バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

モスラ対ゴジラ(1964)
【2014/08/04 20:53】 映画も
モスラ対ゴジラ(1964)

qwesawed.jpg

上映時間 : 89分
製作国 : 日本

監督:本多猪四郎
製作:田中友幸
脚本:関沢新一
撮影:小泉一
美術:北猛夫
編集:藤井良平
音響効果:西本定正
音楽:伊福部昭
アクション:中島春雄 / ゴジラ
特技・合成:向山宏
特技・撮影:有川貞昌
富岡素敬
特技・美術:渡辺明
特技監督:円谷英二

出演:
宝田明 / 酒井市郎(毎朝新聞記者)
星由里子 / 中西純子(毎朝新聞記者)
小泉博 / 三浦(生物学博士)
ザ・ピーナッツ(伊藤エミ・ユミ) / 小美人
藤木悠 / 中村二郎(毎朝新聞記者)
田島義文 / 熊山(ハッピー興行社長)
佐原健二 / 虎畑万造(実業家)
谷晃 / 網元
木村千吉 / 漁民
中山豊 / 漁民
田武謙三 / 愛知県会議員
藤田進 / 対策本部長
八代美紀 / 女教員
小杉義男 / インファント島長老
沢村いき雄 / 神主
田崎潤 / 丸田(毎朝新聞社会部デスク)

嵐によってインファント島から巨大な卵が日本に漂着した。
成虫モスラと小美人は、卵の所有権を主張する興行師に返還を願うが聞き入れられない。
小美人たちが帰途に着いたころ、ゴジラが復活し名古屋を壊滅状態に陥れる。
そして卵をも破壊しようとしたとき、成虫モスラが現れた。
ゴジラを相手に善戦するも、ついに力尽きて倒れるモスラ。
だが、卵からは双子の幼虫モスラが孵り、ゴジラに攻撃を始めたのだった……。



0-9876.jpg

面白い。
オススメ!
ツッコミどころは満載ですが(^_^;)。

モスラ(1961年)の続編であり、ゴジラ・シリーズの第四作目として公開された。
題名から分かるようにモスラが主役です。“ゴジラ対モスラ”ではない。

よって?ゴジラは悪役であり、一作目のように核問題等の社会性は持ち合わせていない。
ひたすら暴れて街を壊す破壊者に徹している。

このゴジラが出現する場面がかっこいいです。
まず尻尾からでてきて、その後全身が現れる。
真昼間の明るい場面で、くっきりはっきりわかる出現場面。
暗くてよくわからない最近のCG映画と違って、いいな~!

img_2.jpg

今回壊されるのは、四日市のコンビナート、テレビ塔、名古屋城。
名古屋城を壊す前に、足を城の堀に落として、城に倒れるように壊すけど、
着ぐるみ役の中島春雄さんがこけたようにしか見えない(笑)。

そんなゴジラに対して、モスラが親子で立ち向かうわけですが、どうしてモスラが
ゴジラに勝てたのか、観終わったいまでもよくわからない(^_^;)。
どうしてもモスラの方が強いって思えない。
まーでもモスラが主役?だからこれでいいんでしょう。
それに面白かったからいいや・・・(笑)。

それとモスラ(1961)の続編ということですが、それもちょっとへんな続編ですね。
ゴジラも交えて新たにつくったモスラ映画というかんじです。
ザ・ピーナッツが出演しているモスラ映画は、モスラ(1961)、今作、三大怪獣 地球最大の決戦(1964)の
三作品なんですね。1964年に二作品も公開しているんだ。

で、そのモスラといえば、幼虫はとっても気持ち悪いです(苦笑)。
ある意味、虫らしくてリアルということです。
いやリアルすぎて・・・(^_^;)。
ゴジラのフィギュアは欲しいけど、モスラの幼虫のフィギュアはタダでもいらない!
まーモスラは成虫でも欲しくないけどね。
でも子供のころはかわいいと思っていたんだろうな・・・。

alkio12.jpg

インファント島にゴジラ退治の協力のお願いをしに行った時、なぜか酒井、純子、三浦博士の
3人の服装が、突然スーツ姿になっていたのは、とても謎だし、オカシイ。
インファント島の人々が日本語なのもオカシイけどね。

でも全体として観れば、面白くてオススメです。

自衛隊の攻撃も、熊山と虎畑の悪役二人の顛末も、マスコミ批判も、水爆実験批判も
子供向けじゃなく大人が観て楽しめるものになっています。

98701235.jpg

島の分校の校長先生がいいですね。
「船を出してくれ!私は子供たちに責任があるんだ!」
それに比べて熊山と虎畑の悪役二人の情けないこと・・・トホホですね。

それと卵ばっかり食べてる中村(藤木悠)が最後にまともな質問をしますね(笑)。
「このまま返しちゃうのかい?せめてお礼くらい言わなきゃ」

予告↓

関連記事
スポンサーサイト


テーマ:邦画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

こんばんは。

モスラが勝ったというよりゴジラが根負けして「疲れたからもう帰る」という流れだったようにも感じました(^_^;)

いやー、でもこの映画好きですよ。ゴジラ映画のだと自分の中じゃベスト5には入ってますね(バニーマンさんも書いておられる「船を出してくれー!」の校長先生の台詞直後に山向こうからぬっと登場するゴジラがめっちゃ怖かったです・・・(ーー;))
【2014/08/05 22:37】 URL | しろくろShow #- [ 編集]


しろくろShowさん、こんばんは。

>ゴジラが根負けして「疲れたからもう帰る」

そうかもしれませんね!
あれで終わり?っていうかんじの負け方でしたから(笑)。

僕は今のところ、この作品がゴリラ・シリーズの中で第二位です。
ちゃんと録画しておいてよかったです!
【2014/08/06 18:39】 URL | バニーマン #- [ 編集]

こんばんは
小学生のころ、東京を火の海にしてゴジラとモスラと自衛隊が戦うシミュレーションボードゲームを持ってました。

体力にも攻撃力にも影響はないけれど、移動力だけを削っていく幼虫モスラの糸吐き攻撃は、ハマると実にゴジラプレイヤーのやる気を失わせるものでした。体力も攻撃力も有り余っているのに、動けないのをいいことに自衛隊の吹けば飛ぶような戦車が熱線の死角から卑怯にも撃ってくるんですから。

結論として、代わりに相手を殴ってくれる味方がいるのなら、支援としてのモスラの糸吐きは地味ながら最強です。
【2014/08/06 20:09】 URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg [ 編集]


ポール・ブリッツさん、こんばんは。

>支援としてのモスラの糸吐きは地味ながら最強です

そうですね、その上幼虫は2匹もいるのですから、
けなげで非力(としか思えない)ながら、結果として強かった!と
いうわけですね。

ボードゲームが存在するとは知りませんでした。
大人がやっても興奮するんでしょうね(笑)。
【2014/08/07 19:22】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/363-ac4dbd8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB