バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

湯を沸かすほどの熱い愛(2016)
【2017/05/25 21:10】 映画ゆ
湯を沸かすほどの熱い愛(2016)

yuwowakasu-1.jpg

上映時間 : 125分
製作国 : 日本

監督:中野量太
脚本:中野量太
撮影:池内義浩
主題歌:きのこ帝国『愛のゆくえ』
出演:
宮沢りえ / 幸野双葉
杉咲花 / 幸野安澄
篠原ゆき子 / 酒巻君江
駿河太郎 / 滝本
伊東蒼 / 片瀬鮎子
松坂桃李 / 向井拓海
オダギリジョー / 幸野一浩

銭湯“幸の湯”を営む幸野家。
しかし父の一浩が一年前に蒸発してしまい、銭湯は休業状態に。
母の双葉は代わりにパン屋でパートをしながら中学生の娘・安澄を育てている。
そんなある日、突然倒れた双葉は、ガンで余命2ヵ月と非情な宣告を受ける。
ショックを受けつつも、現実に気丈に立ち向かい、家出した夫の捜索や銭湯の再開、
学校でイジメに遭っている娘を叱咤して独り立ちさせる、
といったやらなければならないことをリストアップし、すぐさま行動に移す双葉だったが…。



yuwowakasu-2.jpg

大変評判になっている今作、やっと観ました。
噂に違わず面白いです。
オススメ!

監督&脚本の中野量太はこれが商業映画デビュー作らしいです。
情熱だけで作っちゃいました!とも言えなくもないが、兎に角良く出来ています。

何と言っても、主人公の幸野双葉がスゴイし、演じる宮沢りえもスゴイ!
病人役もあんなに細いからピッタリ・・・。
まー見た目は兎も角、役者として上手いな~と思う。

題名通りの熱い役で、個人的にはちょっと引いてしまいましたが(^_^;)、
そのお母ちゃんパワーに圧倒されます。
それだけで125分、一気に観ちゃったと言える。

yuwowakasu-4.jpg

子ども役の杉咲花と伊東蒼も上手い。
情けない役柄のオダギリジョーと松坂桃李も合っている。

りりィはこれが遺作になるのかな。

あの銭湯は良い佇まいですね。
探せばまだまだあんな銭湯あるんですね。

食事の場面が多いけど、ちゃんとこの家族には意味があるし、
なんとなく伝統的な家族映画らしくてイイですね。




ここからはネタバレ・・・(笑)

主人公の双葉、その前向きさの源はどこから?と。
多少は彼女自身の生い立ちのためとは分かりますが、それでもね・・・

娘がいじめにあって学校を休むと言っているのに、兎に角行かせようとする。
それって逆効果じゃないの? ちょっとお母ちゃん、無理だよ~と思いつつ観ていました。
映画ですからね、結果は上手くいったけど、僕はえ~っ???状態です。

また娘の安澄に実の母親は自分じゃないと告げ、これからその実母に挨拶に行きなさいと
告げるところも、僕はえっ!?、マジか?とかなり引きました(^_^;)
ただその実母のためにと、安澄に手話を勉強させていたのは感心しきりでしたが。
用意周到さがスゴイですよね。

yuwowakasu-5.jpg

それと一番マジか!?と思ったのは、あの病気状態の双葉が子供二人を連れて
自動車旅行に出かけるってこと。普通ありえないでしょう。ダンナ、よくOKしたな。
無謀にも程があるって、このことですよね。

その双葉の願いは自分の母親に会う(見る)こと。
泣けるよな~って。
いや、いろいろ泣きそうにはなりましたが、実際には泣けませんでした。
やっぱり双葉の勢いに付いていけなかったからかな(^_^;)

yuwowakasu-6.jpg

ちょっと謎は探偵の滝本が、双葉にそこまで肩入れすること。
拓海に関してはわかりますけどね。

ラストのオチは題名通りでしたね。
というか、それで題名ができたのか・・・?
映画とは言え、いろいろ心配ですが、その後って。
うまく誤魔化せるんですかね・・・?

☆予告







スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB