バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

サブウェイ123 激突(2009)
【2016/02/02 21:14】 映画さ
サブウェイ123 激突(2009)
 THE TAKING OF PELHAM 1 2 3

subway123-1.jpg

上映時間 : 105分
製作国 : アメリカ

監督:トニー・スコット
原作:ジョン・ゴーディ
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
出演:
デンゼル・ワシントン / ウォルター・ガーバー
ジョン・トラヴォルタ / ライダー
ジョン・タートゥーロ / カモネッティ警部補
ルイス・ガスマン / レイモス
マイケル・リスポリ / ガーバーの上司ジョンソン
ジェームズ・ガンドルフィーニ / ニューヨーク市長
ラモン・ロドリゲス / デルガドー
アレックス・カルジュスキー / ジョージ
ベンガ・アキナベ / ウォレス
ザック・プール / ラサール
アーンジャニュー・エリス / テレーズ・ガーバー
ヴィクター・ゴイチャイ / バシュキン
J・バーナード・キャロウェイ / 役員モラン
ゲイリー・バサラバ / ジェリー・ポラード
ジョン・ベンジャミン・ヒッキー / 助役

ニューヨーク、午後2時。
地下鉄運行指令室で勤務中のガーバーは、
緊急停車したペラム駅1時23分発の列車へ応答を促す。
その列車は、19名が乗車した1両目だけを切り離して停車している状態だった。
すると、無線で応答してきたライダーと名乗る男から、
“この1時間で市長に身代金1000万ドルを用意させ、
期限に遅れた場合は1分ごとに人質をひとりずつ殺していく”との要求を告げられる。
さらに、ライダーは交渉相手に何故かガーバーを指名。
ところが、警察が指令室にやって来ると、ガーバーはある理由で退席させられてしまう。
しかし、ガーバーが席を離れたことを知ったライダーは激怒、
運転士を射殺し、ガーバーを強制的に交渉役へ戻させる。
こうしてガーバーは警察のサポートのもと、粘り強く交渉を
続けながら人質解放と事件解決への糸口を探っていくのだが…。



subway123-2.jpg

原作は未読ですが、74年版は観ました。

こちら↓です。

サブウェイ・パニック(1974)

subway123-3.jpg

「サブウェイ・パニック(1974)」は、主人公が公安部部長に扮するウォルター・マッソーと
犯人役のロバート・ショウというなかなか渋いお二人で、作品そのものも今作と比べるとずっと
地味な印象でしたが、サスペンス映画としてはオススメの佳作です。

で、今回のリメイク作品は、ツッコミどころ満載の一本と言ったところでしょうか(笑)

いや、なかなか楽しめましたよ。

subway123-4.jpg

主人公の二人、デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタは言うこと無し。

難を言えば、デンゼル・ワシントンがカッコ良すぎ。
いや、ワシントンそのものは良いですよ。
74年版を観た時はマッソーよりワシントンの方が良いかもしれない、なんて感想書いたけど、
実際に二本見比べると、マッソーも良かったような気がする(^_^;)。
今の時代がヒーローを求めているから、ワシントン演じるようなキャラになったのかな。

トラヴォルタは悪人ピッタリ!ですね。
これもまたトラヴォルタそのもは良いけど、役柄はちょっと残念。
自滅するためとしか思えない設定。
う~ん、ちょっとなー・・・。

subway123-5.jpg

その他の役者さんは、何と言うかかなりオマケみたいなかんじです(^_^;)
ジョン・タートゥーロなんてもうちょっと使いようがあるでしょう?
市長のジェームズ・ガンドルフィーニとか助役のジョン・ベンジャミン・ヒッキーとか
もっと嫌な奴にするとか、バカ役人にするとか(笑)

そうそう市長が電車の中(一般市民の前)で、もう市長を辞めるなんて話を助役とするか?

犯人(トラヴォルタ以外)の最後は、あまりにお粗末じゃないですか?
あまりに急ぎ過ぎのような展開です。

subway123-6.jpg

何と言っても、一番お粗末なのはニューヨーク市警の面々。
最初っからヘリを使えよ!ってね。
いやもう、監督が警察大嫌いとしか言いようがないですね。

最初に書いたようにデンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの二人、
彼等の対決?を楽しむだけの映画ですね(^_^;)

☆予告↓






スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB