バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

最強のふたり(2011)
【2013/07/16 22:01】 映画さ
最強のふたり(2011)
 INTOUCHABLES
 UNTOUCHABLE

51AbtVM6vyL.jpg

上映時間 : 113分
製作国 : フランス
映倫 : PG12

監督:エリック・トレダノ
オリヴィエ・ナカシュ
脚本:エリック・トレダノ
オリヴィエ・ナカシュ

出演:
フランソワ・クリュゼ / フィリップ
オマール・シー / ドリス
アンヌ・ル・ニ
オドレイ・フルーロ
クロティルド・モレ
アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ
トマ・ソリヴェレ
シリル・マンディ
ドロテ・ブリエール・メリット

パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ。
彼の新しい介護人募集の面接にやってきたのは、いささか場違いな雰囲気の黒人青年ドリス。
スラム街に暮らす彼の目的は、失業手当をもらうための不採用の証明書だった。
周囲の憐れみの同情と腫れ物に触るような態度に辟易していたフィリップは、
そんなドリスのふてぶてしい態度に興味を抱き、思いつきで採用してしまう。
ドリスには介護の経験がないばかりか、趣味や生活習慣にいたるまで互いが歩んできた世界はまるで水と油。
いつまで持つかと思われたが、障がい者相手にも遠慮することなく本音で接するドリスは、
他の誰よりもフィリップの心を解きほぐし、いつしか2人は固い絆で結ばれていく。



341701_01_03_02.jpg

実話が基ということですが、ドリス役の青年は実話では黒人ではないそうです。

そのことが、あざといと非難の対象になっているけど、フランス本国で大ヒットした作品。
日本でもフランス映画としては異例のヒットだそうです。

確かに、これがなかなか良いんです。
あざとさは感じなかった。

オススメします。

実話と言われても、この二人の関係ってちょっと信じられないんだけど、
ある意味おとぎ話的なところがないでもないが、
湿っぽくないのが、嫌味にならない要因ですね。
日本映画だとなかなかこういう描き方はできないでしょう。

341701_01_02_02.jpg

オープニングで、二人が“障碍者”であることを逆手に、
警官をだます場面でも、不快な気持ちにならなかった。
これってフランスらしいっていうのかな・・・?

しかし、ものの見事に対照的な二人で、笑えます。

クラシックとEW&Fの対比もよいですね。

ドリス役のオマール・シー、スタイル良いね。
スーツ姿バッチリ!

日本語題名はちょっとお気楽ですが、
原題(INTOUCHABLES)は結構深い。
“触られないもの”って訳せばよいのでしょうか?

予告↓





関連記事
スポンサーサイト


テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

これ映画館で見ました!
大音響でEW&Fが気持ちよかったです。

実話を元にっていうのは知ってたのですが
エンディングでモデルのふたりが出てきたとき
黒人じゃないの?!ってなったのを覚えてます。
なんかいままでの夢のような時間を壊されたようなそんな感じがしました。
ドリスのキャラ、背景があっての映画だったので愛着を感じたドリスのモデルの方が
とてもEW&Fで踊りだしそうな感じじゃなかったのが余計にそう思わせました。
最後の実在のふたりの「映像」はちょっと現実に引きもどさせすぎたかなって思いましたね。


映画はものすごくよかったのですけど
【2013/07/24 23:04】 URL | ウナム #A8BJpryA [ 編集]


ウナムさん、こんばんは。

僕はドリスのモデルが黒人じゃないと知っていて映画を観たのですが、
それでもやっぱり、ちょっと残念な感じを受けました。

映画は、完全にドリス=黒人の立場でつくっていますよね。
EW&Fを選択したのも、ドリスが黒人の設定だからだと思います。

でも、映画そのものは良かったと思います。
【2013/07/25 19:50】 URL | バニーマン #- [ 編集]

こんにちは
>警官をだます場面でも、不快な気持ちにならなかった。

そうそう、神経質な人ならカチンと来そうなやり取りなのに、見ていると不思議とそんな気持ちになりませんでした。結局のところ、本人にとって一番気になることは「周りと違う扱い」なんでしょうね。障害や病気などを冗談として笑い飛ばせるくらいの関係になって、以前とはまるで違う様子に周囲の人たちも笑顔になっていくのが印象的でした。

>ドリス役の青年は実話では黒人ではないそうです。

これを読んで衝撃を受けたんですが、私ってばエンディングのご本人の映像をハッキリ見たのに肌の色が違うことに気付いてませんでした…!?
顔が見分けられないというレベルじゃない(汗)
【2017/04/18 13:04】 URL | 宵乃 #K4YeSyNc [ 編集]


宵乃さん、コメント&TBありがとうございます。

やっぱりこういう仕上げが出来るというのが、フランス的(という表現の仕方がいいのかは別として)なのでしょうね。
そのフランスでも、こういう関係が持てる相手を見つけるのに苦労したわけで、
なかなか難しい問題ですね。
だからこそこの映画の価値があるわけで、いやホントに良い作品でした。

>これを読んで衝撃を受けたんですが、私ってばエンディングのご本人の映像をハッキリ見たのに肌の色が違うことに気付いてませんでした…!?

まー、一瞬でしたから(笑)
【2017/04/18 21:41】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/266-b7a98860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「最強のふたり」観ました

原題:INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 製作:フランス’2011 113分 監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ ジャンル:★コメディ/ドラマ【あらすじ】失業手当をもらうため不採用の証明書をもらいに来た黒人青年ドリスは、パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップの介護人として採用される。遠慮なく本音で接するドリスにフィリップは心を開... 忘却エンドロール【2017/04/18 07:05】


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB