バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

もうひとりの息子(2012)
【2014/11/11 21:20】 映画も
もうひとりの息子(2012)
 LE FILS DE L'AUTRE
 THE OTHER SON

51ApzY4uc6L.jpg

上映時間 : 101分
製作国 : フランス

監督:ロレーヌ・レヴィ
原案:ノアン・フィトゥッシ
脚本:ロレーヌ・レヴィ
ナタリー・ソージェン
ノアン・フィトゥッシ
撮影監督:エマニュエル・ソワイエ
音楽:ダッフェル・ユーセフ

出演:
エマニュエル・ドゥヴォス / 母オリット
パスカル・エルベ / 父アロン
ジュール・シトリュク / 息子ヨセフ
マハディ・ザハビ / 息子ヤシン
アリーン・オマリ / 母ライラ
ハリファ・ナトゥール / 父サイード

テルアビブに暮らすフランス系イスラエル人家族の18歳になる息子ヨセフ。
ある日、兵役検査で両親の実の子ではないことが判明する。
18年前、湾岸戦争の混乱の中、病院で別の赤ん坊と取り違えられていたのだ。
しかも相手は高い壁の向こうに暮らすパレスチナ人夫婦の息子ヤシンだった。
最初は事実を受け止めきれず激しく動揺するヨセフとヤシン、
そしてそれぞれの家族たちだったが…。


987-12.jpg

2012年の東京国際映画祭で、グランプリと最優秀監督賞の2冠に輝いたそうです。

「そして父になる」の中東版です。とは言っても僕は「そして父になる」を観ていません(^_^;)。

オススメです。
とっても考えさせられる一本。

これの前に観たのが「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」なので、
スゴイ落差があります(笑)。

よくこんな状況の映画を撮ったなと思ったら、フランス作品で監督もフランス人なんですね。
フランス人とは言ってもユダヤ系だそうですが。なんにせよ、イスラエルでもパレスチナでも
無いので撮れたのでしょう。

346092_01_03_02.jpg

テルアビブに住むイスラエル国防軍大佐アロンと病院に勤めるフランス生まれのオリットの息子ヨセフ。
ヨルダン川西岸のイスラエル占領地域に住むパレスチナ人サイードとライラの息子ヤシン。
この二人の息子が手違いで入れ替わってしまい、18年後にそれが判明する。

事実が判明した時点で、先ずそれぞれの父親は無かったことにしようとします。
息子には事実を知らせない、親戚や近所、友人にはそんなこと言えるわけがないと。
しかし父親たちも徐々にそれぞれの息子とその家族を受け入れていきます。

母親たちは勿論困惑はしますが、実の息子に会おうとし、愛情を示します。
連絡を取り合うのも先ず母親たちです。
子を産んだものと、そうでないものの違いなんですかね、この父と母の対応の違いは。

346092_01_01_02.jpg

まだ小さいそれぞれの妹は、多分よく分かっていないと思うのですが、さしたる困惑もみせず、
むしろ新しい兄に興味を示します。妹同士も仲良くします。

ヤシンの兄ヒラルだけは民族問題故に、ヤシンを家から追い出し、猛烈に反対します。

そして当事者である息子たちは、苦悩はしますがこれが実に淡々と事実を受け入れます。
初めて会った時から、穏やかに話をします。

またヨセフに相談されたラビは、ユダヤ人の子だけがユダヤ人だと言い、ヨセフはユダヤ人でもないし
ユダヤ教徒でもないと答え、日曜の礼拝の時に拒絶の表情を見せます。
宗教と民族が一致しているが故の不幸ですね。

346092_01_02_02.jpg

この映画のような民族問題の設定の時、兄ヒラルとラビの対応はむしろ当然で、父親や本人たちの
苦悩、困惑がむしろあっさりしすぎかなというのが、観終わった時の感想です。

ヨセフの家族は軍と病院勤務だし、ヤシンの方にしても占領下で父親に仕事が無いという状態にも関わらず、
息子をパリに留学させる余裕があるという設定のためか、双方が経済的に困窮しているわけじゃないから、
こんな事態でも意外と余裕でいられるのでしょうか・・・?

でも監督としては、単純に民族問題が故に争うという方向に持っていくのではなく、対立する立場にあっても
お互いに受け入れることが出来るのではないかという前向きな姿勢を見せたくて、この作品を撮ったのかなと
思いました。

この映画のような終わり方で、イスラエルとパレスチナの問題に対して、ユダヤ系である監督ならではの
希望を示そうとしたのかなと思います。
ちょっと甘いかなと思いましたが、なかなか良い作品です。

☆予告↓




スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

モスラ対ゴジラ(1964)
【2014/08/04 20:53】 映画も
モスラ対ゴジラ(1964)

qwesawed.jpg

上映時間 : 89分
製作国 : 日本

監督:本多猪四郎
製作:田中友幸
脚本:関沢新一
撮影:小泉一
美術:北猛夫
編集:藤井良平
音響効果:西本定正
音楽:伊福部昭
アクション:中島春雄 / ゴジラ
特技・合成:向山宏
特技・撮影:有川貞昌
富岡素敬
特技・美術:渡辺明
特技監督:円谷英二

出演:
宝田明 / 酒井市郎(毎朝新聞記者)
星由里子 / 中西純子(毎朝新聞記者)
小泉博 / 三浦(生物学博士)
ザ・ピーナッツ(伊藤エミ・ユミ) / 小美人
藤木悠 / 中村二郎(毎朝新聞記者)
田島義文 / 熊山(ハッピー興行社長)
佐原健二 / 虎畑万造(実業家)
谷晃 / 網元
木村千吉 / 漁民
中山豊 / 漁民
田武謙三 / 愛知県会議員
藤田進 / 対策本部長
八代美紀 / 女教員
小杉義男 / インファント島長老
沢村いき雄 / 神主
田崎潤 / 丸田(毎朝新聞社会部デスク)

嵐によってインファント島から巨大な卵が日本に漂着した。
成虫モスラと小美人は、卵の所有権を主張する興行師に返還を願うが聞き入れられない。
小美人たちが帰途に着いたころ、ゴジラが復活し名古屋を壊滅状態に陥れる。
そして卵をも破壊しようとしたとき、成虫モスラが現れた。
ゴジラを相手に善戦するも、ついに力尽きて倒れるモスラ。
だが、卵からは双子の幼虫モスラが孵り、ゴジラに攻撃を始めたのだった……。



0-9876.jpg

面白い。
オススメ!
ツッコミどころは満載ですが(^_^;)。

モスラ(1961年)の続編であり、ゴジラ・シリーズの第四作目として公開された。
題名から分かるようにモスラが主役です。“ゴジラ対モスラ”ではない。

よって?ゴジラは悪役であり、一作目のように核問題等の社会性は持ち合わせていない。
ひたすら暴れて街を壊す破壊者に徹している。

このゴジラが出現する場面がかっこいいです。
まず尻尾からでてきて、その後全身が現れる。
真昼間の明るい場面で、くっきりはっきりわかる出現場面。
暗くてよくわからない最近のCG映画と違って、いいな~!

img_2.jpg

今回壊されるのは、四日市のコンビナート、テレビ塔、名古屋城。
名古屋城を壊す前に、足を城の堀に落として、城に倒れるように壊すけど、
着ぐるみ役の中島春雄さんがこけたようにしか見えない(笑)。

そんなゴジラに対して、モスラが親子で立ち向かうわけですが、どうしてモスラが
ゴジラに勝てたのか、観終わったいまでもよくわからない(^_^;)。
どうしてもモスラの方が強いって思えない。
まーでもモスラが主役?だからこれでいいんでしょう。
それに面白かったからいいや・・・(笑)。

それとモスラ(1961)の続編ということですが、それもちょっとへんな続編ですね。
ゴジラも交えて新たにつくったモスラ映画というかんじです。
ザ・ピーナッツが出演しているモスラ映画は、モスラ(1961)、今作、三大怪獣 地球最大の決戦(1964)の
三作品なんですね。1964年に二作品も公開しているんだ。

で、そのモスラといえば、幼虫はとっても気持ち悪いです(苦笑)。
ある意味、虫らしくてリアルということです。
いやリアルすぎて・・・(^_^;)。
ゴジラのフィギュアは欲しいけど、モスラの幼虫のフィギュアはタダでもいらない!
まーモスラは成虫でも欲しくないけどね。
でも子供のころはかわいいと思っていたんだろうな・・・。

alkio12.jpg

インファント島にゴジラ退治の協力のお願いをしに行った時、なぜか酒井、純子、三浦博士の
3人の服装が、突然スーツ姿になっていたのは、とても謎だし、オカシイ。
インファント島の人々が日本語なのもオカシイけどね。

でも全体として観れば、面白くてオススメです。

自衛隊の攻撃も、熊山と虎畑の悪役二人の顛末も、マスコミ批判も、水爆実験批判も
子供向けじゃなく大人が観て楽しめるものになっています。

98701235.jpg

島の分校の校長先生がいいですね。
「船を出してくれ!私は子供たちに責任があるんだ!」
それに比べて熊山と虎畑の悪役二人の情けないこと・・・トホホですね。

それと卵ばっかり食べてる中村(藤木悠)が最後にまともな質問をしますね(笑)。
「このまま返しちゃうのかい?せめてお礼くらい言わなきゃ」

予告↓



テーマ:邦画 - ジャンル:映画

モテキ(2011)
【2013/06/11 22:52】 映画も
モテキ(2011)

339817_01_01_02.jpg

上映時間 : 118分
製作国 : 日本

監督:大根仁
企画・プロデュース:川村元気
原作:久保ミツロウ
脚本:大根仁

オープニングテーマ:フジファブリック / 『夜明けのBEAT』
メインテーマ:女王蜂 / 『デスコ』

出演:
森山未來 / 藤本幸世
長澤まさみ / 松尾みゆき
麻生久美子 / 桝元るみ子
仲里依紗 / 愛
真木よう子 / 唐木素子
山田真歩 / 彩海
伊達暁 / 三浦
りりィ / 愛の母
内田慈 / 千葉
東加奈子 / カオリン
傳田うに / 出入り業者
上田遥 / ミキちゃん
信川清順 / 小宮山基樹
赤堀雅秋 / 吉野家の店員
丸尾丸一郎 / フェスカップル
祖父江唯 / フェスカップル
野波麻帆 / 土井亜紀
満島ひかり / 中柴いつか
松本莉緒 / 小宮山夏樹
菊地凛子 / 林田尚子
新井浩文 / 島田雄一
金子ノブアキ / 山下ダイスケ
リリー・フランキー / 墨田卓也
神聖かまってちゃん
山下敦弘
設楽統
日村勇紀
在日ファンク
ジョニー大蔵大臣
宇川直宏
川辺ヒロシ
吉田豪
杉作J太郎
掟ポルシェ
女王蜂
ピエール瀧
TOKYO NO.1 SOUL SET
スチャダラパー
Perfume

金なし夢なし彼女なしの31歳独身男、藤本幸世。
派遣社員を卒業し、ニュースサイトのライターとして働き始めた彼はある日、
ツイッターで知り合ったキュートな雑誌編集者の松尾みゆきとイイ感じに。
彼氏持ちと判明するも簡単には諦めきれない。
すると今度は、みゆきの親友で清楚な美人OL桝元るみ子からまさかの逆告白。
さらに、ガールズバーで働く派手目のコケティッシュな美女・愛や
美人でドSな会社の先輩・唐木素子とも急接近。
どうやら藤本に2度目の“モテキ”が奇跡的にやって来たようなのだが…。


339817_01_11_02.jpg

長澤まさみが胸を揉まれるというので観ました。
仲里依紗も胸を揉まれます。
森山未來羨ましい・・・(#^.^#)。

原作もテレビ版も観ていません。
でもあまり関係ないです。
これはこれで独立した作品として楽しめます。

この映画版は、完結した原作のその後の物語を、原作者自らの書き下ろしによる
完全オリジナル・ストーリーだそうです。

意外と評判が良かった作品なんですが、実はあまり期待していませんでした。
しかし評判通りの出来でした。
誤解されると困りますが(別に困らないけど)、傑作とかではないです。
でもなかなか良く出来た青春ラブコメですね。快作。
基本おバカ映画ですが、途中シリアスで重くなります。

ずっと若い人向けかと思ったら、30代がメインですね。
90年代に青春を送った人向けか。
下の方に↓ソング・リストを書いておきましたが、
10代の人の趣味ではないですよね?
それでも十分若いんだけど・・・、オヤジからすると(^^ゞ。

女性陣の内、仲里依紗と真木よう子はあまり関係ありません。
恋愛云々というのは長澤まさみと麻生久美子の二人ですね。

キャバ嬢役の仲里依紗は、言うセリフがマトモで深い。

339817_01_08_02.jpg

真木よう子の先輩役は、世の中の男性の期待を裏切らないドSで、
彼女になら蹴られてみたいと思わせます。
言い方もキツイけど、あの顔なら許します・・・(^^ゞ。

339817_01_09_02.jpg

さて、まずは麻生久美子演じる桝元るみ子。
きれいな優しいお姉さんなんだけど、藤本幸世には合わない。
彼には重すぎて手に負えないですね。
でもちょっと可哀想でした。

麻生久美子ってこういったタイプの役(キレイなんだけどちょっと幸薄い)が
多いような気がしますが、合っています。
今回もピッタリ。

彼女が岡村靖幸の“カルアミルク”をバックに、
牛丼をかっ込むシーンはイイですね。
あの“お代わりください!”も良いです。

339817_01_07_02.jpg

肝心の長澤まさみはというと、胸は揉まれる、濃厚なキスシーンはある、
評判通りの笑顔で、言うこと無し!って彼女のための映画です・・・(#^.^#)。

まーそんなことはさておき、実に傍迷惑な女の子です。
新井浩文が主人公に説教するんだけど、実にその通り!
こういう子ってよく?いるんだけど、藤本幸世みたいな男には毒だよね。

339817_01_06_02.jpg

森山未來はイケメンでもなく、金も無い草食系男子を熱演。
ダンスもいけるんですね!

あのPerfumeとのダンスシーンは「(500)日のサマー」のパロディか、
それともオマージュか、いったいナンでしょう?
でも良く出来てる場面です。

N'夙川ボーイズの“物語はちと?不安定”をバックに、
ラストシーンに突っ走っていく場面は、この歌とホント合っています。
幸世とみゆきが泥だらけで抱き合っているのを、山下ダイスケが何もせずに
ただ見ているだけというのもいったいどうよ?と思わずにはいられませんが、
それを無視すれば結構盛り上がる場面です(^^ゞ。

エンド・ロールはとても良く出来ているので、見逃さないように!

※映画の中で使われた曲(幾つか・・・)

☆Baby cruising Love / Perfume

☆J-POP / Half-Life

☆格好悪いふられ方 / 大江千里

☆SELF CONTROL / TM NETWORK

☆安めぐみのテーマ / ジョニー大蔵大臣(水中、それは苦しい)

☆いかれたBaby / Fishmans

☆走れ! / ももいろクローバーZ

☆Lifetime Respect / 三木道三

☆ワック!ワック! / B-hack B-hack

☆粉雪 / レミオロメン

☆あの娘ぼくがロングシュートを決めたらどんな顔するだろう / 岡村靖幸

☆悦びに咲く花 / ACO

☆失格 / 橘いずみ

☆ultra soul / B'z

☆衝動+愛のバクダン / B'z

☆Love forever / 加藤ミリヤ×清水翔太

☆Lover Soul / Judy and Mary

☆ナキミソ / 友達じゃがまんできない / (前野健太cover) sound only

☆ばらばら / 星野源

☆カルアミルク / 岡村靖幸

☆long time / Rei Harakami

☆東京 / くるり

☆ヤード / Tokyo No.1 Soul Set

☆物語はちと?不安定 / N'夙川ボーイズ

☆今夜はブギーバック / 小沢健二ft.スチャダラパー


予告↓




テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB