バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

キングスマン(2014)
【2016/02/26 20:27】 映画き
キングスマン(2014)
 KINGSMAN : THE SECRET SERVICE

king-1.jpg

上映時間 : 129分
製作国 : イギリス
映倫 : R15+

監督:マシュー・ヴォーン
原作:マーク・ミラー
『キングスマン:ザ・シークレット・サービス』
小学館集英社プロダクション刊)
デイヴ・ギボンズ
脚本:ジェーン・ゴールドマン
マシュー・ヴォーン
衣装デザイン:アリアンヌ・フィリップス
出演:
コリン・ファース / ハリー・ハート
マイケル・ケイン / アーサー
タロン・エガートン / ゲイリー・“エグジー”・アンウィン
マーク・ストロング / マーリン
ソフィア・ブテラ / ガゼル
サミュエル・L・ジャクソン / リッチモンド・ヴァレンタイン
ソフィー・クックソン / ロキシー
マーク・ハミル / アーノルド教授
ハンナ・アルストロム / 北欧の王女

高級テーラー“キングスマン”で仕立て職人として働く英国紳士のハリー。
その正体は、どの国家にも縛られることなく秘密裏に正義を遂行する
国際的なスパイ組織“キングスマン”のエース・エージェント。
ある日、エージェントの一人が何者かに殺害され、その欠員を補充するためハリーは、
貧困地区で無軌道な生活を送っていた若者エグジーをスカウトする。
彼の父はキングスマンのエージェントで、17年前、その犠牲的行為でチームを救い、
命を落としたハリーの恩人だったのだ。
こうしてエグジーは、父の後を継ぐべくキングスマンの過酷な新人試験に身を投じていく。
一方ハリーは、天才IT富豪のリッチモンド・ヴァレンタインが
水面下で進めていた恐るべき陰謀の謎を追っていくが…。



king-7.jpg

「キック・アス」のマシュー・ヴォーン監督と原作者のマーク・ミラーのコンビによる
荒唐無稽なおバカ&スパイアクション映画の快作(怪作!?)。
でも意外とまともな!?スパイ映画でもあるし、英国らしさも堪能できます(笑)
オススメです!と言いたいけど、結構人を選びますね。
「キック・アス」がダメな人は受け付けないでしょう。
グロさも満載です。一応R15+だし。セクシーさは少ないけど(笑)

オープニングがダイアー・ストレイツのマネー・フォー・ナッシングで、ラストに
ブライアン・フェリーのスレイブ・トゥ・ラブ。なかなかナイスな選曲。
というより、それがカセットテープから流れる!っていうことが好いですね。

スパイ・アクション映画ですから、先ずはアクション。
何といっても、コリン・ファース!
スゴイです~!!!

king-2.jpg

先ずはパブでひと暴れ。
傘(これが重要な小道具)で、ちょいちょいとチンピラどもをやっつけます。

そしてキリスト教原理主義者が集う教会でも大立ち回り!
凄すぎです~!
ワンカット?とスローモーションによる素晴らしいアクション・シーンです。

コリン・ファースとは関係ないけど、あの花火の打ち上げも最高です。
花火でグロさが美しさに変わりました(笑)
また、防弾スーツ、メガネ、傘、靴等の小道具のバカバカしさも素晴らしい。

king-3.jpg

マーリン役のマーク・ストロング。
キック・アスでは極悪非道の悪役でしたが、ここではなかなか渋い演技を見せます。
あっ、マイケル・ケインもいかにも彼らしい役です。

king-4.jpg

悪役では何といっても、サミュエル・L・ジャクソンとソフィア・ブテラ。
二人ともキッチュさ全開。笑うしかないです。
そうそう、ソフィア・ブテラが演じるガゼルは、キル・ビルで栗山千明が演じたGOGO夕張を思い浮かべます。

king-5.jpg

ちょっと残念は、エグジー役のタロン・エガートンがちょっと地味ですね。
スーツに着替えた時は、これぞ馬子にも衣装という感じで、服装は大事だな~と感心しましたが。
ただあのメガネが何とも言えません(^_^;)
笑ったのが、JBが、“ジェームズ・ボンド”でも“ジェイソン・ボーン”でもなく、“ジャック・バウアー”
だってこと。エグジーらしい趣味?

king-6.jpg

ロキシー役のソフィー・クックソンも地味だな~・・・(笑)

アーノルド教授役のマーク・ハミル、ジジイ役がピッタリ!

あのチンピラどもがタダスマホを入手していないって!?
最後まで生き残っていたとは、ビックリ!
そうじゃないと、あの場面出来ないけどね(笑)

数少ないセクシー場面は、北欧の王女役のハンナ・アルストロムのお尻(笑)
かの国の王室は寛大ですな、日本ではありえません(^_^;)
流石のヴォーン監督も自国王室ネタとしては、お尻出しは出来なかったのかな。

友人と今作について話をしていて、魅力的なヒロインがいないのが残念だな~と言ったところ、
この監督は子供の女は撮れても、大人の女はダメなんだという返事が返ってきて納得(笑)

☆予告







スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB