バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

探偵はBARにいる(2011)
【2013/11/01 21:27】 映画た
探偵はBARにいる(2011)

339915.jpg

上映時間 : 125分
製作国 : 日本
映倫 : PG12

監督:橋本一
原作:東直己
『バーにかかってきた電話』(ハヤカワ文庫刊)
脚本:古沢良太
須藤泰司
撮影:田中一成

出演:
大泉洋 / 探偵<俺>
松田龍平 / 高田
小雪 / 沙織
西田敏行 / 霧島敏夫
田口トモロヲ / 松尾
波岡一喜 / 佐山
有薗芳記 / 田口幸平
竹下景子 / 近藤百合子
石橋蓮司 / 岩淵恭輔
松重豊 / 相田
高嶋政伸 / <俺>を拉致した男
マギー / 源ちゃん
安藤玉恵 / 峰子
榊英雄 / スポーツバーのマスター
片桐竜次 / 桐原組組長
桝田徳寿 / ケラーオオハタのマスター
カルメン・マキ / マキ
本宮泰風 / 岩淵貢
吉高由里子 / 近藤恵
街田しおん / 近藤京子
阿知波悟美 / 田口康子
野村周平 / 則天道場塾生
新谷真弓 / スナック元従業員
中村育二 / 南

札幌のススキノでグータラな男・高田を相棒に探偵稼業を営む“俺”。
携帯電話を持たない彼との連絡手段は、もっぱら彼が入り浸るBAR
“ケラーオオハタ”の黒電話。
ある夜、その黒電話に“コンドウキョウコ”と名乗る女からの奇妙な依頼が舞い込む。
いぶかしく思いながらも、簡単な依頼と引き受けてしまった探偵。
案の定、その筋の男に拉致されて危うく死にかける。
腹の虫が収まらない探偵は、キョウコの依頼とは関係なく、報復へと動き出す。
調べを進めていく探偵は、その過程で謎の美女・沙織を巡る不可解な人間関係と
陰謀の匂い渦巻く複数の事件に行き当たるのだが…。



3399151.jpg

ハードボイルド、ミステリー、コメディーの佳作。

コメディーというのがミソかな(笑)。

おちゃらけ気分で観ないと腹が立つかも・・・。

3399152.jpg

日本の探偵ものというと、ショーケンと水谷豊がコンビの“傷だらけの天使(1974年)”と、
松田龍平の父親の松田優作が主演の“探偵物語(1979年)”を思い出します。
コメディー・タッチという点でも、この2作品とどうしても比べてしまいますが、
勿論、かなり違う作品です。

っていうか、テレビドラマと比較しても・・・これ映画だし・・・(^_^;)。
でも、今回テレビで放映されたのを観たのですが、それで十分。
2時間ドラマかVシネかなっていうかんじです。

でもそれなりに面白くて楽しめました。
いろいろツッコミどころは満載ですが・・・。

3399153.jpg

高嶋弟はちょっと不気味!

3399154.jpg

予告↓








関連記事
スポンサーサイト


テーマ:邦画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/289-35c679f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB