バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

ビッグ・アイズ(2014)
【2015/10/30 20:35】 映画ひ
ビッグ・アイズ(2014)
 BIG EYES

be-1.jpg

上映時間 : 106分
製作国 : アメリカ

監督:ティム・バートン
脚本:スコット・アレクサンダー
ラリー・カラゼウスキー
出演:
エイミー・アダムス / マーガレット・キーン
クリストフ・ヴァルツ / ウォルター・キーン
ダニー・ヒューストン / ディック・ノーラン
ジョン・ポリト / エンリコ・バンドゥッチ
クリステン・リッター / ディーアン
ジェイソン・シュワルツマン / ルーベン
テレンス・スタンプ / ジョン・キャナディ
ジェームズ・サイトウ / 判事
デラニー・レイ / ジェーン(幼少期)
マデリン・アーサー / ジェーン(少女時代)

1958年。離婚を決意したマーガレットは、幼い娘ジェーンを連れて家を飛び出す。
女手一つで娘を育てるため、サンフランシスコのノースビーチで似顔絵描きを始めたマーガレット。
彼女はそこで口が上手く社交的な男性ウォルター・キーンと出会い、結婚する。
ある日、マーガレットの描く瞳の大きな子どもの絵が、ひょんなことから世間の注目を集めるようになる。
するとウォルターは、その“ビッグ・アイズ”を自分の絵と偽り売りまくる。
それを知り抗議するマーガレットだったが、口八丁手八丁のウォルターにまんまと言いくるめられてしまう。
以来、世間にもてはやされるウォルターの陰で、黙々と絵を描き続けるマーガレットだったが…。



be-2.jpg

バートンはファンタジーは良いけど、この手の作品は・・・です。ちょっと残念な出来。
テレビでやってる再現ドラマ並といったら、バートンに失礼かな。
バートンは製作も兼ねているので、頼まれ仕事では無かったと思うけど、意気込みほどには
成功しなかったようです。でも話はとっても面白い!

面白いと言ったら、マーガレット・キーン本人には悪いけど(^_^;)。
でも面白いのは、夫のウォルター。ケッサクです。
ウォルターは芸術的才能はまったく無い!?けど、商才は素晴らしい。いや商才というより悪知恵
と言うべきかな。実物のマーガレットも、離婚後も彼の商才(悪知恵)は認めていたらしい。

be-6.jpg
(マーガレット・キーン本人とエイミー・アダムス)

初めはマーガレットの絵は評価は低かったが、ウォルターは有名人が集まるクラブで彼女の絵を展示
してもらって、そこから絵が有名になっていく。その時の彼の売り込みと言ったらスゴイ才能です(笑)。
また、展示会では絵はあまり売れず、来た人はポスターばかり貰っていくのを見て、ポスターそのものを
売ることを思いつく。このアイデアがポップアートという新しい芸術が生まれるキッカケになったらしい。

be-3.jpg

そんなウォルターの努力?が実を結び、50年代末から60年代初めにかけて、アメリカ中に彼女の絵が飾られた。
当時の人気女優のナタリー・ウッドやビーチ・ボーイズのメンバーも彼女の絵のファンだったらしい。

初めて彼女の作品を見た時、奈良美智の絵を思い出しましたが、彼もマーガレットの絵が好きだったのかな?

be-4.jpg

映画は最初に「50年代は素晴らしい時代だった。ただし、男性にとっては」と語りかけているように、男尊女卑?
の時代の女性の悲劇、或いは歪んだ夫婦関係、支配者と被支配者の関係等を描いているのですが、何と言ったら
いいのかな、妻であるマーガレットが地味なんですよ。というより上にも書いたように、夫のウォルターのキャラ
が立ち過ぎている! 圧倒的にウォルターが面白いんです。もっと彼に比重を移してもというか、早い話が
マーガレットが主人公じゃなくて、ウォルターが主人公の方がよかったのかなと。

ウォルターを主人公したらそれでOKか?ということは実際分かりませんが、そう思えちゃうところが
この映画の欠点だっと言えるのかな。

be-5.jpg

マーガレット役のエイミー・アダムスも良くやっていると思うけど、芸達者のクリストフ・ヴァルツの前では分が悪い。
後半の裁判の場面なんて、クリストフ・ヴァルツの独り舞台といってもよいぐらい笑える!

そんなわけで、決して悪い作品ではないけど、なんとなく残念な作品でしたというのが、僕の感想です。

あとテレンス・スタンプがとっても良かったです。
怖いよね、あの顔(笑)

ラスト、この曲↓が流れるのですが、これがとってもこの映画に合っています。

☆Lana Del Rey - I Can Fly



☆予告






スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

フランシス・ハ(2012)
【2015/10/27 22:43】 映画ふ
フランシス・ハ(2012)
 FRANCES HA

FH-1.jpg

上映時間 : 86分
製作国 : アメリカ

監督:ノア・バームバック
脚本:ノア・バームバック
グレタ・ガーウィグ
出演:
グレタ・ガーウィグ / フランシス
ミッキー・サムナー / ソフィー
アダム・ドライバー / レヴ
マイケル・ゼゲン / ベンジー
パトリック・ヒューシンガー / パッチ
グレイス・ガマー / レイチェル
マイケル・エスパー / ダン
シャーロット・ダンボワーズ / コリーン

ニューヨーク・ブルックリンで見習いモダンダンサーをする27歳のフランシス。
親友のソフィーとルームシェアをして、それなりに楽しく毎日を送っていた。
しかし、まだまだ若いつもりのフランシスに対し、周りはどんどん変わっていく。
やがてダンサーとしての行き詰まりを痛感し、またいつしかソフィーとの同居も解消となり、
ニューヨーク中を転々とするハメになるフランシスだったが…。



FH-2.jpg

賛否両論の本作、やっと?観ました。
モラトリアム状態の主人公をどう思うかで、評価に差が出ると思う。

で、僕はどうだったかというと、観ている最中はちょっと・・・なところも正直あったけど、
観終わっての感想は、なかなか良い青春映画の佳作かなと思っています。

FH-3.jpg

主演のグレタ・ガーウィグは、僕にとってはこれが彼女の二本目なんですが、この前に観たのが
「29歳からの恋とセックス<未>(2012)」で、実は本国アメリカではこの「フランシス・ハ」と
同じ年の作品なんです。何故か「フランシス・ハ」が二年遅れで日本公開されたということ。

その「29歳からの恋とセックス」でグレタ・ガーウィグは29歳のダメダメ女を演じているのですが、
その時の印象が強くて、実年齢がすでにアラサー(1983年生まれ)ということを知っていたので、
本作を観た時に27歳ってちょっと無理があるなんて思ってしまったわけです(失礼!)。

FH-4.jpg

それとモラトリアム状態の彼女に、やっぱり最初は抵抗がありました。
もう少し若い時ならともかく、もう27歳でまだこの状態ってどうよ?というのが正直な感想でした。
それにそもそも彼女って、なんていうか不思議ちゃんなんですよね。
それについていけるかという問題もある。

でも観ていくうちにというか、結局のところラストまでいって、まーこういうのもいいかって思えたんです。
彼女も彼女なりに進んでいって、成長しているのが分かったから。
青春映画というか青春って、こういうことなんですよねって。
なんだか自分の20代を忘れていたというか、いろいろ忘れていたものを思い出したみたいな・・・(^_^;)。

以下、メモ。

えーとっ、モノクロ画面がきれいでした。
スチル写真見ても良い雰囲気出ていますよね。
それとやっぱりニューヨークは絵になるな~って。

デヴィッド・ボウイの「モダン・ラヴ」をバックに通りで踊る場面はカッコイイ!
っていうか、「モダン・ラヴ」ってこんなにカッコイイ曲だったっけ?と再認識(^_^;)。

FH-5.jpg

あの政治家のオバサンは何? 若い男の子に一生懸命で・・・。

ベッドで靴下は脱いでねって、僕も言いたい。

主人公のセリフ、「パーティー会場で周りが騒がしくても、二人だけが言葉を交わさなくても分かりあえる」
(記憶が定かでないのでちょっと違うかもしれないけど、そんな内容のセリフだったはず)は、なかなか良かった。

主人公の友人ソフィーは、スティングの娘さんなんですね。

FH-6.jpg

☆予告






テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ファントム・オブ・パラダイス(1974)
【2015/10/23 22:09】 映画ふ
ファントム・オブ・パラダイス(1974)
 PHANTOM OF THE PARADISE

POP-1.jpg

上映時間 : 94分
製作国 : アメリカ

監督:ブライアン・デ・パルマ
脚本:ブライアン・デ・パルマ
音楽:ポール・ウィリアムズ
ジョージ・アリソン・ティプトン

出演:
ポール・ウィリアムズ / スワン
ウィリアム・フィンレイ / ウィンスロー・リーチ
ジェシカ・ハーパー / フェニックス
ジョージ・メモリー / フィルビン
ゲリット・グレアム / ビーフ
ロビン・マトソン
シェリル・スミス

自分の曲を盗作された上に無実の罪まで着せられた青年音楽家ウィンスロー。
刑務所を脱走した彼は、レコードのプレス工場に忍び込んだ時、
機械で顔半分を押しつぶされてしまう。
仮面で顔を隠した彼は、恋する女性のために、
劇場の屋根裏で作曲を続けるが……。



POP-3.png

うーむ、カナダの変態監督のお次は、アメリカの奇人のこれか・・・。

「オペラ座の怪人」と「ファウスト」を足して割って、ロック(というかアメリカン・ポップス)の
スパイスをふりかけたような、奇才?ブライアン・デ・パルマによるミュージカル映画の傑作(怪作?)。
上記以外にも「ノートルダムのせむし男」と「ドリアン・グレイの肖像」も元ネタだそうです。

僕にとっては「ロッキー・ホラー・ショー」の次に素敵なロック・ミュージカルですね(笑)。

pop-4.jpg

音楽ネタの感想を先に書いておきます。

ポール・ウィリアムズというと、スリー・ドッグ・ナイトの「オールド・ファションド・ラブ・ソング」や
カーペンターズの「愛のプレリュード」或いは「雨の日と月曜日は」の作者ということで有名ですね。
アメリカン・ポップスのファンには、ロジャー・ニコルズの相棒だったというと分かりやすいかも。
個人的にはアラン・パーカー監督のミュージカル映画「ダウンタウン物語(1976)」の音楽担当として
記憶に刻まれています。

一曲目がルベッツの「シュガー・ベイビー・ラヴ」かエルトン・ジョンの「クロコダイル・ロック」みたいだった。
ジューシー・フルーツのボーカルが一瞬プリンスに見えた・・・(^_^;)。

POP-5.jpg

ビーフがフレディー・マーキュリー風だったり、キッスみたいなメイクのバンドがいたりなんだけど、
クイーンもキッスも1973年のデビューなんですよね。
で、この映画が1974年に発表。へ~、スゴイな。

POP-6.jpg

で、肝心の映画はというと、デ・パルマにしては分かりやすくポップな作品、だけどやっぱりヘンテコ。
くどいカメラワークがデ・パルマらしくて好いですね。

純粋に音楽を追求する真面目な青年が、冤罪を晴らすため、愛する女性のために、ファントムとなり
スワンに復讐するそのパワーと、切なさに涙を禁じえません・・・マジで。
バカバカしいまでの仰々しさが、この映画の魅力なんです。
それについていけるかどうかが、この作品を受け入れることが出来るかどうかのポイントです。
そもそもデ・パルマが好きか嫌いかという好みも非常に大きい問題ですが・・・(^_^;)。

POP-2.jpg

残念なのは、ポール・ウィリアムズが凄すぎて、ウィリアム・フィンレイとジェシカ・ハーパーが地味に
感じちゃうんですよね。
特にウィリアム・フィンレイは素顔じゃない場面が多いので、彼の顔が思い出せないぐらいです、
って、上に写真があるけどね(^_^;)。

そうそう、日本語訳で“オタク”という言葉が出てきたが、いつ訳をやり直したのだろうか?

まっ、物好きな人は一度ご覧あれ(笑)。

☆予告






テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

スキャナーズ(1981)
【2015/10/21 19:42】 映画す
スキャナーズ(1981)
 SCANNERS

scan-1.jpg

上映時間 : 104分
製作国 : カナダ

監督:デヴィッド・クローネンバーグ
脚本:デヴィッド・クローネンバーグ
撮影:ロドニー・ギボンズ
特撮:ゲイリー・ゼラー
マーク・アーウィン
音楽:ハワード・ショア
出演:
スティーヴン・ラック / キャメロン・ベイル
ジェニファー・オニール / キム・オブリスト
マイケル・アイアンサイド / ダリル・レヴォック
パトリック・マクグーハン / ポール・ルース博士
ローレンス・デイン / ブレードン・ケラー
ロバート・シルヴァーマン / ベンジャミン・ピアース

超能力者(スキャナー)を使って警護を行う警備会社に組み込まれた主人公ベイル。
科学者の手によってその能力をさらに開発されたベイルに与えられた任務は、
恐るべき力で世界を支配しようとする裏のスキャナー、レボックの追跡だった。



scan-2.jpg

変態監督?デヴィッド・クローネンバーグの代表SFホラー作を今更ながら初鑑賞。
1981年当時だったら???だらけだったであろうことも、今なら分かります。
電話回線使ってコンピューターに侵入って、絶対当時は何これ?だったと思う。
でも今観ると、そうとうレトロ感たっぷりというのも事実。
そこら辺の塩梅が難しいですね(^_^;)。

しかし何と言うか、ツッコミどころは満載ですが、面白いということには違いありません。
頭が吹っ飛ぶところとか、最後の戦いなんて今観てもスゴイです。

scan-3.jpg

「おもいでの夏」のジェニファー・オニールが出ていたのにビックリ。
相変わらずお綺麗で・・・。

scan-5.jpg

残念なのは主人公のスティーヴン・ラックが地味で、マイケル・アイアンサイドに完全に
喰われていること。監督の狙いなのかな? とにかくこの映画の凄さはアイアンサイドです!

scan-4.jpg

「スキャナーズ」って何?ということで、ちょっと調べてみました。Wikiによると↓

スキャナーズとは、本作に登場する超能力者達の総称で、登場人物のルース博士曰く「生来の能力奇型で、 ESPの一種」
「神経細胞をかく乱するテレパシーの持ち主」である。相手の神経系統と結合し行動や身体機能をコントロールすることが
可能で、この事をスキャン(走査)するという。
スキャンされた人間は鼻血が出るといった初期症状が見られる。
スキャンすることにより相手の行動や自律神経系などのコントロールや、感覚器を混乱させ幻影や錯覚を見せることもできる。
その他、発火やコンピュータをスキャンすることも可能。スキャナーはテレパシーによって相手の頭の中の考えが自分の頭の
中に入ってくる感覚を覚え、しばしば混乱をきたす。その場合、エフェメロルという走査鎮静剤を注射で体内に投与すると
一時的にテレパシーは止まる。
・・・だそうです。良く考えたよね(笑)。

知りませんでしたが、この映画は続編もあるんですね。

第1作「スキャナーズ」(81)に始まり、「スキャナーズ2」(90)、「スキャナーズ3」(91)と
続いた後、超能力警官を主人公とした新章「スキャナーズ ニュー・エッジ/ザカリアス」(93)、
「スキャナーズ5/ザカリアス・リターンズ」(94)の全5作が作られたらしい。

☆予告

なんと予告から頭吹っ飛ばしてる!






テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナー(2007)
【2015/10/17 22:39】 映画て
デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナー(2007)
 DANGEROUS DAYS: MAKING BLADE RUNNER

DD-1.png

メディア : TVM
上映時間 : 106分
製作国 : アメリカ

監督:チャールズ・デ・ラウジリカ
編集:ウィリアム・フック
出演:
リドリー・スコット
ハリソン・フォード
ルトガー・ハウアー
ショーン・ヤング
ダグラス・トランブル
ダリル・ハンナ
フランク・ダラボン
アラン・ラッド・Jr
シド・ミード
リチャード・ユリシック
トニー・スコット
エドワード・ジェームズ・オルモス
ロナルド・D・ムーア
デヴィッド・ピープルズ
デニス・ミューレン
マイケル・ディーリー
デヴィッド・ドライヤー
ハンプトン・ファンチャー
モーガン・ポール
テリー・ローリングス
ジェイク・スコット
ジョーダン・スコット
ジョー・ターケル
M・エメット・ウォルシュ
ギレルモ・デル・トロ
ローレンス・G・ポール

今でこそSF映画の最高傑作の1本と位置づけられる『ブレードランナー』だが、
公開当初には今日ほど高くは評価されておらず、
また、制作現場はリドリー・スコット監督の完璧主義のせいで大混乱に陥っていた。
本作は、当時のデンジャラスきわまりない撮影の日々と、
映画が公開されてから時代を経るごとに評価が高まっていった経緯を、
関係者の証言でたどる、必見のドキュメンタリーである。



DD-2.jpg

「ブレードランナー」は資料によると、1982年7月に公開されたようなので、
その少し前の5月か6月に劇場の予告を見たのが、この映画のことを知った最初だと思う。
当時の予告では、主演がハリソン・フォードで、製作がアラン・ラッド・Jrの会社である
ラッド・カンパニーということ、そしてSF大作ということしか宣伝していなかったと思う。
監督のリドリー・スコットはエイリアンの次作がこれなので、彼の名前が出ていなかったと
いうことは無かったと思うのだけど、どうも記憶にない・・・。

で、当時は「ET」が大ヒット中で、「ブレードランナー」はその陰に隠れて興行成績は振るわず、
極端な不入りで早々に上映が打ち切られてしまったそうです。

が、その後のビデオ、LD、DVD等のソフトは人気で、カルトとなっていくわけですね。
一般受けはしなかったものの、SFファンや映画ファンには公開当時から評判は良かったと
記憶していますけどね。

DD-3.jpg

そんな「ブレードランナー」も、時代設定は2019年ということなので、もうすぐあの世界になっちゃう
のかと思うと、なかなか感慨深いですね。2001年もとうに昔の話になってしまいましたが・・・(^_^;)。

今から思うと凄いのは、「ブレードランナー」は最後のアナログ撮影映画だったといこと。
CG一切なし。実写のみ。
僕は1983年に出たトランブルとミードによる「ブレードランナー」の特殊効果を解説する本を持っている
のですが、ミニチュア・セットをつくって撮影している苦労が綴られています。

DD-4.jpg

そうそう「ブレードランナー」って、「非合法医療器具(Blade)の密売人」という意味なんですね。
今日知りました・・・(^_^;)。

え~っと、「ブレードランナー」の個人的思い出が長くなりましたが、そんな「ブレードランナー」の
製作の始まりからのてんやわんやを関係者の証言でつくったドキュメンタリーがこれです。

こういうドキュメンタリーを観ると、映画って誰のもの?という疑問が浮かぶわけですが、
「ブレードランナー」も結局誰のものという話になるわけです。
「ブレードランナー」はWikiによると、今のところ5バージョンあることになっていますから。

DD-5.jpg

当然のことながら?リドリー・スコット監督は、自分の企画じゃなくて、頼まれ仕事であり、
エイリアンでヒットを飛ばしたと言っても、当時は英国からハリウッドに来たよそ者扱いで、
随分スタジオでは苦労したようです。
作品タイトルも最初は『デンジャラス・デイズ Dangerous Days』で、それがこのドキュメンタリーの
作品タイトルとして使われています。

そうそう、リドリー監督もDUNEを撮るつもりだったんですね。

兎に角、「ブレードランナー」ファンは必見のドキュメンタリーです!


予告は無いようなのでこちらを↓

☆"Making Blade Runner" trailer from The Final Cut DVD






テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

寄生獣(2014)
【2015/10/14 18:49】 映画き
寄生獣(2014)

kiseijuu-1.jpg

上映時間 : 109分
製作国 : 日本
映倫 : PG12

監督:山崎貴
原作:岩明均
脚本:古沢良太
山崎貴
撮影:阿藤正一
美術:林田裕至
佐久嶋依里
VFX:山崎貴
VFXディレクター:渋谷紀世子
キャラクタービジュアルディレクター:柘植伊佐夫

出演:
染谷将太 / 泉新一
深津絵里 / 田宮良子
阿部サダヲ / ミギー
橋本愛 / 村野里美
東出昌大 / 島田秀雄
池内万作 / A
オクイシュージ / 中華料理店の主人
山中崇 / 辻刑事
岩井秀人 / 草野
大森南朋 / 倉森
余貴美子 / 泉信子
豊原功補 / 山岸
北村一輝 / 広川
國村隼 / 平間
浅野忠信 / 後藤

ある日突然、地球に謎の寄生生物“パラサイト”が出現した。
パラサイトは人間の体内に侵入すると脳を食べてその人間の身体を乗っ取り、
他の人間を次々と捕食していく凶暴な知的生命体だった。
そんなパラサイトの増殖は、人間社会に気づかれることなく、水面下で徐々に進行していた。
ごく普通の高校生・泉新一は、ある時パラサイトに寄生されてしまうが、
偶然にも脳への侵入は阻止することに成功する。
新一の身体全体の乗っ取りに失敗したパラサイトは、やむを得ず彼の右手に居座り、
自らを“ミギー”と名乗って、新一に互いの生存のために協力し合うことを提案する。
こうして、嫌々ながらも選択の余地なくミギーとの共生生活を受け入れるハメになる新一だったが…。



kiseijuu-2.jpg

岩明均のヒット・マンガを前後編の2部作で実写映画化した前篇。

原作は完結した当時(1988年 - 1995年の連載なので1996年頃?)に一気読みしています。
面白くて全10巻すぐ読み終わった記憶があります。

それ以来なので、ラスト以外の内容はきれいさっぱり忘れていて、今作に挑みました(笑)。
ま~レンタルじゃなくて、TV放映を録画鑑賞ですが・・・(^_^;)。

kiseijuu-3.jpg

レンタルさえもしていないのでまーこんなものかという感想ですが、成功作とは言えない。

原作を読んだときには思わなかった疑問の数々が、この実写版を見た時には押し寄せてきて、
そう思わせちゃうという所が、もう成功とは言えないな~と、録画で良かったと思いました(笑)。

kiseijuu-4.jpg

あっ、東出昌大↑はなかなか不気味だったな~。

もう特に言うことも無いけど、でも次作もTV放映されたら観ると思う(^_^;)。

橋本愛って良く言えば大人っぽいけど、この髪型だと結構老け顔タイプ・・・ごめんなさいファンの方。
そうそう、次作が完結編ということは、橋本愛はあのシーンをやるわけだ。
それだけは期待しちゃうな・・・(←アホ)。

kiseijuu-5.jpg

☆予告






テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

自動車ショー歌/小林 旭
【2015/10/01 21:24】 音楽こ
こんな歌があったんですね・・・。

歌詞と映像が興味深いです。

車好きには堪りませんね。

自動車ショー歌/小林 旭






テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB