バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

サウルの息子(2015)
【2017/03/06 19:49】 映画さ
サウルの息子(2015)
 SAUL FIA
 SON OF SAUL

sos-11.jpg

上映時間 : 107分
製作国 : ハンガリー

監督:ネメシュ・ラースロー
脚本:ネメシュ・ラースロー
クララ・ロワイエ
撮影:エルデーイ・マーチャーシュ
音楽:メリシュ・ラースロー
出演:
ルーリグ・ゲーザ / サウル
モルナール・レヴェンテ / アブラハム
ユルス・レチン / ビーダーマン
トッド・シャルモン / 顎髭の男
ジョーテール・シャーンドル / 医者

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所。
ここに収容されているハンガリー系ユダヤ人のサウルは、同胞をガス室へと送り込み、
その死体処理も行う“ゾンダーコマンド”として働いていた。
ある日、ガス室でまだ息のある少年を発見する。
結局亡くなってしまったその少年を、サウルは自分の息子と思い込む。
そしてナチスの監視の目を盗み、ユダヤ教の教義にのっとった
正しい埋葬で弔ってあげようと決意するのだったが…。



sos-22.jpg

本作が長編デビューとなるネメシュ・ラースロー。
これで2015年のカンヌ国際映画祭グランプリ受賞。
2015年のアカデミー賞&ゴールデン・グローブ賞&英国アカデミー賞の外国語映画賞受賞。

sos-33.jpg

もの凄く極端に被写界深度が浅い(ピントの合ってる範囲が狭い)ので、
まずそれで疲れてしまう。
勿論監督の意図は悲惨な場面を見せないようにしていると思われるのですが・・・。
眼の悪い僕にはちょっとつらかった(^_^;)

それに長回し。
これも緊張を強いられるので、疲れる。

死を宣告されたも同然の状況の中で、正気でいられるのか?
やっぱりそれは無理ということなのか・・・。

sos-44.jpg

亡くなった少年を自分の息子と思い込み?ユダヤ教の教義にのっとった埋葬をしようとする
主人公のたった二日間!の姿を描いているのですが、それが死に対する恐怖からくる狂気なのか、
宗教にのめり込み過ぎた(という言い方はいいのかな?)結果なのか、どちらもなんでしょうけど、
それが戦争及びホロコーストの恐ろしさを雄弁に語っています。

もの凄く疲れるけど、観るべき一本と言っていいでしょう。

☆予告







スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

サブウェイ123 激突(2009)
【2016/02/02 21:14】 映画さ
サブウェイ123 激突(2009)
 THE TAKING OF PELHAM 1 2 3

subway123-1.jpg

上映時間 : 105分
製作国 : アメリカ

監督:トニー・スコット
原作:ジョン・ゴーディ
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
出演:
デンゼル・ワシントン / ウォルター・ガーバー
ジョン・トラヴォルタ / ライダー
ジョン・タートゥーロ / カモネッティ警部補
ルイス・ガスマン / レイモス
マイケル・リスポリ / ガーバーの上司ジョンソン
ジェームズ・ガンドルフィーニ / ニューヨーク市長
ラモン・ロドリゲス / デルガドー
アレックス・カルジュスキー / ジョージ
ベンガ・アキナベ / ウォレス
ザック・プール / ラサール
アーンジャニュー・エリス / テレーズ・ガーバー
ヴィクター・ゴイチャイ / バシュキン
J・バーナード・キャロウェイ / 役員モラン
ゲイリー・バサラバ / ジェリー・ポラード
ジョン・ベンジャミン・ヒッキー / 助役

ニューヨーク、午後2時。
地下鉄運行指令室で勤務中のガーバーは、
緊急停車したペラム駅1時23分発の列車へ応答を促す。
その列車は、19名が乗車した1両目だけを切り離して停車している状態だった。
すると、無線で応答してきたライダーと名乗る男から、
“この1時間で市長に身代金1000万ドルを用意させ、
期限に遅れた場合は1分ごとに人質をひとりずつ殺していく”との要求を告げられる。
さらに、ライダーは交渉相手に何故かガーバーを指名。
ところが、警察が指令室にやって来ると、ガーバーはある理由で退席させられてしまう。
しかし、ガーバーが席を離れたことを知ったライダーは激怒、
運転士を射殺し、ガーバーを強制的に交渉役へ戻させる。
こうしてガーバーは警察のサポートのもと、粘り強く交渉を
続けながら人質解放と事件解決への糸口を探っていくのだが…。



subway123-2.jpg

原作は未読ですが、74年版は観ました。

こちら↓です。

サブウェイ・パニック(1974)

subway123-3.jpg

「サブウェイ・パニック(1974)」は、主人公が公安部部長に扮するウォルター・マッソーと
犯人役のロバート・ショウというなかなか渋いお二人で、作品そのものも今作と比べるとずっと
地味な印象でしたが、サスペンス映画としてはオススメの佳作です。

で、今回のリメイク作品は、ツッコミどころ満載の一本と言ったところでしょうか(笑)

いや、なかなか楽しめましたよ。

subway123-4.jpg

主人公の二人、デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタは言うこと無し。

難を言えば、デンゼル・ワシントンがカッコ良すぎ。
いや、ワシントンそのものは良いですよ。
74年版を観た時はマッソーよりワシントンの方が良いかもしれない、なんて感想書いたけど、
実際に二本見比べると、マッソーも良かったような気がする(^_^;)。
今の時代がヒーローを求めているから、ワシントン演じるようなキャラになったのかな。

トラヴォルタは悪人ピッタリ!ですね。
これもまたトラヴォルタそのもは良いけど、役柄はちょっと残念。
自滅するためとしか思えない設定。
う~ん、ちょっとなー・・・。

subway123-5.jpg

その他の役者さんは、何と言うかかなりオマケみたいなかんじです(^_^;)
ジョン・タートゥーロなんてもうちょっと使いようがあるでしょう?
市長のジェームズ・ガンドルフィーニとか助役のジョン・ベンジャミン・ヒッキーとか
もっと嫌な奴にするとか、バカ役人にするとか(笑)

そうそう市長が電車の中(一般市民の前)で、もう市長を辞めるなんて話を助役とするか?

犯人(トラヴォルタ以外)の最後は、あまりにお粗末じゃないですか?
あまりに急ぎ過ぎのような展開です。

subway123-6.jpg

何と言っても、一番お粗末なのはニューヨーク市警の面々。
最初っからヘリを使えよ!ってね。
いやもう、監督が警察大嫌いとしか言いようがないですね。

最初に書いたようにデンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの二人、
彼等の対決?を楽しむだけの映画ですね(^_^;)

☆予告↓






テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

サブウェイ・パニック(1974)
【2014/07/27 20:41】 映画さ
サブウェイ・パニック(1974)
 THE TAKING OF PELHAM ONE TWO THREE

51EAS28KVJL.jpg

上映時間 : 100分
製作国 : アメリカ

監督:ジョセフ・サージェント
原作:ジョン・ゴーディ
脚本:ピーター・ストーン
撮影:オーウェン・ロイズマン
エンリケ・ブラボ

出演:
ウォルター・マッソー / 地下鉄公安局警部補ザカリー・ガーバー
ロバート・ショウ / Mr.ブルー/バーナード・ライダー
マーティン・バルサム / Mr.グリーン/ハロルド・ロングマン
ヘクター・エリゾンド / Mr.グレイ/ジョー・ウェルカム
アール・ヒンドマン / Mr.ブラウン/ジョージ・スティーヴァー
ディック・オニール / フランク・コレル
ジェリー・スティラー / リコ・パトローン
トニー・ロバーツ / ウォーレン・ラセール
リー・ウォレス / 市長
ドリス・ロバーツ / 市長夫人
ジュリアス・ハリス / ダニエルズ
ジェームズ・ブロデリック / デニー・ドイル

地下鉄のペラム駅を発車した123号が4人組の男にハイジャックされ、
17人の乗客と車掌一人が人質にされた。
午後2時13分、要求は「少額紙幣で100万ドル。期限は1時間で、
それを過ぎた時は1分に1人ずつ人質を射殺する」。
都市交通局のガーバーは人質保護のため警官隊に発砲はおろか姿を
見せてはならぬ、犯人を刺激してはならぬと厳命した。
地下鉄は全線マヒし、出入口は閉鎖された。市長は犯人の要求に従い、
100万ドルの支払いを承知した。
残された時間はあと26分。まだ100万ドルは銀行から運び出されていない。
ガーバーは必死に15分の期限延長を頼むが拒否される。
地下鉄内で柱の陰で武装警官の一人が犯人に発砲して激しい銃撃戦になる・・・。



142050_1.jpg

2009年にデンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタ主演、トニー・スコット監督で
リメイクされましたが、そちらは未見。

このオリジナル版はサスペンス映画の佳作として有名(だからリメイクされた)ですが、
今回やっと観ることができました。

評判通り、ハラハラドキドキの佳作。
1974年の作品ということで、その時代の雰囲気も面白かったです。
あの日本からの視察団も笑えますが・・・。

で、ちょっと不満を。
地下鉄公安局警部補役のウォルター・マッソーなんですが、悪くはないけどちょっと
何というか、彼だとあんまりシリアスにならないというか、緊迫感が足りない(^_^;)。
マッソーが出てくるだけで、コメディっぽくなるんですよね。
ウォルター・マッソー、役者としては好きなんですけど、この役には・・・。
でもあんまり役に立ちそうにもない人が、結構活躍するっていうのがいいのかも。
サスペンスフルな中にも、笑えるシーンが多々あるので、それも狙いかな。

20081004102420.jpg

でも例えばジーン・ハックマンとかの方がよかったかなと。
そういった意味では、リメイク作のデンゼル・ワシントンは適役かな。
観ていないけどさ・・・。

でもなかなか良く出来たサスペンス作品です。
ネタバレになるので詳しくは書けませんが、オススメです。
機会があればどうぞ!

20081004102425.jpg

えーと今回僕が観たのは、TV放映されたものなんですが、100分の作品を114分で放送なので、
オープニングとエンド・ロールをバッサリ切られています。
それ以外にもカットされた部分は勿論あると思うけど、オープニングとエンド・ロールの
音楽が結構評判良いので、YouTubeで探したらエンド・ロールの方?はありました。
確かにカッコイイです!

こちらです↓



予告↓




テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

サイド・エフェクト(2013)
【2014/05/12 19:57】 映画さ
サイド・エフェクト(2013)
 SIDE EFFECTS

346151_02_01_02.jpg

上映時間 : 106分
製作国 : アメリカ
映倫 : R15+

監督:スティーヴン・ソダーバーグ
脚本:スコット・Z・バーンズ
音楽:トーマス・ニューマン

出演:
ジュード・ロウ / ジョナサン・バンクス博士
ルーニー・マーラ / エミリー・テイラー
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ / ヴィクトリア・シーバート博士
チャニング・テイタム / マーティン・テイラー
アン・ダウド / マーティンの母親
ヴィネッサ・ショウ / ディアドラ・バンクス
ポリー・ドレイパー / エミリーの上司
メイミー・ガマー / ケイラ・ミルバンク
デヴィッド・コスタビル / カール・ミルバンク

インサイダー取引の罪を犯した最愛の夫マーティンの
収監に心を痛めた若妻エミリー。
うつ病に苦しめられた末、ようやくマーティンが出所した矢先に
自殺未遂を起こして入院する事態に。
そんなエミリーの担当となった精神科医のバンクスは、
彼女に新薬を処方し、症状の改善を図る。
ところが新薬の副作用で夢遊病を発症したエミリーは、
ある時ついに夢遊病の状態で夫を刺殺してしまう。
担当医のバンクスは薬を処方した責任を追及され、
窮地に追い込まれるが…。



346151_01_01_02.jpg

結構面白かったです。

サスペンスなので、何も知らずに観たほうが良いです。

346151_01_02_02.jpg

あらすじと出演者以上の予備知識は無しで観てください。
スティーヴン・ソダーバーグの最後の劇場作品というのは知っていてもよいかも。

僕は勿論よく知らずに観たのですが、それが良かった!
予想以上に二転三転する作品で、楽しめました。

346151_01_03_02.jpg


どうでもよい感想(笑)↓

チャニング・テイタムはゲストというか、彼の必要はない。
“マジック・マイク”絡みの出演か?

ルーニー・マーラは、僕はこれが彼女の出演作の三作目なんだけど、
どうも彼女の顔って覚えられない・・・(^_^;)。

346151_01_14_02.jpg

予告↓






テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

砂漠でサーモン・フィッシング(2011)
【2013/08/11 21:14】 映画さ
砂漠でサーモン・フィッシング(2011)
 SALMON FISHING IN THE YEMEN

343680_02_01_02.jpg

上映時間 : 108分
製作国 : イギリス

監督:ラッセ・ハルストレム
原作:ポール・トーディ
『イエメンで鮭釣りを』(白水社刊)
脚本:サイモン・ボーフォイ

出演:
ユアン・マクレガー / アルフレッド・ジョーンズ博士
エミリー・ブラント / ハリエット・チェトウォド=タルボット
クリスティン・スコット・トーマス / パトリシア・マクスウェル
アムール・ワケド / シャイフ・ムハンマド
トム・マイソン / ロバート・マイヤーズ
レイチェル・スターリング / メアリー・ジョーンズ
コンリース・ヒル / バーナード・サグデン

英国の水産学者ジョーンズ博士のもとに、砂漠の国イエメンに
川をつくって鮭釣りができるようにしてほしいという依頼が舞い込む。
依頼主はシャイフというイエメンの大富豪。
しかしあまりにも荒唐無稽な話に、ジョーンズは仲介者である投資コンサルタントの
ハリエットへ“実現は不可能”とつれない返事。
ところが、中東との関係改善に頭を悩ませていた英国政府がこの話に飛びつき、
首相肝いりの支援事業にしてしまう。
結果的に無理難題を押しつけられたジョーンズは、
渋々ながらもハリエットと協力してプロジェクトを進めていくことになるのだが…。



343680_01_01_02.jpg

奇想天外というか、そりゃ不可能でしょうなありえない話ながら、
つい見入ってしまった不思議な一本。

意外と爽やかで、気持ちよく観ることが出来ました。
英国らしい一本です。

公務員とか、英国政府とか、公共事業とか、アラブの金持ちとかの話でもあるけど、
それと釣りのことも忘れていけませんが、基本的に恋愛映画ですね。

343680_01_02_02.jpg

日本にいると忘れがちだけど、戦争によって恋人たちが離れ離れになるってこと、
そういうことが日常におきることは珍しくもないんだよね。
世界中で戦争は起きている!

そんなことはともかく、スコットランドとイエメンの違いが面白かった。
勿論日本と比べてもね。

343680_01_03_02.jpg

予告↓




テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB