バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

The Essential Van Morrison / Van Morrison(2015)
【2015/12/29 20:48】 音楽V
The Essential Van Morrison / Van Morrison(2015)
 エッセンシャル・ヴァン・モリソン / ヴァン・モリソン

tevm.jpg

ディスク - 1

01. グロリア
02. ヒア・カムズ・ザ・ナイト
03. スパニッシュ・ローズ
04. ブラウン・アイド・ガール
05. アストラル・ウィークス
06. ヤング・ラヴァーズ・ドゥ
07. ムーンダンス
08. クレイジー・ラヴ
09. ストーンド・ミー
10. イントゥ・ザ・ミスティック
11. ドミノ
12. ワイルド・ナイト
13. テュペロ・ハニー
14. ジャッキー・ウィルソン・セッド
15. ウォーム・ラヴ
16. フェア・プレイ
17. キャラヴァン (ライヴ、『ラスト・ワルツ』より)
18. 愛の乾き
19. クリーニング・ウィンドウズ (ライヴ)


ディスク - 2

01. ブライト・サイド・オブ・ザ・ロード
02. アンド・ザ・ヒーリング・ハズ・ビガン
03. トア・ダウン・ア・ラ・リンボー
04. サムワン・ライク・ユー
05. アイリッシュ・ハートビート with ザ・チーフタンズ
06. ホエンエヴァー・ゴッド・シャインズ・ヒズ・ライト with クリフ・リチャード
07. ハヴ・アイ・トールド・ユー・レイトリー
08. リアル・リアル・ゴーン
09. エンライトンメント
10. ホワイ・マスト・アイ・オルウェイズ・エクスプレイン
11. デイズ・ライク・ディス
12. ザッツ・ライフ
13. ラフ・ゴッド・ゴーズ・ライディング
14. プレシャス・タイム
15. ワンス・イン・ア・ブルー・ムーン
16. マジック・タイム
17. プレイハウス
18. スウィート・シング (ライヴ)


2015年に70歳を迎える北アイルランド出身の重鎮シンガー・ソングライター、
ヴァン・モリソンのオールタイム・ベスト・アルバム。
2000年以降の音源も含めレーベルの枠を越えて収録したベスト盤。




☆ヴァン・モリソンについて

Van Morrison は1945年8月31日生まれのシンガー・ソング・ライター。
北アイルランドのベルファスト出身。
1963年、ゼムのメンバーとしてデビュー。名曲「グローリア」をヒットさせる。
1966年にゼムを脱退し、ソロに転向。
1968年『アストラル・ウィークス』、1970年『ムーンダンス』、1971年『テュペロ・ハニー』と精力的に作品を発表。
1993年に、ロックの殿堂入りを果たした。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第24位。
日本のファンにとっては“来日していない最後の大物”。




彼のCDは何枚かは持っていますが、現時点(2015年)でオリジナル性の高いアルバムは40作品を超えるそうで、
そこまでの熱心なファンでもないので全部集めるのは無理!だし、でも好きな曲は多いしという僕のような人間に
とってはちょうど良いベスト盤が発売になったので、購入しました。

さしあたって、“アストラル・ウィークス”、“テュペロ・ハニー”、“サムワン・ライク・ユー”の3曲は
聞きたかったので、個人的には大変うれしいです。

“アストラル・ウィークス”はアルバム自体を購入しても良いぐらいの名盤なので、熱心なファンからは
オイオイとツッコまれそうですが、そこはモリソン素人なのでお許しを・・・(^_^;)

☆Van Morrison / Astral Weeks



また、とりわけ“サムワン・ライク・ユー”は映画ファンとしても、是非ともCDラックに並べておきたかった曲なので、
非常に満足しています。

“サムワン・ライク・ユー”はちょっと調べたら下記↓の映画に使われているようです。

『キスへのプレリュード』(1992年)
『フレンチ・キス』(1995年)
『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001年)
『恋する遺伝子』(2001年)
『アメリカン・スナイパー』(2014年)

僕は『ブリジット・ジョーンズの日記』で初めてこの曲を聴いたのかな?
或いは『恋する遺伝子』だったのか・・・?
『フレンチ・キス』も観たような気がします・・・(^_^;)
この曲は今では欧米での結婚式の定番曲だそうです。
『アメリカン・スナイパー』でも結婚式の場面で使われましたね。

☆Someone Like You / Van Morrison



その他、このベスト盤でオススメは、“キャラヴァン”。
なんとザ・バンドの“ラスト・ワルツ”でのライヴ・バージョンが収められています。
“ラスト・ワルツ”の中でも特にオススメの名演で、個人的にはオリジナルのスタジオ・バージョンより
こっちの方が好きなんです。
僕としては“ラスト・ワルツ”を持っているので、ここに収められている必要は無いけど、
まだ聴いていない人には是非オススメしたいです。

☆The Last Waltz / Caravan / Van Morrison



カヴァーの多いことで有名な“クレイジー・ラヴ”もオススメ。

☆Van Morrison / Crazy Love



こちらもどうぞ→ Crazy Loveいろいろ

“ハヴ・アイ・トールド・ユー・レイトリー”もカヴァーが有名ですね。
ロッドのバージョンが英米で第5位のヒットだそうです。

HAVE I TOLD YOU LATELY THAT I LOVE YOU / VAN MORRISON







スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

マッドマックス(1979)
【2015/12/27 21:19】 映画ま
マッドマックス(1979)
 MAD MAX

madmax1-1.jpg

上映時間 : 94分
製作国 : オーストラリア

監督:ジョージ・ミラー
脚本:ジェームズ・マッカウスランド
ジョージ・ミラー
撮影:デヴィッド・エグビー
音楽:ブライアン・メイ
出演:
メル・ギブソン / マッド・マックス(マックス・ロカタンスキー)
ジョアンヌ・サミュエル / ジェシー・ロカタンスキー
スティーヴ・ビズレー / ジム・グース
ヒュー・キース=バーン / トーカッター
ティム・バーンズ / ジョニー・ザ・ボーイ
ロジャー・ウォード / フィフィ・マカフィー
ヴィンス・ギル / ナイトライダー
ジェフ・パリー / ババ・ザネティ
スティーヴ・ミリチャンプ / ループ
ジョン・リー / チャーリー

暴走族のナイトライダーは、特殊警察「M.F.P.(Main Force Patrol)」から、
追跡用に改造されたパトカー「インターセプター」を奪って逃走。
「M.F.P.」に所属するマックスはこれを発見し追いつめ、
ナイトライダーは運転操作を誤って事故死する。
これによりマックスは、ナイトライダーの復讐を企む
トーカッター率いる暴走族から命を狙われる身となる。
マックスの僚友のジム・グースが運転していた車両が横転して引火、
火災の犠牲となり重体を負い息を引き取る。
マックスの後を付け狙っていたトーカッター一味が妻子を襲撃、
息子の命が奪われ、妻ジェシーは重体となった。
マックスは、報復を行うべくスーパーチャージャーを搭載し600馬力にまでチューンナップされた
漆黒の特殊追跡車「V8インターセプター(ブラック・パーシュート・スペシャル)」
をM.F.P.本部から無断で持ち出し、互いの復讐を賭けトーカッター一味と激突する。




madmax1-7.jpg

ジョージ・ミラーの監督一作目で、ミラー監督と主演のメル・ギブソンにとっては出世作。
『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』に抜かれるまでは「制作費と興行収入の差が最も大きい映画」
としてギネスブックに掲載されていたらしい。
オーストラリア公開後、日本で上映。
日本で好評だった事で全世界に売り込む足がかりとなったそうです。

madmax1-3.jpg

日本公開当時、劇場で鑑賞。
それ以来の再鑑賞です。
で、当時の感想は↓こんなかんじでしたっけ・・・。

チープ(低予算)だけどアイデアしだいで面白い作品が撮れるという評価だったかな。
暴走族が狂喜した作品!?でした。実際、車やバイクが走る場面は凄かった。
またオーストラリア作品というのも珍しい時代だった。今でも珍しいと言えば珍しいけど・・・。
兎に角、オーストラリアから発信される文化的なもの自体が数が少なかったと思う。
オーストラリアを代表するロック・バンド、AC/DCもやっと有名になりだしたところじゃないかな。
あっ、70年代の有名人はオリビア・ニュートン・ジョンがいましたね。
日本人の新婚旅行だって、70年代はまだ国内が多かったはずだし・・・。
まー、そんな時代ですね。

madmax1-4.jpg

しかし、今回久しぶりに観て、感動した。
こんなに面白かったのかと!

とにかく、車やバイクのスピード感がスゴイです。
当時はまだ高校生で免許も持っていないし、暴走族じゃないし(^_^;)、
そのスゴさが多分理解できていなかったと思う。
いやいや、このスピードキングっぷりはホント凄い。

またオーストラリアの荒涼たる風景も、この映画にピッタリというか、この風景があっての映画ですね。
とにかく、見渡す限り何にも無い! これは日本では無理です。北海道でどうか?というぐらいかな。

また当たり前なんだけど、ギブソンが若い! まだそんなにマッチョじゃないし。

madmax1-2.jpg

勿論、文句もある(^_^;)

そもそも論を言っちゃうと、粗い!
でもそこがこの映画の魅力でもある。
すべては情熱で乗り切ったという感じですね。

ロマンス部分が下手(笑)
監督が苦手なのかな。
ギブソンもまだ若いので、そこらへんは上手くないのか?

音楽が五月蠅い。これは新作もか(笑)
ちなみに音楽担当のブライアン・メイはクイーンと関係ない。
この人のことは当時もちょっと話題になったよね。日本ではクイーンの人気凄かったから。

子供の扱いが、割とほったらかしで雑(苦笑)。
子供を大事にしているということは分かるのに、何故か子どもだけにしたりするのは、
話の上ではその必要性がわかるけど、なんとなく気になった。

madmax1-5.jpg

でも十分楽しめました。
新作を楽しんだ方は、是非こちらもどうぞ。

☆予告↓






テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015)
【2015/12/25 21:04】 映画ま
マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015)
 MAD MAX: FURY ROAD

madmax4-1.jpg

上映時間 : 120分
製作国 : オーストラリア
映倫 : R15+

監督:ジョージ・ミラー
脚本:ジョージ・ミラー
ブレンダン・マッカーシー
ニコ・ラソウリス
出演:
トム・ハーディ / マックス
シャーリーズ・セロン / フュリオサ
ニコラス・ホルト / ニュークス
ヒュー・キース=バーン / イモータン・ジョー
ロージー・ハンティントン=ホワイトリー / スプレンディド(妻)
ライリー・キーオ / キャパブル(妻)
ゾーイ・クラヴィッツ / トースト(妻)
アビー・リー / ザ・ダグ(妻)
コートニー・イートン / フラジール(妻)
ネイサン・ジョーンズ / リクタス
ジョシュ・ヘルマン / スリット
ジョン・ハワード / 人食い男爵
リチャード・カーター / 武器将軍
iOTA / ドーフ・ウォーリアー(ギタリスト)
アンガス・サンプソン / オーガニック・メカニック
ジェニファー・ヘイガン / ミス・ギディ(ばあや)
メーガン・ゲイル / バルキリー(鉄塔の人身御供囮罠係)
メリッサ・ジャファー / 種を持つ老婆

石油も水も尽きかけ荒廃した世界。
愛する家族を守れなかったトラウマを抱え、本能だけで生き長らえている元警官、マックス。
ある日、資源を独占し、一帯を支配する独裁者イモータン・ジョー率いる
カルト的戦闘軍団に捕まり、彼らの“輸血袋”として利用される。
そんな中、ジョーの右腕だった女戦士フュリオサが反旗を翻し、ジョーに囚われていた
5人の妻を助け出すと、彼女たちを引き連れ逃亡を企てたのだった。
裏切りに怒り狂うジョーは、大量の車両と武器を従え、容赦ない追跡を開始する。
いまだ囚われの身のマックスもまた、この狂気の追跡劇に否応なく巻き込まれていくのだったが…。



madmax4-5.jpg

ジョージ・ミラー監督によるシリーズ4作目。なんと30年ぶり。
ミラー監督って、ハッピー フィートとかベイブ(これは製作)とかも撮っていたんだ、ビックリ!
もう引退していたと思っていました、申し訳ありません・・・(^_^;)

で、今回はメル・ギブソンに代わり、トム・ハーディがマックス役です。

madmax4-2.jpg

ちょうどこの映画のDVDが到着したころに友人が来たので、これを見る前に復習のため一作目を
観ようと思っていると言ったところ、まったくそんな必要は無い、ギブソンのシリーズと何の関係
も無いので、復習する暇があったら新作を観た方が良いと言われました。
彼によると、新マックスは今年一番の映画だそうです。彼は今作を褒めちぎり帰っていきました(笑)

で、友人の言葉に従い、一作目を観ること無しに、新作を鑑賞しました。
僕は今年一番の傑作とは言いませんが、面白かったのは事実です。
確かに、前のシリーズを観る必要は無いようです。って、全く忘れていますけど(^_^;)

madmax4-6.jpg

はっきり言って、おバカ映画というか、ギャグ映画というか、シリアスなんだけど、ここまでいっちゃうと
バカバカしさと紙一重というスゴイ作品です。褒めているんですよ、勿論。

当然、監督はマジメにつくっているんですけど(多分・・・)、囚われの身のマックスのありようとか、
車の先頭でギターをかき鳴らすデスメタル野郎とか、もうやり過ぎでしょう(笑)

あらすじなんて有って無いようなというか、そういうことはどうでもよくなっちゃうかんじです。
ファンタジーな要素というか神話的な味付けをしているのですが、別に必要が無かったと思う。

madmax4-4.jpg

逃げるマックスたちを、大群が砂漠の中を追いかけ、戦闘して、帰ってくる、というそれだけ。
そうなんですよ、往復しているだけ! でもそのパワー炸裂するエネルギーはスゴイです。
こんな作品を1945年生まれの監督がよく撮りましたと、感動しています。

人は選ぶというか、このバカバカしさについていけないと、まったく面白くないと思う。
内容を求めたらダメですね、今作に。

madmax4-3.jpg

そもそもこの映画の主人公って、マックスというより、シャーリーズ・セロン演じるフュリオサでしょう。
圧倒的にフュリオサというかシャーリーズ・セロンがカッコよすぎます。
トム・ハーディは体はがっちりしてきたけど、顔が可愛いんですよね。
個人的な感覚かもしれませんが迫力が無いというか・・・(^_^;)

☆予告↓







テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015)
【2015/12/24 20:42】 映画ワ行
ワイルド・スピード SKY MISSION(2015)
 FURIOUS 7
 FAST & FURIOUS 7

sky-m-1.jpg

上映時間 : 138分
製作国 : アメリカ

監督:ジェームズ・ワン
脚本:クリス・モーガン
出演:
ヴィン・ディーゼル / ドミニク・トレット
ポール・ウォーカー / ブライアン・オコナー
ドウェイン・ジョンソン / ルーク・ホブス
ミシェル・ロドリゲス / レティ
ジョーダナ・ブリュースター / ミア
タイリース・ギブソン / ローマン・ピアース
クリス・“リュダクリス”・ブリッジス / テズ
エルサ・パタキ / エレナ
ルーカス・ブラック / ショーン・ボズウェル
ジェイソン・ステイサム / デッカード・ショウ
ジャイモン・フンスー / ジャカンディ
トニー・ジャー / キエット
ロンダ・ラウジー / カーラ
ナタリー・エマニュエル / ラムジー
カート・ラッセル / ミスター・ノーバディ
ジョン・ブラザートン / シェパード
アリ・ファザール / サファー
ロメオ・サントス / マンド
ノエル・グーリーエミー / ヘクター
ルーク・エヴァンス / オーウェン・ショウ
バウ・ワウ / トゥインキー(トゥインク)(クレジットなし)
ナタリー・ケリー / ニーラ(クレジットなし)

ヨーロッパ全土で暗躍していたオーウェン・ショウ率いる国際犯罪組織を
壊滅させるとともに、レティの奪還にも成功し、ドミニクと仲間たちはようやく
ロサンジェルスでの平穏な日々を迎えていた。
今や“家族”とも呼べる固い絆で結ばれたドミニクたちだったが、
そんな彼らのもとに1本の電話がかかってくる。
それは、弟オーウェン・ショウの仇討ちに燃えるデッカードからの宣戦布告だった。
元特殊部隊の暗殺者で最強の敵デッカードの予測不能の攻撃に、
為す術もないまま窮地に陥っていくドミニクたちだったが…。



sky-m-2.jpg

シリーズ7作目。
シリーズの時系列は、1作目→2作目→4作目(『ワイルド・スピード MAX』)→
5作目(『ワイルド・スピード MEGA MAX』)→6作目(『ワイルド・スピード EURO MISSION』)→
3作目(『ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT』)→7作目(本作)の順だそうです。

まさかのポール・ウォーカーの事故死。
本作のクランクアップ前に主演のポール・ウォーカーが交通事故により他界。
一部のシーンは彼の弟二人(カレブ・ウォーカーとコディ・ウォーカー)が代役を務めています。
でも、まったく違和感無くというか、どこが代役なのかわからず観終えました。

sky-m-4.jpg

思えば、このシリーズの一作目なんて、そもそも何の話でしたっけ?
そうそう刑事ものと車映画と青春映画を足したような作品で、こんなに続くとは・・・。
その上、このシリーズで泣く羽目になるなんて、思いもしませんでしたね(T_T)

家族を持つと車も変わるというわけで、今回ブライアンがクライスラー・タウンアンドカントリー 11年式を
運転するのはご愛嬌。でもちゃんと青色の日産・GT-R R35 14年式も登場します。
ラストにはブライアンが白のトヨタ・スープラ JZA80 95年式を運転。

sky-m-11.jpg

その他日本車はスバル・インプレッサ WRX STI GDB-F、スバル・インプレッサ WRX STI GRB 11年式、
日産・シルビア S15、日産・スカイラインGT-R BNR32等も使用されました。

アブダビの大富豪が所有していたあの車は、Wモーターズ・ライカン ハイパースポーツだそうです。
撮影に際してはWモーターズの協力の元ポルシェ・ボクスターをベースとしたレプリカ6台が用いられたらしい。

どんどん派手になっていき、今作でも車ごとダイブする場面なんて、軽い高所恐怖症(高いところから
落ちるのがダメ、よってジェットコースターは乗れない)の僕にとって、実に心臓に悪い場面でした(^_^;)
確かに、こんな計画、イカれています。ローマンの気持ち、よく分かるな~(笑)

久々にカート・ラッセル。僕にとってはグラインドハウス(2007)以来です。

sky-m-5.jpg

敵にジェイソン・ステイサムというのは、言うこと無しです。
やっぱり強い敵じゃないと盛り上がりません。

ハッカーが女性というのは、ちょっと毛色が変わっていて良いですね。
ある意味、この映画らしい・・・(笑)

sky-m-7.jpg

東京のあの少年もちょこっと出ていましたね。

メチャクチャなのはいつもながら、でもこれはこれで、この映画ならでは。

次作あるの?

sky-m-10.jpg

この歌↓もヒットしましたね。当然ですね、泣けるよ。

☆Wiz Khalifa - See You Again (feat. Charlie Puth)



☆予告↓






テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

THE BEATLES 1+
【2015/12/23 14:48】 音楽ひ
THE BEATLES 1+(2015)
 ザ・ビートルズ 1+ ~デラックス・エディション~(完全生産限定盤)
 (CD+2Blu-ray) CD+Blu-ray, Limited Edition, SHM-CD

beatles1-1.jpg

ディスク:1

1. ラヴ・ミー・ドゥ (MONO)
2. フロム・ミー・トゥ・ユー (MONO)
3. シー・ラヴズ・ユー (MONO)
4. 抱きしめたい
5. キャント・バイ・ミー・ラヴ
6. ア・ハード・デイズ・ナイト
7. アイ・フィール・ファイン
8. エイト・デイズ・ア・ウィーク
9. 涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド)
10. ヘルプ!
11. イエスタデイ
12. デイ・トリッパー
13. 恋を抱きしめよう
14. ペイパーバック・ライター
15. イエロー・サブマリン
16. エリナー・リグビー
17. ペニー・レイン
18. 愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)
19. ハロー・グッドバイ
20. レディ・マドンナ
21. ヘイ・ジュード
22. ゲット・バック
23. ジョンとヨーコのバラード
24. サムシング
25. カム・トゥゲザー
26. レット・イット・ビー
27. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード


ディスク:2

1. ラヴ・ミー・ドゥ
2. フロム・ミー・トゥ・ユー
3. シー・ラヴズ・ユー
4. 抱きしめたい
5. キャント・バイ・ミー・ラヴ
6. ア・ハード・デイズ・ナイト
7. アイ・フィール・ファイン
8. エイト・デイズ・ア・ウィーク
9. 涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド)
10. ヘルプ!
11. イエスタデイ
12. デイ・トリッパー
13. 恋を抱きしめよう
14. ペイパーバック・ライター
15. イエロー・サブマリン
16. エリナー・リグビー
17. ペニー・レイン
18. 愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)
19. ハロー・グッドバイ
20. レディ・マドンナ
21. ヘイ・ジュード
22. ゲット・バック
23. ジョンとヨーコのバラード
24. サムシング
25. カム・トゥゲザー
26. レット・イット・ビー
27. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード


ディスク:3

1. ツイスト・アンド・シャウト
2. ベイビー・イッツ・ユー
3. ワーズ・オブ・ラヴ
4. プリーズ・プリーズ・ミー
5. アイ・フィール・ファイン (オルタネイト・ヴァージョン)
6. デイ・トリッパー (オルタネイト・ヴァージョン)
7. デイ・トリッパー (オルタネイト・ヴァージョン)
8. 恋を抱きしめよう (オルタネイト・ヴァージョン)
9. ペイパーバック・ライター (オルタネイト・ヴァージョン)
10. レイン (オルタネイト・ヴァージョン)
11. レイン (オルタネイト・ヴァージョン)
12. ストロベリー・フィールズ・フォーエバー
13. ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー/トゥモロー・ネバー・ノウズ
14. ア・デイ・イン・ザ・ライフ
15. ハロー・グッドバイ (オルタネイト・ヴァージョン)
16. ハロー・グッドバイ (オルタネイト・ヴァージョン)
17. ヘイ・ブルドッグ
18. ヘイ・ジュード (オルタネイト・ヴァージョン)
19. レボリューション
20. ゲット・バック (オルタネイト・ヴァージョン)
21. ドント・レット・ミー・ダウン
22. フリー・アズ・ア・バード
23. リアル・ラヴ





『ザ・ビートルズ 1』 2015年11月6日世界同時発売!

2000年にリリースされ、これまでに全世界で3200万枚、日本でも320万枚のセールスを記録している
大ベストセラーアルバム『ザ・ビートルズ1』の最新版が登場!
今回発売される『ザ・ビートルズ1』は、CDのみならず映像作品としても発売され、
音源はジョージ・マーティンの息子であるジャイルズ・マーティンが担当。
アナログ・マスターから全く新しいステレオ・ミックスがほどこされ、
DVDとブルーレイには5.1サラウンドの音源も収録されています。
ビートルズ初のミュージック・ビデオ集ともなる今作は、最新のデジタル技術で修復(4K/2K)された
驚きの高画質映像により、1stシングル「ラヴ・ミー・ドゥー」からラスト・シングルの
「ロング・アンド・ワインディング・ロード」までのミュージック・ビデオを瑞々しい画質でお楽しみいただけます。
また、同時に発売される豪華な『ザ・ビートルズ 1+ ~デラックス・エディション』(CD+2DVD もしくは
CD+2ブルーレイ)には、計23曲のレア映像のほか、オリジナル・ミュージック・ビデオの別ヴァージョンなどを
収録したボーナス映像ディスクとスペシャル・ブックレットが付き、 総時間3時間40分を超えるミュージック・ビデオを
楽しむことが出来ます。
まさに<究極のビートルズ>を体験できる、<究極のベスト盤>の登場です! !

★国内盤のCDはSHM-CD仕様です。
は驚きの限定スペシャル・プライスです! (初回限定盤です)
★「SHM-CD+映像付商品」は4種(1234)とも限定盤です。
特に「デラックス・エディション」に付く映像の“ボーナス・ディスク"は、
「完全限定生産盤」ですのでお早めにご予約ください。
★『ザ・ビートルズ 1+ ~デラックス・エディション』は、「23トラックのビデオを収録したボーナス・ディスク」と
「スペシャル・ブックレット付! 」 映像は合計50トラック/3時間40分を超える
究極の<ビートルズ・ミュージック・パッケージ>です!
★映像にはのVIDEO EXTRASとして、ポールの音声コメンタリーが3曲、リンゴ・スター映像解説が4曲入ります。
なお、デラックス・エディションのボーナス・ディスクにはポールの音声コメンタリーがさらにもう1曲入ります。



beatles1-2.jpg

商品説明が長くて申し訳ない(^_^;)
このブログは自分の備忘録でもあるので・・・。

え~、ビートルズ1なんてまったく買う気はなかったのですが、雑誌の広告にジャイルズ・マーティンが
アナログ・マスターから新たにステレオ・リミックスにしたとか、BDは5.1チャンネルだとか書いてあった
ので、おもわず購入予約してしまいました。

で、販売日当日、友人が来て、ビートルズ1当然買ったよねというので、いや別に買う気は無かったけど、
ステレオ・リミックスがどうなのか聴きたくて買っちゃったと答えたら、ビートルズ・ファンって、オリジナル
音源にこだわる人間が多いけど理解できないという話で盛り上がり、ジャイルスがリミックスしたなら、“LOVE”
みたいなぶっ飛んだ音になっているといいな~なんていう意見で落ち着きました。

で、聴いたみたら、なんだ今迄通りじゃん。
多少音は良くなったかな~ぐらい。
おいおいですよ。

冷静に考えたら(考えるまでも無いけど・・・)、我が家は5.1チャンに未だなっていないので、サラウンドはまだ
体験できないし・・・。
友人の家に行って、体験しないといけない。
そうそう友人は5.1チャンは凄いよーと言っていました。
老後の楽しみですね(^_^;)

ビートルズ1は別に買う必要ないですよ(笑)




テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014)
【2015/12/21 21:03】 映画は
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014)
 BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)

birdman-1.jpg

上映時間 : 120分
製作国 : アメリカ

監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
脚本:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
ニコラス・ヒアコボーネ
アレクサンダー・ディネラリス・Jr
アルマンド・ボー
撮影:エマニュエル・ルベツキ
音楽:アントニオ・サンチェス
出演:
マイケル・キートン / リーガン
ザック・ガリフィナーキス / ジェイク(リーガンの弁護士で友人。プロデューサー)
エドワード・ノートン / マイク
アンドレア・ライズブロー / ローラ(リーガンの恋人で女優)
エイミー・ライアン / シルヴィア(リーガンの元妻でサムの母親)
エマ・ストーン / サム(リーガンの娘)
ナオミ・ワッツ / レズリー
リンゼイ・ダンカン / タビサ(ニューヨーク・タイムズの演劇批評家)

かつて主演した大人気スーパーヒーロー映画「バードマン」のイメージが払拭できずに、
その後は鳴かず飛ばずの俳優人生を送るリーガン。
私生活でも離婚に娘サムの薬物中毒と、すっかりどん底に。
そこで再起を期してレイモンド・カーヴァーの『愛について語るときに我々の語ること』を
原作とする舞台を自ら脚色・演出・主演で製作し、ブロードウェイに打って出ることに。
ところが、大ケガをした共演者の代役に起用した実力派俳優マイクの横暴に振り回され、
アシスタントに付けた娘サムとの溝も深まるばかり。
本番を目前にいよいよ追い詰められていくリーガンだったが…。



birdman-2.jpg

今年(2015年)のアカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞を受賞。

シニカル(ブラック)なコメディ。
で、ある種のファンタジー作品でもある。

先ずは一言目の感想を、面白かった!です。
が、だから何?というのも、素直な感想です・・・(^_^;)

ハリウッドやブロードウェイ等のショウビズ界&批評家というかメディア等の批判といった
内容なので、この作品を批評すること自体が野暮みたなものと言える。
が、そんなことも言ってられないので、書いていきます。

birdman-3.jpg

バットマンを演じたマイケル・キートンが、バードマンを演じたリーガン役を演じたというのが、
先ずは成功の一つ。元アメコミヒーローの苦悩というのは、キートンのキャリアを知って観るから、
なかなか興味深くなる。ただ、キートン本人がそうであるのかは、別問題ですが。

その相手役にエドワード・ノートンを選んだことが、二つ目の成功のカギ。
これは賭けだったかもしれないけど、結果は良かった。
キートンとの絡みだけではなく、サム役のエマ・ストーンとの絡みも良かった。
そうそうエマがまったく美人に見えないのがスゴイ。

birdman-4.jpg

彼等だけじゃなく、出演者みなさん、良かったです。

僕にとって意表を突かれたのは、弁護士&プロデューサー役のザック・ガリフィナーキス。
彼のことを調べたら、彼の出演作は幾つか観ているんだけど、ハングオーバー・シリーズの
印象が強すぎて、最初は同一人物と認識できなかった・・・(^_^;)

全編1カット(風)というのは、確かに面白い。
実際のところは1カットじゃないということは兎も角、長回しであることは事実なので、
演じる俳優も大変だと思うし、カメラマンも大変。そして編集も大変だったと思う。

いや~、カメラは素晴らしい。カメラマンはゼロ・グラビティを撮った人なんですね。
でも、褒めたのになんですが、カメラが五月蠅いのが気になった。
カメラが動き過ぎなんだよな~。

birdman-5.jpg

兎も角、1カットの効果はあったのか?というと、話題になったということぐらいにしか思えない。
緊張感の持続というのは、確かにあるかもしれないけど、今作はサスペンスじゃないし、
ここまでこだわった理由がよく分からない・・・。

音楽は良かった。
あのドラムソロはすごかった。

birdman-6.jpg

再起をかけた元アメコミ?ヒーローの苦悩というのはよく分かった。
監督も良くやった、カメラも素晴らしい、音楽最高、出演者も良かった。
でも、観終わって、結局のところ成功したのかというとなかなか微妙。
何が問題かな?
意外に深くなかったということかな・・・。
思わせぶりということか。
そこが映画の難しいところ。
もしくは、アカデミー賞受賞の功罪か・・・。
こんなことを書くから、批評家批判の作品を監督はつくるんだ(笑)

どうでもよいですが、アメリカってやっぱり今でも外でアルコール飲んじゃダメなんだ。
少なくとも建前では、飲んではいけないことになっているんですよね。
紙袋で隠していればOKなんだけど・・・?

☆予告↓






テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

京都、南禅寺に行ってきました。
【2015/12/17 20:05】 旅行ー京都
先日、京都に行ってきました。
と言っても、檀家寺主催の法要がメインなので、観光は少しだけ。
天気予報では晴れのはずだったのに、途中雨も降ってちょっと残念。

檀家寺は臨済宗南禅寺派なので、当然のことながら南禅寺に行きました。

DSC00915-1.jpg

ここ↓で法要を行いました。
中は撮影禁止・・・。

DSC00921-1.jpg

DSC00922-1.jpg

その後は嵐山天龍寺に移動。

その道中、東山から嵐山へ丸太町通りを通ったのですが、その通り沿いのイチョウが綺麗でしたね。
12月なので期待していなかったのですが、実際モミジはほとんどダメでしたが、イチョウは良かった。
が、バスで移動だったので、写真は撮れず。残念。

天龍寺にて精進料理。

初めはこの写真の分だけだったので、ちょっと足りないな~と。

DSC00934-1.jpg

が、その後、汁物。

DSC00935-1.jpg

そして餡かけ。

DSC00937-1.jpg

最後に写真は無いけど、果物もでて、結構な量でした。
満足満足。
お味もよろしゅうございました(笑)

その後、天龍寺のお庭を散策。

DSC00943-1.jpg

DSC00948-1.jpg

DSC00963-1.jpg

DSC00978-1.jpg

天龍寺から臨川寺に移動。
その途中の嵐山駅↓。
ちょっと不思議な光景。

DSC00982-1.jpg

DSC00983-1.jpg

臨川寺のお庭↓。

DSC01007-1.jpg

嵐山は渡月橋付近↓。

DSC01008-1.jpg

お土産をいっぱい買って帰りました(笑)



テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

エルヴィス・サン・セッションズ
【2015/12/09 18:31】 音楽え
エルヴィス・サン・セッションズ(2015)
 ELVIS PRESLEY / The Sun Sessions

61yIO7KBpWL.jpg

1. ザッツ・オール・ライト (MONO)
2. ブルー・ムーン・オブ・ケンタッキー (MONO)
3. お日様なんか出なくても構わない (MONO)
4. 今夜は快調!(グッド・ロッキン・トゥナイト) (MONO)
5. ミルクカウ・ブルース・ブギー (MONO)
6. ユーアー・ア・ハートブレイカー (MONO)
7. アイム・レフト、ユーアー・ライト、シーズ・ゴーン (MONO)
8. ベイビー・レッツ・プレイ・ハウス (MONO)
9. ミステリー・トレイン (MONO)
10. 忘れじの人 (MONO)
11. あなたを離さない (MONO)
12. お前が欲しくて (MONO)
13. アイ・ラヴ・ユー・ビコーズ (MONO)
14. ブルー・ムーン (MONO)
15. ジャスト・ビコーズ (MONO)
16. アイ・ラヴ・ユー・ビコーズ (別テイク) (MONO)


本作はRCAからメジャー・デビューする前のサン・レコード時代の貴重な録音を収録した作品。
まさにデビュー当時の若きエルヴィスを知る上で欠かすことのできない楽曲が収録されている。(1976年作品)




レコードが発売された当時(1976年)のことは知りませんが、CD化された時の熱狂ぶりはよく覚えています。
エルヴィス・ファンならこれを聴かないでどうするんだ、みたいな感じで、買わない奴はおかしいぐらいの
絶賛ぶりでした。思わず僕も買いそうになりましたが、そもそもエルヴィスの作品を一枚も持っていない奴が、
メジャー・デビュー前の作品を買っても仕方ないと冷静になって、買うのは思いとどまりました(^_^;)。

ちなみに、僕が記憶している“サン・セッションズ”は、1993年8月16日に発売された28曲入りのもののようです。

しかし今回は、ゴールデン・レコードを三作品とも買っちゃたし、これを買わない手はないよなと購入を決意。

結果、ある意味一番良かった作品でした(笑)

四作品を聴きこんでいくと、また感想は変わるかもしれませんが、キング・オブ・ロックとしてのエルヴィスを
堪能するという意味では、これとゴールデン・レコードの第一集がやっぱりいいですよね。

正確に言うと、ロックン・ロールじゃなくて、ロカビリーですね。
そいつを堪能できます。カッコイイ!

最後に。
今回僕が買った一連のシリーズは、エルヴィス・プレスリーの生誕80周年(2015年時)記念盤だそうです。

☆Elvis Presley / That's All Right



☆ELVIS PRESLEY / Mystery Train






テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

エルヴィスのゴールデン・レコード第3集
【2015/12/07 21:16】 音楽え
エルヴィスのゴールデン・レコード第3集(2015)
 ELVIS' GOLDEN RECORDS・VOLUME 3

51ASO3CJHCL.jpg

1. イッツ・ナウ・オア・ネヴァー
2. 本命はお前だ
3. 恋にいのちを
4. アイ・ガッタ・ノウ
5. サレンダー
6. アイ・フィール・ソー・バッド
7. 今夜はひとりかい?
8. マリーは恋人
9. リトル・シスター
10. グッド・ラック・チャーム
11. エニシング・ザッツ・パート・オブ・ユー
12. あの娘が君なら
13. 嵐の季節 (ボーナス・トラック)
14. さらばふるさと (ボーナス・トラック)
15. 奴の彼女に首ったけ (ボーナス・トラック)
16. 夢の渚 (ボーナス・トラック)
17. 広い世界のチャンピオン (ボーナス・トラック)
18. 好きにならずにいられない (ボーナス・トラック)


本作は1960年~62年までのヒット・シングルを集大成した作品。
アルバム・チャートで3位を記録。RIAAプラチナ・ディスク認定。
全12曲中TOP5入りした楽曲は9曲。
内5曲はNo.1を記録していて60年代を代表する曲がずらりと収録されている
(No.1:「イッツ・ナウ・オア・ネヴァー」「本命はお前だ」「今夜はひとりかい」
「サレンダー」「グッド・ラック・チャーム」)。
全曲ナッシュヴィルでの敏腕ミュージシャンを起用したレコーディングでサウンド面での評価も高い。
「好きにならずにいられない」「夢の渚」など60年代初期の映画からのヒット曲6曲を
ボーナス・トラック収録したアップグレイド盤。(1963年作品)




このころになると、エルヴィスも随分大人っぽくなります。
ナッシュヴィル録音ということがかなり影響しているのか、自身の変化なのか・・・?

10代の頃だったなら、ジョンのコメントじゃないけど、入隊後のエルヴィスは興味が無いって言いそうです。
でも今の僕はそんなことは言いません(笑)。
でも今回、ゴールデン・レコードを三枚聴いて、50年代のエルヴィスがやっぱり一番好きかなとは思いますが、
これはこれで味わい深いです。
まー僕もエルヴィスやジョンより長生きしているし、十分オヤジになっているので・・・(^_^;)

☆elvis presley / its now or never



☆Elvis Presley / Are You Lonesome Tonight






テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

エルヴィスのゴールデン・レコード第2集
【2015/12/06 22:12】 音楽え
エルヴィスのゴールデン・レコード第2集(2015)
 50,000,000 ELVIS FANS CAN'T BE WRONG
 ELVIS' GOLDEN RECORDS - Volume 2

61GBETsq10L.jpg

1. 恋の大穴 (MONO)
2. 望みがかなった (MONO)
3. ア・フール・サッチ・アズ・アイ (MONO)
4. アイ・ニード・ユア・ラヴ・トゥナイト (MONO)
5. ドント (MONO)
6. アイ・ベグ・オブ・ユー (MONO)
7. サンタが彼女を連れて来る (MONO) (ボーナス・トラック)
8. サンタが町に来る (MONO) (ボーナス・トラック)
9. パーティ (MONO) (ボーナス・トラック)
10. 悩まされて (MONO)
11. ワン・ナイト (MONO)
12. アイ・ガット・スタング (MONO)
13. キング・クレオール (MONO) (ボーナス・トラック)
14. 思い出の指環 (MONO)
15. チャンス到来 (MONO)
16. ミーン・ウーマン・ブルース (MONO) (ボーナス・トラック)
17. プレイング・フォー・キープス (MONO) (ボーナス・トラック)
18. 冷たい女 (MONO) (ボーナス・トラック)
19. ゴット・ア・ロット・オブ・リヴィング (MONO) (ボーナス・トラック)
20. 谷間の静けさ (MONO) (ボーナス・トラック)


本作は1958年「ドント」から1959年「恋の大穴」までのビッグ・ヒット・シングルを収録した作品。
それらはエルヴィスが入隊中であるにもかかわらずチャートをにぎわしていた10曲。
そのうち7曲はUSでTOP5入りしている。「アイ・ニード・ユア・ラヴ・トゥナイト」
「思い出の指輪」など日本で人気曲も多数収録。
RIAAプラチナディスク。



金ラメのスーツを着たエルヴィスを散りばめたジャケット・アート・ワークは
ロッド・スチュワートの『ボディ・ウィッシーズ』やボンジョヴィのボックス・アルバム
『ザ・プレミアム・コレクション』などで模倣されている。
ゴスペル「谷間の静けさ」等、同時期の音源9曲をボーナス・トラック収録したアップグレイド盤。(1959年作品)



実は今回、エルヴィスの作品を4枚も買っちゃいました(^_^;)。

これは僕の年代だと、ロッドの「ボディ・ウィッシーズ」のジャケット写真の元ネタで有名ですね。
こんなデザインです↓

61-XvTyNNqSL1112.jpg

ちなみに、ボン・ジョヴィの方はこんなデザインです↓

413BSRFYKSL.jpg

で、ジャケットはよく知っていたのですが、内容の方は今回が初めて。

しかも、これが“ドント”を知っているくらいで、その他は題名も今回初めて知ったという有様。

前作の第1集の収録曲をほとんど知っていたというのとは、えらい違いです。
大ヒット曲満載なのに知らない曲ばかりで申し訳ない。
ファンの方からすれば、オイオイでしょうが、エルヴィス初心者としてはこんなもんでしょう(^_^;)。

もちろん内容に文句はありません。

ただ不思議なのは、曲順がオリジナルとは違うこと。
⑦⑧⑨にボートラが入って、その後⑬にまたボートラ。
何故・・・?

☆Elvis Presley / Don't



☆Elvis Presley / A Big Hunk O' Love(恋の大穴)






テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

エルヴィスのゴールデン・レコード第1集
【2015/12/05 20:42】 音楽え
エルヴィスのゴールデン・レコード第1集(2015)
 Elvis' Golden Records

51N2fvF5GLL.jpg

1. ハウンド・ドッグ (MONO)
2. ラヴィング・ユー (MONO)
3. 恋にしびれて (MONO)
4. ハートブレイク・ホテル (MONO)
5. 監獄ロック (MONO)
6. ラヴ・ミー (MONO)
7. トゥー・マッチ (MONO)
8. 冷たくしないで (MONO)
9. 心のうずく時 (MONO)
10. テディ・ベア (MONO)
11. ラヴ・ミー・テンダー (MONO)
12. やさしくしてね(トリート・ミー・ナイス) (MONO)
13. どっちみち俺のもの (MONO)
14. アイ・ウォント・ユー、アイ・ニード・ユー、アイ・ラヴ・ユー (MONO)
15. マイ・ベイビー・レフト・ミー (MONO) (ボーナス・トラック)
16. アイ・ワズ・ザ・ワン(ただひとりの男) (MONO) (ボーナス・トラック)
17. ザッツ・オール・ライト (MONO) (ボーナス・トラック)
18. ベイビー・レッツ・プレイ・ハウス (MONO) (ボーナス・トラック)
19. ミステリー・トレイン (MONO) (ボーナス・トラック)
20. ブルー・スエード・シューズ (MONO) (ボーナス・トラック)


本作は「冷たくしないで」「ハウンド・ドッグ」「ハートブレイク・ホテル.」他、
全米No.1ヒット9曲を含む1956年から1958年に放ったメガ・ヒット・ナンバーを収録した作品。
全米アルバムチャート3位。人気絶頂だったが'58年3月エルヴィスは陸軍に徴兵、
そんな時期にリリースされた。
全ての収録曲は既に発売している3枚のアルバムには入っていなかったため
このアルバムは事実上オリジナル・アルバムと言える。
サン・レコード時代の音源等6曲をボーナス・トラックとして追加収録したアップグレイド盤。(1958年作品)



1954年「ザッツ・オール・ライト」でメンフィスのサン・レコードからデビュー。
56年に移籍したRCAからのファースト・シングル「ハートブレイク・ホテル」が
初の全米No.1となり、キングの歴史が始まる。
以後、最高のエンタテイナーとして23年間に渡りスーパースターの座に君臨。
1977年8月16日に逝去。




エルヴィスのことは流石に子供のころから名前だけは知っていましたが、強く意識したのは彼の死によってです。
1977(昭和52)年8月16日は、日本だと8月17日になるのかな・・・?
今調べてみて、ちょっと驚いたのは、16日って火曜日だった。平日だったんだ。へ~。

この日、僕はまだ中学生で、お盆休み(子供はどちらにしても夏休み中)なので、従兄弟たちと鮎掛けに行っていた。
その帰り、電車の中で、僕の前に座っていたオジサンが読んでいたスポーツ新聞に、キングの死亡記事がでかでかと
載っていた。当時の中学生にとって、エルヴィスは過去の人であり、ちょっと前?にハワイかラスヴェガスで復活
コンサートをやった人みたいな認識しかなかった。ロック歌手にあるまじきデブさで、もう引退したら?みたいな
感じだった。←エルヴィスのファンの方、怒らないでね、当時の中学生の感想ですから・・・(^_^;)

で、それからしばらくは、ラジオやらテレビやら雑誌やらでエルヴィスの大特集だったわけ(・・・多分)。
当時FMレコパルという雑誌を定期購読していたんだけど、それに確か黒鉄ヒロシがエルヴィスの伝記を描いたと思う。
そこでドーナッツネタも描かれていたと記憶しています。←だからキングのファン、怒らないでね(^_^;)。

もう一つの思い出は、当時ジョン・レノンが日本に滞在していたのかな、それでどこかの記者がジョンにエルヴィスに
ついてコメントを求めたところ、ジョン曰く「徴兵後のエルヴィスには興味が無いので・・・」。

上記のことは記憶違いがあるかもしれないので、間違っていたらごめんなさい。
別に確認して書いていているわけじゃないです・・・(^_^;)

一枚ぐらいはエルヴィスのCD持っていたいな~などと思いつつ、今の今まで買わずに生きてきました。
実際のところ、まわりにエルヴィスのファンという人がいなくて、何を買っていいのやら分からない。
そんな時、エルヴィスのCDが1080円で発売という記事を見つけ、つい買ってしまいました。

流石に全盛期のエルヴィスの作品だけあって、ボートラは別にして、収録曲のほとんど知っていました。
一家に一枚の作品ですね(笑)

今(というか1977年当時でも)聴く(観る)と、世の中の親を驚かせたこと(エルヴィスの腰の振り方が卑猥だとか)
なんてまったく何のことやらですが、当時は大事件だったんでしょうね・・・。

☆Elvis Presley / Hound Dog



☆Elvis Presley / All Shook Up







テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

佐野元春 & THE COYOTE BAND / BLOOD MOON
【2015/12/03 21:41】 音楽さ
佐野元春 & THE COYOTE BAND / BLOOD MOON (2015)
 (初回生産限定盤)(初回限定ボックス盤)(CD+DVD) CD+DVD, Limited Edition

51iyUn9sgrL.jpg

ディスク:1
1. 境界線
2. 紅い月
3. 本当の彼女
4. バイ・ザ・シー
5. 優しい闇
6. 新世界の夜
7. 私の太陽
8. いつかの君
9. 誰かの神
10. キャビアとキャピタリズム
11. 空港待合室
12. 東京スカイライン


ディスク:2
1. 境界線 (MUSIC VIDEOS)
2. 紅い月 (MUSIC VIDEOS)
3. 本当の彼女 (MUSIC VIDEOS)
4. バイ・ザ・シー (MUSIC VIDEOS)
5. 優しい闇 (MUSIC VIDEOS)
6. 私の太陽 (MUSIC VIDEOS)

【初回限定ボックス盤】【初回限定生産盤】(CD+DVD)

・BOXケースにCD/DVD/ブックレットを収納。
・豪華ブックレット:100頁写真・詩集
・撮り下ろしミュージック・ビデオ6曲
・佐野元春 直筆詩シート
【封入特典】ダウンロードパスキー(1曲)

『COYOTE』(2007年)、『ZOOEY』(2013年) に次ぐザ・コヨーテバンド名義による3作目

フロント・カバーのデザインはヒプノシスの流れを汲む英国のデザイン・チーム 'StormStudios'。




このCDは7月に発売されたもので、その時予約で買っているので、もう随分前のことになる。
で、買ってすぐ聴いたんだけど、はっきりいって、第一印象はよくなかった。

曲が地味というか、メリハリが無く、すべて同じように聴こえる。
佐野元春も歳を取った(当たり前)ので、声域が狭くなっている?
元々、佐野元春って歌声を加工していたけど、そういう問題じゃない。

そんなわけで、聴かないでいたので、ブログにアップせず、放置していたんだけどね・・・(^_^;)。

でも12月になっちゃったし、今年中にブログにアップしたかったから、また聞き直した。
そうしたら、意外と良いかもって思えた・・・。

地味で単調というのは、渋くて味わい深いという風にすら感じられる。
まっ、歌声の印象は変わらないけどね。

どちらにしても、佐野元春の代表アルバムは何?と聞かれたら、これを薦めることはないけど、
ファンにとってはそれなりに楽しめるのかな・・・?
もうちょっと聴きこまないとね。

☆「境界線」 - 佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド



☆「紅い月」 - 佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド






テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~(2014)
【2015/12/01 21:56】 映画せ
荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~(2014)
 A MILLION WAYS TO DIE IN THE WEST

west-1.jpg

上映時間 : 116分
製作国 : アメリカ
映倫 : R15+

監督:セス・マクファーレン
脚本:セス・マクファーレン
アレック・サルキン
ウェルズリー・ワイルド
撮影:マイケル・バレット
出演:
セス・マクファーレン / アルバート
シャーリーズ・セロン / アナ
アマンダ・セイフライド / ルイーズ
ジョヴァンニ・リビシ / エドワード
ニール・パトリック・ハリス / フォイ
サラ・シルヴァーマン / ルース
リーアム・ニーソン / クリンチ
クリストファー・ヘイゲン / ジョージ・スターク
ウェス・ステューディ / コーチース
マット・クラーク / 老いた探鉱者
エヴァン・ジョーンズ / ルイス
アーロン・マクファーソン / ベン
レックス・リン / 保安官/ナレーター
ブレット・リッカビー / チャーリー・ブランシェ
アレックス・ボースタイン / ミリー
ラルフ・ガーマン / ダン
ジョン・アイルウォード / ウィルソン牧師
ジェイ・パターソン / ハーパー医師
デニス・ハスキンズ / スネークオイルのセールスマン
カメオ出演 :
クリストファー・ロイド / ドク・ブラウン
ギルバート・ゴットフリード / エイブラハム・リンカーン
ユアン・マクレガー / 市場のカウボーイ
ジョン・マイケル・ヒギンズ / ダンディ#1
ジェイミー・フォックス / ジャンゴ(クレジットなし)
ビル・マー / コメディアン(クレジットなし)
ライアン・レイノルズ / バーで殺されるカウボーイ(クレジットなし)
パトリック・スチュワート / 羊の声(クレジットなし)

時は西部開拓時代。生まれる時代と場所を間違えた臆病なオタク青年アルバート。
マッチョな男たちがささいなトラブルで殺し合いを繰り広げる野蛮なこの町で、
羊飼いをしながらひっそりと暮らしていた。
そんなある日、酒場の乱闘騒ぎに巻き込まれたアルバートは、
ひょんなことからミステリアスな美女アナと恋仲に。
射撃の名手でもあった彼女に銃の手ほどきを受け、
少しずつ男としての自信をつけていくアルバート。
ところがそこに、泣く子も黙る西部一の大悪党クリンチが現われる。
なんと彼は、アナの旦那だったのだ。
案の定、クリンチの怒りを買ってしまい、絶体絶命の窮地に陥るアルバートだったが…。



west-2.jpg

「テッド」テッドのセス・マクファーレンが監督・製作・脚本・主演の西部劇コメディ。

いや、実はテッドは観ていないし、この映画がセス・マクファーレンの作品ということも知らずに
観たんだけど、おバカ映画ということぐらいの予備知識だけで観たものだから、オープニングに
ビックリしました。

実に堂々とした西部劇で、勿論マカロニ・ウエスタンじゃなくて、ジョン・ウェインでも出てきそうな
オープニングで、音楽も実にそれらしくて、間違えて借りたんじゃないかと疑ったくらいです(^_^;)。

west-5.jpg

まー、それは出だしだけのことで、観終わってみれば実にバカな下品な映画でした。
下ネタも沢山出てくるけど、意外と“エロ”そのものは無い(に等しい)。
が、お下劣バカ映画というだけでは終わらない内容を持っているのも確かです。

テッドを観ていないので、今作とテッドのどちらが下品なのかは分かりませんが、
出演者もこんな役よく受けたよな~と笑ってしまいます。
ニール・パトリック・ハリスの下痢ネタとか、リーアム・ニーソンのお尻に花ネタとか、
いやいや皆さん、スゴイです(笑)

west-7.jpg

兎に角、出演者がカメオも含めて意外なほどに豪華です。
まったく気が付かない(分からない)ゲストも多いけど・・・(^_^;)
久しぶり(2年ぶり?)にシャーリーズ・セロン見たけど、いいっすね(笑)
強くてたくましい女性がセロンにピッタリです。

west-3.jpg

まず、主人公の設定が、西部劇ではありえないヘタレで、でもよく考えてみれば、
そりゃ西部劇の世界にも、喧嘩も撃ち合いも嫌いな人間はいるよな~と妙に納得。

それに、上にも書いたけど、最後まで観ると意外とまともな映画で、ラブコメとしては
かなりいい線をいっているし、一人のヘタレ男の成長物語としても面白い。
まー、あれを成長とみなすかどうかは微妙なところではありますが・・・。

west-4.jpg

下品なおバカ映画なのにちゃんとしたドラマになっているというと、ジャド・アパトーの
諸作品を思い出しますが、アバトーのファンならきっと気に入ると思う。
そもそもテッドのファンなら楽しめると思うが、僕がテッドを観ていないので・・・。

west-6.jpg

☆予告








テーマ:映画感想 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB