バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992)
【2012/04/09 20:23】 映画せ
セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992)
 SCENT OF A WOMAN

上映時間 157分
製作国 アメリカ

監督:マーティン・ブレスト
脚本:ボー・ゴールドマン
撮影:ドナルド・E・ソーリン
音楽:トーマス・ニューマン

出演:
アル・パチーノ / フランク・スレード中佐
クリス・オドネル / チャーリー・シムズ
ジェームズ・レブホーン / トラスク校長
ガブリエル・アンウォー / ドナ
フィリップ・S・ホフマン / ジョージ・ウィリス・Jr
リチャード・ヴェンチャー / W・R・スレード
サリー・マーフィ / カレン・ロッシ
ブラッドリー・ウィットフォード / ランディ
ロシェル・オリヴァー / グレッチェン
マーガレット・エジントン / ガイル
トム・リース・ファレル / ゲイリー
ニコラス・サドラー / ハリー・ハブマイヤー
ロン・エルダード / 警官
フランセス・コンロイ / クリスティーン・ダウンズ
ジューン・スキッブ
デヴィッド・ランズベリー
ジーン・キャンフィールド / 運転手

ボストンの名門高校に通うチャーリーは、家庭が裕福ではないが、
成績優秀のため奨学金を得て学生生活を送っている。
そんなチャーリーは、クリスマス休暇に実家に帰る旅費を稼ぐため、
あるアルバイトの面接に向かう。
そのアルバイトとは、週末に旅行に出かける家族に代わって、
その家族の叔父である全盲の退役軍人の世話をすることだった。
しかし気難しく人間嫌いなスレード中佐は、チャーリーの受答えが気に入らず、
彼を追い返してしまうが・・・。



この作品で、A・パチーノは七度目のノミネートにして遂にアカデミー主演賞受賞。
ゴールデン・グローブ賞では作品賞、脚本賞、主演男優賞を受賞。

この3月に、エロ・グロ作品を立て続けに観た僕は、ちょっと口直しにと
録画してあったこの作品を、なんと大人向けの恋愛映画と思って観た。

上記のように、大変有名な作品なんだけど、内容のことは全く忘れていた。
チャーリーがスレート中佐に会うシーンを観て、あぁこれは恋愛映画じゃなかった
ってうろ覚えのあらすじを思い出した。

勘違いのモトは、パチーノとG・アンウォーがタンゴを踊るシーン。
このシーンのことだけは覚えていたので、恋愛映画と思っちゃたんだな。
実際このタンゴ・シーンは素晴らしい。
G・アンウォーはこの場面しか出演いていないのだが、めちゃくちゃ心に残る。

あと出演者でオッと思ったのが、フィリップ・S・ホフマンと
ブラッドリー・ウィットフォードのお二人。
こんなところに出ていたんですね。
今じゃすっかり有名人だけどね、二人とも。

ネタバレです。

さてアカデミー賞受賞のアル・パチーノなんですが、
これが何といっていいのやら、旧き良きハリウッド作品を
観ているような演技と言えば分かっていただけるのかな?

或いは、とても舞台的演技と言ってもいいのかな。

他の出演者は、その時代(って1990年代だけど)の演技なのに、
パチーノだけがあのちょっと早口の懐かしの台詞回しをしているから、
どうも気になってしょうがない。

しかし、それがこの元軍人の厄介な性格を表現するのに
必要な要素だってことが後になって分かってくる。

この157分という結構長い作品の120分ぐらいまでは、この厄介な元軍人に、
純情なチャーリーと共に我々観客も付き合わないといけない。

そして、いい加減辟易しているところに、
あの感動的なパチーノの演説が始まる。

この演説のためなら、2時間弱に及ぶ前振りも仕方がない。

そしてもっと感動的なのが、スレード中佐が家に帰ってきたときに、
庭で遊んでいた姪の子供たちと会話する場面。
あの女の子とのやり取り、いいですね。

で、結局この作品結構良かった。
でもこれだけ賞を取るほどかってのは疑問ですが・・・。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:TVで見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/117-ab846950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB