バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

鑑定士と顔のない依頼人(2013)
【2014/09/24 19:38】 映画か
鑑定士と顔のない依頼人(2013)
 LA MIGLIORE OFFERTA
 THE BEST OFFER

347018_02_01_02.jpg

上映時間 : 131分
製作国 : イタリア

監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ
撮影:ファビオ・ザマリオン
プロダクションデザイン:マウリツィオ・サバティーニ
衣装デザイン:マウリツィオ・ミレノッティ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:
ジェフリー・ラッシュ / ヴァージル・オールドマン
シルヴィア・フークス / クレア
ジム・スタージェス / ロバート
ドナルド・サザーランド / ビリー
フィリップ・ジャクソン / フレッド(使用人)
ダーモット・クロウリー / ランバート
キルナ・スタメル / バーの少女
リヤ・ケベデ / サラ(ロバートの彼女)

一流の美術鑑定士にして、カリスマ的オークショニアのヴァージル・オールドマン。
極端に人間嫌いで独身を貫く彼が唯一愛情を注ぐのが、女性の肖像を描いた名画たち。
これはと思う肖像画が出品されると、相棒のビリーを使い、
不正な手段で自分のコレクションに加えてしまうのだった。
そんなある日、彼のもとに、亡くなった両親が遺した家具や
美術品の鑑定をしてほしいという若い女性からの依頼が舞い込む。
ところが依頼人は、決してヴァージルの前に姿を見せようとはしなかった。
憤慨するヴァージルだったが、依頼人の屋敷である歴史的名品の一部とおぼしき部品を
発見してしまい、この依頼を引き受けずにはいられなくなる。
そして屋敷に通ううち、姿の見えない依頼人に少しずつ興味を抱き始めるヴァージルだったが…。


347018_01_08_02.jpg

つかりこ氏とスパイクロッド氏の両名がそれぞれのブログでこの作品を取り上げていたので、
ツタヤのディスカスに予約しておいたところ、在庫はフルじゃなかったのに意外と早く届き、
早速鑑賞いたしました。

つかりこ氏のブログ↓
http://yurayuragusa.blog.fc2.com/blog-entry-137.html

スパイクロッド氏のブログ↓
http://spikerod.blog.fc2.com/blog-entry-83.html

オススメです。
恋愛&ミステリー作品として大変面白かったです。
監督は“ニュー・シネマ・パラダイス”や“海の上のピアニスト”の人ですね。

主人公を演じるのがジェフリー・ラッシュで、彼が素晴らしいです。
この作品の魅力は彼の演技によって成り立っているといってもいいでしょう。

この主人公のヴァージル・オールドマンは、美術品の鑑定士であり、オークションでハンマーを
ふるうオークショニアというのがお仕事なんですが、実に変な人で、女性恐怖症、人嫌い、潔癖症、
横柄とおよそ友達としてはあまりお付き合いをしたいと思わないタイプの人です。

その上ヴァージルは売れない画家ビリーと組み、犯罪まがいの方法で入手した名画を、自宅の秘密の
部屋に隠し持っています。その名画というのがすべて女性の肖像画で、その肖像画(彼女!)たちに
囲まれているのが、彼の至福の時なんですね。

347018_01_04_02.jpg

そんな彼のもとに若い女性クレアから、仕事の依頼の電話がかかってきます。勿論女性恐怖症の彼は、
そんな仕事は断ります。しかし彼女の口車に乗せられ!?彼女の屋敷を尋ねることになりますが、一度
ならず二度までも約束を違えて会おうとしない彼女に、ヴァージルは激怒します。

しかし彼女の屋敷で興味深い名品を発見し、しかも彼女が“広場恐怖症”であり、屋敷に作り付けられた
隠し部屋の中で暮らしているということがわかってくると、ヴァージルは彼女に興味を持つようになります。

ここからの二人の恋愛のプロセスがこの映画の見所です。ともに対人関係に問題のある男と女が惹かれ
あっていく場面が実にロマンティックで面白い。そして何と言ってもラッシュ演じるヴァージルという
偏屈爺さんが恋に落ちていく過程の面白さ!

肖像画の女性しか興味の無かった男が、初めて生身の女性に興味をもったため、なんとか彼女の顔を
見ようと彼なりに企んで、彼女の顔を拝みます。これにやられちゃった彼は再び彼女の顔を拝もうとして
トドメを刺されます(笑)。あの有名な「氷の微笑」の如く、クレアが自分の足の指を舐めるために股間を
広げるのを見てしまった童貞じいさんは、完全に彼女にいかれてしまいます。

いやいや自分の足の指をなめることが出来るって、体が柔らかいですね・・・。
って、そんなことは問題じゃないですね(^_^;)。
このクレア役のシルヴィア・フークスって、大人の女性というより少女的で、細いし胸も無いし、
英国出身のファッション・モデルのケイト・モスに似ているなと思ったら、シルヴィアもモデル
出身だったんですね。

347018_01_03_02.jpg

で、なんやかんやで二人は一緒に暮らすようになるのですが・・・。

基本的にこの作品をとても面白いと思うし、気に入っています。
でも不満も多いんです。
その不満を書くとネタバレになるのでここからは観た人向けです。

そうそう、この作品から監督はデジタル撮影にしたのですが、さすがに画面は綺麗です。
でも奥行きのある味わいはフィルムの方があるのかな。
フィルムの現像とか映写とかの腕の良い技術者の減少がデジタルへの移行を決心させたということですが、
確かに仕方がないとはいえ、“ニュー・シネマ・パラダイス”を撮った監督なので少し寂しいです。



ここからはネタバレ注意!!!

結局、ヴァージルは詐欺にあうわけですが、スパイクロッド氏が指摘したようにミステリーとしては
無理があると思います。クレアが依頼してきた仕事内容の規模と彼女のあの不可解な行動なら、契約を
する前に詳しく調査すると思うけどな。っていうか主謀者達って、ヴァージルが疑問に思って下調べを
するとは思わなかったのかな? すぐバレる程度の詐欺ですよね。まったく不思議です。

またヴァージルが思わず依頼を受けようと思うほどのオートマタを、彼等がそう簡単に用意できるとも
思えないのですが・・・。

347018_01_05_02.jpg

詐欺仲間の中では、ビリーが主謀者だと思うのですが、それでもヴァージルに対してここまでの復讐をする
ほどの恨みがあったとは思えないのです・・・。まー個人的恨みって、他人には理解できないものですけど。

ヴァージルが警察に届けなかったのは、絵の入手方法に問題ありきということなのか、
それとも束の間といえどもクレアとの生活が夢の如き幸せだったからなのか? 
彼女が初めての女性だし。あー切ないです。

ラスト、ヴァージルがレストランで来るはずの無い彼女を待っているのも切ないですね。

予告↓




スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

今日は一日“フレンチ・ポップス”三昧
【2014/09/23 19:30】 RADIO
今日、秋分の日はFM-NHKで「今日は一日“フレンチ・ポップス”三昧」。

司会は加藤紀子と濱田高志のお二人です。

photo_20140923_09.jpg

このジャンルはあまり縁が無いのですが、これが意外と知っている曲が多くてビックリ!

僕にとって“フレンチ・ポップス”というと、ベタですがやっぱりポルナレフ。

Sylvie VartanやFrance Gallもいるけど、曲と名前と顔がすぐ思い出せるのは彼ですね(笑)。

Tout, Tout Pour Ma Chérie(シェリーに口づけ) / Michel Polnareff




テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

奈良井宿に行ってきました。
【2014/09/19 21:03】 旅行ー信州
奈良井宿に行ってきました。
中山道六十九次で34番目の宿場です。
また木曽路十一宿の江戸側から2番目でもあります。
現在は長野県塩尻市ですね。

DSC00269-1.jpg

DSC00274-1.jpg

去年も5分!くらい立ち寄ったのですが、ちゃんと見たいと思い今年も行きました。

国道19号からの目印として、木曽の大橋というのがあります。

この橋の名前を奈良井大橋と思っていたので、木曽福島あたりでナビによる到着時間を
調べるにあたり、奈良井大橋と打ち込んだところ、到着までに1時間以上かかる結果に。
奈良井大橋という名前の橋が、松本にあるんですね・・・(^_^;)。

これが“木曽の大橋”です↓。

DSC00278-1.jpg

DSC00285-1.jpg

さて奈良井に着いたのが11時半ごろ。
まず昼食をということで、今回は“徳利屋”というところに入りました。

DSC00260-1.jpg

結構年季の入った建物です。
江戸時代には脇本陣をつとめ旅籠として使われた建物だそうです。納得。
囲炉裏もあってなかなか風情があります。

DSC00256-1.jpg

DSC00257-1.jpg

DSC00244-1.jpg

さて我々の注文したものは、五平餅定食。
手打ちそば、三色五平餅、煮物、サラダ、豆腐、香の物、デザートのセットで1730円。

DSC00248-1.jpg

DSC00249-1.jpg

この三色五平餅はえごま、くろごま、くるみの三種類のタレで頂きます。
普通の五平餅は、わらじ(小判)タイプか団子状のものを串にさしたものが多いのですが、
この徳利屋のものは円盤状のもので、串にさしてないものです。
自宅でつくるときは、この円盤状のものが多いのですが、外食では初めてでした。

DSC00253-1.jpg

DSC00243-1.jpg

味は特に可もなく不可もなくといったところ。
観光地の食事としては普通ですね。

DSC00271-1.jpg

この奈良井宿は朝ドラ「おひさま」のロケ地として有名ですが、土産屋の御主人は不景気だと
泣いていました。我々が奈良井を尋ねたのは平日なのですが、傍目にはそれなりに観光客はいると
思うのですが、要はお金を使わない(お土産を買わない)ということですね。

後日知り合いと奈良井の話をしたところ、「おひさま」の時が凄すぎたとのこと。
NHKのドラマで有名になるのも良し悪しかな・・・。
でも、もともとそれなりに有名なところなんですけどね、奈良井って。
でも日本中に名前が売れるのは、やっぱり特別なんですね。

水飲み場がたくさんありました。“水場”というのだそうです。

DSC00276-1.jpg

DSC00264-1.jpg

こちらは高札場です↓。

DSC00267-1.jpg

今回、父親も一緒に行ったのですが、飽き性で体力無しなので、すぐ帰ろうと言い出します。
基本的に晴れていたのですが、ちょこっと雨が降ったものだから、もう見る気無し。
年寄りを連れて行くのは考え物です(^_^;)。

妻籠とか馬籠などが好きでよく行くので、もうちょっとゆっくりしたかったな。


テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

オンリー・ゴッド(2013)
【2014/09/16 20:23】 映画お
オンリー・ゴッド(2013)
 ONLY GOD FORGIVES

346167_02_01_02.jpg

上映時間 : 90分
製作国 : デンマーク/フランス
映倫 : R15+

監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
脚本:ニコラス・ウィンディング・レフン
撮影:ラリー・スミス
プロダクションデザイン:ベス・マイクル
編集:マシュー・ニューマン
音楽:クリフ・マルティネス
出演:
ライアン・ゴズリング / ジュリアン
クリスティン・スコット・トーマス / クリスタル
ヴィタヤ・パンスリンガム / チャン
ラータ・ポーガム / マイ
ゴードン・ブラウン / ゴードン
トム・バーク / ビリー

タイでボクシングクラブを経営しながら闇のビジネスに手を
染めていたビリーとジュリアンの兄弟。
ある日、兄ビリーが何者かに惨殺され、知らせを受けた母であり
ギャングの女ボス、クリスタルはジュリアンに復讐を命じる。
やがてそんなジュリアンの前に、神に代わって
裁きを下す謎の男チャンが現われる。



346167_01_01_02.jpg

“ドライヴ”のニコラス・ウィンディング・レフン監督と
ライアン・ゴズリングが再び組んだ話題作。

“ドライヴ”よりも、もっと一般受けは難しい作品ですね。
あらすじだけを追えば、非常に単純なお話なんですが、ええっと・・・(^_^;)。

深読みすると底なしになりそうな作品です。
題名が題名(“神のみが人の罪を感情を捨てて許す”という意味?)だし、
“アレハンドロ・ホドロフスキーに捧げる”なんていう言葉が出てくるし、
父親を殺した息子と母親の話はギリシャ神話みたいだし、
そりゃ深読みしたくなります。

でもここは単純な復讐譚として観た方がよいのかな・・・?

独特の映像美と音楽の趣味はデヴィッド・リンチの影響大だし、
セリフの少なさ(意図的にセリフの音を消している)は北野武みたいです。
やっぱり訳わからん!?タイプの監督たちと同列になりますね。
アレハンドロ・ホドロフスキーもいたな・・・。

ネタバレです!!!

まずは主役のひとり、ライアン・ゴズリング演じるジュリアン。
彼はとんでもなくマザコンです。そのような説明はないのですが、母親のクリスタルが
息子たちのペ○○について語るところから、近親相姦的なものがあったかもしれません。
そんな彼が、実の父を素手で殺したというのはまさしくギリシャ神話的です。素手で殺したため
“両手”を差し出すイメージ場面(ジュリアンの妄想、幻想、予知?)が繰り返し出てきます。
また母親との関係からか、どうやら性的不能のようでもあります。終盤、殺された母親の下腹部に
手を突っ込む場面は、子宮を取り出す(取り戻す)のでしょうか?
そうして初めて彼は、母親から解放されるのかな・・・?

兄のビリーが幼い売春婦をレイプし惨殺したというのも、母親とのよからぬ関係が、
引き起こしたことなのでしょうか? 少なくともキレやすいのは母親譲りですね。
兎に角この母親がとんでもない。“ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ”の
ミミ伯母さんと同じ人とは思えません(笑)。
息子達のペ○○の大きさの差を知っている母親っていったい何?

11835497974_f13b28615c.jpg

そして、本作の真の主役と言えるのが、警官のチャン!
こいつがスゴイ。渋くてカッコイイです。

この映画の見所は、彼の悪人に対する制裁場面です。
この刀の出し方が、カッコいいけど謎です。
どうしてあの背中から刀が出てくるんだよ!
まーカッコイイからOK(笑)。

11835363183_c5c374860f.jpg

彼は仕事!!!を終えると、カラオケバーで歌います。部下をずらっと座らせて(笑)。
この場面スゴイです・・・。ある意味デヴィッド・リンチ的です。
そして家に帰ると、子煩悩な父親の顔。妻はいないようです。

このチャンとジュリアンの対決場面が素晴らしい!
まージュリアン君はボコボコにやられるんですけど・・・。

セクシーな場面は少ないです。
ラータ・ポーガム演じるマイぐらい。
彼女は実写版“ルパン三世”に出ているんですね。
チャン役のヴィタヤ・パンスリンガムも“ルパン三世”に出ている!

20131119123056.jpg

なかなか素直に観て!と言えない作品なんですが、ハマる人はハマる。
そうとしか言えません。
僕は今のところ混乱しています・・・(^_^;)。

予告↓



オリジナル予告↓




テーマ:今日のレンタルDVD/ビデオ - ジャンル:映画

舟を編む(2013)
【2014/09/12 19:58】 映画ふ
舟を編む(2013)

3412987.jpg

上映時間 : 133分
製作国 : 日本

監督:石井裕也
原作:三浦しをん『舟を編む』(光文社刊)
脚本:渡辺謙作
撮影:藤澤順一

出演:
松田龍平 / 馬締光也
宮崎あおい / 林香具矢
オダギリジョー / 西岡正志
黒木華 / 岸辺みどり
渡辺美佐子 / タケ
池脇千鶴 / 三好麗美
鶴見辰吾 / 村越局長
宇野祥平 / 宮本慎一郎
伊佐山ひろ子 / 佐々木薫
八千草薫 / 松本千恵
小林薫 / 荒木公平
加藤剛 / 松本朋佑

1995年。玄武書房に勤める青年・馬締光也は、真面目すぎる性格ゆえに営業部で浮いた存在。
そんなある日、彼は言葉に対するセンスを買われて辞書編集部に異動となる。
迎えたのは、定年間近のベテラン編集者・荒木やお調子者の西岡ら個性あふれる面々。
辞書編集部では現在、新しい辞書『大渡海』の編纂に取り組んでいた。
馬締は彼らを通して辞書の世界の奥深さに触れ、辞書作りに没頭していく。
そんな馬締がある夜、下宿先の大家と同居することになった板前修行中の
孫娘・林香具矢と出会い、一目惚れしてしまう。
言葉を扱う仕事をしていながら、彼女にうまく自分の思いを伝えられず苦悶する馬締だったが…。



3437111111.jpg

2012年本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんの同名ベストセラーを映画化。
この原作は読もう読もうと思いつつ、まだ読んでいません(^_^;)。

原作を読んでいないのに何ですけど、この辞書をつくるという地味な作業についての作品を
映画化すると知った時、え~大丈夫?などと失礼なことを思っておりましたが、杞憂でした。

ラブコメ+オシゴト映画のなかなかの佳作です。

先ずは馬締光也と林香具矢の恋愛話。
はっきり言ってこれはあり得ないだろうという現実離れした展開ですが、松田龍平と宮崎あおいの
二人によって、これもありかなと納得してしまいました(笑)。
松田龍平のオタク役がピッタリ。
宮崎あおいの男前!?な板前役もいいですね。
オダギリと池脇のカップルも、加藤剛と八千草薫の老夫婦も、それぞれ味があっていいです。

98125873.jpg

また主要キャストの方々が、それぞれの役にピッタリ!
加藤剛の松本先生、小林薫のベテラン編集者、オダギリのお調子者だけど意外とちゃんと仕事する社員、
伊佐山ひろ子の結構気配りの派遣社員、黒木華のイマドキ女子社員、鶴見辰吾の局長と皆さん合っています。
渡辺美佐子の下宿のおばあちゃん、八千草薫の松本先生夫人も言うことなし!
松田龍平と宮崎あおい以外は、普通の人なんですけど、そこがいいです。

963148526.jpg

予想以上に興味深かったのが、この辞書編纂という実に地味な作業。
辞書の完成までに何十年もかかるというのは知っていましたが、
実際のところ、この辞書の編纂というのがこんなに大変とは!
辞書に間違いがあったら困ってしまいますからね。
またそれにかかわる人々の使命感と努力の素晴らしさ!

そうそう“右”を説明しろって、突然聞かれて答えること出来ますか?
僕は出来ませんでした・・・(^_^;)。

辞書編集者は紙(メモ)とペンが必需品ということも知りました(笑)。

また時代設定が1995年からの話なので、PHSの出現や、それがいつの間にやら携帯電話になっていたり、
パソコンの形の遍歴等が面白いですね。

34587921.jpg

勿論、不満もあります。

先ずは“長い”。
2時間以内に収めて頂くとよいです。
ただどこを切れって言えないですけどね・・・(^_^;)。
前半後半で作品の雰囲気がかわるのが、良くもあり悪くもありってかんじですかね。

あと黒木華が演じるイマドキ女子社員が、あまりにすんなり辞書編集部に溶け込むこと。
そのキッカケをちゃんと描いてくれるといいのにな。
あっ、そもそも彼女が辞書編集部に移動になったのが謎です。
でもそんなことを説明しているとまたまた長くなりますね(^_^;)。

予告↓




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

チューリップのギタリスト安部さん死去
【2014/09/11 18:42】 音楽あ
チューリップのギタリスト安部俊幸(あべ・としゆき)さんが7月7日、
移住先のインドで脳出血のために死去していたことが9日、分かった。
福岡市出身。64歳だった。



中学生の頃はチューリップのファンだったので・・・。

安部さんの作品は少ないと思いますが、今思い浮かぶのは下記の作品ぐらいかな。

チューリップの1975年発売の5枚目のアルバム“無限軌道”に収められている安部さんの作品
“もしも僕が”を探したところ、同じアルバムに収録の“一人がいいさ”とのライブ・バージョン
がありました。

☆一人がいいさ・もしも僕が




テーマ:音楽日記 - ジャンル:音楽

お月見だんご
【2014/09/09 22:31】 グルメ
DSC00347-1.jpg

昨日九月八日は月歴で八月十五日、中秋の名月でした。
ただ月齢は13.5だそうです。

今日(九月九日)は十六夜。
月齢は14.5。

明日は十七夜で、月齢は15.5です。

まーそんなことはどうでもよいのですが、
皆さんの地域の月見だんごはどんな形でしょう?

僕の地域はこんなのです↓
“いも”のかたちを表しているそうです。

DSC00352-1.jpg

でも昔は下記のような形だったんだけど・・・。
いつのまにか変わってしまいました???

1033_shohin2.jpg

月は今夜の月です。

DSC00365-1.jpg




テーマ:岐阜 - ジャンル:地域情報




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB