バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

ラッシュ/プライドと友情(2013)
【2015/04/29 19:53】 映画ら
ラッシュ/プライドと友情(2013)
 RUSH

rush-1346.jpg

上映時間 : 124分
製作国 : アメリカ/ドイツ/イギリス

監督:ロン・ハワード
脚本:ピーター・モーガン
音楽:ハンス・ジマー
出演:
クリス・ヘムズワース / ジェームズ・ハント
ダニエル・ブリュール / ニキ・ラウダ
オリヴィア・ワイルド / スージー・ミラー
アレクサンドラ・マリア・ララ / マルレーヌ
ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ / クレイ・レガッツォーニ
クリスチャン・マッケイ / ヘスケス卿

ジェームズ・ハントとニキ・ラウダは、F3時代からの宿命のライバルながら、
その性格とレーススタイルはまるで対照的。
ワイルドで天才肌のハントは、プライベートでも酒と女を愛する享楽主義のプレイボーイ。
対するラウダはマシンの設定からレース運びまで全てを緻密に計算して走る頭脳派で、
闘志を内に秘めてストイックに生きる優等生レーサー。
1976年、そんな2人はF1の年間チャンピオンを巡って熾烈なデッドヒートを繰り広げる。
2連覇を目指すラウダはシーズン序盤から着実に勝利を重ね、ライバルのハントを
大きく引き離し、チャンピオン争いを優位に進めていた。
そんな中、2人の運命を大きく変える第10戦ドイツGPが幕を開けようとしていた…。




rush-234.jpg

ロン・ハワード監督作品とは知らずに観ましたが、予想外に面白かったです。
実話を映画化するのは彼は上手いですね。
実にそつなく感動的な佳作に仕上げています。

車は好きですけどF1(というかレース)に興味のない僕が観ても面白かったので、
F1好きにはもっと楽しめる作品だと思います。

ジェームズ・ハントとニキ・ラウダに関して言うと、ハントは今回初めて知りました。
ラウダは僕が知った時(1981年頃?)には、すでに伝説でしたね。
火傷の跡が残っていて、いつもキャップを被っているのが印象的でした。

ラウダの思い出というとタイヤメーカーのCMですね。
オレンジ色のBMW320iを運転していたCMです。
日本初の空撮によるロングカットをつかったCMだったそうです。
ワンカットで、農道を徐々に上昇していきながら、Y字の交差点まで
くねくね走る所を撮っていました・・・多分。
勿論ラウダはキャップを被って運転していました・・・多分。

こんなかんじですね↓

bmw320i.jpg

僕みたいにレースに興味が無い人間が見ても、ラウダの運転の上手さがよく分かったCMでした。
レーシング・コースではない一般道を走っているんですけど、とっても車の動きが滑らかなんですよね。
友人にも同様に思ったものが何人もいて、あんな風に運転したいって話していました。

rush-321.jpg

作品の中で、ラウダが初めてマルレーヌと出会う日のエピソードで、マルレーヌの車がダメになって、
二人でヒッチハイクしたところ、二人を拾ってくれた男性達がF1ドライバーのラウダということに気が付き、
ラウダに自分の車を運転してもらう場面があるんですけど、彼等がものすごく興奮するんですよ。
なんとなくわかるな、彼等の気持ち。
いぇ~! 俺の車をラウダが運転してるんだぜ!って(笑)。
日本人なら中嶋悟が運転してるんだ!って、ちょっと古いか、
小林可夢偉が俺の車運転してるんだ!って、今ならすぐネットにアップしますよね(笑)。

基本的にラウダの視点で描かれているのはハントが故人なので仕方ないです。
実際のところハントはラウダのことをどう思っていたのかな?

ラウダのハントに対する思いは実にラウダらしいですね。
「私が嫉妬した唯一の男だ」ですから。

rush-432.jpg

でもライバル関係っていいですね。お互いが切磋琢磨できるような関係がね。
ジョーと力石とかって、相変わらず例えが古いですけど。

ジョーと力石じゃないけど、まったく正反対の二人のこの話はとても面白い。

ハチャメチャなハントも実は意外と繊細(っていうか気が小さい)で、レース前には嘔吐したり、
貧乏ゆすりがひどかったりと、なんとも人間味があります。

そしてストイックで気難しく安全第一のラウダが、ちょっとした焦りからあんな大事故に
あってしまうという皮肉。

いやーホントに人生ってどうなるか分かりませんよね。
そうそうクライマックスが富士スピードウェイというのは日本人には感慨深いです。

rush-567.jpg

映画には関係ないけど、英国人がミニをつくったのはホント不思議。
彼等にあの車は小っちゃすぎ!
ハリウッドでホンダのZを見た時も、アメリカ人が軽を運転するってオイオイと思いました。

あ~、吹き替え版は観ない方がいいです。
彼等の責任じゃないけど。
キンキのファンは別にしてね・・・(^_^;)。

☆予告↓






自分の為にも二人についてちょっと調べました。ってウイキよりですが・・・。

☆ジェームズ・ハント

hanto1245.jpg

ジェームス・サイモン・ウォリス・ハントは1947年8月29日に、株式仲介人の父親を持つ
裕福な家庭に英国で生まれる。
レース好きの貴族アレクサンダー・ヘスケス卿が立ち上げたヘスケスに加入し、
F3、F2を経て、1973年にはヘスケスチームとともにF1へステップアップする。
1975年オランダGPで初優勝(チーム唯一の勝利)を達成。
チームが資金難で撤退したためシートを失ったが、エマーソン・フィッティパルディの
後釜として、1976年に名門マクラーレン加入が決まる。
1976年は優勝を2度も失格処分で取り消される目に遭いながら(1回は後に再認定)、
フェラーリのニキ・ラウダとチャンピオンを争う。
ラウダがドイツGPの炎上事故で欠場する間にポイント差を詰め、
最終戦F1世界選手権イン・ジャパンで逆転し、ドライバーズチャンピオンに輝いた。
1979年にはウルフに移籍したがマシンに失望し、シーズン途中にあっさり現役引退を表明した。
現役引退後はBBCのF1中継解説者となり、マレー・ウォーカー(英語版)との名コンビで人気を博した。
1993年、ウィンブルドンの自室で心臓発作が原因で急逝した。
45歳没。

☆ニキ・ラウダ

niki-1.jpg

アンドレアス・ニコラウス・"ニキ"・ラウダは1949年2月22日にオーストリアのウィーンにて、
製紙工場を所有する資産家階級の長男として生まれた。
1971年9月にマックス・モズレーが代表をしていたマーチからF1にデビュー。
1972年末にいきなりマーチから解雇される。
BRMへ持参金を持ち込む条件で1973年シーズンのシートを確保した。
モナコGPでフェラーリをリードする走りをしたことでエンツォ・フェラーリはラウダに注目。
また、BRMで1レースだけ一緒に走り、既にフェラーリにいたクレイ・レガツォーニの推薦もあって
1974年にフェラーリに移籍が決まる。
1976年、春にマルレーネと結婚。
1975年、1977年、1984年のF1チャンピオン。
1985年、第10戦オーストリアGPでF1からの引退を発表。

niki-2.jpeg

現在はドイツ国内でのテレビ放送 (RTL) にて解説を務めるほか、
F1の現状について辛口のコメントを発している。
2012年9月、ラウダはエア・ベルリンの役員を辞任し、
メルセデスAMGの業務執行権を持たない非常勤会長に就任した。
併せてチームの株式10%を保有するとみられる。
・・・だそうです。


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ビートルズと私(2011)
【2015/04/22 19:28】 映画ひ
ビートルズと私(2011)
 BEATLES STORIES

81HDn4789654.jpg

上映時間 : 85分
製作国 : アメリカ

監督:セス・スワースキー
製作:セス・スワースキー
出演:
セス・スワースキー
ベン・キングズレー
ブライアン・ウィルソン
スモーキー・ロビンソン
デイビー・ジョーンズ
ジョージ・マーティン
ジョン・ヴォイト
アート・ガーファンクル
スザンナ・ホフス
グラハム・ナッシュ
ドノヴァン
ヘンリー・ウィンクラー

ビートルズの大ファンであるシンガーソングライターのセス・スワースキーが
8年の歳月をかけて制作したドキュメンタリー。
50人を超える世界各地の関係者たちへインタビューを敢行。
日本では2013年に公開された。




友人が貸してくれたDVDの中に収録されていました。

恥ずかしながら、まったくこの作品のことは知らなくて、
訳わからず観終えました・・・(^_^;)。

ついでに言うと、セス・スワースキーという人も知りませんでした。
顔に見覚えはあるのですが・・・。

面白いの一言です。
ビートルズ・ファンは必見です!!!

意外な人がビートルズとの思い出を語っています。

アメリカ大統領の娘が何故?なんだけど、話を聞けば納得。

メイ・パンも出演してるし、ジョージやリンゴの元カノとか、へ~です(笑)。

そんなエピソードがテンコ盛りです。

☆予告編『ビートルズと私』





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

『名盤ドキュメント RCサクセション「シングル・マン」』
【2015/04/20 20:12】 音楽あ
『名盤ドキュメント RCサクセション「シングル・マン」』が、
5月2日22:00からNHK BSプレミアムで放送されます。

41pDXklaiRL.jpg

これは必見ですね!!!

忌野清志郎プレミアムナイト』第1夜

『名盤ドキュメント RCサクセション「シングル・マン」』

出演:
星勝
茂木正三
仲井戸麗市
竹中直人
角田光代
サンプラザ中野くん
曽我部恵一
ワタナベイビー
ほか

なお、同番組は2夜連続で放送される予定だそうです。

録画を忘れないように!



テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(2013)
【2015/04/18 20:10】 映画い
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(2013)
 INSIDE LLEWYN DAVIS

12347687oiuytr.jpg

上映時間 : 105分
製作国 : アメリカ

監督:ジョエル・コーエン
イーサン・コーエン
脚本:ジョエル・コーエン
イーサン・コーエン
撮影:ブリュノ・デルボネル
エグゼクティブ音楽プロデューサー:T=ボーン・バーネット

出演:
オスカー・アイザック / ルーウィン・デイヴィス
キャリー・マリガン / ジーン・バーキー
ジョン・グッドマン / ローランド・ターナー
ギャレット・ヘドランド / ジョニー・ファイヴ
F・マーレイ・エイブラハム / バド・グロスマン
ジャスティン・ティンバーレイク / ジム・バーキー
スターク・サンズ / トロイ・ネルソン
アダム・ドライバー / アル・コーディ

1961年、ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジ。
音楽に対してだけは頑固で、それ以外のことにはまるで無頓着なしがない
フォーク・シンガーのルーウィン・デイヴィス。
金も家もなく、知人の家を転々とするその日暮らしの日々を送っていた。
そんなある日、泊めてもらった家の飼い猫が逃げ出してしまい、
成り行きから猫を抱えたまま行動するハメに。
おまけに、手を出した友人の彼女からは妊娠したと責められる始末。
たまらず、ギターと猫を抱えてニューヨークから逃げ出すルーウィンだったが…。



1234768hytrde.jpg

ボブ・ディラン云々ということだけ覚えていて観たのですが、コーエン兄弟の作品と
いうことすら忘れていました・・・(^_^;)。
ついでに告白すると、キャリー・マリガンとジャスティン・ティンバーレイクの二人が
分からなくて、どっかで観たよな、この人たち・・・などと思いつつエンド・ロールで
やっとわかった次第です。いやーホントに我ながら大丈夫かな・・・(^_^;)。

123476bytresd.jpg

このルーウィン・デイヴィスのモデルとなったデイヴ・ヴァン・ロンクという人については
まったく知識が無く、今回初めて知りました。
モデルとは言っても、この映画のルーウィン・デイヴィスの行動がどの程度事実なのか、
或いは設定だけ借りたのかは分かりませんが、随分情けない男の話です。

ルーウィンは自宅が無く、友人宅を転々としていて、コーヒーハウスで歌うも全然受けなくて、
友人の彼女を妊娠させてしまう。レコーディングの話がきても、大物プロデューサーのオーディション
を受けても、自分の信念を貫くため上手く事が運ばない。
当然お金が無いので船員になって稼ごうとする。実は彼は船員免許を持っていたのですが、
その免許証を失くしてしまって、船員になる話は流れてしまう。

とっても悲劇なんだけど、笑える。カテゴリーはコメディではないけど、コメディといってもいい。
まぁ、喜劇と悲劇は表裏一体なので・・・。

90347687mnbvfr.jpg

大物プロデューサー(F・マーレイ・エイブラハムがいい味出してます)に会いに行く場面が、
ロード・ムービーになるのですが、そこがいいですね。
元カノの故郷の町を通り過ぎたり(立ち寄ることは無い)、不気味な同乗者のジョン・グッドマンとか、
やっぱりロード・ムービーいいですね。

9034768vfrwa.jpg

共演者でいうと、誰かわからなかった(苦笑)キャリー・マリガン、いいですね。
あの顔で毒舌。ルーウィンを罵る彼女、最高です!。
「ゴムを二枚重ねにしろ!」って言われてもね・・・(^_^;)。
いや別に僕の好みというわけじゃないです。でもいいですよ(笑)。

33447687cdsaweq.jpg

素晴らしいのが画面の美しさ。雨の場面とか店内の場面が多いので、明るくはないけど、
しっとりした情緒たっぷりの映像がきれいです。

音楽、勿論いいです。
ディランと聞いておっ!と思った方は、それだけで観る価値ありです。
また主人公役のオスカー・アイザックは自分で歌っているそうですが、上手い!

そして猫!
えーと名前はユリシーズ。流石、大学教授の猫らしい名前(笑)。

オープニングとラストが繋がるのは、そこから抜け出せないという比喩かな・・・?
兎に角、歌を歌うことと子供をつくること以外は社会生活能力がまるでない情けない男の話ですが、
監督のまなざしは温かいです。
ラストだってハッピー・エンドじゃないけど、観終わった時の印象は決して悪くないです。

結論を言えば面白かったです。
オススメです。

コーエン兄弟は好き嫌いが結構ある監督なので、万人向けじゃないかもしれないけど、
これは結構いけると思いますよ。
笑えるコーエン兄弟作品としては、“ファーゴ”以来の良い出来だと思います。

☆予告↓






テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

たじみ陶器まつり(2015年)
【2015/04/11 21:55】 旅行ー多治見
なんとか雨も明け方までに止んで良かったです。

築100年以上の商家を改装したちゃわん屋さん↓

DSC00565-1-1.jpg

銀行を改装したパン屋さん↓

DSC00567-1.jpg

まつりのメーン会場↓

DSC00566-1.jpg

結構旧い長屋を改装した骨董屋↓

DSC00569-1.jpg

ギャラリーとか喫茶店↓

DSC00570-1.jpg

四角いけど三角屋?という骨董屋↓

DSC00572-1.jpg

老舗の陶器商↓

DSC00571-1.jpg

結構旧い民家を改装したちゃわん屋さん↓

DSC00574-1.jpg

建物は旧く無いけど老舗の陶器商↓

DSC00575-1.jpg

クリエーターズ・マーケット↓
若手の陶芸家が出店

DSC00576-1.jpg

レトロな商店街でやっています。

DSC00577-1.jpg

商店街脇のお地蔵様

DSC00578-1.jpg

ミニ公園にも出店

DSC00579-1.jpg

アーケードが懐かしい

DSC00580-1.jpg




テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

グランド・ブダペスト・ホテル(2013)
【2015/04/10 20:29】 映画く
グランド・ブダペスト・ホテル(2013)
 THE GRAND BUDAPEST HOTEL

348087_02_01_02.jpg

上映時間 : 100分
製作国 : イギリス/ドイツ

監督:ウェス・アンダーソン
原案:ウェス・アンダーソン
ヒューゴ・ギネス
脚本:ウェス・アンダーソン

出演:
レイフ・ファインズ / ムッシュ・グスタヴ・H
F・マーレイ・エイブラハム / ミスター・ゼロ・ムスタファ
エドワード・ノートン / ヘンケルス
マチュー・アマルリック / セルジュ・X
シアーシャ・ローナン / アガサ
エイドリアン・ブロディ / ドミトリー
ウィレム・デフォー / ジョプリング
レア・セドゥ / クロチルド
ジェフ・ゴールドブラム / 代理人コヴァックス
ジェイソン・シュワルツマン / ムッシュ・ジャン
ジュード・ロウ / 若き日の作家
ティルダ・スウィントン / マダムD
ハーヴェイ・カイテル / ルートヴィヒ
トム・ウィルキンソン / 作家
ビル・マーレイ / ムッシュ・アイヴァン
オーウェン・ウィルソン / ムッシュ・チャック
トニー・レヴォロリ / 若き日のゼロ

1932年。グランド・ブダペスト・ホテルは、“伝説のコンシェルジュ”と呼ばれる
グスタヴ・Hの完璧なおもてなしが評判で、彼目当てのエレガントな客で溢れかえる
ヨーロッパ随一の超高級ホテル。
そこでベルボーイ見習いとして働くことになったのが移民の少年ゼロ・ムスタファ。
グスタヴの指示を忠実にこなし、少しずつ信頼を獲得していく。
そんなある日、グスタヴと懇意の間柄だった富豪の常連客マダムDが殺害され、
遺言で名画“少年と林檎”がグスタヴに贈られることに。
しかしグスタヴには殺人の嫌疑がかけられ、おまけに絵を取り戻そうと
マダムDの息子ドミトリーの刺客も迫ってくる。
そんな中、グスタヴとゼロはコンシェルジュ仲間やゼロの婚約者アガサの力を借りて
逃亡を続けつつ、事件の謎を解明すべくヨーロッパ中を駆け巡るのだったが…。



lokiseu.jpg

ウェス・アンダーソン監督の作品は「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」「ライフ・アクアティック」
「ダージリン急行」の3本しか観ていない。それなりに面白いとは思うけど、どうも乗り切れない
ところがあって、僕の趣味には合わない監督のようです(^_^;)。

348087_01_01_02.jpg

そんな彼の新作であるこの「グランド・ブダペスト・ホテル」、なんと今年のアカデミー賞で9部門に
ノミネート。作曲賞、美術賞、衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞の4部門で受賞。

観終わった感想は、面白かった。
でも作品賞、監督賞、脚本賞での受賞は無理でしょう。
というよりノミネートされたのもオマケみたいなものでしょう・・・(笑)。

いや、ホント正直に面白かったですよ。今までに観たこの監督の作品の中では一番です。
でも僕が面白いって思うことは、多分この監督のファンからすると物足りないのかなと思う。

348087_01_03_02.jpg

ホテルの内装等の美術は素晴らしいし!の一言。
場面ごとの色使いもホントきれいです。
アニメによる雪上の場面とかはキュート。

348087_01_02_02.jpg

豪華俳優陣も楽しいし(分からない人もいましたが・・・笑)、
くすっと笑えるコメディ(でもブラック)だし、
ただミステリーとしては大したことは無いですが・・・(^_^;)。

f140515_gbh_05.jpg

この監督の場合、映像が楽しめれば良いというタイプの人なので、
ストーリー云々といっても仕方がないけど、今までで一番ストーリーがしっかりしています。

しかし相変わらず画面内の世界は狭いな(笑)。

poutun.jpg

『この映画は、シュテファン・ツヴァイクの著作と生涯にインスパイアされた』とクレジットされているけど、
僕はまったくこのシュテファン・ツヴァイクという人知りません。

☆予告↓




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

第68回たじみ陶器まつり
【2015/04/09 19:26】 旅行ー多治見
150209001.jpg

4月11日と12日は多治見市で陶器まつりが開催されます。

11日はお天気が心配です・・・。

晴れるといいですけどね。
曇りでもいいや、雨が降らなければ。

祭りの情報はこちらから↓

http://www.tajimi-pr.jp/toukimatsuri2015/toukimatsuri2015.html



テーマ:岐阜県 - ジャンル:地域情報




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB