バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

MARGIEJOSEPH/MARGIEJOSEPH(1973年)
【2012/10/30 20:29】 音楽マ行
MARGIEJOSEPH/MARGIEJOSEPH(1973年)
 マージー・ジョセフ/マージー・ジョゼフ

めちゃくちゃカッコイイです!
オススメ!

彼女のことは全然知りませんでしたが、山下達郎のラジオ番組“サンデー・ソングブック”で
アイ・ビーン・ダウン”が流れて知りました。

CDの解説によれば、彼女は1950年ミシシッピ州生まれで、
地元の教会でゴスペル聖歌隊として活動した後、17歳でプロシンガーに。

69年にメンフィスのスタックス/ヴォルト・レコードと契約。

73年にアトランティック・レコードに移籍。
アトランティック・レコードの今はなき名プロデューサー、アリフ・マーディンが
アリサ・フランクリンに次いで惚れこみ制作したのが本作。

バックもスゴイです。

コーネル・デュプリー/ギター
ヒュー・マクラッケン/ギター
ジェリー。ジェモット/ベース
リチャード・ティー/キーボード
バーナード・バーディ/ドラムス
ラルフ・マクドナルド/パーカッション
デイヴィッド・ニューマン/サックス&フルート


女性ソウル・シンガー・ファンの方は絶対気に入ると思います。

1. アイ・ビーン・ダウン
2. メイク・ミー・ビリーヴ・ユール・ステイ
3. レッツ・ステイ・トゥゲザー
4. ターン・アラウンド・アンド・ラヴ・ユー
5. アイム・オンリー・ア・ウーマン
6. レッツ・ゴー・サムホエア・アンド・ラヴ
7. ユー・ベター・ノウ・イット
8. タッチ・ユア・ウーマン
9. アイル・テイク・ケアー・オブ・ユー
10. アイム・ソー・グラッド・アイム・ユア・ウーマン
11. ハウ・ドゥー・ユー・スペル・ラヴ
12. アイド・ラザー・ゴー・ブラインド



スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

多治見でNHKドラマ撮影!?(その2)
【2012/10/29 20:48】 TV
多治見で撮影のNHKドラマについて、新聞発表がありました。

題名は「恋するハエ女」。
主演はミムラと筧利夫。
ハエ女がミムラということですね。
アラサー女性を主人公にしたコメディのようです。

どれだけ多治見が映っているのか楽しみなところです。
(多分ほんの少しだと思うけど・・・)

11月6日から6回シリーズ。
午後10字55分より放映。

今回、僕の近所のオジサン(というか初老の男性)に
ミムラ大人気ということがわかりました(#^.^#)。

皆さん、ミムラという名前は覚えていなくても、
梅ちゃん先生のお姉ちゃんで通じる。

梅ちゃん先生とお姉ちゃんのどっちが綺麗?と聞くと、
お姉ちゃんに決まっているとの返事。
みんな楽しみですね(#^.^#)!


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

40男のバージンロード(2009)
【2012/10/29 20:44】 映画よ
40男のバージンロード<未>(2009)
 I LOVE YOU, MAN

上映時間 : 106分
製作国 : アメリカ

監督:ジョン・ハンバーグ
原案:ラリー・レヴィン
脚本:ジョン・ハンバーグ
ラリー・レヴィン

出演:
ポール・ラッド / ピーター
ジェイソン・シーゲル / シドニー
ラシダ・ジョーンズ / ゾーイ

恋人ゾーイとの結婚も決まり、順風満帆に思われたピーター。
しかし、気がつくと彼には結婚式で花婿付添人“ベストマン”を
頼めるような親友がいなかった。
そこで愚直にも親友探しを始めたピーターだったが、
なかなか友だちになれそうな男に巡り会えず四苦八苦。
そんなある日、ひょんなことから陽気なお気楽男シドニーと出会い、
まるで対照的な2人は意外にも意気投合、すっかり打ち解けたピーターは、
シドニーとの男同士のバカ騒ぎを少年のように楽しむように。
ところが、あまりにもシドニーに夢中になってしまい、
今度はゾーイとの雲行きが怪しくなってしまうピーターだったが…。



やっぱりこれも日本では未公開。
この手のおバカコメディーってそんなに日本でウケないのかな?

ジェイソン・シーゲルが出演している割には
下ネタはあるけど、そんなに下品ではないし、
一般向けだと思うけどね。

題名から受けるイメージよりはずっとまともな作品。
他人事ではない人多いと思う。
意外と考えさせられる映画です。

しかし、男が友達探すと、なんで同性愛と思われるのかな。
体育会系じゃない人(ちょっとオタク)はゲイの方が話が合うのか。

女性にとって男友達いない(少ない)男の方が、実はイイんじゃないかな。
この映画でもピーターとシドニーが仲良くなると、
ゾーイは相手にしてもらえなくなるもんね。
難しいところか(#^.^#)。

それとこの映画の意外なオススメな点は、「Rush」のライヴかな。

僕はちょうど80年代に青春を送った世代なので、彼等の「Permanent Waves」や
Moving Pictures」が、アメリカでバカ売れしていたのは知っていたけど、
日本では人気がなかったので、実は今回初めて彼等を観た(聴いた)。
こんなバンドだったんですね。

こんな曲です。
RUSH / limelight
http://www.youtube.com/watch?v=uwXjnVICb3I

兎に角、オススメです。

予告↓
http://www.youtube.com/watch?v=BlfIyqSKAEM


テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

スーパー・チューズデー ~正義を売った日~(2011)
【2012/10/23 20:07】 映画す
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~(2011)
 THE IDES OF MARCH

上映時間 : 101分
製作国 : アメリカ
映倫 : G

監督:ジョージ・クルーニー
原作:ボー・ウィリモン
脚本:ジョージ・クルーニー
グラント・ヘスロヴ
ボー・ウィリモン

出演:
ライアン・ゴズリング / スティーヴン・マイヤーズ
ジョージ・クルーニー / マイク・モリス知事
フィリップ・シーモア・ホフマン / ポール・ザラ
ポール・ジアマッティ / トム・ダフィー
マリサ・トメイ / アイダ・ホロウィッチ
ジェフリー・ライト / トンプソン上院議員
エヴァン・レイチェル・ウッド / モリー・スターンズ

ペンシルベニア州知事としての確固たる実績に清廉潔白なイメージ、
おまけに申し分ないルックスで有権者の心を掴み、
民主党予備選の最有力候補に躍り出たマイク・モリス。
いよいよ迎えた天下分け目のオハイオ州予備選を目前に、
陣営は緊張と熱気に包まれていた。
そんなモリスの選挙キャンペーンをベテラン参謀のポール・ザラとともに支えるのは、
弱冠30歳にして周囲も一目置く辣腕ぶりを発揮する広報官のスティーヴン・マイヤーズ。
彼もまた、モリスの語る理想に心酔する一人だった。
ところがスティーヴンは、ライバル陣営の選挙参謀から巧みな引き抜き工作を仕掛けられる。
そんな中、選挙スタッフの美人インターン、モリーと親密な関係となり、
束の間の安らぎを得るスティーヴンだったが…。



TVドラマ「ホワイトハウス」が放映されたとき、アメリカ人は初めて、
誰が政治を取り仕切っているのか知ったそうです。
主席補佐官の力があんなに大きいとはビックリ!っていうところでしょう。

それでも、何でも分かったわけじゃない。
政治の世界は謎だらけですね。

日本人にとっても、結局のところ官邸の中のことは分からない。

そして選挙のこともやっぱりわからない。

でも分かったことの一つは、政治(選挙も含めて)は妥協の産物だということ。

それは日本もアメリカも変わらない。

この映画の主人公のスティーヴンも、最初は理想に燃える青年だったのに・・・。

ラストがはっきりせずに終わるところも政治的か。

ジョージ・クルーニーも監督が上手くなってきました。

俳優は主演も助演もみんな良いです。

オススメです。
特に今はアメリカ選挙の時期なので良いかも!
この映画は予備選の話ですが。

予告です↓
http://www.youtube.com/watch?v=VjZqPi-Mxew


テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

多治見でNHKドラマ撮影!?
【2012/10/23 20:00】 TV
先週、多治見のあちこちでなにやら撮影していると、
数人の方からご報告がありました。

しかし、誰も何の撮影か知らない。

温水洋一とミムラの二人は見たということだけど、
皆さん、シャイなのか、撮影スタッフに聞いてこない。

ドラマなのか旅行番組なのか、何だろう?

そうしたら、今日新情報入手!

なんでも、NHKのドラマで、6回シリーズのものだそうです。

でも、いつ放映されるのかはヤッパリ分からない。

皆さん、ちゃんと聞いてよね・・・。


テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

SMALL FACES / OGDENS NUT GONE FLAKE
【2012/10/20 20:44】 音楽す
SMALL FACES / OGDENS NUT GONE FLAKE
 スモール・フェイセズ / オグデンズ・ナット・ゴーン・フレイク

英国のモッズ・バンドの1968年発売の4枚目。

彼等にとって初のトータル・コンセプト・アルバム。

商業的にも成功して、アルバム・チャートで6週もトップの座を独占した。

オリジナル版(勿論アナログ・レコード)は、巻タバコのブリキ缶をあしらった
変形丸型ジャケットだった。

歴史的名盤で、ジャケット・デザインも含めて超有名な作品なんだけど、
僕は、そもそもスモール・フェイセズを聴くのはこれが初めて。

音はというと、当時最先端(というか流行真っ只中)のサイケ・サウンド。

今のところ、まだ2回しか聴いていないけど、はっきり言ってよくわかんない(#^.^#)。

サイケが嫌いなわけじゃないです。
むしろ結構好きなんだけど・・・。

もう少し聴き込むと、印象も変わってくるかな。

僕が今回購入したのは、オリジナルの円形ジャケットを模した紙ジャケ仕様なんだけど、
紙の円形ジャケに裸のCDが挟んであるだけなので、危なくって仕方がない。

ボーナス・トラックのディスク2は、プラケースに入っているのだから、
ディスク1もプラケースに入れてくれればよかったのに・・・。

ディスク:1

1. オグデンズ・ナット・ゴーン・フレイク (オリジナル盤モノ・ヴァージョン)
2. アフターグロウ・オブ・ユア・ラヴ (オリジナル盤モノ・ヴァージョン)
3. ロング・アゴーズ・アンド・ワールズ・アパート (オリジナル盤モノ・ヴァージョン)
4. レーヌ (オリジナル盤モノ・ヴァージョン)
5. ソング・オブ・ア・ベイカー (オリジナル盤モノ・ヴァージョン)
6. レイジー・サンデイ (オリジナル盤モノ・ヴァージョン)
7. ハピネス・スタン (オリジナル盤モノ・ヴァージョン)
8. ローリン・オーヴァー (オリジナル盤モノ・ヴァージョン)
9. ハングリー・イントゥルーダー (オリジナル盤モノ・ヴァージョン)
10. ザ・ジャーニー (オリジナル盤モノ・ヴァージョン)
11. マッド・ジョン (オリジナル盤モノ・ヴァージョン)
12. ハッピーデイズトイタウン (オリジナル盤モノ・ヴァージョン)

13. オグデンズ・ナット・ゴーン・フレイク (オリジナル盤ステレオ・ヴァージョン)
14. アフターグロウ・オブ・ユア・ラヴ (オリジナル盤ステレオ・ヴァージョン)
15. ロング・アゴーズ・アンド・ワールズ・アパート (オリジナル盤ステレオ・ヴァージョン)
16. レーヌ (オリジナル盤ステレオ・ヴァージョン)
17. ソング・オブ・ア・ベイカー (オリジナル盤ステレオ・ヴァージョン)
18. レイジー・サンデイ (オリジナル盤ステレオ・ヴァージョン)
19. ハピネス・スタン (オリジナル盤ステレオ・ヴァージョン)
20. ローリン・オーヴァー (オリジナル盤ステレオ・ヴァージョン)
21. ハングリー・イントゥルーダー (オリジナル盤ステレオ・ヴァージョン)
22. ザ・ジャーニー (オリジナル盤ステレオ・ヴァージョン)
23. マッド・ジョン (オリジナル盤ステレオ・ヴァージョン)
24. ハッピーデイズトイタウン (オリジナル盤ステレオ・ヴァージョン)

ディスク:2

1. オグデンズ・ナット・ゴーン・フレイク 〔アーリー・セッション・ヴァージョン/モノ〕
2. アフターグロウ・オブ・ユア・ラヴ 〔オルタネイトUSAミックス/ステレオ〕
3. ロング・アゴーズ・アンド・ワールズ・アパート 〔オルタネイトUSAミックス/ステレオ〕
4. レーヌ、ザ・ドッカーズ・ディライト 〔アーリー・セッション・ミックス/ステレオ〕
5. ソング・オブ・ア・ベイカー 〔オルタネイトUSAミックス/ステレオ〕
6. レイジー・サンデイ 〔オルタネイトUSAミックス/ステレオ〕
7. ハピネス・スタン 〔バッキング・トラック/モノ〕
8. バン・イン・ジ・オーヴン 〔アーリー・セッション・ミックス/モノ〕
9. ザ・フライ 〔テイク4/インストゥルメンタル・ヴァージョン/ステレオ〕
10. マッド・ジョン 〔テイク7/アーリー・セッション・ヴァージョン/ステレオ〕
11. マッド・ジョン 〔USシングル・ヴァージョン〕
12. ハッピーデイズトイタウン 〔オルタネイトUSAミックス/ステレオ〕
13. カミカゼ 〔テイク7/バッキング・トラック/モノ〕
14. エヴリ・リトル・ビット・ハーツ 〔アーリー・セッション・ミックス/モノ〕
15. オグデンズ・ナット・ゴーン・フレイク 〔オルタネイト・テイク/フェイズド・ミックス/ステレオ〕



テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

ドラゴン・タトゥーの女(2011)
【2012/10/08 20:37】 映画と
ドラゴン・タトゥーの女(2011)
 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO

上映時間 : 158分
製作国 : アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)

監督:デヴィッド・フィンチャー
原作:スティーグ・ラーソン
脚本:スティーヴン・ザイリアン
撮影:ジェフ・クローネンウェス
音楽:トレント・レズナー
アッティカス・ロス

出演:
ダニエル・クレイグ / ミカエル・ブルムクヴィスト
ルーニー・マーラ / リスベット・サランデル
クリストファー・プラマー / ヘンリック・ヴァンゲル
スティーヴン・バーコフ / ディルク・フルーデ
ステラン・スカルスガルド / マルティン・ヴァンゲル
ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン / ニルス・ビュルマン
ベンクトゥ・カールソン / ホルゲル・パルムグレン
ロビン・ライト / エリカ・ベルジェ
ゴラン・ヴィシュニック / ドラガン・アルマンスキー
ジェラルディン・ジェームズ / セシリア
ジョエリー・リチャードソン / アニタ
インガ・ランドグレー / イザベラ・ヴァンゲル
ペル・ミルバーリ / ハラルド・ヴァンゲル
マッツ・アンデション / グンナル・ニルソン
イーヴァ・フリショフソン / アンナ・ニーグレン
ドナルド・サンプター / 警部補グスタフ・モレル
エロディ・ユン / ミリアム・ウー
ヨセフィン・アスプルンド / ペニラ
エンベス・デイヴィッツ / アニカ
ウルフ・フリベリ / ハンス=エリック・ヴェンネルストレム
ジュリアン・サンズ / ヘンリック・ヴァンゲル(若年期)

スウェーデンの社会派雑誌『ミレニアム』を発行するジャーナリストのミカエルは、
大物実業家の不正告発記事が原因の名誉毀損裁判で敗訴し窮地に陥っていた。
そんな時、国内有数の企業グループの元会長ヘンリック・ヴァンゲルからある依頼が舞い込む。
それは、40年前に彼が我が子のようにかわいがっていた一族の少女ハリエットが
忽然と姿を消した迷宮入り事件の再調査というもの。
やがて、調査が暗礁に乗り上げたミカエルは、ヘンリックの弁護士から
社会性はないものの驚異的な情報収集能力を持つ小柄な女リサーチャー、リスベットを紹介される。
実は、ミカエルがこの一件を任されるにあたり、信用に足る人物か、
その身元調査を担当していたのが彼女だった。
こうして、2人は手分けをしながら事件の真相を追っていくこととなるが…。



原作は世界的ベストセラー・ミステリーらしいが未読。

そして2009年のスウェーデン映画のアメリカ版リメイクとのことですが、
そのスウェーデン作品も観ていません。

で、あくまでもこのフィンチャー作品を観ただけの感想です。

このリメイク版、スウェーデンが舞台なんだけど、
リメイクするならアメリカにしないのか?
出来ない設定か?

短いオープニング・シーンの後のタイトル・バックで、
ZEPの“移民の歌”のカヴァー(歌っているのはヤー・ヤー・ヤーズのカレンO)が
流れるんだけど、これがカッコいい。
映像は、監督の説明によれば、リスベットの悪夢とのことですが、
これがまたメタリックな出来で、音楽とドンピシャ。
さすが、MTV出身の監督らしい素晴らしい出来。

ミステリー作品としては弱いというか、謎解きはそれ程重要ではない。

大富豪一族の忌まわしい過去という話もそれなり。

大物実業家の不正告発記事が原因の名誉毀損裁判で敗訴っていう話もそれなり。

じゃ、この映画のメインの話っては何だ?っていうことだけど、
“ドラゴン・タトゥーの女”という題名通り、リスベットの話だと思う。

だからクレジットの一番最初に来るべき名は、ルーニー・マーラだと思うが、
そればっかりは仕方ないか・・・。

とにもかくにも、この映画は彼女についての映画です。
ルーニー・マーラは熱演以外の何物でもない。
前作“ソーシャル・ネットワーク”のときの顔が思い出せない。

でもミカエル役のダニエル・クレイグも良いです。
007とは違って、普通の男を熱演。
拷問にあうのは一緒か(#^.^#)。

TVドラマ“ER”のルカ・コバッチュ役のゴラン・ヴィシュニック。
お久しぶりでした。
相変わらず悲しい表情ですね。

日本人(キリスト教じゃない人間)にとっては、ちょっと分かりにくかったのは、
スウェーデン人の宗教観。
宗教(キリスト教)に興味がない人が結構多い国なんでしょうか?

ラスト・シーンはホント切ないです。
泣ける。
でもちょっとあっさりしすぎかな・・・。

一応ミステリーなので詳しく書けないけど、オススメです。
158分は全然気になりません。

大富豪一族の面々、多すぎてわかりません(#^.^#)。
それはそれで、別に構わないのかな?
ミカエルもそのように描かれていたし・・・。

予告↓
http://www.youtube.com/watch?v=gFeVROLNnf4


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

CINNAMON Live at Electric Lady Land Dec 04,2011
【2012/10/02 20:09】 音楽し
CINNAMON Live at Electric Lady Land Dec 04,2011

LED ZEPPELINの完全!?再現バンド「CINNAMON」のライヴDVD。

アマチュア・バンドなのに音が良い(失礼!)。

ELLは行ったことはないけど、なかなか良いハコのようですね(失礼!)。

兎に角、ZEPファンは必見!!!

1) Rock And Roll

2) Black Dog

3) Since I've Been Loving You

4) that's The Way

5) Kashmir

6) Stairway To Heaven

7) Achilles Last Stand

8) Ending


ファンによるホームページ↓
http://www.br4.fiberbit.net/stairway/



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB