バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

6才のボクが、大人になるまで。(2014)
【2015/11/01 20:39】 映画ろ
6才のボクが、大人になるまで。(2014)
 BOYHOOD

bh-1.jpg

上映時間 : 165分
製作国 : アメリカ
映倫 : PG12

監督:リチャード・リンクレイター
脚本:リチャード・リンクレイター
撮影:リー・ダニエル
シェーン・ケリー
出演:
エラー・コルトレーン / メイソン
パトリシア・アークエット / オリヴィア(母)
ローレライ・リンクレイター / サマンサ(姉)
イーサン・ホーク / メイソン・Sr(父)
リビー・ヴィラーリ / キャサリン(オリヴィアの母親)
マルコ・ペレッラ / ビル・ウェルブロック(オリヴィアの二番目の夫)
ブラッド・ホーキンス / ジム(オリヴィアの三番目の夫)
ジェニー・トゥーリー / アニー(メイソン・シニアの後妻)
ゾーイ・グラハム / シェーナ(メイソンの彼女)
チャーリー・セクストン / ジミー(メイソン・シニアの友人)
マクシミリアン・マクナマラ / ダルトン(メイソンのルームメイト)
テイラー・ウィーヴァー / バーブ(ダルトンの彼女)
ジェシー・メクラー / ニコル(バーブのルームメイト)

テキサスの田舎町に住む6歳の少年メイソンは、母のオリヴィアと姉サマンサとの3人暮らし。
父親のメイソン・シニアは離婚してアラスカに放浪の旅に出てしまった。
シングルマザーとなったオリヴィアは、キャリアアップを目指して大学への入学を決意し、
メイソンとサマンサを連れてヒューストンに移り住む。
そこで多感な思春期を送り始めたメイソンは、やがて母の再婚や風来坊の父との交流、
そして初恋と、様々な経験を重ねていくが…。



bh-2.jpg

面白かった!
165分という上映時間は確かに長い!
でも一気に観ちゃったな。

淡々としているようで、それなりに事件が起こる!
それらのエピソードがアクセントとなり飽きることが無かった。

ちょっとビックリは、僕はこの監督の作品、「スクール・オブ・ロック」しか観てないや。
あのビフォア・シリーズって、観てないやん、えー(^_^;)。

bh-3.jpg

12年に亘って同じ人間が演じるって、日本には「北の国から」というものがあるが、
ひとつの映画作品としては初めてだと思う。ちょっと他に思い浮かばない。
はっきり言って、大博打ですよね。途中で誰かがどうかなったらどうするつもりだったんだろう?
そう言えば、ビフォア・シリーズも、数本の作品だけど同じ出演者がずっとやっているんですね。
この監督って、時間経過を撮るのが好きなのかな。

予想外なことが起きるということでは、主人公を演じたエラー・コルトレーン君、予告で観た時、
6才と18歳の違いにビックリしました。映画観たら勿論途中経過が分かるので納得したけど・・・。
18歳の時のハンサム度がちょっと足りないかな(笑)

bh-6.jpg

日本の「北の国から」でも言えるけど、ある時代の記録としても面白い。
そういう意味で「フォレスト・ガンプ/一期一会」みたいなものでもあると言える。
アメリカのあの時代が分かって面白いですよね。
アメリカとは関係ないけど、携帯がガラケーからスマホになったりね。

bh-4.jpg

アメリカ的ということでは、政治問題との関わり方がアメリカ的かな。

共和党を支持する傾向がある赤い州を代表する南部のテキサスが舞台で、リベラルで民主党支持の
父親が再婚した相手のオヤジが、ごりごりの保守キリスト教でしかも銃が大好きという皮肉。

母親の再婚相手の男たちも典型的な保守南部人。
ママの男の趣味悪すぎるよね(笑)。
ママの再婚相手を比べると、良い父親ってなんだろうって考えちゃうよね。
特に二度目の再婚相手の子供たち、心配でしょうがない。

父親が反ブッシュで、選挙に熱心で、子供を巻き込んでの選挙運動もアメリカ的か?

南部(テキサス)にいるべきでない人間が南部で暮らしている。
メイソン、君はそこにいるべきじゃないよと言いたいが、仕方がない(^_^;)。
でもメイソンも父親も地元を嫌っているわけじゃない。
むしろそれなりに愛しているといってもいいかも。

そうそう、メイソンって誰に似たんだ? 性格のことですが・・・。
両親たちには似ていないよな・・・。

確かメイソンが18歳になったお祝いの席で、母親がこんなに人生短いとは!みたいなことを
言ってしまうけど、これはすべての親を代弁しているよね。
子供を育てた母親なら共感できるんじゃないかな。

bh-5.jpg

その他、雑感↓

6才が主演なのにPG12? どういうことよ!

オープニングの曲がコールドプレイのイエローでツカミはOK(僕にはね・・・)。

義理の父親に無理やり坊主頭にさせられる。
仮病で学校を休みたい気持ち、わかるよ、メイソン君。

ビートルズのソロ作品を編集して、ビートルズにする!
考えてもみなかった。へ~、さすがリンクレイター監督。
記憶違いが無ければ↓のはず。
①バンド・オン・ザ・ラン
②マイ・スイート・ロード
③ジェラス・ガイ
④フォトグラフ

bh-7.jpg

父親の友達を演じるのが、チャーリー・セクストン。
全然気が付きませんでした(^_^;)。

メイソンの彼女たちは対照的だけど、ニコルの方がいいよね、メイソンには。
あっ、それって僕の趣味か・・・? そもそもニコルはまだ彼女じゃないか(^_^;)。

☆予告↓






スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ロック・オブ・エイジズ(2012)
【2013/02/24 22:30】 映画ろ
ロック・オブ・エイジズ(2012)
 ROCK OF AGES

ROE1

上映時間 : 123分
製作国 : アメリカ
映倫 : PG12

監督:アダム・シャンクマン
脚本:ジャスティン・セロー
クリス・ダリエンツォ
アラン・ローブ
オリジナル脚本:クリス・ダリエンツォ
(ミュージカル『ROCK OF AGES』)
振付:ミア・マイケルズ
音楽:アダム・アンダース
ピアー・アストロム
音楽監修:マット・サリヴァン
音楽総指揮:アダム・アンダース

出演:
ジュリアン・ハフ / シェリー・クリスチャン
ディエゴ・ボネータ / ドリュー・ボーリー
ラッセル・ブランド / ロニー
ポール・ジアマッティ / ポール・ギル
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ / パトリシア・ウィットモア
マリン・アッカーマン / コンスタンス・サック
メアリー・J・ブライジ / ジャスティス
アレック・ボールドウィン / デニス・デュプリー
トム・クルーズ / ステイシー・ジャックス
ブライアン・クランストン / マイク・ウィットモア

栄光とスキャンダルに彩られた80年代のハリウッド・サンセット通り。
歌手を夢見て田舎から出てきたシェリーは、ライブハウス“バーボン・ルーム”で
ウェイターをしながら歌手デビューを目指す青年ドリューと出会う。
彼の紹介でシェリーもバーボン・ルームでウェイトレスをすることになり、2人は次第に距離を縮めていく。
そんな中、かつての勢いはなくなったもの、いまだカリスマとして業界に君臨する
スーパー・スター、ステイシー・ジャックスのライブがバーボン・ルームで行われようとしていた。




ROE2

80年代ロックをフィーチャーして大ヒットしたブロードウェイ・ミュージカルを
「ヘアスプレー」のアダム・シャンクマン監督が映画化。

初めてこの映画のことを知ったのは、ビルボード・チャートでのこと。

“Rock of Ages (Soundtrack)”の文字を見たときは、THE BAND の映画でも
出来たのかと思いました。
めちゃくちゃ渋いなーと思っていたら、Def Leppard の歌の題名だったんですね。
そういうお年なので、間違えても仕方ない(#^.^#)。

で、映画の出来なんですが、おバカコメディーでもないのに、
これだけ中身のない作品も珍しいと言ってもいいぐらいヒドイ。

でもツマンナイかというとそうでもなく、80年代のアメリカン・ロックに
慣れ親しんだ身にとっては、使われている曲をほとんど知っているので、
それなりに楽しめました。
(でもDef LeppardのRock of Agesは知らなかった・・・)。

ダメな人にはダメな作品です。
特にオススメしません(^^ゞ。

ブロードウェイでヒットしたっていうのも、40歳以上のお客がメインだったんでしょね。
90年代初頭までが白人ロック・バンドにとっては、彼等が売れた良い?時代だったわけで、
この後はヒップホップに負けていくわけですね。

兎に角、産業ロックとライトメタル(ポップメタル)のオンパレード。
(あっ、ガンズンは別です)

曲とかについてちょっとコメント。

ジャーニーの“Don’t Stop Believin”を男女で歌うっていうアイデアは、
このミュージカルとグリーとどちらが先なんでしょうね?

トム・クルーズがちゃんと歌っているのにビックリ!
って失礼か・・・?
結構上手なので(#^.^#)。

アレック・ボールドウィンは特に言うことはありません・・・。

キャサリン・ゼタ=ジョーンズはすでにミュージカルの経験があるので
特に驚きませんが。

ドリュー・ボーリーが無理やりやらされたボーイズ・グループは
NKOTBがモデルなんでしょうね。

マッシュアップされたものが幾つかあったんですが、それが結構良かったです。

俳優について。

主演の二人は歌手なんですね。
歌は上手いはずです。
でも特にディエゴ・ボネータは次に何かの映画で見てもわからないかも(笑)。

ROE4


この映画の白眉はトム・クルーズでしょう!
彼は脇役の方が良いのでは?
ガンズンのアクセル・ローズのコスプレ?でマグノリア以来の怪演。

言うことなし!

ROE3

ゴア元米副大統領夫人がモデル?のキャサリン・ゼタ=ジョーンズも
バカバカしい役を熱演。

ROE5

REOスピードワゴンをアレック・ボールドウィンとラッセル・ブランドが
デュエットするのはいいけど、そのあとの接吻はちょっと見たくないです(笑)。

サントラの曲目です↓

Rock of Ages (Soundtrack)

1 Paradise City - Tom Cruise
2 Sister Christian / Just Like Paradise / Nothin But A Good Time
- Julianne Hough, Diego Boneta, Russell Brand
3 Juke Box Hero / I Love Rock'n Roll
- Diego Boneta, Alec Baldwin, Russell Brand, Julianne Hough
4 Hit Me With Your Best Shot - Catherine Zeta
5 Waiting For A Girl Like You - Diego Boneta, Julianne Hough
6 More Than Words / Heaven - Julianne Hough, Diego Boneta
7 Wanted Dead Or Alive - Tom Cruise, Julianne Hough
8 i Want To Know What Love Is - Tom Cruise, Malin Akerman
9 I Wanna Rock - Diego Boneta
10 Pour Some Sugar On Me - Tom Cruise
11 Harden My Heart - Julianne Hough, Mary J. Blige
12 Shadows of the Night / Harden My Heart - Mary J. Blige, Julianne Hough
13 Here I Go Again - Diego Boneta, Paul Giamatti,
Julianne Hough, Mary J. Blige, Tom Cruise
14 Can’t Fight This Feeling - Russell Brand, Alec Baldwin
15 Any Way You Want It - Mary J. Blige, Constantine Maroulis, Julianne Hough
16 Undercover Love - Diego Boneta
17 Every Rose Has Its Thorn - Julianne Hough, Diego Boneta, Tom Cruise, Mary J. Blige
18 Rock You Like A Hurricane - Julianne Hough, Tom Cruise
19 We Built This City / We’re Not Gonna Take It - Russell Brand / Catherine Zeta
20 Don’t Stop Believin - Julianne Hough, Diego Boneta, Tom Cruise,
Alec Baldwin, Russell Brand, Mary J. Blige


予告↓


テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画

ローラーガールズ・ダイアリー(2009)
【2012/12/01 20:37】 映画ろ
ローラーガールズ・ダイアリー(2009)
 WHIP IT

RGD1

上映時間 : 112分
製作国 : アメリカ
映倫 : PG12

監督:ドリュー・バリモア
製作:バリー・メンデル
ドリュー・バリモア
原作:ショーナ・クロス
脚本:ショーナ・クロス

出演:
エレン・ペイジ / ブリス・キャヴェンダー
マーシャ・ゲイ・ハーデン / ブルック・キャヴェンダー
クリステン・ウィグ / マギー・メイヘム
ドリュー・バリモア / スマッシュリー・シンプソン
ジュリエット・ルイス / アイアン・メイビン
ジミー・ファロン / “ホット・タブ”・ジョニー・ロケット
ダニエル・スターン / アール・キャヴェンダー
アンドリュー・ウィルソン / レイザー
イヴ / ローザ・スパークス
アリア・ショウカット / パシュ
ゾーイ・ベル / ブラディ・ホリー
ランドン・ピッグ / オリヴァー
アリ・グレイナー / エヴァ・デストラクション
ユーレイラ・シール / シャニア・キャヴェンダー
カルロ・アルバン / バードマン

テキサスの小さな田舎町に暮らす17歳の女子高生ブリス・キャヴェンダー。
美人コンテストで優勝することが娘の幸せにつながると信じる母親に違和感を抱きながらも、
言われるままにミスコン中心の退屈な日々を送っていた。
そんなある日、都会のオースティンに出かけた彼女は、そこで“ローラーゲーム”の存在を知り、
“女性らしさ”なんてお構いなしのワイルドはスポーツにすっかり魅了されてしまう。
そして、家族に内緒のまま年齢を偽って入団テストを受けみごと合格、チームの一員に迎えられる。
こうして、年上の個性的なチームメイトたちの中でもまれながら、
意外にも眠っていた才能を花開かせていくブリスだったが…。



ドリュー・バリモアの初監督作品。

RDG2


青春×スポーツ×コメディ作品としてまずまずの出来。
監督第一作目としてはヨロシイんじゃないですか。

傑作ではないが愛すべき一本。
青春映画の佳作ですね。
オススメします。

RDG3


ローラーゲームなんて子供のころに、テレビで見て以来。
今回やっとルールがわかりました。

そういえば“東京ボンバーズ”とか“ヨーコ”ってどうなったんでしょう?
アメリカではちょっと復活していたようですね。

その子供の頃の記憶なので正確じゃないけど、当時はもっと過激だったような気がする。
それから比較すると、この映画の中でのローラーゲームはちょっとおとなしいので、それが残念。

でもこの程度だったのかな、当時でも。
小学校の頃のことだからね・・・。

エレン・ペイジは欧米人(カナダ人)にしては童顔なので、
相変わらずの高校生の役にまったく違和感無し。
本人はそれが悩みかもしれないが。

RDG7


脇役がまた良い。

両親役の二人もいいけど、監督とかリングアナとかもなかなか良い味でてます。

RDG5


またライバルのアイアン・メイビン役のジュリエット・ルイス。
ビックリ!
クレジット見るまで気がつきませんでした(笑)。
調べてみたら彼女の出演作、ちょこちょこ観てるんだけどね・・・。

RDG4


予告↓
http://www.youtube.com/watch?v=H6AOhfYOE3s

RDG6



テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

ROCKER 40歳のロック☆デビュー(2008)
【2012/06/16 20:54】 映画ろ
ROCKER 40歳のロック☆デビュー<未>(2008)
 THE ROCKER

上映時間 : 103分
製作国 : アメリカ
公開情報 : 劇場未公開

監督:ピーター・カッタネオ
原案:ライアン・ジャフィー
脚本:マイア・フォーブス
ウォーリー・ウォロダースキー

出演:
レイン・ウィルソン / フィッシュ
ジョシュ・ギャッド / マット
テディ・ガイガー / カーティス
エマ・ストーン / アメリア 
クリスティナ・アップルゲイト / キム
ジェフ・ガーリン / スタン
ジェーン・リンチ / リサ
ジェイソン・サダイキス / デイビッド
ピート・ベスト / 本人

大手レコード会社とのメジャー契約目前に、ただひとり、
ロックバンド“ヴェスヴィオス”のメンバーを外されたドラマー、フィッシュ。
それから20年後。
彼は、今や超ビッグなバンドになったヴェスヴィオスとは対照的に、
姉の家に居候しながら負け犬人生を歩んでいた。
そんなある日、高校生の甥マットが所属するバンド“ADD”のメンバーに
欠員が出たことから、急遽助っ人として参加することに。
かつてのロック魂が甦り、再びドラマーとしての血が騒ぐフィッシュ。
やがて、ひょんなことから一躍注目を浴び、
ADDは順調に上昇気流へ乗るかに思われたが…。



アメリカ本国でもコケたそうなので、日本未公開は仕方ないか。

しかし、個人的には楽しめました。

ロック・ファンは勿論、バンドマン(ウーマン)にも是非オススメしたいです。

それとビートルズのファンの方は是非観ないと!
ピート・ベストが本人の役で出演しています。

日本未公開作品によくある下品な場面も多々ありますが、
観終わった印象は、結構爽やかな青春音楽映画です。
(主人公は40歳のオヤジですが・・・)。

ADDがツアーに出た時のフィッシュの暴走ぶりと、
イマドキの高校生である甥っ子達がゲームに興ずる姿のギャップが笑える。

70年代のロック・バンドのツアーのハチャメチャぶりを
イヤというほど聞かされてきた僕のような世代の人間には、
フィッシュの行動がよくわかる(#^.^#)。

このADDの高校生3人組は酒も飲まないし真面目だよね。

僕はメタル・ファンじゃないのでヴェスヴィオスの楽曲はあまり興味ないけど、
ADDのの曲は良かった。

カーティスの役の少年は本職がミュージシャンらしい。
ADDの曲は彼の手によるものみたいですね。
ジョン・メイヤーやウィーザーが好きな人は気に入ると思います。

テディ・ガイガー↓
http://www.youtube.com/watch?v=oORaDw9N8D0&list=AL94UKMTqg-9CuNH70wX--6ma0Qu6OnrqE&index=8&feature=plcp

予告↓
http://www.youtube.com/watch?v=jJgicorhpWc


テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB