バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

ブラック・サバスが1位!
【2013/06/24 20:20】 音楽ふ
ビルボード・チャートで、なんとブラック・サバスの新作が1位!

それだけのことですけど、ちょっとビックリ(#^.^#)。

81iQhvm.jpg



スポンサーサイト

テーマ:最新音楽ニュース - ジャンル:音楽

人生はビギナーズ(2010)
【2013/06/19 16:03】 映画し
人生はビギナーズ(2010) 
 BEGINNERS

340972_02_01_02.jpg

上映時間 : 105分
製作国 : アメリカ

監督:マイク・ミルズ
脚本:マイク・ミルズ

出演:
ユアン・マクレガー / オリヴァー
クリストファー・プラマー / ハル
メラニー・ロラン / アナ
ゴラン・ヴィシュニック / アンディ
メアリー・ペイジ・ケラー / ジョージア
キーガン・ブース / オリヴァー(少年時代)
カイ・レノックス / エリオット

アートディレクターのオリヴァーは、愛に臆病な内向的で真面目な38歳独身男。
ある日、44年連れ添った妻に先立たれ、自らもガンを宣告された父ハルから、
ゲイであることを告白される。
厳格だった父の突然のカミングアウトに戸惑いつつも、病に立ち向かいながら
新たな人生を謳歌し始めた父と語り合い、少しずつ距離を縮めていくオリヴァー。
やがて父との永遠の別れを経て、大いなる喪失感を抱えたままの彼の前に、
フランス出身の女優アナが現われる。
互いに人と距離を置きながら生きてきた似たもの同士の2人は、
ほどなく恋に落ちるのだったが…。



340972_01_01_02.jpg

メラニー・ロランが出演というので観ました。
それだけで十分な作品です・・・(^^ゞ。

340972_01_06_02.jpg

淡々としたなかなか味わい深い作品です。
結構良いとは思うんだけど、一般ウケはしないかな。

カミングアウトしたお父さんの話なのか、
息子の話なのかちょっと中途半端な感じがします。

勿論、ゲイだった父や、その父と結婚した母との親子の関係を含めた
家族の問題、そしてその家族関係に由来する主人公の性格等をひっくるめて
この作品が出来ているのはわかりますが、それが上手く整理できていなのかな。
ちょっと残念っていう感じです。

340972_01_07_02.jpg

小技はいいのがあります。

まずはイラスト。
これが結構いい味だしています。

そしてなんといってもあのワンちゃん。
犬が最高ですね(#^.^#)。

340972_01_04_02.jpg

予告↓






テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画

Goo Goo Dolls - Iris
【2013/06/17 20:52】 音楽く
Goo Goo Dollsのことはこの曲ぐらいしか知りませんが、
これは好きです。

映画『シティ・オブ・エンジェル』の主題歌なんだけど、
この映画は観ていないので・・・(^^ゞ。

1998年のビルボードHOT100 AIRPLAYでは通算18週1位の史上最長記録を樹立したが、
シングル盤が発売されていないことから途中までHot 100チャートのランクイン対象とはならなかった、そうです。

Goo Goo Dolls - Iris




テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

モテキ(2011)
【2013/06/11 22:52】 映画も
モテキ(2011)

339817_01_01_02.jpg

上映時間 : 118分
製作国 : 日本

監督:大根仁
企画・プロデュース:川村元気
原作:久保ミツロウ
脚本:大根仁

オープニングテーマ:フジファブリック / 『夜明けのBEAT』
メインテーマ:女王蜂 / 『デスコ』

出演:
森山未來 / 藤本幸世
長澤まさみ / 松尾みゆき
麻生久美子 / 桝元るみ子
仲里依紗 / 愛
真木よう子 / 唐木素子
山田真歩 / 彩海
伊達暁 / 三浦
りりィ / 愛の母
内田慈 / 千葉
東加奈子 / カオリン
傳田うに / 出入り業者
上田遥 / ミキちゃん
信川清順 / 小宮山基樹
赤堀雅秋 / 吉野家の店員
丸尾丸一郎 / フェスカップル
祖父江唯 / フェスカップル
野波麻帆 / 土井亜紀
満島ひかり / 中柴いつか
松本莉緒 / 小宮山夏樹
菊地凛子 / 林田尚子
新井浩文 / 島田雄一
金子ノブアキ / 山下ダイスケ
リリー・フランキー / 墨田卓也
神聖かまってちゃん
山下敦弘
設楽統
日村勇紀
在日ファンク
ジョニー大蔵大臣
宇川直宏
川辺ヒロシ
吉田豪
杉作J太郎
掟ポルシェ
女王蜂
ピエール瀧
TOKYO NO.1 SOUL SET
スチャダラパー
Perfume

金なし夢なし彼女なしの31歳独身男、藤本幸世。
派遣社員を卒業し、ニュースサイトのライターとして働き始めた彼はある日、
ツイッターで知り合ったキュートな雑誌編集者の松尾みゆきとイイ感じに。
彼氏持ちと判明するも簡単には諦めきれない。
すると今度は、みゆきの親友で清楚な美人OL桝元るみ子からまさかの逆告白。
さらに、ガールズバーで働く派手目のコケティッシュな美女・愛や
美人でドSな会社の先輩・唐木素子とも急接近。
どうやら藤本に2度目の“モテキ”が奇跡的にやって来たようなのだが…。


339817_01_11_02.jpg

長澤まさみが胸を揉まれるというので観ました。
仲里依紗も胸を揉まれます。
森山未來羨ましい・・・(#^.^#)。

原作もテレビ版も観ていません。
でもあまり関係ないです。
これはこれで独立した作品として楽しめます。

この映画版は、完結した原作のその後の物語を、原作者自らの書き下ろしによる
完全オリジナル・ストーリーだそうです。

意外と評判が良かった作品なんですが、実はあまり期待していませんでした。
しかし評判通りの出来でした。
誤解されると困りますが(別に困らないけど)、傑作とかではないです。
でもなかなか良く出来た青春ラブコメですね。快作。
基本おバカ映画ですが、途中シリアスで重くなります。

ずっと若い人向けかと思ったら、30代がメインですね。
90年代に青春を送った人向けか。
下の方に↓ソング・リストを書いておきましたが、
10代の人の趣味ではないですよね?
それでも十分若いんだけど・・・、オヤジからすると(^^ゞ。

女性陣の内、仲里依紗と真木よう子はあまり関係ありません。
恋愛云々というのは長澤まさみと麻生久美子の二人ですね。

キャバ嬢役の仲里依紗は、言うセリフがマトモで深い。

339817_01_08_02.jpg

真木よう子の先輩役は、世の中の男性の期待を裏切らないドSで、
彼女になら蹴られてみたいと思わせます。
言い方もキツイけど、あの顔なら許します・・・(^^ゞ。

339817_01_09_02.jpg

さて、まずは麻生久美子演じる桝元るみ子。
きれいな優しいお姉さんなんだけど、藤本幸世には合わない。
彼には重すぎて手に負えないですね。
でもちょっと可哀想でした。

麻生久美子ってこういったタイプの役(キレイなんだけどちょっと幸薄い)が
多いような気がしますが、合っています。
今回もピッタリ。

彼女が岡村靖幸の“カルアミルク”をバックに、
牛丼をかっ込むシーンはイイですね。
あの“お代わりください!”も良いです。

339817_01_07_02.jpg

肝心の長澤まさみはというと、胸は揉まれる、濃厚なキスシーンはある、
評判通りの笑顔で、言うこと無し!って彼女のための映画です・・・(#^.^#)。

まーそんなことはさておき、実に傍迷惑な女の子です。
新井浩文が主人公に説教するんだけど、実にその通り!
こういう子ってよく?いるんだけど、藤本幸世みたいな男には毒だよね。

339817_01_06_02.jpg

森山未來はイケメンでもなく、金も無い草食系男子を熱演。
ダンスもいけるんですね!

あのPerfumeとのダンスシーンは「(500)日のサマー」のパロディか、
それともオマージュか、いったいナンでしょう?
でも良く出来てる場面です。

N'夙川ボーイズの“物語はちと?不安定”をバックに、
ラストシーンに突っ走っていく場面は、この歌とホント合っています。
幸世とみゆきが泥だらけで抱き合っているのを、山下ダイスケが何もせずに
ただ見ているだけというのもいったいどうよ?と思わずにはいられませんが、
それを無視すれば結構盛り上がる場面です(^^ゞ。

エンド・ロールはとても良く出来ているので、見逃さないように!

※映画の中で使われた曲(幾つか・・・)

☆Baby cruising Love / Perfume

☆J-POP / Half-Life

☆格好悪いふられ方 / 大江千里

☆SELF CONTROL / TM NETWORK

☆安めぐみのテーマ / ジョニー大蔵大臣(水中、それは苦しい)

☆いかれたBaby / Fishmans

☆走れ! / ももいろクローバーZ

☆Lifetime Respect / 三木道三

☆ワック!ワック! / B-hack B-hack

☆粉雪 / レミオロメン

☆あの娘ぼくがロングシュートを決めたらどんな顔するだろう / 岡村靖幸

☆悦びに咲く花 / ACO

☆失格 / 橘いずみ

☆ultra soul / B'z

☆衝動+愛のバクダン / B'z

☆Love forever / 加藤ミリヤ×清水翔太

☆Lover Soul / Judy and Mary

☆ナキミソ / 友達じゃがまんできない / (前野健太cover) sound only

☆ばらばら / 星野源

☆カルアミルク / 岡村靖幸

☆long time / Rei Harakami

☆東京 / くるり

☆ヤード / Tokyo No.1 Soul Set

☆物語はちと?不安定 / N'夙川ボーイズ

☆今夜はブギーバック / 小沢健二ft.スチャダラパー


予告↓




テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画

ザ・ローリング・ストーンズ”三昧
【2013/06/09 20:03】 RADIO
今日は6月9日でロックの日!

というわけかどうかは知りませんが、FMーNHKで
今日は一日“ザ・ローリング・ストーンズ”三昧」をやっています。

で、ストーンズ・ファンには嬉しいお知らせ。

6月30日(29日の深夜)のBSプレミアムで“ローリング・ストーンズ・スペシャル”が放映されます。

詳しくは↓
http://www.nhk.or.jp/yougaku80/program/star_sp02.html

テーマ:最新音楽ニュース - ジャンル:音楽

プライマル・スクリームの新作より
【2013/06/07 21:26】 音楽ふ
プライマル・スクリームの新作が日本では結構ラジオでヘビロテ。

なかなか良い曲ですよね。

彼等の簡単な紹介↓

プライマル・スクリーム(Primal Scream)は、1982年にスコットランドのグラスゴーで
ボビー・ギレスピーとジム・ビーティによって結成されたロックバンドである。


新作より↓

Primal Scream - It's Alright, It's OK



これも新作より↓

Primal Scream - 2013



1994年の“ギヴ・アウト・バット・ドント・ギブ・アップ”からのシングル↓

彼等の曲で唯一曲名のわかるもの(#^.^#)。

ストーンズみたいですが、僕は好きです。
っていうか、ストーンズみたいだから好きなのか・・・(^^ゞ。

トム・ダウドがプロデュースしたんですよね。

Primal Scream - Rocks



テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

おっぱいバレー(2008)
【2013/06/01 20:18】 映画お
おっぱいバレー(2008)

332065_01_01_02.jpg

上映時間 : 102分
製作国 : 日本
初公開年月 : 2009/04/18

監督:羽住英一郎
原作:水野宗徳
『おっぱいバレー』(リンダパブリッシャーズ刊)
脚本:岡田惠和
撮影:西村博光
美術:北谷岳之
音楽:佐藤直紀
主題歌:Caocao
『個人授業』

出演:
綾瀬はるか / 寺嶋美香子
青木崇高 / 堀内健次
仲村トオル / 城和樹
石田卓也 / バレー部先輩
大後寿々花 / 美香子(中学時代)
福士誠治 / 美香子の元カレ
光石研 / 教頭
田口浩正 / 竜王中男子バレー部コーチ
市毛良枝 / 美香子の恩師の妻
木村遼希 / 平田育夫
高橋賢人 / 楠木靖男
橘義尋 / 城良樹
本庄正季 / 杉浦健吾
恵隆一郎 / 江口拓
吉原拓弥 / 岩崎耕平
小島藤子 / 草間理恵
斉藤リナ / 清美
小林勝也 / 原田先生

1979年、北九州。
中学校の新任国語教師・美香子は、男子バレー部の顧問を任されるが、そこに待っていたのは、
バレーボールすらまともに触ったことのないやる気ゼロのダメダメ部員たちだった。
彼らのやる気を引き出し、廃部寸前のバレー部を何とか立て直そうとする美香子だったが、
ひょんなことから“試合に勝ったら、おっぱいを見せる”というとんでもない約束をさせられるハメに。
おっぱいを見せるなんて絶対無理と思いながらも、別人のようにやる気を見せ始めた彼らと、
日々の練習を通じて次第に信頼関係を築いていく美香子。
そんな矢先、“おっぱいの約束”が学校で大きな問題となってしまう。


332065_01_02_02.jpg

暇つぶしにおバカ映画でもと思い観たところ、予想外の出来でビックリ(#^.^#)。

ちょっと感動しちゃった!と言ったら大袈裟ですが、
なかなか楽しめました。

全然受け付けない人もいると思いますが・・・。

日本映画でも、この手のおバカ映画がちゃんとできるようになったんですね。
とは言っても、そもそもこういう青春おバカ映画って邦画にあったのかな?
勉強不足でちょっと知らないので、存在していたらゴメンナサイ。

332065_04_07_02.jpg

全く期待していなかった!ので、それなりに楽しめたのですが、
いろいろと不満もあります。

まず北九州が舞台という意味が無い!
ぜんぜん九州弁を話さないんだもん。
ただ九州弁だと何を言っているのかわからないので、それはそれでよかったんですが・・・。

でも北九州の文化風俗を何かしら画面に出してもいいんじゃないですか?
途中まで尾道かと思っていました(-_-;)。
北九州の人が観たら、すぐわかるのかな。

そもそも原作は現代の話らしいのに、何故70年代?
70年代に中学生だった人間としては、懐かしくて良かったんだけど、
細かいところのツメが甘くって、いったいこの映画の設定年代はいつ?という場面多々あり。

70年代の歌の数々は楽しめたのですが、“個人授業”ってオリジナル使えないのかよ。

70年代の方が“性的”なもの対する情報が圧倒的に少ないので、
それに対する中学生の欲望が表現しやすいという意見もあるけど、
ネットとかで見ることができるといっても、女性教師のおっぱいが
生で見ることができるというのは、そりゃインパクトあると思うけどね。

性に対する少年の妄想なんて、現代が舞台でも十分でしょう。

この映画の舞台設定がちゃんと生かされていなので、
そう思っちゃいますよね。

それとこれは是非アメリカ映画を見習って欲しいと思うのは、バレーボールの試合場面。
スポーツを題材にしているんだから、そこはちゃんと出演者たちに特訓して欲しかった。
いくらおバカ映画と言えども、そういったところは手抜きしないでもらいたいです。
手に汗握る試合をちゃんと見せて欲しかったな。

332065_04_09_02.jpg

でもこの手の映画はもっとつくって欲しいですね(#^.^#)。
映画会社さん頼みますよ!

予告↓






テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

Depeche Mode - Just Can't Get Enough
【2013/06/01 20:03】 音楽タ行
ラジオから“Just Can't Get Enough”という題名の歌が流れたのですが、
歌手の名前(女性でした)は記憶がないけど、メロディーは馴染みのあるもの。

ちょっと調べたらデペッシュ・モードがオリジナルなるらしい。

この歌も(多分)沢山カバーされていますよね・・・。


デペッシュ・モード(Depeche Mode)は1980年結成の英国のロック・バンド。
イングランドのバジルドン 出身。

バンド名の「デペッシュ・モード」は、フランスのファッション雑誌 "Depeche mode" から引用したものである。
英語では"fast fashion"と訳され、"最先端の流行"という意味があるが、
結成当時、特にその意味を意識して命名されたわけではない。

“Just Can't Get Enough”は1981年発表の3枚目のシングル。
全英8位を記録。

Depeche Mode - Just Can't Get Enough



テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB