バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

それでも夜は明ける(2013)
【2014/11/18 20:29】 映画そ
それでも夜は明ける(2013)
 12 YEARS A SLAVE

347686_02_01_02.jpg

上映時間 : 134分
製作国 : アメリカ
映倫 : PG12

監督:スティーヴ・マックィーン
製作:ブラッド・ピット
デデ・ガードナー
ジェレミー・クライナー
ビル・ポーラッド
スティーヴ・マックィーン
アーノン・ミルチャン
アンソニー・カタガス
脚本:ジョン・リドリー
撮影:ショーン・ボビット
音楽:ハンス・ジマー

出演:
キウェテル・イジョフォー / ソロモン・ノーサップ/プラット
マイケル・ファスベンダー / エドウィン・エップス
ベネディクト・カンバーバッチ / フォード
ポール・ダノ / ジョン・ティビッツ
ポール・ジアマッティ / フリーマン
ルピタ・ニョンゴ / パッツィー
サラ・ポールソン / エップス夫人
ブラッド・ピット / バス
アルフレ・ウッダード / ショー夫人
ケルシー・スコット / アン・ノーサップ
クヮヴェンジャネ・ウォレス / マーガレット・ノーサップ
ギャレット・ディラハント / アームスビー
ロブ・スタインバーグ / パーカー

ニューヨークに暮らす音楽家のソロモン・ノーサップは生まれながらの自由黒人。
妻子とともに、白人を含む多くの友人に囲まれ、幸せな日々を送っていた。
だがある日、2週間の興行に参加した彼は、興行主に騙され拉致された末、奴隷市場に送られてしまう。
自分は自由黒人だとどれだけ必死に訴えようが、無駄な抵抗だと悟るのに時間はいらなかった。
そして名前も人間としての尊厳も奪われ、奴隷として大農園主フォードに買われていく。
それでも農場では、その有能さを認められ、温厚なフォードに気に入られるソロモンだったが…。



南北戦争前の19世紀前半に実在した黒人男性ソロモン・ノーサップの自伝を映画化。

今年のアカデミー賞で、作品賞、助演女優賞(ルピタ・ニョンゴ)、脚色賞(ジョン・リドリー)を受賞。
今年のアカデミー賞のことはこちら↓
http://oukei1963.blog90.fc2.com/blog-entry-328.html

img_7.jpg

作品賞ってこれだったんだ。思い出しました。製作のブラピがうれしそうだったな・・・。
監督はアフリカ系英国人なんですね。

476309281large.jpg

良く出来た作品でオススメしますが、そうか作品賞か・・・。

アメリカの汚点についての作品なので、政治的配慮で選ばれたと言ったらちょっとアレですけど、
今でも人種差別問題が片付かないアメリカにおいて、アカデミーとしてのメッセージということか。

どうもアカデミー賞受賞作というのも何というか、実際のところこれが?というのが多くて・・・。
いやいや今作は真面目な良作ですよ。でも作品賞を取っちゃうと、それなりに期待しますから。
やっぱりハードルあげちゃいますよね。何度も騙されているんですけどね・・・(^_^;)。

でももう一度書きます。観る価値あります。オススメします。
それは本当です(笑)。

先ずこの作品についてオススメするのがスパイクロッド氏のブログの素晴らしいイラスト。
是非どうぞ↓
http://spikerod.blog.fc2.com/blog-entry-101.html

このイラストに描かれている首つりシーン、これが実に印象的な場面なんですが、何が印象的って
人が首つりになっているその横で、子供たちが普通に遊んでいるんです!
実に残酷なんですけど、奴隷に対する認識って、子供でもこんなもんなんですね。恐ろしいです。

347686_01_02_02.jpg

作品の一番のテーマは勿論、奴隷制問題(人種差別)の残酷さなんですけど、それ以外に非常に気になった
点があります。それはここに出てくる非人道的な白人の主人たちが、敬虔なキリスト教徒だということです。

奴隷たちに熱心に聖書を聞かせてやるのに、やってることはメチャクチャなことばかり。
ベネディクト・カンバーバッチが演じるご主人様は、この映画の状況のなかでは良い人と言えるけど、
奴隷制を疑っていないという意味では酷い人間です。
彼等って、聖書を読んでも神の教えを守っていないじゃん、ってね。

この前に観た“もうひとりの息子”もそうですけど、宗教は厄介です。
別にキリスト教を非難しているのではありません。
宗教って救いでもあるし、禍でもあるんですよね。

俳優陣はブラピ以外は皆さん、素晴らしいです(笑)。

347686_01_03_02.jpg

ブラピは演技の問題では無く、製作を兼ねているっていうのがちょっとね。
彼の役は実に良い役で、所謂おいしい役としか言えないものです。
役者としてだけの参加なら良い役もらったねで済むんですけど、自身が製作者ということだと、
ちょっといやらしさを感じてしまいますね。悪役でもやればよかったのに・・・。

主演のキウェテル・イジョフォーも助演女優賞のルピタ・ニョンゴは言うまでも無く素晴らしいです。

347686_01_04_02.jpg

でもやっぱりこの映画で印象的なのは、マイケル・ファスベンダーとポール・ダノの二人ですね。
この二人、胸くそ悪いことこの上ないです。ムカツクったらありゃしないです、ホントに。
この作品を見た方は、ほとんどがかように思われているようですね(笑)。

347686_01_01_02.jpg

で、ここまで書いてきて何がすっきりしないのかちょっとわかってきました(遅い!)。
ソロモン・ノーサップが自分をこんな目に遭わした奴に復讐ができなかったからなんです、きっと。

タランティーノの“ジャンゴ 繋がれざる者”だと、復讐のために片っ端から殺しちゃうんだけど、
まーあれはエンタメ作品だったからそれでよかったけど、今作は実話を基にした真面目な作品なので、
復讐出来てめでたしめでたしというわけにはいきません(^_^;)。

このラスト(映像じゃなくて言葉の説明です)が切ないんですよね。
当時の黒人の状況としては、致し方が無いということなんだけど、実に残念です。
ソロモン・ノーサップ無念だったろうな。

あっ、ちょっと気になったのは、作中で歌われるゴスペル。
とっても現代的なんです。
歌としての出来はいいけど、時代設定からすると・・・。
僕が勉強不足なだけで、1800年代からゴスペルってこんな風だったんですかね?

☆予告↓





スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

それでも恋するバルセロナ(2008)
【2012/09/28 21:14】 映画そ
それでも恋するバルセロナ(2008)
 VICKY CRISTINA BARCELONA

上映時間 : 96分
製作国 : スペイン/アメリカ

監督:ウディ・アレン
脚本:ウディ・アレン

出演:
ハビエル・バルデム / フアン・アントニオ
ペネロペ・クルス / マリア・エレーナ
スカーレット・ヨハンソン / クリスティーナ
パトリシア・クラークソン / ジュディ・ナッシュ
ケヴィン・ダン / マーク・ナッシュ
レベッカ・ホール / ヴィッキー
クリス・メッシーナ / ダグ

親友同士のヴィッキーとクリスティーナだったが、
互いの恋愛観はまるで正反対。
堅実派のヴィッキーはすでにまじめな青年と婚約中。
一方のクリスティーナは、自由奔放に愛を求める情熱家。
そんな2人はアメリカを離れ、バルセロナでひと夏のバカンスを楽しむことに。
そこに現われたのが色男の画家フアン・アントニオ。
たちまち恋に落ちるクリスティーナに対し、
最初は警戒心のかたまりだったヴィッキーも次第にフアンの色気によろめきだす。
そんな中、彼女たちの前に突然現われたフアンの元妻マリア・エレーナ。
フアンを刺したことさえある天才肌の激情家マリア・エレーナの登場で、
4人の運命はさらに激しく動き出し…。



アニー・ホール」(1977)でアカデミー賞を受賞したときでも,
ニューヨークを離れるのを拒んだウディが、「マッチポイント」(2005)から
続けて3本も英国で撮るなんてビックリ!と思っていたら、
その次が、このスペイン作品なのでますますビックリ!

作品そのものは、やっぱりウディ・アレン。
オススメです。

でもナレーションを入れるなら、自分が出演して自分でやったほうがいいと思います。

主演者の中では、スペイン人のバルデムとクルスが目を引く。

男性陣の中でのバルデムはともかく、
女性陣の中では、クルスは圧倒的ですね。

ヨハンソンも形無しです。

というか、この映画でのヨハンソンはちょっとおデブで変(#^.^#)。
オープニングでタクシーに乗り込む場面、この女優誰?って思ったぐらい。
勿論、ヨハンソンってのはすぐ分ったし、その後はレベッカが地味なので、
ヨハンソンがとても目立ったんですけどね、クルスが現れるまではね。

ヴィッキー役のレベッカは、役自体も地味な役だし、本人もとびきりの美女でもないし、
この作品の中ではちょっと・・・なんだけど、ある意味、他の女優より自然体で、
観客(特に日本人?)には感情移入しやすいかも。

音楽も良いです。

予告↓
http://www.youtube.com/watch?v=KZHMaQTt96s


テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB