バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

ローラーガールズ・ダイアリー(2009)
【2012/12/01 20:37】 映画ろ
ローラーガールズ・ダイアリー(2009)
 WHIP IT

RGD1

上映時間 : 112分
製作国 : アメリカ
映倫 : PG12

監督:ドリュー・バリモア
製作:バリー・メンデル
ドリュー・バリモア
原作:ショーナ・クロス
脚本:ショーナ・クロス

出演:
エレン・ペイジ / ブリス・キャヴェンダー
マーシャ・ゲイ・ハーデン / ブルック・キャヴェンダー
クリステン・ウィグ / マギー・メイヘム
ドリュー・バリモア / スマッシュリー・シンプソン
ジュリエット・ルイス / アイアン・メイビン
ジミー・ファロン / “ホット・タブ”・ジョニー・ロケット
ダニエル・スターン / アール・キャヴェンダー
アンドリュー・ウィルソン / レイザー
イヴ / ローザ・スパークス
アリア・ショウカット / パシュ
ゾーイ・ベル / ブラディ・ホリー
ランドン・ピッグ / オリヴァー
アリ・グレイナー / エヴァ・デストラクション
ユーレイラ・シール / シャニア・キャヴェンダー
カルロ・アルバン / バードマン

テキサスの小さな田舎町に暮らす17歳の女子高生ブリス・キャヴェンダー。
美人コンテストで優勝することが娘の幸せにつながると信じる母親に違和感を抱きながらも、
言われるままにミスコン中心の退屈な日々を送っていた。
そんなある日、都会のオースティンに出かけた彼女は、そこで“ローラーゲーム”の存在を知り、
“女性らしさ”なんてお構いなしのワイルドはスポーツにすっかり魅了されてしまう。
そして、家族に内緒のまま年齢を偽って入団テストを受けみごと合格、チームの一員に迎えられる。
こうして、年上の個性的なチームメイトたちの中でもまれながら、
意外にも眠っていた才能を花開かせていくブリスだったが…。



ドリュー・バリモアの初監督作品。

RDG2


青春×スポーツ×コメディ作品としてまずまずの出来。
監督第一作目としてはヨロシイんじゃないですか。

傑作ではないが愛すべき一本。
青春映画の佳作ですね。
オススメします。

RDG3


ローラーゲームなんて子供のころに、テレビで見て以来。
今回やっとルールがわかりました。

そういえば“東京ボンバーズ”とか“ヨーコ”ってどうなったんでしょう?
アメリカではちょっと復活していたようですね。

その子供の頃の記憶なので正確じゃないけど、当時はもっと過激だったような気がする。
それから比較すると、この映画の中でのローラーゲームはちょっとおとなしいので、それが残念。

でもこの程度だったのかな、当時でも。
小学校の頃のことだからね・・・。

エレン・ペイジは欧米人(カナダ人)にしては童顔なので、
相変わらずの高校生の役にまったく違和感無し。
本人はそれが悩みかもしれないが。

RDG7


脇役がまた良い。

両親役の二人もいいけど、監督とかリングアナとかもなかなか良い味でてます。

RDG5


またライバルのアイアン・メイビン役のジュリエット・ルイス。
ビックリ!
クレジット見るまで気がつきませんでした(笑)。
調べてみたら彼女の出演作、ちょこちょこ観てるんだけどね・・・。

RDG4


予告↓
http://www.youtube.com/watch?v=H6AOhfYOE3s

RDG6

関連記事
スポンサーサイト


テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/171-0a314471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB