バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

レッキング・クルー 伝説のミュージシャンたち(2008)
【2017/03/27 20:06】 映画れ
レッキング・クルー 伝説のミュージシャンたち(2008)
 THE WRECKING CREW

wrecking-1.jpg

上映時間 : 101分
製作国 : アメリカ

監督:デニー・テデスコ
撮影:ロドニー・テイラー
トリッシュ・ゴヴォニ
編集:クレア・スキャンロン
出演:
ブライアン・ウィルソン
グレン・キャンベル
ジミー・ウェッブ
ミッキー・ドレンツ
ディック・クラーク
シェール
ハーブ・アルパート
ナンシー・シナトラ
ハル・ブレイン
トミー・テデスコ
キャロル・ケイ
アル・ケイシー
アール・パーマー

ロネッツ、ビーチ・ボーイズ、ママス&パパスはじめ1960年代から70年代のポップス&ロック黄金期の
歴史的名曲の数々をバックで支えたウェスト・コースト・サウンドの影の立役者、レッキング・クルー。
それは、レコードにクレジットもされず、当時は決してスポットライトを浴びることもなかったが、
今やロック史を語る上で欠くことのできない最も重要なスタジオ・ミュージシャン集団のひとつ。
本作はメンバーの一人だったトミー・テデスコの息子デニー・テデスコが監督を務め、
レッキング・クルーの残した偉大な功績を、彼らとレコーディングを共にした
ブライアン・ウィルソンやシェール、ナンシー・シナトラといった一流ミュージシャンの
インタビューを通して明らかにしていく音楽ドキュメンタリー。

本作は2008年に完成し、数々の映画祭で評判を呼んだ後、劇中で使用されている
楽曲全ての権利をクリアした2015年にようやくアメリカで劇場公開が実現した。




wrecking-2.jpg

洋楽ファン必見と言っていい音楽ドキュメンタリー作品。

レッキング・クルーの名前を知らなくても、彼等の参加したレコードの曲を聴いたことが無い!
と言う人は、洋楽ファンじゃ無い日本人でもかなり少ないと思う。
そのジャンルの幅広さもスゴイです。
アメリカン・ポップス、ロック、ソウルまでなんでもござれ。
上記以外にもプレスリー、モンキーズ、カーペンターズ、マーヴィン・ゲイ等など。

wrecking-3.jpg

面白いのは、レッキング・クルーの面々は元々ロックについて知っていたわけじゃなく、
必要に迫られ演奏するようになっていったこと。
時代的にロックが下に見られていた時であり、それこそ生活のために一日10ドルのギャラなら
良い稼ぎであって、家族を養うためなら仕方がないという感じもあったらしい。

もう少し待てば、レコードにクレジットされる時代になったのにね。

本作も面白いけど、ボートラも必見です。

レンタルじゃなくて発売されているDVDだと、すべて観るのに8時間越!だそうです。

wrecking-4.jpg

詳しくはいつもお邪魔しているユッカリーナさんのブログをどうぞ↓

☆ユッカリーナのヨガ的雑記帳

☆予告







スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB