バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

自動車ショー歌/小林 旭
【2015/10/01 21:24】 音楽こ
こんな歌があったんですね・・・。

歌詞と映像が興味深いです。

車好きには堪りませんね。

自動車ショー歌/小林 旭






スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

COLDPLAY / Mylo Xyloto(2011)
【2012/02/26 19:54】 音楽こ
COLDPLAY / Mylo Xyloto(2011)
 コールドプレイ / マイロ・ザイロト

コールドプレイ待望の5枚目。
英米共に良く売れているようです。

実はシングル曲があまり気に入らなかったので、
このアルバム出てもすぐには買わなかった。

ロッキング・オン誌でアルバム・オブ・ザ・イヤーの5位だったけど、
アルバム発売後のネットでの評判も賛否両論だったし、
何となく買いそびれていたんです。

個人的な見解では、1st,2nd,3rdまでがコールドプレイの第一期。
この3作品はバンドの成長がとてもよくわかって面白い。
それぞれに欠点もあるが、それを補って余りある魅力がある。

1stと2ndは朴訥とした趣(今と比べれば)が良いし、
3rdになると前作での成功のおかげ(レコーディング予算の向上?)か、
“音”のクオリティが格段によくなっている。

そして前作のViva La Vida から第二期に入って、
これがその第二期の2作目ということなんだけど、
実は前作がすでにそんなに気に入っていないので、
今作買って聴いてみて、ヤッパリなんかなーってのが第一印象。

前作からそうだったけど、派手で軽くポップになって
(それ自体は決して悪いことではないが・・・)、
イーノをプロデューサーに迎えているんだけど、
それが成功しているとは決して言えないし・・・。

01から07までと、08から14までとのバランスも良くないし
(15,16,17はボーナス・トラック)、でもアナログ盤のように
A面とB面と分けて考えるといいのかもしれない。

でも2回、3回と聴いていくうちに、これも悪くないかもと
思うようになってきた。
もうちょっと聴き込んでからかな・・・。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

Colbie Caillatの2枚目と3枚目
【2011/12/28 20:18】 音楽こ
1985年アメリカ生まれのシンガー・ソング・ライター。
マリブの歌姫ってのが彼女の宣伝文句だった。

そんな彼女の2枚目と3枚目を今年まとめて買った。

Colbie Caillat / Breakthrough(2009年)

デビュー作はフォーク的な、いかにもSSWらしい作品だったけど、
このセカンドはもう少しポップ色が強くなっている。

Colbie Caillat / All of you (2011年)

今年発売の3枚目のこの作品は、2枚目よりもますますポップ色が強くなり、
リード・シングル曲を聴いた時なんて、誰かわからないほどだった。

1枚目は、夏の夕方の海辺という感じで、70年代を思い出す。
因みに彼女の父はフリートウッド・マック作品等のプロデューサーです。
2枚目は、夏の朝から昼(暑苦しくはない)、
3枚目は、真夏(でも爽やか)という感じで、現代的。
でも1枚目が古めかしいというのでは、もちろんありません。

それぞれの良さがあって、どれが良いかは好みですが、
共通するのは曲が良いということ。
所謂捨て曲ってのがないのがスゴイです。

ジャック・ジョンソンが好きな方は、是非聴いてみて。
(聴いているよね)。

でも今のところ、僕は1枚目が一番好きかな。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB