(笑)。
でもこの一匹と一本が愛おしいのです。マジに。

341111-2.jpg

349437111-2.jpg

彼等のフィギュア欲しい!という書き込みがありましたが、その気持ちよくわかります。

それと音楽ファンとしては、劇中に流れる曲にやられます。

もちろん全曲、曲名とアーティスト名を言えるわけじゃないです。
でもすべて知っていた!
聴いたことはあるんですよ。
映画観ながら、あっ、この曲知ってるって。
アーティスト名をこうやって見ても知らない人もいるのですが、曲は知っていました。

☆サントラ・ソング・リスト

1)Hooked on a Feeling / ブルー・スウェード
2)Go All the Way / ラズベリーズ
3)Spirit in the Sky / ノーマン・グリーンバウム
4)Moonage Daydream / デヴィッド・ボウイ
5)Fooled Around and Fell in Love / エルヴィン・ビショップ
6)I'm Not in Love / 10cc
7)I Want You Back / ジャクソン5
8)Come and Get Your Love / レッドボーン
9)Cherry Bomb / ザ・ランナウェイズ
10)Escape (The Pina Colada Song) / ルパート・ホルムズ
11)O-o-h Child / ファイヴ・ステアステップス
12)Ain't No Mountain High Enough / マーヴィン・ゲイ & タミー・テレル


③の「Spirit in the Sky」は予告編で流れただけ?らしい。

映画で使われる順番は、6-8-2-1-10-4-5-9-11-12-7だそうです。

オープニングは“I'm Not in Love / 10cc”。

そしてラストが“I Want You Back / ジャクソン5”。

このジャクソン5に合わせてグルートが踊るのですが、これがめちゃカワイイ!

349437_01_06_02.jpg

そうそうエンドロールの後におまけがあるのでちゃんと最後まで観ましょう。

☆予告↓






テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

鑑定士と顔のない依頼人(2013)
【2014/09/24 19:38】 映画か
鑑定士と顔のない依頼人(2013)
 LA MIGLIORE OFFERTA
 THE BEST OFFER

347018_02_01_02.jpg

上映時間 : 131分
製作国 : イタリア

監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ
撮影:ファビオ・ザマリオン
プロダクションデザイン:マウリツィオ・サバティーニ
衣装デザイン:マウリツィオ・ミレノッティ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:
ジェフリー・ラッシュ / ヴァージル・オールドマン
シルヴィア・フークス / クレア
ジム・スタージェス / ロバート
ドナルド・サザーランド / ビリー
フィリップ・ジャクソン / フレッド(使用人)
ダーモット・クロウリー / ランバート
キルナ・スタメル / バーの少女
リヤ・ケベデ / サラ(ロバートの彼女)

一流の美術鑑定士にして、カリスマ的オークショニアのヴァージル・オールドマン。
極端に人間嫌いで独身を貫く彼が唯一愛情を注ぐのが、女性の肖像を描いた名画たち。
これはと思う肖像画が出品されると、相棒のビリーを使い、
不正な手段で自分のコレクションに加えてしまうのだった。
そんなある日、彼のもとに、亡くなった両親が遺した家具や
美術品の鑑定をしてほしいという若い女性からの依頼が舞い込む。
ところが依頼人は、決してヴァージルの前に姿を見せようとはしなかった。
憤慨するヴァージルだったが、依頼人の屋敷である歴史的名品の一部とおぼしき部品を
発見してしまい、この依頼を引き受けずにはいられなくなる。
そして屋敷に通ううち、姿の見えない依頼人に少しずつ興味を抱き始めるヴァージルだったが…。


347018_01_08_02.jpg

つかりこ氏とスパイクロッド氏の両名がそれぞれのブログでこの作品を取り上げていたので、
ツタヤのディスカスに予約しておいたところ、在庫はフルじゃなかったのに意外と早く届き、
早速鑑賞いたしました。

つかりこ氏のブログ↓
http://yurayuragusa.blog.fc2.com/blog-entry-137.html

スパイクロッド氏のブログ↓
http://spikerod.blog.fc2.com/blog-entry-83.html

オススメです。
恋愛&ミステリー作品として大変面白かったです。
監督は“ニュー・シネマ・パラダイス”や“海の上のピアニスト”の人ですね。

主人公を演じるのがジェフリー・ラッシュで、彼が素晴らしいです。
この作品の魅力は彼の演技によって成り立っているといってもいいでしょう。

この主人公のヴァージル・オールドマンは、美術品の鑑定士であり、オークションでハンマーを
ふるうオークショニアというのがお仕事なんですが、実に変な人で、女性恐怖症、人嫌い、潔癖症、
横柄とおよそ友達としてはあまりお付き合いをしたいと思わないタイプの人です。

その上ヴァージルは売れない画家ビリーと組み、犯罪まがいの方法で入手した名画を、自宅の秘密の
部屋に隠し持っています。その名画というのがすべて女性の肖像画で、その肖像画(彼女!)たちに
囲まれているのが、彼の至福の時なんですね。

347018_01_04_02.jpg

そんな彼のもとに若い女性クレアから、仕事の依頼の電話がかかってきます。勿論女性恐怖症の彼は、
そんな仕事は断ります。しかし彼女の口車に乗せられ!?彼女の屋敷を尋ねることになりますが、一度
ならず二度までも約束を違えて会おうとしない彼女に、ヴァージルは激怒します。

しかし彼女の屋敷で興味深い名品を発見し、しかも彼女が“広場恐怖症”であり、屋敷に作り付けられた
隠し部屋の中で暮らしているということがわかってくると、ヴァージルは彼女に興味を持つようになります。

ここからの二人の恋愛のプロセスがこの映画の見所です。ともに対人関係に問題のある男と女が惹かれ
あっていく場面が実にロマンティックで面白い。そして何と言ってもラッシュ演じるヴァージルという
偏屈爺さんが恋に落ちていく過程の面白さ!

肖像画の女性しか興味の無かった男が、初めて生身の女性に興味をもったため、なんとか彼女の顔を
見ようと彼なりに企んで、彼女の顔を拝みます。これにやられちゃった彼は再び彼女の顔を拝もうとして
トドメを刺されます(笑)。あの有名な「氷の微笑」の如く、クレアが自分の足の指を舐めるために股間を
広げるのを見てしまった童貞じいさんは、完全に彼女にいかれてしまいます。

いやいや自分の足の指をなめることが出来るって、体が柔らかいですね・・・。
って、そんなことは問題じゃないですね(^_^;)。
このクレア役のシルヴィア・フークスって、大人の女性というより少女的で、細いし胸も無いし、
英国出身のファッション・モデルのケイト・モスに似ているなと思ったら、シルヴィアもモデル
出身だったんですね。

347018_01_03_02.jpg

で、なんやかんやで二人は一緒に暮らすようになるのですが・・・。

基本的にこの作品をとても面白いと思うし、気に入っています。
でも不満も多いんです。
その不満を書くとネタバレになるのでここからは観た人向けです。

そうそう、この作品から監督はデジタル撮影にしたのですが、さすがに画面は綺麗です。
でも奥行きのある味わいはフィルムの方があるのかな。
フィルムの現像とか映写とかの腕の良い技術者の減少がデジタルへの移行を決心させたということですが、
確かに仕方がないとはいえ、“ニュー・シネマ・パラダイス”を撮った監督なので少し寂しいです。



ここからはネタバレ注意!!!

結局、ヴァージルは詐欺にあうわけですが、スパイクロッド氏が指摘したようにミステリーとしては
無理があると思います。クレアが依頼してきた仕事内容の規模と彼女のあの不可解な行動なら、契約を
する前に詳しく調査すると思うけどな。っていうか主謀者達って、ヴァージルが疑問に思って下調べを
するとは思わなかったのかな? すぐバレる程度の詐欺ですよね。まったく不思議です。

またヴァージルが思わず依頼を受けようと思うほどのオートマタを、彼等がそう簡単に用意できるとも
思えないのですが・・・。

347018_01_05_02.jpg

詐欺仲間の中では、ビリーが主謀者だと思うのですが、それでもヴァージルに対してここまでの復讐をする
ほどの恨みがあったとは思えないのです・・・。まー個人的恨みって、他人には理解できないものですけど。

ヴァージルが警察に届けなかったのは、絵の入手方法に問題ありきということなのか、
それとも束の間といえどもクレアとの生活が夢の如き幸せだったからなのか? 
彼女が初めての女性だし。あー切ないです。

ラスト、ヴァージルがレストランで来るはずの無い彼女を待っているのも切ないですね。

予告↓




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

鍵泥棒のメソッド(2012)
【2013/05/23 21:34】 映画か
鍵泥棒のメソッド(2012)

342238_02_01_02.jpg

上映時間 : 128分
製作国 : 日本

監督:内田けんじ
脚本:内田けんじ
主題歌:吉井和哉
『点描のしくみ』

出演:
堺雅人 / 桜井武史
香川照之 / コンドウ/山崎信一郎
広末涼子 / 水嶋香苗
荒川良々 / 工藤純一
森口瑤子 / 井上綾子
小山田サユリ
木野花
小野武彦

自殺願望のある売れない役者・桜井武史。
ある日、銭湯で羽振りのいい男が転んだはずみに頭を強打して記憶を失う現場に居合わせる。
とっさにロッカーの鍵をすり替え、彼になりすます桜井。
ところが、その男が誰も顔を見たことがない伝説の殺し屋コンドウだったことから窮地に陥ってしまう。
一方、自分を貧乏役者の桜井だと思い込んでしまったコンドウは、真面目に演技の勉強に取り組み始める。
すると、そんなコンドウの姿に女性編集者の水嶋香苗が好意を持ってしまう。
やがて、婚活に必死な彼女からプロポーズされてしまうコンドウだったが…。



342238_01_02_02.jpg

「運命じゃない人」(2004年)、「アフタースクール」(2008年)の内田けんじ監督の新作。

この作品も含めてみんなオススメです。

堺雅人の情けない役、
香川照之の記憶をなくした状態と思い出した時の落差、
ヒロスエの不思議ちゃん役、
皆さん良いですね!

342238_01_08_02.jpg

助演の荒川良々も森口瑤子も良いです。

342238_01_07_02.jpg

エンドロールの後にまだオマケがあります。
忘れずに観てください。
ただ個人的にはこのシーンは、どうかな~って思いますが・・・(#^.^#)。

予告↓




テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画

かいじゅうたちのいるところ(2009)
【2012/06/13 19:08】 映画か
かいじゅうたちのいるところ(2009)
 WHERE THE WILD THINGS ARE

上映時間 : 101分
製作国 : アメリカ

監督:スパイク・ジョーンズ
原作:モーリス・センダック
『かいじゅうたちのいるところ』(冨山房刊)
脚本:スパイク・ジョーンズ
デイヴ・エッガース

出演:
マックス・レコーズ / マックス
キャサリン・キーナー / ママ
マーク・ラファロ / ママの恋人
声の出演:
ローレン・アンブローズ / KW
クリス・クーパー / ダグラス
ジェームズ・ガンドルフィーニ / キャロル
キャサリン・オハラ / ジュディス
フォレスト・ウィッテカー / アイラ
ポール・ダノ / アレクサンダー

8歳の少年マックスは、シングルマザーの母と姉との3人暮らし。
最近、姉も母もかまってくれず寂しさがつのるマックス。
ある日、大好きなオオカミの着ぐるみを着て
悪さをしていたマックスは、ついに母を激怒させてしまう。
自分の気持ちを分かってくれない悔しさから、
マックスはそのまま家を飛び出してしまう。
無我夢中のままボートに乗り込み、大海原へと
こぎ出してしまったマックスは、やがてどこかの島へとたどり着く。
なんとそこには、大きな体をした不思議なかいじゅうたちがいっぱいいた。
そして、ひょんな成り行きから王様として迎えられたマックス。
さっそく、みんなが幸せになれる王国づくりに乗り出すのだったが…。



子供向きの作品ではありません。
8歳の子供に見せたって、きっと面白くないでしょう。

いや、子供たちなりに面白いと思うけど、
大人の判断として、これが子供向き?っていうこと。

原作については知らないので、そもそも子供向きなのかはわかりませんが、
なんとも不思議な作品です。
スパイク・ジョーンズらしいといえばそうなんでしょうね。

まず手持ちカメラと自然光による映像が良い。

美術がWBの作品とは思えないほどインディーズっぽいが、
キャロルのジオラマや、かいじゅう達のつくった建物とか、
センスが良いと言えばよいのか、兎に角素晴らしい。

かいじゅうも、CGじゃなく“着ぐるみ”らしいのですが、
これがまた素晴らしい。

カレンOによる楽曲も、いかにも彼女らしいちょっと変わったもので、
これまた素晴らしい。

しかし、肝心のストーリーがあまりよくない。

子ども嫌いにはとても受け入れられない役柄の主人公に、
僕もこの作品を選んだのは失敗したと思ったけど、
嵐の海を必死でボートを漕いで行くマックスをみて、
もう少し観てみようという気になった(単純ですね・・・)。

でも結局、マックスは成長しなかった。
なんだかな~。

かいじゅうたちは良いんだけどね・・・。

予告↓
http://www.youtube.com/watch?v=nKXXUa_J51o

テーマ:TVで見た映画 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB