バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

キングスマン(2014)
【2016/02/26 20:27】 映画き
キングスマン(2014)
 KINGSMAN : THE SECRET SERVICE

king-1.jpg

上映時間 : 129分
製作国 : イギリス
映倫 : R15+

監督:マシュー・ヴォーン
原作:マーク・ミラー
『キングスマン:ザ・シークレット・サービス』
小学館集英社プロダクション刊)
デイヴ・ギボンズ
脚本:ジェーン・ゴールドマン
マシュー・ヴォーン
衣装デザイン:アリアンヌ・フィリップス
出演:
コリン・ファース / ハリー・ハート
マイケル・ケイン / アーサー
タロン・エガートン / ゲイリー・“エグジー”・アンウィン
マーク・ストロング / マーリン
ソフィア・ブテラ / ガゼル
サミュエル・L・ジャクソン / リッチモンド・ヴァレンタイン
ソフィー・クックソン / ロキシー
マーク・ハミル / アーノルド教授
ハンナ・アルストロム / 北欧の王女

高級テーラー“キングスマン”で仕立て職人として働く英国紳士のハリー。
その正体は、どの国家にも縛られることなく秘密裏に正義を遂行する
国際的なスパイ組織“キングスマン”のエース・エージェント。
ある日、エージェントの一人が何者かに殺害され、その欠員を補充するためハリーは、
貧困地区で無軌道な生活を送っていた若者エグジーをスカウトする。
彼の父はキングスマンのエージェントで、17年前、その犠牲的行為でチームを救い、
命を落としたハリーの恩人だったのだ。
こうしてエグジーは、父の後を継ぐべくキングスマンの過酷な新人試験に身を投じていく。
一方ハリーは、天才IT富豪のリッチモンド・ヴァレンタインが
水面下で進めていた恐るべき陰謀の謎を追っていくが…。



king-7.jpg

「キック・アス」のマシュー・ヴォーン監督と原作者のマーク・ミラーのコンビによる
荒唐無稽なおバカ&スパイアクション映画の快作(怪作!?)。
でも意外とまともな!?スパイ映画でもあるし、英国らしさも堪能できます(笑)
オススメです!と言いたいけど、結構人を選びますね。
「キック・アス」がダメな人は受け付けないでしょう。
グロさも満載です。一応R15+だし。セクシーさは少ないけど(笑)

オープニングがダイアー・ストレイツのマネー・フォー・ナッシングで、ラストに
ブライアン・フェリーのスレイブ・トゥ・ラブ。なかなかナイスな選曲。
というより、それがカセットテープから流れる!っていうことが好いですね。

スパイ・アクション映画ですから、先ずはアクション。
何といっても、コリン・ファース!
スゴイです~!!!

king-2.jpg

先ずはパブでひと暴れ。
傘(これが重要な小道具)で、ちょいちょいとチンピラどもをやっつけます。

そしてキリスト教原理主義者が集う教会でも大立ち回り!
凄すぎです~!
ワンカット?とスローモーションによる素晴らしいアクション・シーンです。

コリン・ファースとは関係ないけど、あの花火の打ち上げも最高です。
花火でグロさが美しさに変わりました(笑)
また、防弾スーツ、メガネ、傘、靴等の小道具のバカバカしさも素晴らしい。

king-3.jpg

マーリン役のマーク・ストロング。
キック・アスでは極悪非道の悪役でしたが、ここではなかなか渋い演技を見せます。
あっ、マイケル・ケインもいかにも彼らしい役です。

king-4.jpg

悪役では何といっても、サミュエル・L・ジャクソンとソフィア・ブテラ。
二人ともキッチュさ全開。笑うしかないです。
そうそう、ソフィア・ブテラが演じるガゼルは、キル・ビルで栗山千明が演じたGOGO夕張を思い浮かべます。

king-5.jpg

ちょっと残念は、エグジー役のタロン・エガートンがちょっと地味ですね。
スーツに着替えた時は、これぞ馬子にも衣装という感じで、服装は大事だな~と感心しましたが。
ただあのメガネが何とも言えません(^_^;)
笑ったのが、JBが、“ジェームズ・ボンド”でも“ジェイソン・ボーン”でもなく、“ジャック・バウアー”
だってこと。エグジーらしい趣味?

king-6.jpg

ロキシー役のソフィー・クックソンも地味だな~・・・(笑)

アーノルド教授役のマーク・ハミル、ジジイ役がピッタリ!

あのチンピラどもがタダスマホを入手していないって!?
最後まで生き残っていたとは、ビックリ!
そうじゃないと、あの場面出来ないけどね(笑)

数少ないセクシー場面は、北欧の王女役のハンナ・アルストロムのお尻(笑)
かの国の王室は寛大ですな、日本ではありえません(^_^;)
流石のヴォーン監督も自国王室ネタとしては、お尻出しは出来なかったのかな。

友人と今作について話をしていて、魅力的なヒロインがいないのが残念だな~と言ったところ、
この監督は子供の女は撮れても、大人の女はダメなんだという返事が返ってきて納得(笑)

☆予告







スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

君が生きた証(2014)
【2015/11/27 22:05】 映画き
君が生きた証(2014)
 RUDDERLESS

ruder-1.jpg

上映時間 : 105分
製作国 : アメリカ

監督:ウィリアム・H・メイシー
脚本:ケイシー・トゥエンター
ジェフ・ロビンソン
ウィリアム・H・メイシー
音楽:イーフ・バーズレイ
音楽監修:リズ・ギャラチャー
出演:
ビリー・クラダップ / サム
アントン・イェルチン / クエンティン
フェリシティ・ハフマン / エミリー
セレーナ・ゴメス / ケイト
ローレンス・フィッシュバーン / デル
ジェイミー・チャン / リサ
マイルズ・ハイザー / ジョシュ
ウィリアム・H・メイシー / バーのオーナー

やり手のエリート広告マン、サムは、大学で起きた銃乱射事件で息子ジョシュを失う。
ショックから自暴自棄となり、隠遁生活を送るサム。
2年後、そんな彼にもとに別れた妻が現われ、生前にジョシュが
書きためていた自作曲のデモCDを手渡す。
曲を聴き、自分が息子のことを何も知らなかったことを痛感するサム。
そして自らギターを弾き、ジョシュの遺した曲を歌い始める。
ある時、彼は場末のライブバーで飛び入りで弾き語りを披露する。
すると、それを聴いていた青年クエンティンに熱心に口説かれ、
2人でバンド“ラダーレス”を結成することに。
クエンティンはサムが披露する曲を彼の自作と思い込み次々とバンドのレパートリーに加え、
ラダーレスは次第に人気を獲得していくが…。



ruder-2.jpg

ハリウッド代表する名脇役にして個性派俳優のウィリアム・H・メイシーが、初監督作品と聞いて、
あれっ、「トランスアメリカ」があったじゃん?と思ったら、あれは製作総指揮だったんですね。

ruder-6.jpg

ちなみに「トランスアメリカ」はとってもオススメの映画です。
「トランスアメリカ」はメイシーの嫁さんであるフェリシティ・ハフマンが主演でしたね。
「トランスアメリカ」はこちらをどうぞ。

それは兎も角、いつもお邪魔しているつかりこさんのブログでこの作品を紹介していて、
おーこれは観なくちゃとレンタル予約したら、もう予約していました・・・アホっすね(^_^;)。
でもつかりこさんのブログ、短くも観なくちゃと思ってしまう良い記事でしたよ。
つかりこさんのブログはこちらをどうぞ。

ruder-3.jpg

どう書いてもネタバレになるので、何も知らずに観て!としか言えません。
絶対知らずに観る方がいいです。
以上。

ruder-4.jpg

でもちょっと書きます。

音楽(歌)についての映画だし、当然のことながら歌が良いし、歌に対する比重は高い。
でも音楽映画ではありません。
音楽ファンには是非観てもらいたいけど、かなりヘヴィーな内容です。
ちょっと考えさせられる、なんてもんじゃないです。
でも、やっぱり音楽映画でもあるんですね。
音楽の力にやられる映画です。

ruder-5.jpg




映画の中で流れる歌の数々、フォーキーというか、カントリーっぽさを感じます。
聴いていて、フリート・フォクシーズを思い出しました。
パンクなフォークというかカントリーというか。

☆Rudderless / Stay With You



この曲↓はバンドじゃないです。

☆Billy Crudup / Sing Along



☆予告






テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

寄生獣(2014)
【2015/10/14 18:49】 映画き
寄生獣(2014)

kiseijuu-1.jpg

上映時間 : 109分
製作国 : 日本
映倫 : PG12

監督:山崎貴
原作:岩明均
脚本:古沢良太
山崎貴
撮影:阿藤正一
美術:林田裕至
佐久嶋依里
VFX:山崎貴
VFXディレクター:渋谷紀世子
キャラクタービジュアルディレクター:柘植伊佐夫

出演:
染谷将太 / 泉新一
深津絵里 / 田宮良子
阿部サダヲ / ミギー
橋本愛 / 村野里美
東出昌大 / 島田秀雄
池内万作 / A
オクイシュージ / 中華料理店の主人
山中崇 / 辻刑事
岩井秀人 / 草野
大森南朋 / 倉森
余貴美子 / 泉信子
豊原功補 / 山岸
北村一輝 / 広川
國村隼 / 平間
浅野忠信 / 後藤

ある日突然、地球に謎の寄生生物“パラサイト”が出現した。
パラサイトは人間の体内に侵入すると脳を食べてその人間の身体を乗っ取り、
他の人間を次々と捕食していく凶暴な知的生命体だった。
そんなパラサイトの増殖は、人間社会に気づかれることなく、水面下で徐々に進行していた。
ごく普通の高校生・泉新一は、ある時パラサイトに寄生されてしまうが、
偶然にも脳への侵入は阻止することに成功する。
新一の身体全体の乗っ取りに失敗したパラサイトは、やむを得ず彼の右手に居座り、
自らを“ミギー”と名乗って、新一に互いの生存のために協力し合うことを提案する。
こうして、嫌々ながらも選択の余地なくミギーとの共生生活を受け入れるハメになる新一だったが…。



kiseijuu-2.jpg

岩明均のヒット・マンガを前後編の2部作で実写映画化した前篇。

原作は完結した当時(1988年 - 1995年の連載なので1996年頃?)に一気読みしています。
面白くて全10巻すぐ読み終わった記憶があります。

それ以来なので、ラスト以外の内容はきれいさっぱり忘れていて、今作に挑みました(笑)。
ま~レンタルじゃなくて、TV放映を録画鑑賞ですが・・・(^_^;)。

kiseijuu-3.jpg

レンタルさえもしていないのでまーこんなものかという感想ですが、成功作とは言えない。

原作を読んだときには思わなかった疑問の数々が、この実写版を見た時には押し寄せてきて、
そう思わせちゃうという所が、もう成功とは言えないな~と、録画で良かったと思いました(笑)。

kiseijuu-4.jpg

あっ、東出昌大↑はなかなか不気味だったな~。

もう特に言うことも無いけど、でも次作もTV放映されたら観ると思う(^_^;)。

橋本愛って良く言えば大人っぽいけど、この髪型だと結構老け顔タイプ・・・ごめんなさいファンの方。
そうそう、次作が完結編ということは、橋本愛はあのシーンをやるわけだ。
それだけは期待しちゃうな・・・(←アホ)。

kiseijuu-5.jpg

☆予告






テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

キック・アス/ジャスティス・フォーエバー(2013)
【2014/08/27 14:58】 映画き
キック・アス/ジャスティス・フォーエバー(2013)
 KICK-ASS 2

51ViXs6QvKL.jpg

上映時間 : 103分
製作国 : イギリス
映倫 : R15+

監督:ジェフ・ワドロウ
原作:マーク・ミラー
ジョン・S・ロミタ・Jr
脚本:ジェフ・ワドロウ

出演:
アーロン・テイラー=ジョンソン / デイヴ・リゼウスキ(キック・アス)
クリストファー・ミンツ=プラッセ / クリス・ダミコ(マザー・ファッカー)
クロエ・グレース・モレッツ / ミンディ・マクレイディ(ヒット・ガール)
ジム・キャリー / サル・バートリー(スターズ・アンド・ストライプス大佐)
モリス・チェスナット / マーカス・ウィリアムズ
クローディア・リー / ブルック
クラーク・デューク / マーティ(バトル・ガイ)
オーガスタス・プリュー / トッド(アス・キッカー)
スティーヴン・マッキントッシュ / トミーズダッド(リメンバー・トミー)
モニカ・ドラン / トミーズマム(リメンバー・トミー)
ロバート・エムズ / インセクトマン
リンディ・ブース / ナイト・ビッチ
ドナルド・フェイソン / ドクター・グラビティー
オルガ・クルクリーナ / マザー・ロシア
トム・ウー / チンギス・半殺し
アンディ・ナイマン / 腫瘍(ザ・トゥーマー)
ダニエル・カルーヤ / ブラック・デス
ジョン・レグイザモ / ハビエル
ギャレット・M・ブラウン / デイヴの父
リンジー・フォンセカ / ケイティ
ヤンシー・バトラー / アンジー・ダミーコ
ソフィー・ウー / エリカ

最弱ヒーロー“キック・アス”と美少女助っ人“ヒット・ガール”の活躍で、
フランク・ダミコ率いる極悪犯罪組織が壊滅されて3年。
一度はキック・アスのマスクを脱いだデイヴだったが、
再び正義の心に目覚め、本物のヒーローを目指して立ち上がる。
そして、元マフィアのヒーロー“スターズ・アンド・ストライプス大佐”と出会い、
ヒーロー軍団“ジャスティス・フォーエバー”を結成する。
一方、前回の戦いで父を失い、父の親友マーカスに引き取られたヒット・ガールことミンディ。
彼女の幸せを願うマーカスから、ヒット・ガールを封印し、普通の高校生として生きるよう約束させられる。
そんな中、キック・アスに父フランクを殺され復讐に燃えるレッド・ミストは、マザー・ファッカーと名を改め、
世界中から一流の暗殺者を集めて恐るべき悪党軍団を組織し、至る所で悪行を重ねていた。


346695_01_01_02.jpg

賛否両論だった“キック・アス”の二作目。
面白かった!
全ての人に対してではないけど、オススメです。
衝撃度は勿論前作の方にあるんだけど、これならいわゆる“続編”としての出来は十分クリア。
賛否両論は今作も一緒ですけど(笑)。

ネタバレあります。

クロエが成長して実年齢(15~16歳)の役なので、前作のように子供があんな役を!という衝撃度は低い。
って言うか慣れちゃったっていうのはあるかも。
でも相変わらず良識ある人々の神経を逆なでするような場面のオンパレードで、R15+なら良いのかっていう
問題なんだけど、イギリス映画だからいいんじゃない(#^.^#)。

しかしこのシリーズの欠点は、人を殺し過ぎることですね(^_^;)。

クロエは微妙なお年頃になりました。
デブじゃないけど、むっちりして。
まーこの時期は仕方ないですけどね。

346695_01_02_02.jpg

今回はアクション&コメディ&青春ものに学園ものが追加されました。
ミンディが学生となったので学園ものになったわけですが、学園コメディの定番といえる意地悪な
女王様がお約束のように出てきます。その女王様にミンディがお返しする場面で使うのがゲロゲリ棒。
これが実にお下劣! 上は兎も角、下もやるとは・・・(笑)。
あーしかし、女王様軍団に騙されて、とぼとぼ一人帰路に就くミンディの切ないこと・・・。

また今作は、正義のヒーロー集団“ジャスティス・フォーエバー”がキック・アスの味方となり、
みんなで仲良くパトロールに励むわけですが、中心となるスターズ・アンド・ストライプス大佐が
訳ありのシロウトじゃない人物。
他のメンバーはシロウトさんなのに、売春グループ摘発に乗り込むのは危険ですよ!
この大佐を演じているのがジム・キャリーなんだけど、知っていて観てもわかりませんでした(^_^;)。
まったくギャグの一発もかまさず、マジな役です(だからわかないというのでは無いです)。

346695_01_01_02 (1)

あとドクター・グラビティーとナイト・ビッチの二人は、マスクをとると全然雰囲気変わりますね。
バトル・ガイとアス・キッカーは素顔を知っているから、何とも思いませんが。
ドクター・グラビティーはマスクを付けているときは単なる中年のオッサンみたいだけど、
素顔はエリート・サラリーマン風だし、ナイト・ビッチはマスクの時は、性格きつそうなそれこそ
年下食いのお姉さまかと思いきや、素顔はそうでもなくってちょっとビックリ。

さて今作の大傑作キャラと言えば、悪党軍団のマザー・ロシア!!!ですね。
彼女の強いことと言ったら!
アドレナリン注入しないと相手になりませんから(笑)。
このオルガ・クルクリーナっていう女優さん、そもそも何者?
女優なのかな・・・(^_^;)。

悪党軍団のリーダー、マザー・ファッカーことクリスもビックリ。
この場合のビックリは役者のクリストファー・ミンツ=プラッセの変わりようです。
最初はレッド・ミスト時代の顔が思い出せませんでした(^_^;)。
クロエが変わっちゃうというのならわかるけど、クリストファーはもう成人でしょ?
このマザー・ファッカーの為に役作りしたのならアッパレですが・・・(笑)。

346695_01_03_02.jpg

そのクリスの執事(笑)のハビエル、悪人のくせにいちいち人種差別を注意するのが笑える。
ハビエル役のジョン・レグイザモが、コロンビアからの移民というのもなかなかの配役の妙ですね。

ラストのバトルが、なんだか日本のヤンキー連合の喧嘩みたいなのには笑ってしまいました。
集団で殴り合うって、こういう風になっちゃうんですね。
思わぬところにゲロゲリ棒が落ちていて、役に立ちましたが(#^.^#)。

そうそうエンドロールの最後におまけがあるので、ちゃんと観るように!
次作もつくるようなオチですよね。

予告↓





テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

キック・アス(2010)
【2014/08/19 20:20】 映画き
キック・アス(2010)
 KICK-ASS

513mqGzAUqL.jpg

上映時間 : 117分
製作国 : イギリス/アメリカ
映倫 : R15+

監督:マシュー・ヴォーン
原作:マーク・ミラー
ジョン・S・ロミタ・Jr
脚本:ジェーン・ゴールドマン
マシュー・ヴォーン

出演:
アーロン・ジョンソン / デイヴ・リゼウスキ(キック・アス)
クリストファー・ミンツ=プラッセ / クリス・ダミコ(レッド・ミスト)
マーク・ストロング / フランク・ダミコ
クロエ・グレース・モレッツ / ミンディ・マクレイディ(ヒット・ガール)
ニコラス・ケイジ / デーモン・マクレイディ(ビッグ・ダディ)
ギャレット・M・ブラウン / デイヴの父
クラーク・デューク / マーティ
エヴァン・ピーターズ / トッド
リンジー・フォンセカ / ケイティ
ソフィー・ウー / エリカ
エリザベス・マクガヴァン / デイヴの母
ステュー・ライリー / ステュー
マイケル・リスポリ / ビッグ・ジョー
ランダル・バティンコフ / トレ・フェルナンデス
デクスター・フレッチャー / コディ
ヤンシー・バトラー / アンジー・ダミーコ
オマリ・ハードウィック / マーカス
ザンダー・バークレイ / ヴィック・ジガンテ
クレイグ・ファーガソン / 本人役
デボラ・トゥイス / 女性教師

アメコミ好きでスーパーヒーローに憧れるニューヨークの高校生デイヴ。
ある日彼は、インターネットで手に入れたコスチュームを身に纏い、
勧善懲悪のヒーロー“キック・アス”として街に繰り出す。
しかし、何の能力も持たない彼は最初のパトロールで
チンピラにボコボコにされ重傷を負ってしまう。
ところが、その治療で体中に金属を埋め込み、神経の損傷で痛みにも
鈍感になったデイヴは無類の打たれ強さを身につけていた。
そして、懲りずにパトロールを再開したデイヴ。
すると、その様子を野次馬が動画サイトにアップしたことから
キック・アスの名はたちまち知れ渡り、一躍時の人に。
だが、そんなキック・アスの活躍ぶりを知った地元マフィアのボス、ダミコは
最近起きた組織のトラブルを彼の仕業と勘違いし、
キック・アスの抹殺へと乗り出す。
ところが、実際はキック・アスの影で別のヒーローが暗躍していた。
その正体は、ダミコへの復讐に燃える元警官の“ビッグ・ダディ”と、
彼が手塩に掛け恐るべき殺人マシーンへと鍛え上げた娘“ヒット・ガール”だった。
やがてキック・アスは、この親子とダミコの血で血を洗う戦いの渦に巻き込まれていくのだが…。



337482_01_01_02.jpg

“キック・アス/ジャスティス・フォーエバー”の感想を書こうと思ったところ、“キック・アス”の感想を
書いていなかった(わけではないが、四行ぐらいしか書いていない)ことに気が付いたので、先ずこちらを書きます。

アメコミ・ヒーロー物のパロディとオマージュがテンコ盛りのアクション&コメディ&青春映画の傑作!?。
オススメ!
必見!
でも一般向けじゃないね・・・。
結構人を選びます(^_^;)。

337482_01_03_02.jpg

「ウォンテッド」の原作者マーク・ミラーのアイデアを基に、同名コミックの執筆と同時進行で製作されたそうです。

ネタバレしてます!

スーパーヒーローに憧れるアメコミ・ファンのオタク&童貞高校生の成長青春物語がまず中心にあって、
そこに“ヒット・ガール”と“ビッグ・ダディ”との親子によるハードバイオレンス・アクションが絡んできます。

なんといってもこの作品の白眉は、クロエ・グレース・モレッツ演ずるヒット・ガールの存在。
それに尽きます! 最高です!
撮影当時12~13歳ぐらいだった(役柄は11歳?)クロエですが、そんなあどけない少女が、四文字言葉を口にする、
銃は撃つ、人を切っては殺すという容赦ない過激なバイオレンス場面のオンパレードで全世界?の良識人の物議を醸しました。
日本で芦田愛菜とか本田望結(ちょっと幼すぎか・・・)とかで、こんなのをつくったら大騒ぎでしょ!
子供にこんなことさせちゃいけませんね(^_^;)。
ま~外国作品なので、僕も笑って観ていますが、そりゃ凄いよ・・・。

337482_01_07_02.jpg

最初にキック・アスの前にヒット・ガールが現れた時、ヤクの売人どもを彼女が殺していくんだけど、
一人やっつける度にいちいちキック・アスの方に向かってドヤ顔するのが最高です(笑)。

でもただ笑っているだけじゃなく、ヒット・ガールとビッグ・ダディが何故こうなったかが分かってくると、
これが結構シリアスになってくる。切ないです。
そこらへんのバランス感覚が上手いですね。

337482_01_09_02.jpg

そもそもアメコミ・ヒーローなのに、地球外生命体でもなく、蜘蛛にかまれるわけでもなく、大金持ちでもなく、
普通の高校生で、しかも腕力も無いというのが面白いですよね。
ヒット・ガールとビッグ・ダディだって空が飛べるわけじゃなく、武器のや武術の達人というのは彼等の努力の
たまものであって、生身の人間ですから。

337482_01_02_02.jpg

勿論、不満もあります。

主人公がヘタレヲタク&童貞高校生の設定なんですが、アーロン・ジョンソンはそうは見えない。
友人のマーティとトッドの方がリアルにヘタレヲタク&童貞高校生に見えるんだけど、彼等だと
キック・アスになれない!?から仕方ないか・・・(^_^;)。

337482_01_06_02.jpg

でも一番情けないやつがこいつか↓

337482_01_08_02.jpg

またあれだけ慎重なビッグ・ダディなのに、昔の同僚のマーカスに簡単に住所がばれるし、
キック・アスとレッド・ミストと待ち合わせるときの無防備なこと!
おいおい、ちょっとあれはやばいっしょと思ってしまいました。
まーそうじゃないとフランク・ダミコにやられないので、話が進みませんから・・・。

あっ、どうでもいいけどケイティの友人エリカが一番ヨカッタです。
セリフもほとんど無かったけど(笑)。
このソフィー・ウーという役者さん、日本ではあまり観ることができないみたい(泣)。

t02000250_0200025012112039040.jpg

予告↓





テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB