バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

突入せよ!「あさま山荘」事件(2002)
【2013/11/27 18:54】 映画と
突入せよ!「あさま山荘」事件(2002)
 THE CHOICE OF HERCULES

511te2MOlVL.jpg

上映時間 / 133分
製作国 / 日本

監督:原田眞人
プロデュース:原正人
原作:佐々淳行 『連合赤軍「あさま山荘」事件』(文藝春秋刊)
脚本:原田眞人

出演:
役所広司 / 佐々淳行
宇崎竜童 / 宇田川信一
伊武雅刀 / 野間長野県警本部長
串田和美 / 丸山参事官
山路和弘 / 石川警視正
矢島健一 / 大久保第九機動隊長
豊原功補 / 内田第二機動隊長
遊人 / 後田巡査
遠藤憲一 / 山野第二機動隊小隊長
松岡俊介 / 佐治警視
池内万作 / 東野通信技官
篠井英介 / 兵頭参事官
田中哲司 / 国松広報課長
光岡湧太郎 / 菊岡理事官
榊英雄 / 小野沢警部補
井上肇 / 加々見警部
李鐘浩 / 伊東警部補
眞島秀和 / 淡路巡査
野村貴志 / 別当巡査
重松収 / 富沢警備局長
深水三章 / 鈴木警備課長
村田則男 / ホトケのトミさん
木村栄 / 小林特科車輌隊長
加藤満 / 高見警部
古本恭一 / 石原警部
長森雅人 / 片山第二機動隊副隊長
工藤俊作 / 上原第二機動隊中隊長
山崎清介 / 山根長野県警警備部長
螢雪次朗 / 吉井長野県軽井沢警察署長
大森博 / 反後長野県警警備第一課長
田中要次 / 柳木長野県警警備第一課長
山田明郷 / 萩長野県警機動隊長
黒沼弘巳 / 皆川次長
豊川栄順 / 尚子
田嶋基吉 / 満願
飯田孝男 / 千石
荒川良々 / 木戸長野県警機動隊員
石丸謙二郎 / 長野県警機動隊分隊長
むかい誠一 / 警視庁コンバット・チーム
鈴木英介 / 警視庁コンバット・チーム
街田しおん / 里見品子
篠原涼子 / 小雀真理子
松尾スズキ / 小雀彰夫
もたいまさこ / 中野の母
高橋和也 / ヤク中の男
武田真治 / 大河内浩
鈴木一真 / 中野雅人
甲本雅裕 / 石野巡査
八嶋智人 / 亀島アナ
高川裕也 / 日比野記者
大鷹明良 / 五十嵐記者
真実一路 / 赤木警備部長
小林勝彦 / 初老の刑事部長
安藤岳史 / 百田栄作
風見章子 / 内田の老母
椎名桔平 / 白竜組社長
天海祐希 / 佐々幸子
藤田まこと / 後藤田正晴警察庁長官

1972年2月19日、警察に追われた連合赤軍のメンバー5人が、
“あさま山荘”に侵入、管理人の妻・小雀真理子さんを人質に立てこもった。
山荘は雪と氷に閉ざされ、外はマイナス10度を超える極寒の地。
警察側は多数の警官を動員して周囲を包囲するものの、
人質と大量の武器を抱えた犯人相手に容易に近づくことが出来ずにいた。
この時、現場のNo.2として指揮を執る佐々淳行は後藤田正晴警察庁長官より「人質の救出」
「犯人の生け捕り」など6項目からなる指示を受ける。
しかし、銃器の使用に関して佐々が求めた現場の判断に任せるとの意見は却下される……。



original.jpg

先ず最初に断わっておくと、この作品はテレビ放映されたものを観たので、
133分の作品なのに、多分100分以下にカットされたものしか観ていません。
だからここに述べる感想はちょっとおかしなところもあるかもしれない。

そんなわけではありますが、兎に角ビックリしたのがこの作品がコメディーだったこと。

コメディーというのはちょっと大げさかもしれないけど、かなりシリアス(めちゃくちゃ硬派な社会派)な
作品のつもりで観たのですが、その軽いことにビックリしました。
出演者の方々、みなさん真面目な顔してお笑いやっているので・・・。
こういった題材を扱う作品としては、日本映画ながらかなり珍しいタイプだと思います。

しかし非常に残念なのは、それが成功しているとは思えないことです。
観ながら結構笑いましたけど、どうも???っていう場面が多くて、
ちょっと何だかな~というのが素直な感想です。

いろいろ不満を述べると、まずは何を言っているのかわからないことが多い。
これはこの作品だけの問題じゃないけど、こちらも年をとって耳が悪くなっているので
よけいに聞き取りにくい。字幕欲しい・・・(^_^;)。

ヘルメットとかをかぶっているのと、山荘内が暗くて、誰が誰だかわからない。
出演者がものすごく多いのに実にもったいない。
犯人の一人が武田真治だなんてエンド・クレジットで初めてわかった。
人質の山荘の奥さんが篠原涼子というのも上に同じくエンド・クレジットで。

カット作品を観てなんですが、「あさま山荘事件」に対する説明が無いので、
若い人とか外国の人とかわかるのかな?

ただ「あさま山荘事件」そのものを描いた作品ではないので、歴史的知識は
それほど必要ないのかな? 題名が良くないということか。
とにかく、犯人側のことは全く描かれていません。
警察側(それも原作者の佐々淳行氏)の視点からのものが中心。

僕は事件当時、小学生だったけど、とにかくテレビつければ、こればっかりで、
アニメとかぜんぜん観ることが出来なくて、つまんなかったですね(^_^;)。
2月28日18時26分に、民放とNHK合わせて視聴率89.7%だったそうですが、
それしかやっていないんだもん、視聴率高いに決まっている。

しかし、面白い(と言っていいのか?)のは、警察の手際の悪さ!
縄張り争いによる怒鳴りあいの会議で、決定が出来ない。
やるべきことがまともにできない(電線切るの確認しろ!)。

事件解決が5人相手に10日もかかり、人質救出に219時間もかかったのは、
警察の能力のなさにつきる!
死者3名、重軽傷者27名、犯人は全員逮捕という結果ってどうなんでしょうね?
でもそういった事情がわかったのは、面白かったです。

あと面白かったのは、長野県警の人達がめちゃヘビースモーカーだったこと!?
映画なので、嫌煙派と愛煙派の対比は誇張があると思いますが、
宇田川信一氏(宇崎竜童が演じている)のお話では、東京から派遣された人達は
煙草を吸わない人が多くて、それに比べて長野県側は吸う人が多かったのは事実だそうです。

英語題名の“ヘラクレスの選択”というのは、原作の中に出てくる言葉で、
困難な道ばかりを選ぶという意味だそうです。
原作者も、監督もこれを題名にしたかったそうですが、
これでは売れないからと却下されたそうです。

予告↓
http://www.youtube.com/watch?v=0mddMslo_po






スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011)
【2013/10/12 20:07】 映画と
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011)
 TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON

338678_01_05_02.jpg

上映時間 : 154分
製作国 : アメリカ
 
監督:マイケル・ベイ
脚本:アーレン・クルーガー
撮影:アミール・モクリ
プロダクションデザイン:ナイジェル・フェルプス

出演:
シャイア・ラブーフ / サム・ウィトウィッキー
ジョシュ・デュアメル / ウィリアム・レノックス
ジョン・タートゥーロ / シーモア・シモンズ
タイリース・ギブソン / ロバート・エップス
ロージー・ハンティントン=ホワイトリー / カーリー・スペンサー
パトリック・デンプシー / ディラン・グールド
ケヴィン・ダン / ロン・ウィトウィッキー
ジュリー・ホワイト / ジュディ・ウィトウィッキー
ジョン・マルコヴィッチ / ブルース・ブラゾス
フランシス・マクドーマンド / シャーロット・メアリング
グレン・モーシャワー / モーシャワー将軍
アラン・テュディック / ダッチ
ケン・チョン / ジェリー・ワン
ブレット・スタイムリー / ケネディ大統領
ジョン・トービン / ニクソン大統領
パトリック・パンクハースト / NASA長官
キャスリーン・ギャティ / 女バーテン
ドリュー・ピルスバリー / 国防長官
ビル・オライリー / ビル・オライリー
ドン・ジーンズ / ニール・アームストロング
声の出演:
ピーター・カレン / オプティマス・プライム
ヒューゴ・ウィーヴィング / メガトロン
レナード・ニモイ / センチネル・プライム
ロバート・フォックスワース / ラチェット
ジェス・ハーネル / アイアンハイド
チャールズ・アドラー / スタースクリーム
トム・ケニー / ホイールズ
ジェームズ・レマー / サイドスワイプ
レノ・ウィルソン / ブレインズ
フランク・ウェルカー / サウンドウェーブ
ジョージ・コウ / キュー
フランチェスコ・クイン / ディーノ
キース・ザラバッカ / レーザービーク
グレッグ・バーグ / イゴール
レスター・スパイト / ハードコアエディ

1969年7月20日、アポロ11号が月面着陸に成功した。
しかしこの歴史的偉業の陰には、NASAとアメリカ政府がひた隠しにしていた衝撃の事実があった。
月の裏側には、未知の金属生命体であるトランスフォーマーの宇宙船が不時着していたのだった。
しかしその後、彼らが知り得た事実が公表されることはなかった。
現代のアメリカ、シカゴ。社会人となったサムの前に、再びあの悪夢が甦る。
オフィス機器に姿を変えたトランスフォーマーの侵略者が、人間たちを襲い始めたのだ。
そして、政府が40年間隠し続けてきた事実が最悪の事態を招くことに。
もはや人間に協力するトランスフォーマーたちの応戦もむなしく、
人類の希望は風前の灯火となってしまう…。



338678_01_01_02.jpg

シリーズ3作目。

CGによる映像はすごい。
これは観る価値あり。

以上。

338678_01_02_02.jpg

パトリック・デンプシーとジョン・マルコヴィッチはよく出演しましたね。
彼等の必要まったくなし。

新ヒロインのロージー・ハンティントン=ホワイトリー 、
スタイルは大変ヨロシイ。でもそれだけ。

暇つぶしで観る分にはヨロシイかと・・・。

予告↓



予告2↓




テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

トランスフォーマー/リベンジ(2009)
【2012/11/17 20:05】 映画と
トランスフォーマー/リベンジ(2009)
 TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN

上映時間 : 150分
製作国 : アメリカ

監督:マイケル・ベイ
脚本:アーレン・クルーガー
ロベルト・オーチー
アレックス・カーツマン

出演:
シャイア・ラブーフ / サム・ウィトウィッキー
ミーガン・フォックス / ミカエラ
ジョシュ・デュアメル / レノックス
タイリース・ギブソン / エップス
ジョン・タートゥーロ / シモンズ捜査官
ケヴィン・ダン ロン・ウィトウィッキー
ジュリー・ホワイト / ジュディ・ウィトウィッキー
声の出演:ピーター・カレン / オプティマス・プライム
ヒューゴ・ウィーヴィング / メガトロン

金属生命体トランスフォーマーの正義の集団オートボットと
悪の集団ディセプティコンの激闘から2年。
その渦中に巻き込まれたサムも大学生となり、親元を離れるばかりか
恋人ミカエラともしばし離ればなれでキャンパス・ライフを始めることに。
一方、米政府は金属生命体の極秘研究機関だったセクター7を解体、
レノックスをはじめディセプティコンと戦った兵士たちを集め、
オートボットと連係しながら世界に散らばるディセプティコンを
掃討する精鋭部隊“NEST”が組織されていた。
そんなある日、サムは、あらゆる金属物をトランスフォーマー化するパワーを持ち、
トランスフォーマー同士の争いの元となった“キューブ”のかけらを発見する。
この時サムの体にはキューブからある“情報”が刷り込まれ、
以来たびたび脳裏に浮かぶ幻覚の中でトランスフォーマーと人類の浅からぬ因縁を知ってしまい、
図らずも再びトランスフォーマーの戦いに身を投じていくこととなるのだが…。



トランスフォーマーの続編。2作目。

特に言うことはありません(笑)。

映像はスゴイです。

暇つぶしにはピッタリ!
(褒めているんですよ、ホントに)

予告↓
http://www.youtube.com/watch?v=9EyMhtegKoo



テーマ:見た映画 - ジャンル:映画

ドライヴ(2011)
【2012/11/13 20:34】 映画と
ドライヴ(2011)
 DRIVE

上映時間 : 100分
製作国 : アメリカ
映倫 : R15+

監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
原作:ジェイムズ・サリス
脚本:ホセイン・アミニ

出演:
ライアン・ゴズリング / ドライバー
キャリー・マリガン / アイリーン
ブライアン・クランストン / シャノン
クリスティナ・ヘンドリックス / ブランチ
ロン・パールマン / ニーノ
オスカー・アイザック / スタンダード
アルバート・ブルックス / バーニー・ローズ

自動車修理工場で働く孤独で寡黙なその男は、
卓越したドライビング・テクニックを買われ、
映画のカースタントマンとして活躍する一方、
夜には強盗の逃走を手助けする闇の仕事も請け負っていた。
そんなある日、同じアパートに暮らす人妻アイリーンと
エレベーターで遭遇し、一目で恋に落ちる。
次第に距離を縮めていく2人。
彼女の夫スタンダードは服役中で、今は幼い息子との2人暮らし。
ほどなくスタンダードが出所してくるが、
彼は服役中に多額の借金を背負ってしまい、強盗を強要されていた。
男は妻子のためにスタンダードの強盗計画のアシストを
引き受けることにするのだが…。



本作はカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞。

批評家の評判が良い作品だったのと、今が旬のライアン・ゴズリングが主演なので、
かなり期待して観たんですが、うーん・・・。

それなりに面白い作品ではあるのだけど、期待のしすぎか?

バイオレンス・シーンはスゴイんだけど、妻子とのほのぼのシーンとかはカッタルイ。

エレベーター内の場面でも、豹変する主人公の暴力性はすごいけど、
全体のバランスからすると唐突という感じがする。

また“ドライヴ”という題名の割には、運転の場面も大したことがないし、
なんだかなー。

題名と内容からすると、ウォルター・ヒル監督の「ザ・ドライバー」(これもライアンと言う
名前の俳優が主演だった)を思い出すが、関係は無いようですね。

ちょっと旧いタイプの男のハードボイルド映画を目指していたのなら、
その雰囲気は十分伝わったけど、ペキンパーやポランスキーにはまだ到らない。

暴力性という点では、リンチやタランティーノにやっぱりまだ敵わない。

これからを期待しましょう。

音楽は良かった。
サントラ買おうかと思ったぐらい(買ってないけど・・・)。

もう一度観る機会があれば、印象変わるかも。

予告↓
http://www.youtube.com/watch?v=oZAqaMtfZ-I



テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

ドラゴン・タトゥーの女(2011)
【2012/10/08 20:37】 映画と
ドラゴン・タトゥーの女(2011)
 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO

上映時間 : 158分
製作国 : アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)

監督:デヴィッド・フィンチャー
原作:スティーグ・ラーソン
脚本:スティーヴン・ザイリアン
撮影:ジェフ・クローネンウェス
音楽:トレント・レズナー
アッティカス・ロス

出演:
ダニエル・クレイグ / ミカエル・ブルムクヴィスト
ルーニー・マーラ / リスベット・サランデル
クリストファー・プラマー / ヘンリック・ヴァンゲル
スティーヴン・バーコフ / ディルク・フルーデ
ステラン・スカルスガルド / マルティン・ヴァンゲル
ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン / ニルス・ビュルマン
ベンクトゥ・カールソン / ホルゲル・パルムグレン
ロビン・ライト / エリカ・ベルジェ
ゴラン・ヴィシュニック / ドラガン・アルマンスキー
ジェラルディン・ジェームズ / セシリア
ジョエリー・リチャードソン / アニタ
インガ・ランドグレー / イザベラ・ヴァンゲル
ペル・ミルバーリ / ハラルド・ヴァンゲル
マッツ・アンデション / グンナル・ニルソン
イーヴァ・フリショフソン / アンナ・ニーグレン
ドナルド・サンプター / 警部補グスタフ・モレル
エロディ・ユン / ミリアム・ウー
ヨセフィン・アスプルンド / ペニラ
エンベス・デイヴィッツ / アニカ
ウルフ・フリベリ / ハンス=エリック・ヴェンネルストレム
ジュリアン・サンズ / ヘンリック・ヴァンゲル(若年期)

スウェーデンの社会派雑誌『ミレニアム』を発行するジャーナリストのミカエルは、
大物実業家の不正告発記事が原因の名誉毀損裁判で敗訴し窮地に陥っていた。
そんな時、国内有数の企業グループの元会長ヘンリック・ヴァンゲルからある依頼が舞い込む。
それは、40年前に彼が我が子のようにかわいがっていた一族の少女ハリエットが
忽然と姿を消した迷宮入り事件の再調査というもの。
やがて、調査が暗礁に乗り上げたミカエルは、ヘンリックの弁護士から
社会性はないものの驚異的な情報収集能力を持つ小柄な女リサーチャー、リスベットを紹介される。
実は、ミカエルがこの一件を任されるにあたり、信用に足る人物か、
その身元調査を担当していたのが彼女だった。
こうして、2人は手分けをしながら事件の真相を追っていくこととなるが…。



原作は世界的ベストセラー・ミステリーらしいが未読。

そして2009年のスウェーデン映画のアメリカ版リメイクとのことですが、
そのスウェーデン作品も観ていません。

で、あくまでもこのフィンチャー作品を観ただけの感想です。

このリメイク版、スウェーデンが舞台なんだけど、
リメイクするならアメリカにしないのか?
出来ない設定か?

短いオープニング・シーンの後のタイトル・バックで、
ZEPの“移民の歌”のカヴァー(歌っているのはヤー・ヤー・ヤーズのカレンO)が
流れるんだけど、これがカッコいい。
映像は、監督の説明によれば、リスベットの悪夢とのことですが、
これがまたメタリックな出来で、音楽とドンピシャ。
さすが、MTV出身の監督らしい素晴らしい出来。

ミステリー作品としては弱いというか、謎解きはそれ程重要ではない。

大富豪一族の忌まわしい過去という話もそれなり。

大物実業家の不正告発記事が原因の名誉毀損裁判で敗訴っていう話もそれなり。

じゃ、この映画のメインの話っては何だ?っていうことだけど、
“ドラゴン・タトゥーの女”という題名通り、リスベットの話だと思う。

だからクレジットの一番最初に来るべき名は、ルーニー・マーラだと思うが、
そればっかりは仕方ないか・・・。

とにもかくにも、この映画は彼女についての映画です。
ルーニー・マーラは熱演以外の何物でもない。
前作“ソーシャル・ネットワーク”のときの顔が思い出せない。

でもミカエル役のダニエル・クレイグも良いです。
007とは違って、普通の男を熱演。
拷問にあうのは一緒か(#^.^#)。

TVドラマ“ER”のルカ・コバッチュ役のゴラン・ヴィシュニック。
お久しぶりでした。
相変わらず悲しい表情ですね。

日本人(キリスト教じゃない人間)にとっては、ちょっと分かりにくかったのは、
スウェーデン人の宗教観。
宗教(キリスト教)に興味がない人が結構多い国なんでしょうか?

ラスト・シーンはホント切ないです。
泣ける。
でもちょっとあっさりしすぎかな・・・。

一応ミステリーなので詳しく書けないけど、オススメです。
158分は全然気になりません。

大富豪一族の面々、多すぎてわかりません(#^.^#)。
それはそれで、別に構わないのかな?
ミカエルもそのように描かれていたし・・・。

予告↓
http://www.youtube.com/watch?v=gFeVROLNnf4


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB