バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

スーパー・チューズデー ~正義を売った日~(2011)
【2012/10/23 20:07】 映画す
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~(2011)
 THE IDES OF MARCH

上映時間 : 101分
製作国 : アメリカ
映倫 : G

監督:ジョージ・クルーニー
原作:ボー・ウィリモン
脚本:ジョージ・クルーニー
グラント・ヘスロヴ
ボー・ウィリモン

出演:
ライアン・ゴズリング / スティーヴン・マイヤーズ
ジョージ・クルーニー / マイク・モリス知事
フィリップ・シーモア・ホフマン / ポール・ザラ
ポール・ジアマッティ / トム・ダフィー
マリサ・トメイ / アイダ・ホロウィッチ
ジェフリー・ライト / トンプソン上院議員
エヴァン・レイチェル・ウッド / モリー・スターンズ

ペンシルベニア州知事としての確固たる実績に清廉潔白なイメージ、
おまけに申し分ないルックスで有権者の心を掴み、
民主党予備選の最有力候補に躍り出たマイク・モリス。
いよいよ迎えた天下分け目のオハイオ州予備選を目前に、
陣営は緊張と熱気に包まれていた。
そんなモリスの選挙キャンペーンをベテラン参謀のポール・ザラとともに支えるのは、
弱冠30歳にして周囲も一目置く辣腕ぶりを発揮する広報官のスティーヴン・マイヤーズ。
彼もまた、モリスの語る理想に心酔する一人だった。
ところがスティーヴンは、ライバル陣営の選挙参謀から巧みな引き抜き工作を仕掛けられる。
そんな中、選挙スタッフの美人インターン、モリーと親密な関係となり、
束の間の安らぎを得るスティーヴンだったが…。



TVドラマ「ホワイトハウス」が放映されたとき、アメリカ人は初めて、
誰が政治を取り仕切っているのか知ったそうです。
主席補佐官の力があんなに大きいとはビックリ!っていうところでしょう。

それでも、何でも分かったわけじゃない。
政治の世界は謎だらけですね。

日本人にとっても、結局のところ官邸の中のことは分からない。

そして選挙のこともやっぱりわからない。

でも分かったことの一つは、政治(選挙も含めて)は妥協の産物だということ。

それは日本もアメリカも変わらない。

この映画の主人公のスティーヴンも、最初は理想に燃える青年だったのに・・・。

ラストがはっきりせずに終わるところも政治的か。

ジョージ・クルーニーも監督が上手くなってきました。

俳優は主演も助演もみんな良いです。

オススメです。
特に今はアメリカ選挙の時期なので良いかも!
この映画は予備選の話ですが。

予告です↓
http://www.youtube.com/watch?v=VjZqPi-Mxew
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/158-4a0c1bbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB