バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

Aimee Mann- Goose Snow Cone
【2017/03/26 22:42】 音楽え
エイミー・マン、5年ぶりの新作だそうです。
なかなか良いです(#^.^#)

☆Aimee Mann- Goose Snow Cone







スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

エルヴィス・サン・セッションズ
【2015/12/09 18:31】 音楽え
エルヴィス・サン・セッションズ(2015)
 ELVIS PRESLEY / The Sun Sessions

61yIO7KBpWL.jpg

1. ザッツ・オール・ライト (MONO)
2. ブルー・ムーン・オブ・ケンタッキー (MONO)
3. お日様なんか出なくても構わない (MONO)
4. 今夜は快調!(グッド・ロッキン・トゥナイト) (MONO)
5. ミルクカウ・ブルース・ブギー (MONO)
6. ユーアー・ア・ハートブレイカー (MONO)
7. アイム・レフト、ユーアー・ライト、シーズ・ゴーン (MONO)
8. ベイビー・レッツ・プレイ・ハウス (MONO)
9. ミステリー・トレイン (MONO)
10. 忘れじの人 (MONO)
11. あなたを離さない (MONO)
12. お前が欲しくて (MONO)
13. アイ・ラヴ・ユー・ビコーズ (MONO)
14. ブルー・ムーン (MONO)
15. ジャスト・ビコーズ (MONO)
16. アイ・ラヴ・ユー・ビコーズ (別テイク) (MONO)


本作はRCAからメジャー・デビューする前のサン・レコード時代の貴重な録音を収録した作品。
まさにデビュー当時の若きエルヴィスを知る上で欠かすことのできない楽曲が収録されている。(1976年作品)




レコードが発売された当時(1976年)のことは知りませんが、CD化された時の熱狂ぶりはよく覚えています。
エルヴィス・ファンならこれを聴かないでどうするんだ、みたいな感じで、買わない奴はおかしいぐらいの
絶賛ぶりでした。思わず僕も買いそうになりましたが、そもそもエルヴィスの作品を一枚も持っていない奴が、
メジャー・デビュー前の作品を買っても仕方ないと冷静になって、買うのは思いとどまりました(^_^;)。

ちなみに、僕が記憶している“サン・セッションズ”は、1993年8月16日に発売された28曲入りのもののようです。

しかし今回は、ゴールデン・レコードを三作品とも買っちゃたし、これを買わない手はないよなと購入を決意。

結果、ある意味一番良かった作品でした(笑)

四作品を聴きこんでいくと、また感想は変わるかもしれませんが、キング・オブ・ロックとしてのエルヴィスを
堪能するという意味では、これとゴールデン・レコードの第一集がやっぱりいいですよね。

正確に言うと、ロックン・ロールじゃなくて、ロカビリーですね。
そいつを堪能できます。カッコイイ!

最後に。
今回僕が買った一連のシリーズは、エルヴィス・プレスリーの生誕80周年(2015年時)記念盤だそうです。

☆Elvis Presley / That's All Right



☆ELVIS PRESLEY / Mystery Train






テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

エルヴィスのゴールデン・レコード第3集
【2015/12/07 21:16】 音楽え
エルヴィスのゴールデン・レコード第3集(2015)
 ELVIS' GOLDEN RECORDS・VOLUME 3

51ASO3CJHCL.jpg

1. イッツ・ナウ・オア・ネヴァー
2. 本命はお前だ
3. 恋にいのちを
4. アイ・ガッタ・ノウ
5. サレンダー
6. アイ・フィール・ソー・バッド
7. 今夜はひとりかい?
8. マリーは恋人
9. リトル・シスター
10. グッド・ラック・チャーム
11. エニシング・ザッツ・パート・オブ・ユー
12. あの娘が君なら
13. 嵐の季節 (ボーナス・トラック)
14. さらばふるさと (ボーナス・トラック)
15. 奴の彼女に首ったけ (ボーナス・トラック)
16. 夢の渚 (ボーナス・トラック)
17. 広い世界のチャンピオン (ボーナス・トラック)
18. 好きにならずにいられない (ボーナス・トラック)


本作は1960年~62年までのヒット・シングルを集大成した作品。
アルバム・チャートで3位を記録。RIAAプラチナ・ディスク認定。
全12曲中TOP5入りした楽曲は9曲。
内5曲はNo.1を記録していて60年代を代表する曲がずらりと収録されている
(No.1:「イッツ・ナウ・オア・ネヴァー」「本命はお前だ」「今夜はひとりかい」
「サレンダー」「グッド・ラック・チャーム」)。
全曲ナッシュヴィルでの敏腕ミュージシャンを起用したレコーディングでサウンド面での評価も高い。
「好きにならずにいられない」「夢の渚」など60年代初期の映画からのヒット曲6曲を
ボーナス・トラック収録したアップグレイド盤。(1963年作品)




このころになると、エルヴィスも随分大人っぽくなります。
ナッシュヴィル録音ということがかなり影響しているのか、自身の変化なのか・・・?

10代の頃だったなら、ジョンのコメントじゃないけど、入隊後のエルヴィスは興味が無いって言いそうです。
でも今の僕はそんなことは言いません(笑)。
でも今回、ゴールデン・レコードを三枚聴いて、50年代のエルヴィスがやっぱり一番好きかなとは思いますが、
これはこれで味わい深いです。
まー僕もエルヴィスやジョンより長生きしているし、十分オヤジになっているので・・・(^_^;)

☆elvis presley / its now or never



☆Elvis Presley / Are You Lonesome Tonight






テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

エルヴィスのゴールデン・レコード第2集
【2015/12/06 22:12】 音楽え
エルヴィスのゴールデン・レコード第2集(2015)
 50,000,000 ELVIS FANS CAN'T BE WRONG
 ELVIS' GOLDEN RECORDS - Volume 2

61GBETsq10L.jpg

1. 恋の大穴 (MONO)
2. 望みがかなった (MONO)
3. ア・フール・サッチ・アズ・アイ (MONO)
4. アイ・ニード・ユア・ラヴ・トゥナイト (MONO)
5. ドント (MONO)
6. アイ・ベグ・オブ・ユー (MONO)
7. サンタが彼女を連れて来る (MONO) (ボーナス・トラック)
8. サンタが町に来る (MONO) (ボーナス・トラック)
9. パーティ (MONO) (ボーナス・トラック)
10. 悩まされて (MONO)
11. ワン・ナイト (MONO)
12. アイ・ガット・スタング (MONO)
13. キング・クレオール (MONO) (ボーナス・トラック)
14. 思い出の指環 (MONO)
15. チャンス到来 (MONO)
16. ミーン・ウーマン・ブルース (MONO) (ボーナス・トラック)
17. プレイング・フォー・キープス (MONO) (ボーナス・トラック)
18. 冷たい女 (MONO) (ボーナス・トラック)
19. ゴット・ア・ロット・オブ・リヴィング (MONO) (ボーナス・トラック)
20. 谷間の静けさ (MONO) (ボーナス・トラック)


本作は1958年「ドント」から1959年「恋の大穴」までのビッグ・ヒット・シングルを収録した作品。
それらはエルヴィスが入隊中であるにもかかわらずチャートをにぎわしていた10曲。
そのうち7曲はUSでTOP5入りしている。「アイ・ニード・ユア・ラヴ・トゥナイト」
「思い出の指輪」など日本で人気曲も多数収録。
RIAAプラチナディスク。



金ラメのスーツを着たエルヴィスを散りばめたジャケット・アート・ワークは
ロッド・スチュワートの『ボディ・ウィッシーズ』やボンジョヴィのボックス・アルバム
『ザ・プレミアム・コレクション』などで模倣されている。
ゴスペル「谷間の静けさ」等、同時期の音源9曲をボーナス・トラック収録したアップグレイド盤。(1959年作品)



実は今回、エルヴィスの作品を4枚も買っちゃいました(^_^;)。

これは僕の年代だと、ロッドの「ボディ・ウィッシーズ」のジャケット写真の元ネタで有名ですね。
こんなデザインです↓

61-XvTyNNqSL1112.jpg

ちなみに、ボン・ジョヴィの方はこんなデザインです↓

413BSRFYKSL.jpg

で、ジャケットはよく知っていたのですが、内容の方は今回が初めて。

しかも、これが“ドント”を知っているくらいで、その他は題名も今回初めて知ったという有様。

前作の第1集の収録曲をほとんど知っていたというのとは、えらい違いです。
大ヒット曲満載なのに知らない曲ばかりで申し訳ない。
ファンの方からすれば、オイオイでしょうが、エルヴィス初心者としてはこんなもんでしょう(^_^;)。

もちろん内容に文句はありません。

ただ不思議なのは、曲順がオリジナルとは違うこと。
⑦⑧⑨にボートラが入って、その後⑬にまたボートラ。
何故・・・?

☆Elvis Presley / Don't



☆Elvis Presley / A Big Hunk O' Love(恋の大穴)






テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

エルヴィスのゴールデン・レコード第1集
【2015/12/05 20:42】 音楽え
エルヴィスのゴールデン・レコード第1集(2015)
 Elvis' Golden Records

51N2fvF5GLL.jpg

1. ハウンド・ドッグ (MONO)
2. ラヴィング・ユー (MONO)
3. 恋にしびれて (MONO)
4. ハートブレイク・ホテル (MONO)
5. 監獄ロック (MONO)
6. ラヴ・ミー (MONO)
7. トゥー・マッチ (MONO)
8. 冷たくしないで (MONO)
9. 心のうずく時 (MONO)
10. テディ・ベア (MONO)
11. ラヴ・ミー・テンダー (MONO)
12. やさしくしてね(トリート・ミー・ナイス) (MONO)
13. どっちみち俺のもの (MONO)
14. アイ・ウォント・ユー、アイ・ニード・ユー、アイ・ラヴ・ユー (MONO)
15. マイ・ベイビー・レフト・ミー (MONO) (ボーナス・トラック)
16. アイ・ワズ・ザ・ワン(ただひとりの男) (MONO) (ボーナス・トラック)
17. ザッツ・オール・ライト (MONO) (ボーナス・トラック)
18. ベイビー・レッツ・プレイ・ハウス (MONO) (ボーナス・トラック)
19. ミステリー・トレイン (MONO) (ボーナス・トラック)
20. ブルー・スエード・シューズ (MONO) (ボーナス・トラック)


本作は「冷たくしないで」「ハウンド・ドッグ」「ハートブレイク・ホテル.」他、
全米No.1ヒット9曲を含む1956年から1958年に放ったメガ・ヒット・ナンバーを収録した作品。
全米アルバムチャート3位。人気絶頂だったが'58年3月エルヴィスは陸軍に徴兵、
そんな時期にリリースされた。
全ての収録曲は既に発売している3枚のアルバムには入っていなかったため
このアルバムは事実上オリジナル・アルバムと言える。
サン・レコード時代の音源等6曲をボーナス・トラックとして追加収録したアップグレイド盤。(1958年作品)



1954年「ザッツ・オール・ライト」でメンフィスのサン・レコードからデビュー。
56年に移籍したRCAからのファースト・シングル「ハートブレイク・ホテル」が
初の全米No.1となり、キングの歴史が始まる。
以後、最高のエンタテイナーとして23年間に渡りスーパースターの座に君臨。
1977年8月16日に逝去。




エルヴィスのことは流石に子供のころから名前だけは知っていましたが、強く意識したのは彼の死によってです。
1977(昭和52)年8月16日は、日本だと8月17日になるのかな・・・?
今調べてみて、ちょっと驚いたのは、16日って火曜日だった。平日だったんだ。へ~。

この日、僕はまだ中学生で、お盆休み(子供はどちらにしても夏休み中)なので、従兄弟たちと鮎掛けに行っていた。
その帰り、電車の中で、僕の前に座っていたオジサンが読んでいたスポーツ新聞に、キングの死亡記事がでかでかと
載っていた。当時の中学生にとって、エルヴィスは過去の人であり、ちょっと前?にハワイかラスヴェガスで復活
コンサートをやった人みたいな認識しかなかった。ロック歌手にあるまじきデブさで、もう引退したら?みたいな
感じだった。←エルヴィスのファンの方、怒らないでね、当時の中学生の感想ですから・・・(^_^;)

で、それからしばらくは、ラジオやらテレビやら雑誌やらでエルヴィスの大特集だったわけ(・・・多分)。
当時FMレコパルという雑誌を定期購読していたんだけど、それに確か黒鉄ヒロシがエルヴィスの伝記を描いたと思う。
そこでドーナッツネタも描かれていたと記憶しています。←だからキングのファン、怒らないでね(^_^;)。

もう一つの思い出は、当時ジョン・レノンが日本に滞在していたのかな、それでどこかの記者がジョンにエルヴィスに
ついてコメントを求めたところ、ジョン曰く「徴兵後のエルヴィスには興味が無いので・・・」。

上記のことは記憶違いがあるかもしれないので、間違っていたらごめんなさい。
別に確認して書いていているわけじゃないです・・・(^_^;)

一枚ぐらいはエルヴィスのCD持っていたいな~などと思いつつ、今の今まで買わずに生きてきました。
実際のところ、まわりにエルヴィスのファンという人がいなくて、何を買っていいのやら分からない。
そんな時、エルヴィスのCDが1080円で発売という記事を見つけ、つい買ってしまいました。

流石に全盛期のエルヴィスの作品だけあって、ボートラは別にして、収録曲のほとんど知っていました。
一家に一枚の作品ですね(笑)

今(というか1977年当時でも)聴く(観る)と、世の中の親を驚かせたこと(エルヴィスの腰の振り方が卑猥だとか)
なんてまったく何のことやらですが、当時は大事件だったんでしょうね・・・。

☆Elvis Presley / Hound Dog



☆Elvis Presley / All Shook Up







テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB