バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

ラブ&マーシー 終わらないメロディー(2015)
【2016/03/02 18:42】 映画ら
ラブ&マーシー 終わらないメロディー(2015)
 LOVE & MERCY

LM-1.jpg

上映時間 : 122分
製作国 : アメリカ

監督:ビル・ポーラッド
脚本:オーレン・ムーヴァーマン
マイケル・アラン・ラーナー
音楽:アッティカス・ロス
出演:
ジョン・キューザック / 80年代のブライアン・ウィルソン
ポール・ダノ / 60年代のブライアン・ウィルソン
エリザベス・バンクス / メリンダ・レッドベター
ポール・ジアマッティ / ユージン・ランディ
ジェイク・アベル / マイク・ラブ
ケニー・ウォーマルド / デニス・ウィルソン
ブレット・ダヴァーン / カール・ウィルソン
グレアム・ロジャース / アル・ジャーディン
ジョアンナ・ゴーイング / Audree Wilson
ディー・ウォーレス / Rosemary
マックス・シュナイダー / Van Dyke Parks
タイソン・リッター / Hipster?
ジョナサン・スレイヴィン / Phil Spector
ダイアナ・マリア・リーヴァ / Gloria
ニック・ゲールフース / ブルース・ジョンストン
ビル・キャンプ / マレー(父)
ジョニー・スニード / Hal Blaine
エリン・ダー / マリリン
 
1961年に弟のデニス、カールや従兄弟のマイク・ラブらとバンド、
ザ・ビーチ・ボーイズを結成したブライアン・ウィルソン。
カリフォルニアの明るい日差しを体現した陽気なサーフィン・ミュージックは全米の若者たちの
心を捉え、ビーチ・ボーイズは一気にスターへの階段を駆け上っていった。
しかし、曲作りのプレッシャーと過酷なツアー活動は、ブライアンの心を想像以上に蝕んでいた。
やがて、とうとうツアーに参加できなくなったブライアンは、ひとりスタジオにこもり、
革新的な音作りに没頭していく…。
80年代。すっかり表舞台から消えていたブライアンは、依然、精神に深刻な問題を抱え、
精神科医のユージン・ランディによる厳しい監視と薬漬けの日々を送っていた。
そんなある日、ふと立ち寄った自動車販売店で、セールス担当のメリンダ・レッドベターと出会い、
恋に落ちるのだったが…。



LM-2.png

先にお断りしておくと、僕はザ・ビーチ・ボーイズにしろ、ブライアン・ウィルソンしろそれ程熱心なファン
というわけはありません。でも『ペット・サウンズ』をロック・アルバム史のベスト10には入れなくちゃと
思っている人間なので、この映画を無視することは出来ませんでした。

で、ザ・ビーチ・ボーイズやブライアン・ウィルソンのファンの方は勿論、『ペット・サウンズ』を名盤だと
思っている方は必見です。

ただ、それ以外の人はまったく興味沸かないでしょう(^_^;)

LM-3.jpg

この映画の面白いところは、ブライアン・ウィルソンを二人の俳優が演じているということ。
60年代はポール・ダノで、80年代はジョン・キューザックが演じています。
これがものの見事に対照的なアプローチでそれぞれ演じています。

ポール・ダノは簡単に言えばブライアン・ウィルソンのそっくりさんです。
ブライアンのことを少しでも知っているなら、おー!と感心してしまうぐらいソックリ。
体系も太って似せています。

LM-4.jpg

片やジョン・キューザックは、あくまでもジョン・キューザックのまま。
ブライアン・ウィルソンのような経験をした人間を演じていると言ったらいいのかな。

この映画に関して、僕の知識はポール・ダノがブライアンを演じているということしか知らなかったので、
ジョン・キューザックが最初に現れた時、誰の役なのか分かりませんでした(^_^;)
それくらいジョン・キューザックはブライアンに似せるということには興味を持っていない(監督の指示?)。
時間軸も60年代と80年代を行ったり来たりなので、余計最初は分からなかった。

ちょっと調べてみたところ、今作の脚本担当のオーレン・ムーヴァーマンはボブ・ディランをモデルに6人の
俳優にそれぞれのディランを演じさせた「アイム・ノット・ゼア」でも脚本を担当しているので、その時の
経験がこの映画にも影響しているのかな。

LM-8.jpg

そして、音楽映画としては、『ペット・サウンズ』の制作現場を再現することに挑戦して、これが結構成功して
いると思う。その他、シングル「グッド・ヴァイブレーション」、アルバム「スマイル」の製作現場も再現して
います。これは音楽ファン必見です。面白い。
で、そうなると勿論、ハル・ブレインやヴァン・ダイク・パークスなども出てきます。

ハル・ブレインと言えば、彼も所属していたセッション・ミュージシャン集団「The Wrecking Crew」にスポットを
当てた長編ドキュメンタリー映画『レッキング・クルー 伝説のミュージシャンたち』が公開されますね。
これも楽しみです。

LM-7.jpg

このレコーディング場面を観ていて、天才ってこういう人のことを言うんだなと思いました。
ブライアンって、作曲するにあたり、悩まないんですね。彼の頭の中に勝手に音が聴こえてくると。
だから悩むのは、聴こえてくる“音”を、いかに実際の音にするのかということなんですね。

それで思い出したのが、音楽評論家、編集者、株式会社ロッキング・オンの代表取締役社長の渋谷陽一が、
黒澤明監督にインタビューした記事のことです。今、手元にその時の記事があるわけではなく記憶だけで
書いているので違っているかもしれませんが、大体の内容は次のようなものです。

そのインタビューで渋谷氏が黒澤監督に、「何故、監督はそこまで画面の隅々までこだわるのですか?」
と尋ねると、監督が答えて「だって、僕にはそう見えるから、そのように画面をつくらなくちゃいけないんだ」。
渋谷氏「えっ、そう見える?」。黒澤監督「そうだよ。例えばあの映画のあの場面は僕にはこう見えるんだ」と
渋谷氏に絵コンテで説明する。渋谷氏よく分からない様子。監督「兎に角、僕にはこういう風に見えるから」。
渋谷氏、相変わらず理解できない。監督「なんで分からないんだ」とイラッとする(笑)

僕はその時、ピカソの“ゲルニカ”を思い浮かべた。ピカソにはゲルニカ爆撃があの絵のように見えたと。
同じように黒澤監督も自分の映画は、監督にはそのように見えるから、監督にしか分からないかもしれないけど、
見えるように表現しないと自分には納得できないと。

ブライアンもそのように音が聴こえてくるから、それをみんなが聴ける音として録音しないと気が済まない。
で、それが分からないメンバーとレコード会社の人間と当時の米国のファンには、サーフィンも車も女の子も
歌われていない、何がなんやら分からないレコードとして、低い評価しかもらえなかった。

天才ってそういうものなんですね・・・(^_^;)

LM-5.jpg

当時のレコード会社とブライアンは、妥協案として「ペット・サウンズ」にポップな“スループ・ジョン・B”を
収めるんですが、この映画の中でもこの曲のPV?が流れますが、それが見事にサーファーっぽい(笑)

そう言えば、60年代のブライアンって、同じ服の色違いを着ている。
映画の脚色なのか、本当に色違いで何枚も買うような人だったのか・・・?
変わりものという印象を強調するためなのか、やっぱりそういう人だったということか。

父親の影響や、精神科医のユージン・ランディの支配とか、いろいろ話としては知っていましたが、
大変だったなあ~としみじみ思いました。
20年以上も廃人同様の生活をしていた人が、こうやって復活できたのは良かったですよね。

LM-6.jpg

それでもちょっと不思議に思うのは、20年以上も廃人同然の引きこもりだったのブライアンに、
ユージン・ランディがたかり続けたというのは、それだけ“お金”があったからなんだろうけど、
いかに60年代前半の数年だけで儲けたかということですよね。スゴイな~(笑)

LM-9.jpg
↑手前のおじさんがブライアン本人です。

☆予告






↓『ペット・サウンズ』の中で最も好きな曲。

☆The Beach Boys - God only knows






見事1位になった!
彼等の60年代中期の名曲。
テルミンが使われたもっとも旧いポップソング?

☆The Beach Boys - Good Vibrations






ブライアンが復活後の初ソロ曲。

☆Brian Wilson - Love and Mercy






☆Brian Wilson - One Kind Of Love







スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ラッシュ/プライドと友情(2013)
【2015/04/29 19:53】 映画ら
ラッシュ/プライドと友情(2013)
 RUSH

rush-1346.jpg

上映時間 : 124分
製作国 : アメリカ/ドイツ/イギリス

監督:ロン・ハワード
脚本:ピーター・モーガン
音楽:ハンス・ジマー
出演:
クリス・ヘムズワース / ジェームズ・ハント
ダニエル・ブリュール / ニキ・ラウダ
オリヴィア・ワイルド / スージー・ミラー
アレクサンドラ・マリア・ララ / マルレーヌ
ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ / クレイ・レガッツォーニ
クリスチャン・マッケイ / ヘスケス卿

ジェームズ・ハントとニキ・ラウダは、F3時代からの宿命のライバルながら、
その性格とレーススタイルはまるで対照的。
ワイルドで天才肌のハントは、プライベートでも酒と女を愛する享楽主義のプレイボーイ。
対するラウダはマシンの設定からレース運びまで全てを緻密に計算して走る頭脳派で、
闘志を内に秘めてストイックに生きる優等生レーサー。
1976年、そんな2人はF1の年間チャンピオンを巡って熾烈なデッドヒートを繰り広げる。
2連覇を目指すラウダはシーズン序盤から着実に勝利を重ね、ライバルのハントを
大きく引き離し、チャンピオン争いを優位に進めていた。
そんな中、2人の運命を大きく変える第10戦ドイツGPが幕を開けようとしていた…。




rush-234.jpg

ロン・ハワード監督作品とは知らずに観ましたが、予想外に面白かったです。
実話を映画化するのは彼は上手いですね。
実にそつなく感動的な佳作に仕上げています。

車は好きですけどF1(というかレース)に興味のない僕が観ても面白かったので、
F1好きにはもっと楽しめる作品だと思います。

ジェームズ・ハントとニキ・ラウダに関して言うと、ハントは今回初めて知りました。
ラウダは僕が知った時(1981年頃?)には、すでに伝説でしたね。
火傷の跡が残っていて、いつもキャップを被っているのが印象的でした。

ラウダの思い出というとタイヤメーカーのCMですね。
オレンジ色のBMW320iを運転していたCMです。
日本初の空撮によるロングカットをつかったCMだったそうです。
ワンカットで、農道を徐々に上昇していきながら、Y字の交差点まで
くねくね走る所を撮っていました・・・多分。
勿論ラウダはキャップを被って運転していました・・・多分。

こんなかんじですね↓

bmw320i.jpg

僕みたいにレースに興味が無い人間が見ても、ラウダの運転の上手さがよく分かったCMでした。
レーシング・コースではない一般道を走っているんですけど、とっても車の動きが滑らかなんですよね。
友人にも同様に思ったものが何人もいて、あんな風に運転したいって話していました。

rush-321.jpg

作品の中で、ラウダが初めてマルレーヌと出会う日のエピソードで、マルレーヌの車がダメになって、
二人でヒッチハイクしたところ、二人を拾ってくれた男性達がF1ドライバーのラウダということに気が付き、
ラウダに自分の車を運転してもらう場面があるんですけど、彼等がものすごく興奮するんですよ。
なんとなくわかるな、彼等の気持ち。
いぇ~! 俺の車をラウダが運転してるんだぜ!って(笑)。
日本人なら中嶋悟が運転してるんだ!って、ちょっと古いか、
小林可夢偉が俺の車運転してるんだ!って、今ならすぐネットにアップしますよね(笑)。

基本的にラウダの視点で描かれているのはハントが故人なので仕方ないです。
実際のところハントはラウダのことをどう思っていたのかな?

ラウダのハントに対する思いは実にラウダらしいですね。
「私が嫉妬した唯一の男だ」ですから。

rush-432.jpg

でもライバル関係っていいですね。お互いが切磋琢磨できるような関係がね。
ジョーと力石とかって、相変わらず例えが古いですけど。

ジョーと力石じゃないけど、まったく正反対の二人のこの話はとても面白い。

ハチャメチャなハントも実は意外と繊細(っていうか気が小さい)で、レース前には嘔吐したり、
貧乏ゆすりがひどかったりと、なんとも人間味があります。

そしてストイックで気難しく安全第一のラウダが、ちょっとした焦りからあんな大事故に
あってしまうという皮肉。

いやーホントに人生ってどうなるか分かりませんよね。
そうそうクライマックスが富士スピードウェイというのは日本人には感慨深いです。

rush-567.jpg

映画には関係ないけど、英国人がミニをつくったのはホント不思議。
彼等にあの車は小っちゃすぎ!
ハリウッドでホンダのZを見た時も、アメリカ人が軽を運転するってオイオイと思いました。

あ~、吹き替え版は観ない方がいいです。
彼等の責任じゃないけど。
キンキのファンは別にしてね・・・(^_^;)。

☆予告↓






自分の為にも二人についてちょっと調べました。ってウイキよりですが・・・。

☆ジェームズ・ハント

hanto1245.jpg

ジェームス・サイモン・ウォリス・ハントは1947年8月29日に、株式仲介人の父親を持つ
裕福な家庭に英国で生まれる。
レース好きの貴族アレクサンダー・ヘスケス卿が立ち上げたヘスケスに加入し、
F3、F2を経て、1973年にはヘスケスチームとともにF1へステップアップする。
1975年オランダGPで初優勝(チーム唯一の勝利)を達成。
チームが資金難で撤退したためシートを失ったが、エマーソン・フィッティパルディの
後釜として、1976年に名門マクラーレン加入が決まる。
1976年は優勝を2度も失格処分で取り消される目に遭いながら(1回は後に再認定)、
フェラーリのニキ・ラウダとチャンピオンを争う。
ラウダがドイツGPの炎上事故で欠場する間にポイント差を詰め、
最終戦F1世界選手権イン・ジャパンで逆転し、ドライバーズチャンピオンに輝いた。
1979年にはウルフに移籍したがマシンに失望し、シーズン途中にあっさり現役引退を表明した。
現役引退後はBBCのF1中継解説者となり、マレー・ウォーカー(英語版)との名コンビで人気を博した。
1993年、ウィンブルドンの自室で心臓発作が原因で急逝した。
45歳没。

☆ニキ・ラウダ

niki-1.jpg

アンドレアス・ニコラウス・"ニキ"・ラウダは1949年2月22日にオーストリアのウィーンにて、
製紙工場を所有する資産家階級の長男として生まれた。
1971年9月にマックス・モズレーが代表をしていたマーチからF1にデビュー。
1972年末にいきなりマーチから解雇される。
BRMへ持参金を持ち込む条件で1973年シーズンのシートを確保した。
モナコGPでフェラーリをリードする走りをしたことでエンツォ・フェラーリはラウダに注目。
また、BRMで1レースだけ一緒に走り、既にフェラーリにいたクレイ・レガツォーニの推薦もあって
1974年にフェラーリに移籍が決まる。
1976年、春にマルレーネと結婚。
1975年、1977年、1984年のF1チャンピオン。
1985年、第10戦オーストリアGPでF1からの引退を発表。

niki-2.jpeg

現在はドイツ国内でのテレビ放送 (RTL) にて解説を務めるほか、
F1の現状について辛口のコメントを発している。
2012年9月、ラウダはエア・ベルリンの役員を辞任し、
メルセデスAMGの業務執行権を持たない非常勤会長に就任した。
併せてチームの株式10%を保有するとみられる。
・・・だそうです。


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

羅生門(1950)
【2014/05/02 20:42】 映画ら
羅生門(1950)

羅生門ポスター

上映時間 : 88分
製作国 : 日本
初公開年月 : 1950/08/26

監督:黒澤明
原作:芥川龍之介『藪の中』
脚本:黒澤明
橋本忍
撮影:宮川一夫
美術:松山崇
音楽:早坂文雄
装置:松本春造

出演:
三船敏郎 / 多襄丸
京マチ子 / 真砂
志村喬 / 杣売
森雅之 / 金沢武弘
千秋実 / 旅法師
本間文子 / 巫女
上田吉二郎 / 下人
加東大介 / 放免

都にほど近い山中で、貴族の女性と供回りの侍が山賊に襲われた。
そして侍は死亡、事件は検非違使によって吟味される事になった。
だが山賊と貴族の女性の言い分は真っ向から対立する。
検非違使は霊媒師の口寄せによって侍の霊を呼び出し証言を得るが、
その言葉もまた、二人の言い分とは異なっていた……。



51LzVr9EelL.jpg

ヴェネチア国際映画祭でグランプリを受賞した、黒澤明の出世作。
1950年のキネ旬で第5位。
同じ年の6位に黒澤監督の“醜聞(スキャンダル)”も入っています。

僕が今回観たのは、“デジタル完全版”というもので、ハリウッドの最高デジタル復元技術により、
映像・音声ともに1950年の公開当時と同様の姿にまで完全修復したバージョンだそうです。
2008年作品。

ただデジタル処理がなされているとは言っても、セリフの聞き取り難さは何ともなりませんね。
僕も歳を取って耳が悪くなっているし(笑)、薄型テレビの酷いスピーカーのせいでもあるし、
日本映画こそ字幕が欲しいです(^_^;)。

流石に映像はきれいです。モノクロ映画の美しさを堪能できます。
志村喬が森(藪)の中を行く場面のカメラは素晴らしいです。
白黒なのに葉の緑を感じます。
光と影(陰影)の凄さ。

美術も凄くって、羅生門のセットは素晴らしいの一言。ため息ものです。
検非違使の取り調べの場面のそぎ落とされたシンプルな様式美も凄い。

62022cd10525f47da890bbf7a6b47019.jpg

音楽でビックリしたのは、“ラベルのボレロ”風!?の曲。
テレビ放映されたのを観たので、クレジットがどうなっているのかわかりませんが、
“ラベルのボレロ”なら、1950年に日本映画がこれを使うって、すごくないですか?
ボレロ風な音楽だとしても、それはそれで非常に興味深いです。

で肝心の映画の感想。

それなりに面白いのですが、う~ん。どうなんでしょう。

原作は“羅生門”も“藪の中”も読んだことがあるのですが、
この映画はオリジナルのオチをつけています。
いや正直に言うと、原作を読んではいるのですが、内容を忘れています(^_^;)。
でも志村喬の証言は、映画オリジナルですよね・・・?

原作に忠実だと、謎は謎のままで終わるはずだと思うんだけど、
志村喬の証言を入れることによってわかりやすくしています。
ただよくわからないというのが原作の面白いところだったので、
何とも評価の難しいところです。

今まで観た黒澤作品の中では、僕にとっては評価低いです。

役者、芝居について。

今回久々に旧い日本映画を観たのですが、舞台劇的なのにビックリ。
アメリカ映画でも昔の物は、セリフ回しが今とは全然違うので、
まーこんなものかとも思いますが・・・。
黒澤監督作品も久々に観たので、他作品ってどうだったのかな?

51MNV2Q2E7L.jpg

三船敏郎と京マチ子の二人は熱演といって問題ないでしょう。
京マチ子のあの顔(メイク)はちょっとひいてしまいますが(^_^;)。
三船敏郎は当時30歳ぐらい。そりゃ魅力的です。

美男子と言えば森雅之。色っぽくて渋い役者なんですが、
それとは違った(対照な的な)魅力が三船敏郎にはありますね。

4451d9f6d0d7b036e816791f6fec801d.jpg

志村喬は45歳。それよりもちょっと老けた感じが良いです。
でも当時の45歳って、こんなものかな・・・。

千秋実は33歳。これがなんと映画二本目。
ってもう一本は“醜聞(スキャンダル)”なので、この年がデビューなんですね。
若い千秋実を今回初めて観たのですが、若いのか老けているのかわからない人です。
なんとも不思議な魅力の役者さんです。

rashmon_05_4.jpg

まさか予告篇なんて無いだろうと期待せずに探したら、外国用のものがありました。

予告





テーマ:邦画 - ジャンル:映画

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(2012)
【2013/09/11 15:23】 映画ら
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(2012)
 LIFE OF PI

344013_02_01_02.jpg

上映時間 : 127分
製作国 : アメリカ

監督:アン・リー
原作:ヤン・マーテル
『パイの物語』(竹書房刊)
脚本:デヴィッド・マギー
ディーン・ジョーガリス
撮影:クラウディオ・ミランダ
プロダクションデザイン:デヴィッド・グロップマン
編集:ティム・スクワイアズ
音楽:マイケル・ダナ

出演:
スラージ・シャルマ / パイ・パテル(少年)
イルファン・カーン / パイ・パテル(成人)
アディル・フセイン / サントッシュ・パテル
タブー / ジータ・パテル
レイフ・スポール / カナダ人ライター
ジェラール・ドパルデュー / コック

小説のネタを探していたカナダ人作家は、パイ・パテルというインド人男性を訪ね、
彼の語る驚愕の冒険譚を聞くことになる――。
インドのボンディシェリで動物園を営む一家に育ったパイ少年。
やがて彼が16歳となったとき、一家はカナダに移住することになり、
パイは両親や動物たちと一緒に日本の貨物船に乗り込むことに。
しかし、途中で嵐に遭遇し、船は沈没。運良く救命ボートに乗り移ることができたパイだったが、
彼と同じように辛くも逃げ延びたシマウマやハイエナ、オランウータン、
そしてリチャード・パーカーと名付けられたベンガルトラと同乗するハメに。
こうして少年パイの過酷な漂流生活がスタートするのだが…。



344013_01_01_02.jpg

「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」の名匠アン・リー監督が、
ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルの世界的ベストセラー小説を3Dで実写映画化。

救命ボートに獰猛なトラと乗り合わせることになった一人の少年のサバイバルなんて、
映画として面白いのか?と思っていたので、あまり観る気が無かったのですが、
アカデミー賞も取ったし、世間の評判もまずまずなので、観てみました。

結論からいうと、これが面白かった。

宗教(信仰、神)或いは、哲学についてのお話であるとも言えるし、
単純に冒険談としてとらえてもいいと思います。

しかし、最後の“もう一つのお話”を聞くと、
やっぱり“哲学”について考えてしまいます。

この映画のコピーが“命を奪うのか、希望を与えるのか”っていうのも、
多分原作がそうだからだと思うけど、やはり哲学的に思えます。
冒険の結果から何を得るのかっていうことなんでしょうけど。

ネットの書き込みを読むと、“もう一つのお話”は評判良くないですね。
僕は結構面白かったけどな。

でも何といっても、映像が凄い。

344013_01_04_02.jpg

アカデミー賞で撮影賞と視覚効果賞を受賞したのも納得。
(監督賞と 作曲賞も受賞。音楽も良いです。)

劇場で、しかも3Dで観たかったですね。

原作は勿論知りません。
ちょっと調べたら、上下巻もあるんですね。
映画はそうとう端折ってあるということですか・・・。

ポーの小説やミニョネット号事件についてちょっと知っておくのも良いかも。

予告↓




テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画

ラースと、その彼女(2007)
【2012/09/21 21:01】 映画ら
ラースと、その彼女(2007)
 LARS AND THE REAL GIRL

上映時間 : 106分
製作国 : アメリカ

監督:クレイグ・ギレスピー
脚本:ナンシー・オリヴァー

出演:
ライアン・ゴズリング / ラース・リンドストロム
エミリー・モーティマー / カリン
ポール・シュナイダー / ガス
ケリ・ガーナー / マーゴ
パトリシア・クラークソン / ダグマー・バーマン医師

雪に覆われた小さな田舎町。
町の人たちからMr.サンシャインと呼ばれ
慕われている心優しい青年、ラース。
しかし、純粋すぎるがゆえに極端にシャイで、
女の子とまともに話すことも出来ない。
そんなラースを心配していた兄夫婦のもとに、
ある日、当のラースが彼女を紹介しにやって来た。
しかし驚いたことに、その彼女とは、インターネットで購入した
等身大のリアルドール“ビアンカ”だった。
困惑する兄夫婦は医師に相談し、当面ラースの妄想に
話を合わせるようにとの助言をもらう。
そこで、町の人たちにも協力を仰ぎ、
みんなでビアンカを生身の女性として扱うことにするのだが…。



あらすじを読むだけだと、ドン引きしそうな内容ですが、
これが意外とじんわりと心にしみるお伽噺。

最初はかなりコメディ色が強いけど、
観終われば結構シリアス。

誰かいじめる人がいてもよさそうなものですが、
ラースの家族も会社の人も、町の知り合いも、みんなやさしい。

それ(みんな良い人)がダメな方もいると思うけど、
そこは素直に受け入れてもらったらいいと思います。

僕は気に入りました。
オススメ!

予告↓
http://www.youtube.com/watch?v=naMEvDbPazA



テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB