バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

ファーゴ(1996)
【2013/12/26 20:14】 映画ふ
ファーゴ(1996)
 FARGO

51452view001.jpg

上映時間 : 98分
製作国 : アメリカ

監督:ジョエル・コーエン
製作:イーサン・コーエン
脚本:イーサン・コーエン
ジョエル・コーエン
撮影:ロジャー・ディーキンス
美術:リック・ハインリクス
音楽:カーター・バーウェル

出演:
フランシス・マクドーマンド / マージ・ガンダーソン
スティーヴ・ブシェミ / カール
ウィリアム・H・メイシー / ジェリー・ランディガード
ピーター・ストーメア / ゲア・グリムスラッド
ハーヴ・プレスネル / ウェイド(ジェリーの義父)
ジョン・キャロル・リンチ / ノーム(マージの夫)
クリステン・ルドルード / ジーン(ジェリーの妻)
スティーブ・パク / マイク・ヤナギタ

ミネソタ州ミネアポリスに住むカー・ディーラーのジェリー・ランディガードは
借金返済のために自分の妻ジーンを誘拐し、会社のオーナーでもある
義父から身代金をいただこうと考えた。
誘拐を実行するのは、前科者の従業員から紹介された妙な二人組、カールとグリムスラッド。
だがジーンを自宅から誘拐した二人は、隣町ブレイナードまで逃げたところで、
停車を命じた警官と目撃者を射殺してしまう。
ブレイナードの女性警察署長マージ・ガンダーソンは事件を追ってミネアポリスに赴くが、
その間にも狂い始めた誘拐計画は次々と犠牲者を産んでいく……。



p_72078_01_02_02.jpg

カンヌ映画祭で監督賞、及びアカデミーでは主演女優賞と脚本賞も獲得した。

劇中に登場するポール・バニアンの像はアメリカではホラ話の象徴だそうです。

映画のタイトルは『ファーゴ』であるが、実際に映画中でファーゴが
舞台となるのは冒頭の酒場のシーンだけである。
物語は殆どミネソタ州のミネアポリスやブレーナードを中心に展開している。
コーエン兄弟はファーゴをタイトルに選んだ理由について、『ファーゴ』の方が
『ブレーナード』より面白そうだったからと述べている(ウィキより)。



コーエン兄弟によるサスペンス&ミステリーの傑作。
彼らの代表作といってもいいでしょう(って全作観ていないんですけど・・・(^_^;))。

とても悲惨(血みどろ)な話にもかかわらず、間抜け野郎のオンパレードで、
つい笑ってしまうユル~イ不思議な趣の一本。

主人公たちのキャラが強烈です。
みんなスゴイです。

中でも、ジェリーとカールの間の抜けたキャラといったら無い。
その上、カールは何度も“へんな顔”と言われてしまう(#^.^#)。
そのカールを演じるのがスティーヴ・ブシェミなんだから、笑えるに決まっています!

無口ですぐキレるゲアもなんだか変な奴です。

51452view003.jpg

マージもマトモなんだけど、ちょっと変わっている。
妊婦なので歩き方は頼りないけど、どんな死体だろうと、あのカールの最後!だろうと、
なんら動じることなく、てきぱき仕事をこなしていく。
その仕事のこなし方は、たしかにスゴイのですが、なんの感情も込めずにこなしていく。
主婦が日常の家事を、淡々とこなしていくような感じ、といえばいいのでしょうか・・・。
その夫は画家?なんだけど、この二人の雰囲気というのも、ちょっと不思議。
やっぱりちょっと変です。

51452view004.jpg

それと何と言っても、あの雪景色が素晴らしい!
撮影はまれにみる暖冬で大変だったようですが、オープニングの車が現れる場面とか、
カールがトランクを隠す場面とか、雪の場面が色々と印象的です。

舞台となったミネアポリスといえば、音楽ファンにとってはプリンスを思い浮かべます。
エンドロールの出演者の中に、プリンスのシンボルマークのようなもの?があったので、
なんだろうと思っていたのですが、コーエン兄弟のジョークらしいです。

あと、ハンバーガーを食べている場面でミミズを見せるところがあるんだけど、
あれはハンバーガーの肉はミミズというジョークなのかな?
アメリカでもそういった噂があったのだろうか・・・。
僕は鯉釣りをしていたので、食事中にミミズを見ても平気なんだけど(っていう問題じゃない!?)。

兎に角、オススメの作品です。


ネタバレ!!!↓

映画の始めに「これは実話である」(原文:THIS IS A TRUE STORY.)という一文が
映るがこれも演出の一つで、実際に映画のような経緯を辿った誘拐事件が起きた事実はなく、
物語は完全なフィクションである(ウィキより)。

ただし、それぞれの事件には元ネタがあるそうです。
だから全くのフィクションというわけでもないそうです・・・(ホントかな?)。

予告↓




スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

今日は一日“ハードロック/ヘビーメタル”三昧V
【2013/12/23 19:26】 RADIO
今日はFM-NHKで「今日は一日“ハードロック/ヘビーメタル”三昧V」をやっています。

時間は下記の通り↓ 今もやっています。

2013年12月23日(月・祝) 午後0時15分~9時00分(途中、ニュース中断あり)

クリスマスの前にこんな番組やるなんてさすがNHK!

司会は、伊藤政則(音楽評論家)と宮本愛子(NHKアナウンサー)です。

20131223_001.jpg

宮本アナは、HR/HMファンという珍しい女子アナ!?
なんでもモトリーのファンで、ライブにはヘビメタTシャツで参加のこと。
素敵ですね(笑)。


テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

クリスマスの曲あれこれ
【2013/12/21 21:04】 音楽ー作品
この時期になるとテレビでもラジオでもクリスマス・ソング特集になりますね。

僕も幾つか好きな曲をピックアップしました。

先ずは、ビートルズ・ファンとしては絶対はずせないものを。

John Lennon - Happy Xmas (War Is Over)



Paul McCartney & Wings - Wonderful Christmas Time



これ↓も名曲で大好きです。
しみじみしますね・・・。

Chris Rea - Driving home for christmas



これ↓は曲自体はめちゃ好きで、サントラも持っているんですが、
でもクリスマスに聴く曲だとは思ってもいませんでした(笑)。
テレビでクリスマスに聴きたい曲のベスト20以内に入っていて、
へ~って思ってしまいました・・・。

坂本龍一 戦場のメリークリスマス



これ↓は今回初めて知った曲ですが、なかなか良いですね。
英国では山下達郎の“クリスマス・イブ”のような扱いだそうです。

The Pogues & Kirsty McColl / Fairytale Of New York



お次の2曲は“Christmas Gift to You From Phil Spector”からのもので、
アルバム自体が名盤で全曲素晴らしいです。

I Saw Mommy Kissing Santa Claus - The Ronettes



Silent Night - Phil Spector And Artists




テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

インポッシブル(2012)
【2013/12/17 23:05】 映画い
インポッシブル(2012)
 THE IMPOSSIBLE
 LO IMPOSIBLE

343970_02_01_02.jpg

上映時間 : 114分
製作国 : スペイン/アメリカ

監督:J・A・バヨナ
原案:マリア・ベロン
脚本:セルヒオ・G・サンチェス
撮影:オスカル・ファウラ
美術:エウヘニオ・カバイェーロ

出演:
ユアン・マクレガー / ヘンリー
ナオミ・ワッツ / マリア
トム・ホランド / ルーカス
ジェラルディン・チャップリン / 老婆
サミュエル・ジョスリン / トマス
オークリー・ペンダーガスト / サイモン

2004年12月。イギリス人夫婦マリアとヘンリーは、3人の息子たちとともに
タイのリゾート地を訪れ、バカンスを楽しんでいた。
ところがクリスマスの翌日、スマトラ島沖で巨大地震が発生、一家を津波の濁流が襲う。
一緒に流されたマリアと長男ルーカスは辛うじて生き延びるが、
大ケガを負ったマリアは歩くこともできず、地元の人の助けでどうにか病院に搬送される。
しかしそこは、遺体と重傷患者であふれかえり、手当もままならない状態だった。
一方、下の息子2人ともども瓦礫の山と化したホテルで九死に一生を得たヘンリー。
彼は息子たちを高台へと避難させると自分は一人残り、行方不明となったマリアと
ルーカスを見つけるため、ホテル周辺を探し回るのだったが…。



343970_01_01_02.jpg

実を言うと、僕はちょっと白けていました。
一家5人が全員助かるって、奇蹟か?
単に運が良いだけじゃんって!

それにチューリッヒ生命保険の宣伝かって(^_^;)。

やはり運が良い家族の話だったんですけど、そこにはちゃんと意味があるって、
ある人が言っていて、なるほどと思い直しました。

彼等が助かったことによって、こうやって体験記を残すことが出来た。
この大惨事をみんなに知らせることが出来たんだって。
彼等にはその使命があるのだと。って、ちょっと大げさかな・・・。

リゾート地で海岸(この家族はプールだけど)ということもあって、
着ているものといえば水着に、素足という状態。
それで被災地から逃れていくのだから、大変です。
この家族がいた場所は、地震が起きたところじゃないので、
準備も何もあったもんじゃない。
気付いたらもう津波が来た!

その津波のシーンは凄いです。
スマトラ島沖地震や日本の3.11の被災者の方はちょっと見ることはできないでしょう。

メイキングを見ると、セットの中とはいっても、透明なきれいな水じゃなくて、
本当に茶色い水の中を出演者たちは流されていて、そりゃなかなかすごいです。

この映画の中で、この家族の設定で言わせていただくと、大きな教訓は、
小さい子供は、絶対親から離してはいけないってことです。
知り合いもいない異国で、言葉が通じない状態では、絶対ダメです。
それこそ、この家族は本当に運が良かった!

出演者の中では、ナオミ・ワッツと長男役のトム・ホランドが素晴らしいです。

トム君にちょっと注目↓

343970_01_04_02.jpg


予告↓







テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ハングオーバー!!! 最後の反省会
【2013/12/14 19:45】 映画は
ハングオーバー!!! 最後の反省会(2013)
 THE HANGOVER PART III

511TQMIT4+L.jpg

上映時間 : 100分
製作国 : アメリカ
映倫 : PG12

監督:トッド・フィリップス
脚本:トッド・フィリップス
クレイグ・メイジン

出演:
ブラッドリー・クーパー / フィル
エド・ヘルムズ / ステュ
ザック・ガリフィナーキス / アラン
ケン・チョン / ミスター・チャウ
ヘザー・グレアム / ジェイド
ジェフリー・タンバー / シド
ジャスティン・バーサ / ダグ
ジョン・グッドマン / マーシャル
メリッサ・マッカーシー / キャシー

問題児アランの奇行は止まるところを知らず、ついに父親がショックのあまり他界。
もはや面倒を見きれなくなった義兄のダグは、フィルとステュに
手伝ってもらい、アランを施設へ収容することに。
ところが、その道中で大物ギャングのマーシャルに襲われる。
マーシャルはダグを人質に取り、助けてほしければ
金を盗んだチャウを捜し出せと命じる。
なんで自分たちがといぶかるフィルたちだったが、
アランの携帯にはしっかりとチャウからのメールが。
またもやアランのせいでトラブルを背負い込むハメになったフィルとステュ。
ダグを助け出すため、やむなく3人でチャウの行方を追うのだったが…。


3409876.jpg

ハングオーバー・シリーズの3作目で、これで最後なのか?

で、今作も笑わさせていただきました。
面白かったです。

しかし、その上でいろいろ不満を幾つか・・・。

3450000.jpg

まず、題名と内容が一致していない!
今回はハングオーバー(二日酔い)から始まらない。
一応ラストに二日酔いで目覚めるのですが・・・。

それと、おバカコメディーなのに4人も殺しちゃダメでしょう。
この手も作品で殺人はいかんな。

34568.jpg

アランが結婚できたのは良かったね!
いつまでも幸せな時が続くことを祈っています。

でも、僕は彼とはお友達になりたくないです(^_^;)。
いや、もっとなりたくない奴はチャウだ!!!

345681098.jpg

予告↓






テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画監督小津安二郎が誕生して110年
【2013/12/12 20:32】 映画ー人
2013年12月12日は、映画監督小津安二郎が誕生してちょうど110年。

というわけで、こんな記事を発見。

後でゆっくり読もう!って、まだ読んでいません(^_^;)。

☆小津安二郎を追いかけて↓

http://www.nippon.com/ja/views/b03601/


テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

米ジャズギタリストのジム・ホールさん死去
【2013/12/12 19:50】 JAZZ
(CNN)
米国のジャズギタリスト、ジム・ホールさんが10日、
ニューヨークの自宅で心不全で死去した。83歳。

残念です。

ジム・ホールと言えば、僕にとっては、CTI最大のベスト・セラー・アルバム“アランフェス協奏曲” と、
ビル・エヴァンスのピアノとジム・ホールのギターが交錯する、コラボレーション・アルバム
“アンダーカレント”の2枚になる。

こちらがアランフェス↓

51NrQSmX7zL.jpg

アンダーカレント↓

51G39NEK9AL.jpg

とりわけアランフェスは大好きなアルバムで、愛聴盤です。
詳しくはこちらまで。

オリジナルが良いというのは言うまでも無いが、このアレンジがいいんですよね。
20分は長くないです!

☆Jim Hall / Concierto de Aranjuez






テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

エル・トポ(1969)
【2013/12/11 20:47】 映画え
エル・トポ(1969)
 EL TOPO

51Zus2svOgL.jpg

上映時間 : 123分
製作国 : メキシコ
日本初公開年月 : 1987/03/25
リバイバル : 2010.9.25(製作40周年デジタルリマスター版)
映倫 : R15+

監督 : アレハンドロ・ホドロフスキー
製作 : アレン・クライン
脚本 : アレハンドロ・ホドロフスキー
撮影 : ラファエル・コルキディ
音楽 : アレハンドロ・ホドロフスキー

出演:
アレハンドロ・ホドロフスキー / エルトポ
ブロンティス・ホドロフスキー / 息子(子供時代)
デヴィッド・シルヴァ / 大佐
ポーラ・ロモ / Woman in black
マーラ・ロレンツォ / マーラ
ロバート・ジョン / 息子(大人時代)

銃の名手エル・トポ(モグラの意)は、一人息子を連れて旅をしていた。
あるとき、彼は住民たちが山賊によって虐殺された村を通りかかる。
エル・トポは修道院を占拠していた山賊の首領との決闘に勝利する。
やがて彼は息子を置いたまま、首領の女を連れて再び旅に出る。



311199.jpg

いろいろと説明のいる作品なので、下記の様にまとめました。
ってウィキを利用していますけど・・・。

映画の内容があまりにも衝撃的であったため、深夜の映画館のみで上映される。
広告は小さな文字でタイトルと上映時間が載っているだけだったが、
口コミで広がり半年続くほどの異例の大ヒットとなる。
ただ、内容が常識とはかけ離れており、その上難解なので途中退場した観客も見られたという。

「もしフェリーニが西部劇を、クロサワがキリスト映画を撮ったらこうなったであろう」と絶賛され、
1971年の公開初日に劇場「エル・ジン」に訪れた観客にはアンディー・ウォーホール一派やの
デニス・ホッパー、ピーター・フォンダ、ミック・ジャガー、ジョン・レノン、オノ・ヨーコら著名人も訪れた。
劇場に四回足を運んだというジョン・レノンはこの作品と次回作の興行権を45万ドルで買い取っている。
これをきっかけで、大劇場でも大々的に上映されたが、不評の為に3日で打ち切りとなる。
日本では寺山修司がこの映画を絶賛しており、以来存在が知られるようになった。

途中に登場するフリークス(身体障害者)や、大量のうさぎの死体はすべて本物である。

その上、プロデューサーのアレン・クラインとのもめごとで、再上映が出来なかったため、
幻の作品として名前だけ有名になる(キング・オブ・カルトの所以ですね)。
アラン・クラインはロック・ファンにはおなじみの、あのローリング・ストーンズやビートルズの
マネージャーだった悪名高き人です(笑)。
その後、二人(監督と製作者)は仲直りして、日本でも無事に1987年に上映されたわけです。

そもそも今作は1969年に製作され、1970年に発表されるもメジャー系の配給会社に断わられ、
その後「エル・ジン」というスペイン語圏の映画を扱うミニシアター系の深夜上映が決定して、
1971年1月1日に封切られたそうです。



僕も写真↓だけは記憶にあったのですが、その内容はほとんど忘れていて、
今回初めて観たしだいです。

311122.jpg

前半は西部劇で、後半は「青の洞門」(菊池寛の「恩讐の彼方に」)。
かなり乱暴ですが一行で説明をすると、こんな内容の作品。

殺人、レイプ、同性愛、育児放棄、退廃、宗教腐敗、差別、偏見について語られながら、
後半は極めて道徳的なオチで終わるという作品です。

フェリーニと黒沢云々という評価について上↑に書いてありますが、僕が観終わって
先ず思い出したのは、パゾリーニ監督でした。
難解で暗示や比喩に満ちていた作品が共通していたというより、
パゾリーニの作品も今作も共に宗教の影響を強く感じるからです。
神に不信感を抱いているのでしょうか?

ただ今作はキリスト教(カトリック?)というだけでなく、ラストの主人公の焼身自殺とか
仏教的(東洋的)なものも感じられ、その点が非常にユニークなんですね。
東洋的というのは音楽もそうなんですが、まるで念仏みたいな曲があるんです。
音楽は監督自身の作のようですが、なかなか面白いです。

ってここまで書きながら、これって深読みしすぎ?とも思えるんですね。
というのも、DVDのおまけについている監督のインタビューを見ると、
たんなるおかしなオヤジか?としか思えないので・・・(^_^;)。
う~ん、どうなんでしょう?
宗教問題って日本人には難しいですね。
でもいろいろ考えさせられる作品であることは間違いないです。

31.jpg

デジタル・リマスターということで、兎に角1969年の作品としてはとてもきれいです。
砂漠と空の色が素晴らしい。
ただ“血の色”は笑っちゃうほどの色ですが。

反対に音の処理はちょっと???。
最初のセリフが流れた時、音声の確認してしまいました。
すべてアフレコで録ったのかな?
すぐ慣れましたけどね。

僕は非常に楽しめましたが、一般受けはしないでしょう。
でもシネフィルの人は観ないといけません!(^^)!。
2013年の日本では、これで人生が狂うことはないけど、
ちょっと(悪)影響大の作品といえるでしょう。

今の日本では決してつくられることのないタイプの作品で、
カルトとしか言いようがないです。
あ~、園子温ならつくるかもしれない・・・。

兎に角、怪作です。

予告↓




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

G.I.ジョー(2009)
【2013/12/01 20:44】 映画し
G.I.ジョー(2009)
 G.I. JOE: THE RISE OF COBRA

333700.jpg

上映時間 : 118分
製作国 : アメリカ

監督:スティーヴン・ソマーズ
キャラクター創造:ハズブロ
脚本:スチュアート・ビーティー
デヴィッド・エリオット
ポール・ラヴェット

出演:
チャニング・テイタム / デューク
レイチェル・ニコルズ / スカーレット
マーロン・ウェイアンズ / リップ・コード
シエナ・ミラー / バロネス
レイ・パーク / スネークアイズ
イ・ビョンホン / ストームシャドー
ジョセフ・ゴードン=レヴィット / コブラコマンダー
アドウェール・アキノエ=アグバエ / ヘビーデューティ
クリストファー・エクルストン / デストロ
サイード・タグマウイ / ブレーカー
デニス・クエイド / 司令官ホーク
ジョナサン・プライス / 大統領

ある日、NATOの開発した緑色の化学物質ナノマイトが世界征服を目論む悪の組織“コブラ”に強奪される。
その物質は本来ガン細胞の治療薬として研究開発されたものだったが、あらゆる金属を侵食し粉々にする
驚異の性質を持つため、コブラと共謀する武器商人デストロの手によって世界を脅かす化学兵器として
悪用されてしまうことに。
そこでアメリカ政府は、世界屈指の精鋭で構成される最強の国際機密部隊“G.I.ジョー”を、
世界を救う最後の切り札として送り込むのだった。
強靱な肉体と行動力を持ったエキスパート集団である彼らは、
加速装置付きのハイパースーツなど最新のガジェットを操り、コブラに立ち向かう。
そして両者は、G.I.ジョーの若きリーダー、デュークとコブラの中心メンバー、バロネスとの
知られざる因縁をはじめとした逃れられぬ宿命に導かれながら、苛烈を極めた攻防を展開していくのだが…。



3337.jpg

以前テレビ放映されたものを録画鑑賞。

観ている間に、来年の同窓会の打ち合わせの、電話やメールのやり取りがあったんだけど、
それでも分かる内容の作品です。
っていうか、それほど大した内容がある作品とは言えない(^_^;)。

33.jpg

ストーリーそのものはシンプルで、テンポのよいアクションで見せる映画ですね。
特にパリのアクション・シーンは見どころあり。

ブレンダン・フレイザーが出ていたらしいが、どこに出てた?
気付きませんでした。

暇つぶしにはよい、というか暇つぶし用の作品。

33370.jpg

予告↓




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB