バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

ミスター・ノーバディ(2009)
【2016/04/16 19:14】 映画み
ミスター・ノーバディ(2009)
 MR. NOBODY

Mrno-1.jpg

上映時間 : 137分
製作国 : フランス/ドイツ/ベルギー/カナダ

監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル
脚本:ジャコ・ヴァン・ドルマル
撮影:クリストフ・ボーカルヌ
美術:シルヴィー・オリヴィエ
出演:
ジャレッド・レトー / ニモ
サラ・ポーリー / エリース
ダイアン・クルーガー / アンナ
リン・ダン・ファン / ジーン
リス・エヴァンス / ニモの父親
ナターシャ・リトル / ニモの母親
トビー・レグボ / 15歳のニモ
ジュノー・テンプル / 15歳のアンナ
クレア・ストーン / 15歳のエリース
トマ・バーン / 9歳のニモ
オードリー・ジャコミニ / 15歳のジーン
ローラ・ブリュマーニュ / 9歳のアンナ
アラン・コーデュナー / フェルダイム医師
ダニエル・メイズ / 若いジャーナリスト
マイケル・ライリー / ハリー
ハロルド・マニング / テレビの司会
エミリー・ティルソン / イヴ
ロリーヌ・スキーアン / ジョイス
アンダース・モリス / ノア
パスカル・デュケンヌ / ヘンリー
ノア・デ・コスタンツォ / 5歳のニモ
キアラ・カゼッリ / クララ

西暦2092年。
そこは、もはや人が死ぬことのない世界。
そんな中、死を迎える最後の人間となった118歳の老人ニモに世界の注目が集まっていた。
やがて彼は、記者の質問に応えて自らの過去を思い出し、語り始める。
9歳のニモ。
彼の前には3人の少女、赤い服のアンナ、青い服のエリース、黄色い服のジーンがいた。
彼女たちそれぞれとの結婚生活に思いを馳せるニモ。
そんなある日、両親の離婚という悲劇が訪れる。
そして駅のプラットホームで、電車に乗り込む母について行くのか、
父と一緒に見送るのかという選択を迫られるニモだったが…。


mrno-2.jpg

「トト・ザ・ヒーロー」「八日目」の監督による13年ぶりの新作。
といっても、僕はこの監督の作品はこれが初めてです。

SF映画であり、人生についての映画であり、家族の映画でもあり、恋愛映画でもある。
フランス/ドイツ/ベルギー/カナダの製作なんだけど台詞は英語です。

ちなみに主人公の名前「ニモ」はラテン語で「誰でもない者」という意味だそうです。

Mrno-3.jpg

映像が素晴らしい。
ところどころ“ジオラマ”が使われているような場面がある。
これが結構いいアクセントになっている。
音楽のセンスが良い。
137分(もっと長いヴァージョンがあるらしい)なのにダレない。

両親の離婚に対してどちらについていったか、3人の女性の誰と結婚したのか、こうした選択肢がすべて
描かれていて、こんがらがりそうになるところを、ちゃんと分かるように成り立っているところがスゴイ。

だけど、よく分からない・・・(^_^;)
いや、上にも書いたように、話が分からないということではなく、だから何?ということ。
でも、面白いことは面白い。
う~ん・・・(笑)

Mrno-5.jpg

☆アンナ大人↑と15歳↓

Mrno-6.jpg

Mrno-7.jpg

☆エリース大人↑と15歳↓

Mrno-8.jpg

Mrno-9.jpg

☆ジーン大人↑と15歳↓と15歳のニモ↓

Mrno-10.jpg



上手く理解できないのでオチにつながるネタ(なのか?)を列挙します(^_^;)

“天使”のうっかり?によって忘却することが出来なくなった人間(ニモ)。
バタフライ効果によって起きる数々の運命、パラレルワールド、その他多くの理論。
"選択"をしなければ全ての可能性は残るという理屈。

テネシー・ウイリアムス曰く"人生には他のどんなことも起こり得ただろう。それらには全て同等の意味があったはずだ"

老人のニモはインタビュアに「君は存在していない、私もだ。私たちは9歳の少年が想像したものなんだよ」とか
「どの人生を選ぼうとも、それは全て素晴らしい経験である」とか答える。

主人公の最後の言葉は“アンナ・・・”だった。
本当に愛したのはアンナ、次はエリース、で、ジーンは必要があったのかな・・・?

Mrno-4.jpg

オチを少年ニモの夢物語としては芸が無いというべきか。
それとも監督は、一人の人間に起こりうる可能性をすべて見せてくれたのかな・・・。

不老不死を希望することの不毛さを描きたかったのか?
「限りあるからこそ愛が煌くのだと・・・」というセリフもあることだし・・・。

試しに一度観てね(笑)

☆予告






スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(2015)
【2016/02/11 21:17】 映画み
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(2015)
 MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION

mirn-1.jpg

上映時間 : 131分
製作国 : アメリカ

監督:クリストファー・マッカリー
原作:ブルース・ゲラー
原案:クリストファー・マッカリー
ドリュー・ピアース
脚本:クリストファー・マッカリー
撮影:ロバート・エルスウィット
出演:
トム・クルーズ / イーサン・ハント
ジェレミー・レナー / ウィリアム・ブラント
サイモン・ペッグ / ベンジー・ダン
レベッカ・ファーガソン / イルサ・ファウスト
ヴィング・レイムス / ルーサー・スティッケル
ショーン・ハリス / ソロモン・レーン
アレック・ボールドウィン / アラン・ハンリー
サイモン・マクバーニー / アトリー
チャン・チンチュー / ローレン
トム・ホランダー / 英国首相
イェンス・フルテン / ヴィンター
ハーマイオニー・コーフィールド / レコード・ショップの店員

イーサン・ハントと彼のチーム“IMF”は、各国の元エリート・スパイたちによって
結成され、国際的な陰謀をめぐらす謎の組織“シンジケート”を追っていた。
しかしその矢先、IMFはCIA長官によって解散を命じられ、メンバーはバラバラに。
その後、単身でシンジケートの実体解明を進めていたイーサンは囚われの身となってしまう。
その窮地を救ったのは、なんと敵側のスパイと思われた謎の美女イルサだった。
やがて秘かにベンジーらチームのメンバーを再集結したイーサンは、
敵か味方か分からないイルサをも、その能力を買ってチームに加えると、
シンジケートを壊滅すべく史上最大の不可能ミッションに挑むのだったが…。



mirn-4.jpg

トム・クルーズ主演(製作も兼ねる)のシリーズ5作目。

面白いです!
オススメ!

傑作と評価の高い!?4作目を観ていないのが悔やまれますが、
そんなことはともかく、今作は4作目以外では最高に面白いです。

デジャブ感も、ご都合主義(ツッコミどころ)もタップリですが、そんなことは問題では無いです。
結果面白けりゃOkという素晴らしい見本ですね(笑)

mirn-6.jpg

007(ダニエル・クレイグ版)がアリズムになった今(とは言ってもあれをリアルとは言えないが)、
荒唐無稽な路線を突き進むスパイ映画の数少ない一本か。
なんて言っていたら、2015年はスパイ映画沢山公開されたんですよね。
観なくちゃいけない作品、目白押しです・・・(^_^;)

今作公開時で53歳(学年は僕と一緒!)だったトムが、スタント無しで軍用機のドアにしがみつくという
オープニング場面だけでもう十分堪能できました。それがこの場面、何の予定もなく(脚本が出来る前に!)
撮られていたというのもスゴイです。
で、この場面、本編になんの影響もありません(笑)

mirn-3.jpg

このオープニングから怒涛の展開で、ラストまでまったく飽きません。
オープニング場面だけじゃなく、その他にも脚本が出来る前に撮影をしていた場面があるそうですが、
それでもちゃんとこれだけのものが出来るなんてスゴイですね。

mirn-7.jpg

サスペンス映画としても、ヒロインのレベッカ・ファーガソンが敵か味方か分からないハラハラ感がいいです。
彼女のアクション場面も言うこと無しです。素晴らしい!
彼女が初めてトムと会う場面、何故裸足になるのか訳わかりませんがイイですね(笑)
美人は何をやってもいいんです。
勿論、オペラの場面はドキドキしますね。彼女のドレス姿での射撃も良いです。
バイク・シーンも素晴らしい。

mirn-9.jpg

悪役のショーン・ハリスはちょっと地味かなと思ったけど、この地味な渋さが良いですね。

mirn-8.jpg

ハラハラ感だけでなく、トムとサイモン・ペッグの組み合わせは漫才コンビ並!
彼等二人だけでなくジェレミー・レナーとアレック・ボールドウィンの二人も
真面目な場面なのに笑えてきます。
ヴィング・レイムスも、どちらかというとコメディ担当?
何にせよ、この5人はシリアスでも笑える(って、僕だけ・・・)。

ともかく緩急のリズム感素晴らしいです。

mirn-5.jpg

何はともあれ、これはトム様の映画!なんですね。
トムが活躍してさえいればそれでもう言うこと無し。
あと、僕としてはレベッカ・ファーガソン。
彼女良かった!
もう一つオマケにレコード・ショップの店員も可愛かった(笑)
そうそう、彼女のセリフでイーサン・ハントの偉業が分かるのが良かった。

mirn-2.jpg

ラストは予想に反してアクションじゃないのでビックリ。
こういう終わり方もあるんですね、アクション映画なのに。

☆予告↓








テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ミスター・ベースボール(1992)
【2015/09/20 21:35】 映画み
ミスター・ベースボール(1992)
 MR. BASEBALL

MBB-1.jpg

上映時間 : 110分
製作国 : アメリカ

監督:フレッド・スケピシ
原案:セオ・ベレティァ
ジョン・ジュンカーマン
脚本:ゲイリー・ロス
ケヴィン・ウェイト
モンテ・メリック
撮影:イアン・ベイカー
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
出演:
トム・セレック / ジャック・エリオット
高倉健 / 内山
高梨亜矢 / 内山ヒロ子
デニス・ヘイスバート / マックス・デュボア
塩谷俊 / 西村洋次(中日の通訳担当)
穂積隆信 / 中村(中日の球団社長)
豊原功補 / 山下(中日の選手)
浜村純 / ヒロ子の祖父
万代峰子 / ヒロ子の祖母
藤田朋子 / ヒロ子のアシスタント
桜金造 / 審判

体力的に疲れが見え始めた現役大リーガー、ジャックが日本の中日ドラゴンズにトレードされる。
始めのうちはカルチャー・ギャップもなんのそので好調な打率を納めたものの、
次第にスランプに陥り始め、大リーグ時代のプライドを捨て切れずに
監督の内山と事あるごとに対立してしまう。
しかし日本に来ての唯一の理解者、ヒロ子との愛が彼の辛い日々を忘れさせてくれるのだったが、
なんとヒロ子は内山監督の一人娘だった……。




MBB-2.jpg

いつもお邪魔している宵乃さんのブログ「忘却エンドロール」で“ブログDEロードショー”という
企画があって、今回は「勝負映画」というものらしい。
ちょうどそれらしい作品があったので参加してみました。

高倉健の追悼特集で放映されたものだと思いますが、録画してあったのを鑑賞しました。
野球映画なのでこれも勝負映画といって間違いが無いでしょう。

MBB-3.jpg

僕はドラゴンズ文化圏の人間なので、この映画が名古屋でロケされた時のことはよく覚えています。
ナゴヤ球場でのロケは、沢山のドラファン?のエキストラで大盛り上がりでした。

監督の内山は星野監督をモデルにしていると思うし、CBCテレビなども協力していて、
名古屋(とその周辺の地域)では、非常に話題になりましたね。

で、肝心の映画の出来はというと、ちょっと残念としか言えません。
日本とアメリカの野球の違い等はそりゃ笑えますけど。

主人公のジャックと内山監督との関係などはなかなか上手く描けていたと思いますが、
肝心の野球の場面がなんだか盛り上がりませんでした。

球場の雰囲気は良かったのですが、試合そのものがなんというか、最後の優勝の場面でも、
え~っ、これで優勝決定?みたいな感じで、盛り上がりに欠けましたね。
あと恒例の監督の胴上げとかビール掛けとかもあったらなーってね。
残念!

若き豊原功補が出演していたのに、全く気が付きませんでした・・・。
あっ、藤田朋子もだ・・・(^_^;)。

そう言えば、高梨亜矢ってどうなっちゃったんでしょう?
この作品でしか知りませんが・・・。
そもそも監督の娘が何してんの?という感じで、彼女の設定がよく分かりません。
映画的にはよく分かりますけどね、彼女の必要性は。

MBB-6.jpg
(真ん中の女性が高梨亜矢)

誰が考えたのか日本の伝統的な田舎の食事として、ジャックに素麺を出す場面があります。
勿論ジャックは上手く食べることが出来なくて笑える場面なんですけど、しかし、箸が下手な
アメリカ人に素麺を出すか? ちょっと考えてよ、おばあちゃん!

MBB-4.jpg

その祖父母の家って、何処の田舎でロケしたのかと思ったら、岡崎のようですね。
あ~これは地元の人しか分かりませんね(笑)。

MBB-5.jpg
(立派なお庭の家ですね)

☆予告↓





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ミッドナイト・イン・パリ(2011)
【2013/01/08 20:41】 映画み
ミッドナイト・イン・パリ(2011)
 MIDNIGHT IN PARIS

MIP1


上映時間 : 94分
製作国 : スペイン/アメリカ
映倫 : G

監督:ウディ・アレン
脚本:ウディ・アレン
撮影:ダリウス・コンジ

出演:
オーウェン・ウィルソン / ギル
レイチェル・マクアダムス / イネズ
マリオン・コティヤール / アドリアナ
マイケル・シーン / ポール
トム・ヒドルストン / F・スコット・フィッツジェラルド
アリソン・ピル / ゼルダ・フィッツジェラルド
コリー・ストール / アーネスト・ヘミングウェイ
カーラ・ブルーニ / 美術館ガイド
レア・セドゥ / ガブリエル
キャシー・ベイツ / ガートルード・スタイン
エイドリアン・ブロディ / サルバドール・ダリ
ニナ・アリアンダ / キャロル
カート・フラー / ジョン
ミミ・ケネディ / ヘレン

ハリウッドでの成功を手にした売れっ子脚本家のギル。
しかし、脚本の仕事はお金にはなるが満足感は得られず、
早く本格的な小説家に転身したいと処女小説の執筆に悪戦苦闘中。
そんな彼は、婚約者イネズの父親の出張旅行に便乗して憧れの地パリを訪れ、胸躍らせる。
ところが、スノッブで何かと鼻につくイネズの男友達ポールの出現に興をそがれ、
ひとり真夜中のパリを彷徨うことに。
するとそこに一台のクラシック・プジョーが現われ、誘われるままに乗り込むギル。
そして辿り着いたのは、パーティで盛り上がる古めかしい社交クラブ。
彼はそこでフィッツジェラルド夫妻やジャン・コクトー、
ヘミングウェイといった今は亡き偉人たちを紹介され、
自分が1920年代のパリに迷い込んでしまったことを知るのだった。
やがてはピカソの愛人アドリアナと出逢い、惹かれ合っていくギルだが…。


MIP2


なんと本国アメリカではウディ・アレン監督作としては最大のヒット作となり、
アカデミー賞では作品賞を含む4部門にノミネートされ、みごとオリジナル脚本賞を受賞。

思いっきりノスタルジックなファンタジー・コメディ。
オススメです。

アレンが出演していない分、アクが少なく一般受けしやすい。
出演者がおしゃべりなのは、ヤッパリってところですね。
似非インテリ批判もいつもどおり。
でも最大のヒット作ってのはビックリ。

今作が公開された時点ではまだ現役だった
フランスの元大統領夫人カーラ・ブルーニも出演しています。

見処は何と言ってもパリ!

それもアメリカ人による憧れのパリですね。

オープニングの現在のパリも魅力的だし、
1920年代のパリも、ベル・エポックの時代のパリも素晴らしい。

主人公は雨に濡れた夜のパリに憧れているが、確かに美しい。

そして偉大なる作家や画家や映画監督、音楽家等の登場に
主人公は感動します。

“憧れの人と時代”に主人公は完全に魅了されてしまうのに、
何故か“過去は過去”と気付いてしまうのがちょっと唐突で残念。

ラストはヤッパリっていうオチだけど、なんか良いです。
ガブリエル役のレア・セドゥはそんなに美人じゃないけど魅力的です。

予告↓
http://youtu.be/_cgX7pnR-xM

MIP3





テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

ミックマック(2009)
【2012/05/09 19:20】 映画み
ミックマック(2009)
 MICMACS A TIRE-LARIGOT
 MICMACS

上映時間 ; 105分
製作国 ; フランス

監督:ジャン=ピエール・ジュネ
製作:フレデリック・ブリヨン
ジル・ルグラン
ジャン=ピエール・ジュネ
脚本:ジャン=ピエール・ジュネ
ギョーム・ローラン
撮影:テツオ・ナガタ
美術:アリーヌ・ボネット
衣装:マデリーン・フォンテーヌ
編集:エルヴェ・シュネイ
音楽:ラファエル・ボー

出演:
ダニー・ブーン / バジル
アンドレ・デュソリエ / ド・フヌイ
オマール・シー/ レミントン(言語オタク)
ドミニク・ピノン / フラカス(人間大砲)
ジュリー・フェリエ / ラ・モーム・カウチュ(軟体女)
ニコラ・マリエ / フランソワ・マルコーニ
ヨランド・モロー / タンブイユ(料理番)
ジャン=ピエール・マリエール / プラカール(ギロチン男)
ミシェル・クレマデ / プチ・ピエール(発明家)
マリー=ジュリー・ボー / カルキュレット(計算機)

幼い頃に、父親を地雷で亡くした男、バジル。
ビデオ・レンタルショップで働く彼は、ある夜、
発砲事件に巻き込まれ、頭に銃弾を受けてしまう。
なんとか命は取り留めたものの、銃弾が頭に埋まったまま生きていくハメに。
おまけに、入院中に職も家も全てを失ってしまったバジルは、
廃品回収をしながら共同生活を送るユニークな仲間たちと出会う。
彼らは、それぞれに“人間大砲”や“言語オタク”、“軟体女”といった
不思議な特技を持つ7人の超個性派集団。
そんな彼らに温かく迎えられたバジルは、
ある時、偶然にも父親を殺した地雷を製造した会社と
自分の頭に残る銃弾の製造会社を同時に発見する。
そして、仲間たちの助けを借りて、
この2つのハイテク企業に復讐することを決意するバジルだったが…。


“ミックマック”とはイラズラのことだそうです。

「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督によるファンタジー・コメディ。
アメリのファンには絶対オススメです。

わかりやすく合理的なことを好む人には、ちょっとツライかも。

この監督らしい映像世界(美術)は相変わらずで、
独特の画面の色合いはこの作品でも健在。

あの廃品でつくられた隠れ家?も素晴らしい(#^.^#)。

主人公と7人の仲間が、実に不思議な面々で、金も力もない
社会的弱者なんですが、そんな彼等が一致団結して、
巨大兵器会社に立ち向かっていくのが頼もしい。

彼等の“イタズラ”の準備と実行が、妙にテキパキしていないのが、
この映画の味というべきものかな。

あのYouTubeの“騙された武器商人”は是非観たいですね!

ちょっと謎は、オープニング・ロールが英語なこと。
仏版とは別に、インターナショナル版があるのかな?

予告です。
http://www.youtube.com/watch?v=qLIaBo8FlzE


テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB