バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

ゴジラ(1984)
【2014/07/31 19:46】 映画こ
ゴジラ(1984)

51kUNk4u+8L.jpg

上映時間 : 103分
製作国 : 日本

監督:橋本幸治
製作:田中友幸
原案:田中友幸
脚本:永原秀一
CG:土屋裕
撮影:原一民
特殊効果:渡辺忠昭
久米攻
視覚効果:宮西武史
美術:桜木晶
造型:安丸信行
編集:黒岩義民
音楽:小六禮次郎
特技・合成:真野田嘉一
特技・撮影:山本武
大根田俊光
特技・操演:松本光司
宮川光男
特技・美術:井上泰幸
特技監督:中野昭慶

出演:
田中健 / 牧吾郎(東都日報記者)
沢口靖子 / 奥村尚子
宅麻伸 / 奥村宏
夏木陽介 / 林田信(生物学者)
小林桂樹 / 三田村清輝(総理大臣)
内藤武敏 / 武上弘隆(官房長官)
鈴木瑞穂 / 江守誠一(外務大臣)
村井国夫 / 辺見昇(内閣調査室長)
小沢栄太郎 / 神崎(大蔵大臣)
織本順吉 / 毛利(防衛庁長官)
御木本伸介 / 加倉井(統幕議長)
森幹太 / 大河内(国土庁長官)
金子信雄 / 磯村(自治大臣)
山本清 / 梶田(科学技術庁長官)
加藤武 / 笠岡(通産大臣)
田島義文 / 日高(環境庁長官)
武田鉄矢 / ホームレス
橋本功 / 秋山(スーパーX隊長)
潮哲也
石坂浩二
江本孟紀
かまやつひろし

大黒島沖で遭難した漁船の生存者・奥村は荒れ狂う嵐の中で
巨大な怪物の姿を目撃していた。
奥村を救助した東都日報の牧は生物学者・林田の助言を求めるが、
林田は30年前に帝都を襲撃し東京湾で葬られたゴジラが目覚めたと推測。
はたしてゴジラは復活していた。
ソ連原潜を沈め、静岡井浜原発に現れると放射能を吸収し海へと消えたゴジラ。
だがそれは破滅へのプロローグでしかなかった。
ついに東京湾に姿を見せたゴジラは自衛隊の防衛線を塵と化し、
その進路を摩天楼並び立つ新宿副都心へと定めたのだ。
林田たちは井浜での行動と体内透視写真からゴジラの帰巣本能を
利用して三原山火口に誘導する作戦を立てる。
一方、自衛隊の誇る最新鋭兵器スーパーXの放ったカドミウム弾に
よってゴジラはその動きを止めていた。
だが誤発射されたソ連の核ミサイルを首都上空で迎撃した結果、
放たれた核エネルギーによってゴジラは甦った。
その時、三原山に設置した誘導装置が始動。超音波に導かれるまま、
伝説の怪獣はその巨体を三原山の火口に沈めるのだった……。



NHK-BSプレミアムでゴジラ特集をやっていますが、ドキュメンタリーの
“音で怪獣を描いた男~ゴジラVS伊福部昭~”が非常に面白かった。

その時1954年版ゴジラのデジタル・リマスター版が放映されることを知り、
非常に楽しみにしていたのですが、何故か全く忘れていて録画していませんでした。
放映当日、偶然TVをつけたら、ゴジラがやっていて、泣きました・・・。
再放送されるのを心からお待ちしております(^_^;)。

それ以外にも60年代のゴジラ・シリーズは録画しようと思っていたのですが、
結構忘れていて、結局録画したのはモスラ対ゴジラだけかな。
子供のころ観たのはまた観たかったのですが・・・。

で、1984年の“ゴジラ”です。

本作は初めて観たのですが、第一作のリメイクかと思っていたら違うんですね。

設定は第一作目の30年後で、子供向け作品ではなく大人向け。
これ以降22作目までが平成シリーズと言われるものらしいです。

一作目は兎も角、二作目以降は子供向けですよね?
なにしろ何十年と観ていないもので・・・。
小学生の時に観た記憶だけで書いています。
違っていたらごめんなさい(^_^;)。

今作の目玉?は、全長10mというコンピュータ制御によるロボット“サイボット・ゴジラ”を製作。
体長は、舞台となる新宿の超高層ビル群に合わせて50mから80mに変更。
え~と、そんなところですかね。

なにがビックリしたって、沢口靖子。
若いのに驚いたんじゃなくて、下手なことに驚きました。
若いのに驚いたのは、その兄役の宅麻伸。
最初は分かりませんでした(^_^;)。

武田鉄矢、石坂浩二、ムッシューとか、必要か彼等は?
まー別にいいんですけど、そんなことは・・・(苦笑)。

面白かった(というか非常に重要!)のは、総理(小林桂樹)が、米ソがゴジラ退治のために核兵器の使用を
主張するのに対し、「非核三原則があるわが国は核爆発を起こすことは認められない」と断固拒否するところ。
今の総理だったらどうするのでしょう?

反対にちょっと問題でしょう?というのは、総理も知らないスーパーXなる兵器が開発されていたこと。
おいおい大丈夫か・・・。

地下司令室の上をゴジラが歩いて行くんだけど、あんな丈夫な司令室あるんですね、日本に。
いや~ドキドキしました(笑)。

それで観終わった感想はというと、正直ちょっと物足りないなというところです。

最近見たゴジラ映画の順番としては、1954年の一作目(リマスター版ではない)が一番新しくて、
その前がハリウッド版のGODZILLA(1998)、それ以前としては子供の時の60年代の幾つかの作品。
平成シリーズやミレニアム・シリーズはまったく観ていません。

そんな人間からすると、なんだかな~というかんじです。
怪獣映画というのではなく、ディザスター・スペクタクル作品として大人向けにつくられたのは
良いのですが、もう少し脚本がよくできていたらなと思います。

特撮がショボイのはまーよしとして、“サスペンス”が足りない。

フナムシの大きいやつもいらない!と思う・・・(苦笑)。

昨日(7月30日)、“笑ってコラえて!”を観ていたら、ゲストが渡辺謙で新作GODZILLAの宣伝?でした。
そのついでに全米からゴジラマニアを集め、ゴジライベントを開催した模様を放映したのですが、
これが結構面白かったです。マニアの人々というのはどこの国の人であれ、アツイ!ですね。
ゴジラに対する愛情がひしひしと伝わってきて、感動しました(笑)。

予告↓




スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

サブウェイ・パニック(1974)
【2014/07/27 20:41】 映画さ
サブウェイ・パニック(1974)
 THE TAKING OF PELHAM ONE TWO THREE

51EAS28KVJL.jpg

上映時間 : 100分
製作国 : アメリカ

監督:ジョセフ・サージェント
原作:ジョン・ゴーディ
脚本:ピーター・ストーン
撮影:オーウェン・ロイズマン
エンリケ・ブラボ

出演:
ウォルター・マッソー / 地下鉄公安局警部補ザカリー・ガーバー
ロバート・ショウ / Mr.ブルー/バーナード・ライダー
マーティン・バルサム / Mr.グリーン/ハロルド・ロングマン
ヘクター・エリゾンド / Mr.グレイ/ジョー・ウェルカム
アール・ヒンドマン / Mr.ブラウン/ジョージ・スティーヴァー
ディック・オニール / フランク・コレル
ジェリー・スティラー / リコ・パトローン
トニー・ロバーツ / ウォーレン・ラセール
リー・ウォレス / 市長
ドリス・ロバーツ / 市長夫人
ジュリアス・ハリス / ダニエルズ
ジェームズ・ブロデリック / デニー・ドイル

地下鉄のペラム駅を発車した123号が4人組の男にハイジャックされ、
17人の乗客と車掌一人が人質にされた。
午後2時13分、要求は「少額紙幣で100万ドル。期限は1時間で、
それを過ぎた時は1分に1人ずつ人質を射殺する」。
都市交通局のガーバーは人質保護のため警官隊に発砲はおろか姿を
見せてはならぬ、犯人を刺激してはならぬと厳命した。
地下鉄は全線マヒし、出入口は閉鎖された。市長は犯人の要求に従い、
100万ドルの支払いを承知した。
残された時間はあと26分。まだ100万ドルは銀行から運び出されていない。
ガーバーは必死に15分の期限延長を頼むが拒否される。
地下鉄内で柱の陰で武装警官の一人が犯人に発砲して激しい銃撃戦になる・・・。



142050_1.jpg

2009年にデンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタ主演、トニー・スコット監督で
リメイクされましたが、そちらは未見。

このオリジナル版はサスペンス映画の佳作として有名(だからリメイクされた)ですが、
今回やっと観ることができました。

評判通り、ハラハラドキドキの佳作。
1974年の作品ということで、その時代の雰囲気も面白かったです。
あの日本からの視察団も笑えますが・・・。

で、ちょっと不満を。
地下鉄公安局警部補役のウォルター・マッソーなんですが、悪くはないけどちょっと
何というか、彼だとあんまりシリアスにならないというか、緊迫感が足りない(^_^;)。
マッソーが出てくるだけで、コメディっぽくなるんですよね。
ウォルター・マッソー、役者としては好きなんですけど、この役には・・・。
でもあんまり役に立ちそうにもない人が、結構活躍するっていうのがいいのかも。
サスペンスフルな中にも、笑えるシーンが多々あるので、それも狙いかな。

20081004102420.jpg

でも例えばジーン・ハックマンとかの方がよかったかなと。
そういった意味では、リメイク作のデンゼル・ワシントンは適役かな。
観ていないけどさ・・・。

でもなかなか良く出来たサスペンス作品です。
ネタバレになるので詳しくは書けませんが、オススメです。
機会があればどうぞ!

20081004102425.jpg

えーと今回僕が観たのは、TV放映されたものなんですが、100分の作品を114分で放送なので、
オープニングとエンド・ロールをバッサリ切られています。
それ以外にもカットされた部分は勿論あると思うけど、オープニングとエンド・ロールの
音楽が結構評判良いので、YouTubeで探したらエンド・ロールの方?はありました。
確かにカッコイイです!

こちらです↓



予告↓




テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

多治見はアツい!
【2014/07/25 20:15】 日記
今日、我が多治見市は39.3℃。

一応、日本一の暑さだそうです。

40℃越えなくてよかったです。

こんなに暑いので、ガリガリ君食べました。
こんなに暑いのに頭痛くなりました(^_^;)。
アイス恐るべし!

しかし暑さも慣れてきました・・・。

30℃だとエアコン使わなくても全然平気です。

昼間の暑さは日本一でも、夜は名古屋の方が暑いと思うな。

熊谷も四万十もあまりうれしくないでしょう・・・こんな日本一は(^_^;)。


テーマ:今日、気になったネタ - ジャンル:ニュース

ヤング@ハート(2007)
【2014/07/23 19:09】 映画や
ヤング@ハート(2007)
 YOUNG@HEART
 YOUNG AT HEART

51yUsNedrML.jpg

上映時間 : 108分
製作国 : イギリス
ジャンル : ドキュメンタリー/音楽

監督:スティーヴン・ウォーカー
撮影:エドワード・マリッツ
編集:クリス・キング

コールドプレイ、ソニック・ユース、ボブ・ディラン、ジェームズ・ブラウンといったロックを歌う
平均年齢80歳のコーラス隊“ヤング@ハート”の活動を追った感動ドキュメンタリー。
1982年に誕生以来、指揮者のボブ・シルマンに率いられ、ロックンロールなパフォーマンスで、
全米のみならずヨーロッパでもツアーを成功させてきたヤング@ハート。
本作は、そんな彼らが6週間後に迫った年1回のコンサートに向けて練習を重ねる日々に密着、
老いや死の問題に直面しながらも歌うことに情熱を注ぎ、若い心とロックな気概を
持ち続けて元気に生きる姿を映し出していく。



331409_01_01_02.jpg

オープニング、おばあちゃんが歌うクラッシュの“Should I Stay Or Should I Go”にやられました!

じじいやおばあがロックを歌うというだけで、この作品は成功したも当然。

当然のことながら、平均年齢80歳の彼等の趣味にロックなんて全然なくて、クラシックやミュージカルが
お好みなわけです。でも、監督&指揮のボブ・ヒルマンから次のコンサートに向けた新曲を聴かされたじじばば達は、
音がうるさくて歌詞が聞こえない(耳栓をしているのが笑える)と小言を言いながらも、コンサートに向け一生懸命
練習していきます。

331409_01_03_02.jpg

その練習風景が思わず笑わせてくれるのですが、さすがにこのお年の方々だと“死”を切り離すことは無理で、
しんみりしてしまう場面もありますが、“死”を受け入れ、次に進んでいく彼等はスゴイです。
その仲間の死に対して歌われるのが、ディランの“Forever Young”とコールドプレイの“FIX YOU”。
泣けます。

選曲権は彼等には無くて、監督&指揮のボブ・ヒルマンが決めるようですが、なかなか面白いです。
ソニック・ユース、ラモーンズ、ボウイ、JB、トゥーサン、ビージーズ、トーキング・ヘッズ、ジミヘンETC。
全然統一感が無いのがスゴイですね(笑)。

331409_01_02_02.jpg

しかし歌ってすごいですね。何歳になっても歌うことの素晴らしさを改めて思い知らされました!

予告↓





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ジョニー・ウィンターが急逝
【2014/07/18 19:38】 音楽し
アメリカのブルース・シンガー/ギタリストのジョニー・ウィンターが、
水曜日(7月16日)、滞在先のスイス、チューリッヒのホテルで亡くなった。
70歳だった。

彼の名前は勿論よく知っていますが、それ以上のことはわかりません(^_^;)。

彼の代表曲もよくわからないのでとりあえずこれ↓をアップします。

Johnny Winter / Be Careful With A Fool




テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

“夏に聞きたい!サマーソング”ベスト10
【2014/07/17 20:09】 音楽ー作品
7月14日のブログの続きです。

ベストヒットUSAで“夏に聞きたい!サマーソング”というのをやっていて、
そのトップ10がこれ↓です。

■No.10
KATY PERRY f/ SNOOP DOGG 「California Gurls」(2010)

■NO.9
MADONNA 「La Isla Bonita」(1987)

■No.8
ONE DIRECTION 「What Makes You Beautiful」(2011)

■No.7
SHERYL CROW 「Soak Up The Sun」(2002)

■No.6
DJ JAZZY JEFF & THE FRESH PRINCE「Summertime」(1991)

■No.5
JASON MRAZ「I'm Yours」(2009)

■No.4
DON HENLEY「The Boys of Summer」(1984)

■No.4
DON HENLEY「The Boys of Summer」(1984)

■No.3
THE BEACH BOYS 「Kokomo」(1988)

■No.2
HUEY LEWIS & THE NEWS 「The Power of Love」(1985)

■No.1
BRYAN ADAMS 「Summer Of '69」(1984)


テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

W杯応援ソングあれこれ
【2014/07/16 18:35】 サッカー
W杯も終わりました。

せっかくなので記念に?日本の応援ソングもアップしておこうかなと。

大会中に一番耳にしたのは、りんごちゃんの歌でしたね。

椎名林檎 /『NIPPON』



ウカスカジー /「勝利の笑みを 君と」



ナオト・インティライミ /「The World is ours!」



中島美嘉×加藤ミリヤ /『 Fighter Tachytelic World Cup Brazil 2014 Remi』

この歌だけ埋め込みコードが無いです。

http://youtu.be/aUjM2qrLQjM


テーマ:J-POP - ジャンル:音楽

夏に聞きたい!サマーソング
【2014/07/14 20:09】 音楽ー作品
ベストヒットUSAで“夏に聞きたい!サマーソング”というのをやっていて、
その第一位がブライアン・アダムスの“Summer of 69”でした。

Bryan Adams / Summer of 69



かなりビックリしました!
この曲自体は大好きなのですが、まったく忘れていました(^_^;)。

そもそもFBで、このサマーソングに対するリクエスト告知を見たとき、
僕もリクエストしようと思ったのですが、日本の曲しか思い浮かびませんでした(苦笑)。

本当に思い浮かばなくて、結局リクエストできず、番組を見だしたら、
そういえばイーグルスとかボブ・マーリーとかあったなと思い浮かんだのですが、
それらはベスト10外でした・・・。

ブライアン・アダムスの“Summer of 69”が第一位って、ベストヒットUSAの視聴者は
かなり年齢高めなんですね、やっぱり(笑)。

その後、思い浮かんだのがこれ↓
ちょっと渋すぎかな・・・。

Bruce Springsteen / Racing in the Street



もう一曲がこちら↓

Fleetwood Mac / Dreams




テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB