バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

リンカーン(2012)
【2013/10/06 23:35】 映画り
リンカーン(2012)
 LINCOLN

344128_01_01_02.jpg

上映時間 : 150分
製作国 : アメリカ

監督:スティーヴン・スピルバーグ
原作:ドリス・カーンズ・グッドウィン
『リンカーン』(中央公論新社刊)
脚本:トニー・クシュナー

出演:
ダニエル・デイ=ルイス / エイブラハム・リンカーン
サリー・フィールド/ メアリー・トッド・リンカーン
デヴィッド・ストラザーン / ウィリアム・スワード
ジョセフ・ゴードン=レヴィット / ロバート・リンカーン
ジェームズ・スペイダー / W.N.ビルボ
ハル・ホルブルック / ブレストン・ブレア
トミー・リー・ジョーンズ / タデウス・スティーブンス

南北戦争末期。国を二分した激しい戦いは既に4年目に入り、
戦況は北軍に傾きつつあったが、いまだ多くの若者の血が流れ続けていた。
再選を果たし、任期2期目を迎えた大統領エイブラハム・リンカーンは、
奴隷制度の撤廃を定めた合衆国憲法修正第13条の成立に向け、
いよいよ本格的な多数派工作に乗り出す。
しかし修正案の成立にこだわれば、戦争の終結は先延ばししなければならなくなってしまう。
一方家庭でも、子どもの死などで心に傷を抱える妻メアリーとの口論は絶えず、
正義感あふれる長男ロバートの北軍入隊を、自らの願いとは裏腹に
黙って見届けることしかできない歯がゆさにも苦悩を深めていく。
そんな中、あらゆる手を尽くして反対派議員の切り崩しに奔走するリンカーンだったが…。



344128_01_02_02.jpg

ダニエル・デイ=ルイスが「マイ・レフトフット」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」に続いて、
3度目のアカデミー主演男優賞に輝いたことくらいしか予備知識になく、
スピルバーグが監督だったことも忘れていて鑑賞(^_^;)。

よって、観出してからこの作品が、リンカーンの伝記映画でないことに気が付きました。

いやいや、伝記映画ではあるんですが、奴隷制度の撤廃を定めた合衆国憲法修正第13条の成立に向け、
リンカーンが多数派工作に乗り出し、いかに13条を成立させるかということにスポットを当てた作品です。

まるで本作の顧客ターゲットを、安倍首相に狙いを定めて製作したかのような作品です。

安部首相の目標が憲法改正なら、96条改正などと姑息な手段を使わず、
正々堂々と3分の2の議席を獲る努力をしてもらいたいです。
正々堂々というのとはちょっと違いますが、議会工作とはこうゆうことなんですね。
むしろ汚い小細工のオンパレード。

日本人はロビー活動が下手なので、リンカーンみたいなことはなかなか無理かも。
でも東京五輪誘致は成功したし・・・と思ったら、あれって外人のアドバイザーを雇っていたんだ。

さてさて150分の長さながら、眠ることもなく観終わりました。

でも字幕だったらちょっときつかったかも。
吹き替えでよかった。

兎に角、言葉の応酬。
いわゆるディベートというやつですかね。
日本人がとっても苦手なものです(笑)。

長いわりには、楽しめたけど、うーむ。
人に勧めるほどかな・・・というのが素直な印象。

“プライベート・ライアン”のようなスゴイ戦闘場面はありません。

政治の話では勿論あるが、家族(妻、息子)についての話でもある。

悩める男の話であり、諦めない男の話でもある。

役者では何といってもダニエル・デイ=ルイスが凄いです。
イメージ通り!のリンカーンです。

344128_01_04_02.jpg

助演ではトミー・リー・ジョーンズの役がよかったし、彼の奴隷制度反対に対する理由が
最後にわかるんだけど、そのエピソードがよかった。

悪妻で有名な? メアリー役のサリー・フィールドも、やっぱり上手い。

暗い場面が多い(時代が時代だから当然)のですが、暗いなりの陰影が素晴らしいです。

劇場ではどうだったかはわかりませんが、レンタルDVDでは、
作品が始まる前に、監督の説明があります。
日本人には馴染みのないお話だと思ったのでしょうか?

予告↓でも監督が挨拶していました。


関連記事
スポンサーサイト


テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/278-522aeebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB