バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

きみがくれた未来(2010)
【2012/04/20 20:44】 映画き
きみがくれた未来(2010)
 CHARLIE ST. CLOUD

上映時間 : 99分
製作国 : アメリカ

監督:バー・スティアーズ
原作:ベン・シャーウッド
『きみがくれた未来』(角川書店刊)
脚本:クレイグ・ピアース
ルイス・コリック

出演:
ザック・エフロン / チャーリー・セント・クラウド
アマンダ・クルー / テス・キャロル
チャーリー・ターハン / サム・セント・クラウド
キム・ベイシンガー / クレア・セント・クラウド
レイ・リオッタ / フロリオ

ヨットの才能に恵まれた高校生チャーリー・セント・クラウドは、
スポーツ奨学金で大学進学も決まり、前途洋々。
だが卒業式の夜、助手席に11歳の弟サムを乗せて車を運転していた時に
大規模な衝突事故に遭遇、チャーリーが奇跡的に命を取り留める一方、
サムは帰らぬ人となってしまう。
弟を守れなかった自責の念に駆られ、葬儀の最中も居たたまれずに
墓地の裏手の森へ駆け込んでいくチャーリー。
そこは、夕暮れ時に兄弟で野球の練習をするのを日課としていた場所だった。
すると、そんな思い出に耽っていたチャーリーの前にサムが現われる。
そして、兄弟は再びこの日課を続ける約束を交わすのだった。
5年後、チャーリーは進学もヨットも諦め、墓地の管理人となってサムとの約束を守り続けていた。
そんなある日、高校の同級生でヨットレースのライバルだったテスと再会。
これをきっかけに自らの人生を見つめ直すチャーリーに、やがて選択の時が訪れる…。



アメリカのスーパー・アイドル?のザック・エフロンが主演の感動ドラマ。

エフロン・ファンには言うことなしでしょう。

が、エフロンに興味の無い人間にとっては、可も無く不可も無くといった程度の作品。
悪くはないけどね。

キム・ベイシンガーは、別に彼女の必要が無い役だけど、
レイ・リオッタはほんの少ししか出ていないけど、いい役です。

一番の問題は、ヒロインが可愛くないこと。
ザックのファンにはそのほうがいいかもしれないが・・・。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/121-26b19f48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB