バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

サウルの息子(2015)
【2017/03/06 19:49】 映画さ
サウルの息子(2015)
 SAUL FIA
 SON OF SAUL

sos-11.jpg

上映時間 : 107分
製作国 : ハンガリー

監督:ネメシュ・ラースロー
脚本:ネメシュ・ラースロー
クララ・ロワイエ
撮影:エルデーイ・マーチャーシュ
音楽:メリシュ・ラースロー
出演:
ルーリグ・ゲーザ / サウル
モルナール・レヴェンテ / アブラハム
ユルス・レチン / ビーダーマン
トッド・シャルモン / 顎髭の男
ジョーテール・シャーンドル / 医者

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所。
ここに収容されているハンガリー系ユダヤ人のサウルは、同胞をガス室へと送り込み、
その死体処理も行う“ゾンダーコマンド”として働いていた。
ある日、ガス室でまだ息のある少年を発見する。
結局亡くなってしまったその少年を、サウルは自分の息子と思い込む。
そしてナチスの監視の目を盗み、ユダヤ教の教義にのっとった
正しい埋葬で弔ってあげようと決意するのだったが…。



sos-22.jpg

本作が長編デビューとなるネメシュ・ラースロー。
これで2015年のカンヌ国際映画祭グランプリ受賞。
2015年のアカデミー賞&ゴールデン・グローブ賞&英国アカデミー賞の外国語映画賞受賞。

sos-33.jpg

もの凄く極端に被写界深度が浅い(ピントの合ってる範囲が狭い)ので、
まずそれで疲れてしまう。
勿論監督の意図は悲惨な場面を見せないようにしていると思われるのですが・・・。
眼の悪い僕にはちょっとつらかった(^_^;)

それに長回し。
これも緊張を強いられるので、疲れる。

死を宣告されたも同然の状況の中で、正気でいられるのか?
やっぱりそれは無理ということなのか・・・。

sos-44.jpg

亡くなった少年を自分の息子と思い込み?ユダヤ教の教義にのっとった埋葬をしようとする
主人公のたった二日間!の姿を描いているのですが、それが死に対する恐怖からくる狂気なのか、
宗教にのめり込み過ぎた(という言い方はいいのかな?)結果なのか、どちらもなんでしょうけど、
それが戦争及びホロコーストの恐ろしさを雄弁に語っています。

もの凄く疲れるけど、観るべき一本と言っていいでしょう。

☆予告







スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB