バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

きっと、うまくいく(2009)
【2014/01/10 19:56】 映画き
きっと、うまくいく(2009)
 3 IDIOTS
 3バカに乾杯!(したまちコメディ映画祭)

51JjeJnBOm.jpg

上映時間 : 170分
製作国 : インド

監督:ラージクマール・ヒラニ
脚本:ラージクマール・ヒラニ
アビジット・ジョシ
字幕監修:いとうせいこう

出演:
アーミル・カーン / ランチョー
カリーナ・カプール / ピア
R・マドハヴァン / ファラン
シャルマン・ジョシ / ラージュー
オミ・ヴァイディア / チャトゥル
ボーマン・イラニ / 学長
ドゥシャント・ワーグ / ミリ坊主

超難関の名門工科大ICEに入学したファランとラージューは、
そこで超天才の自由人ランチョーと出会う。
彼らは、一緒にバカ騒ぎを繰り返しては鬼学長の怒りを買い、
いつしか“3バカ”として札付きの問題学生となっていく。
そんな中、ランチョーは天敵である学長の娘ピアと恋に落ちるが…。
時は流れ、3人が卒業してから10年後。ファランとラージューは、
行方知れずのランチョーの消息を知っているというかつての同級生と再会する。
そして彼とともにランチョーを探す旅に出るのだが…。



345047_01_01_02.jpg

インド映画歴代興行収入1位を記録し、2010年インドアカデミー賞では
作品賞をはじめ史上最多16部門を受賞したそうです。

僕にとってインド映画というと、昔観たサタジット・レイ監督の“大地のうた”しか
知らない(しかも最後まで観ていないと思う・・・)ので、今作が初のインド映画といっても
差支えないと思う。

そういうわけで、この作品が“ムトゥ 踊るマハラジャ”で有名になった、いわゆるボリウッド
らしい作品なのかはよくわかりませんが、歌も踊りも勿論あるし、上映時間は170分!もあるし、
僕の中では、世間で有名なボリウッド作品を観た!という満足感に浸っております(#^.^#)。

そもそもボリウッド映画を、何故今まで観なかったかというと、どの作品も3時間前後はある
大作ばかりというのが、かの国の作品の常識らしいという知識はあったので、それだけで尻込み
していました。

その上、ボリウッド作品は、基本的に歌と踊りが半分?を占めるミュージカルであるということも
予備知識では知っていて、実を言うと僕はミュージカルが嫌いじゃないけど苦手で、それもボリウッド
作品に近寄らなかった理由でもあります。

しかし、今作は170分もあるということには気付かずに、しかもなかなか感動的な青春映画である、
しかも学園ものである、しかもラブコメである、しかもめちゃくちゃ面白いという評判を耳にして
観る気になりました。

345047_01_02_02.jpg

いや~、観て良かった。
面白いです。
オススメします。

笑って、ハラハラして、泣いて、最後は幸せになります。

170分という上映時間はホントに知らずに観だして、途中で“休憩”があったので、
そこで初めて3時間ぐらいの作品なんだと気付きました。
でも長さは全く気になりませんでした。

主人公のランチョーが何故みんなの前から消えたのか?というミステリーとしてもとても良く出来ていて、
作品の途中に張られた伏線が、最後にすべて明らかになるのですが、それが実に見事です。

また3バカである主人公たちは勿論、敵役の学長でさえも、それぞれが悩みのある人間として描かれているのが、
この作品を飽きることなく最後まで観てしまう、大きな要因になっていると思う。

kitto_3_large.jpg

作品の中で歌われる“Aal Izz Well(アール・イーズ・ウェル)”が、日本語題名になっている
“きっと、うまくいく”という意味だけど、これが癖になります。
オープニングの歌もそうだけど、良い曲多いです。

是非ご覧になってください。

予告↓



関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

うんうん、これは観ましたよ!
めっちゃおもしろいですよねー!

僕もマサラムービーといえば、中途半端なアクションと
観てるほうが恥ずかしくなるようなミュージカルを思い出して、
あまり観たくないなあ、なんてずっと思っていたのですが、
この映画はおっしゃる通り、ホントおもしろいですよねー。

実は、↓僕もレビューを書いたことがあったんです。
http://yurayuragusa.blog.fc2.com/blog-entry-104.html
よかったら、お暇な時にでも、読んでやってください。
【2014/12/05 21:02】 URL | つかりこ #- [ 編集]


つかりこさん、こんばんは。

申し訳ありません(^_^;)、やはり観ていたんですね!

ホントこの作品はよかったですね!

つかりこさんのブログもおじゃまします!
【2014/12/06 19:13】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この作品はボリウッドにしてはミュージカル部分が少ないみたいですね。
「Aal Izz Well」はノリノリでホント楽しかったです♪
ミュージカルは大好きなんで、もっと多くても良かったけど…(笑)

色んな要素が詰め込まれていて、広く愛される作品だったと思います。
バニーマンさんのように、この映画をきっかけにボリウッド作品に興味を持った人は多いでしょう。
これを見ると他のインド映画も見たくなりますね~♪
【2015/04/03 08:09】 URL | 宵乃 #K4YeSyNc [ 編集]


宵乃さん、こんばんは。

>この作品はボリウッドにしてはミュージカル部分が少ないみたいですね。

そうなんですか!?
これで少ないって、本物の?ボリウッドってどれだけ歌って踊るんでしょう・・・(^_^;)。

>バニーマンさんのように、この映画をきっかけにボリウッド作品に興味を
>持った人は多いでしょう。
>これを見ると他のインド映画も見たくなりますね~♪

インド映画云々という前に、これはやっぱり面白い作品ですからね。
でも他のインド映画にも興味が沸いてきました!
【2015/04/03 19:25】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/311-c30c213f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「きっと、うまくいく」観ました

原題:3 IDIOTS 製作:インド’2009 170分 監督:ラージクマール・ヒラニ ジャンル:青春/コメディ/ドラマ【あらすじ】超難関の名門工科大ICEに入学したファランとラージューは、そこで自由人ランチョーと出会う。3人はバカ騒ぎを繰り返しては鬼学長の怒りを買いながら、友情を深めていった。だが、ランチョーは卒業と共に姿を消し、その10年後、やっと行方の手がかりをみつけ…。まと... 忘却エンドロール【2015/04/03 07:33】


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB