バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

Elliott Murphy / Just a Story from America(1977)
【2014/12/23 21:25】 音楽え
Elliott Murphy / Just a Story from America(1977)
 エリオット・マーフィー / アメリカン・ヒーロー

j-261.jpg

1. Drive All Night
2. Summer House
3. Just A Story From America
4. Rock Ballad
5. Think Too Hard
6. Anastasia
7. Darlin' (And She Called Me)
8. Let Go
9. Caught Short In The Long Run


1949年、ニューヨーク生まれのシンガー・ソングライター。
1973年にデビュー。
“アメリカン・ヒーロー”は1977年発表の4枚目の作品。



最近は物忘れが激しくて、特に映画のあらすじとかはすぐ忘れてしまって、ネットで
レンタル予約したのはいいけど、届いたころにはそれがどういう映画なのかすっかり
忘れているというのが普通になってしまいました・・・。
おかげで予備知識無しに観ることが出来、それはそれで新鮮でいいです(笑)。

そんなわけで、CDの新譜紹介を読んでも、最近のはすぐ忘れてしまうのですが、
何故か昔読んだ新譜紹介記事とかは意外と覚えていたりするんですね。

ただ悲しいかな、完全に覚えているわけじゃなくて、かなり断片的だったりするわけで、
このエリオット・マーフィーの四作目も、ジャケット写真は覚えていたのですが、それ以外は
アーティスト名もアルバム・タイトルもあやふやにしか思い出せないでいました。

数年前に突然、このアルバムのことを思い出したので買おうとしたのですが、当時は廃盤か、
もしくはまだCD化されていないかで、入手できませんでした。
その後、すっかりこのアルバムのこともエリオット・マーフィーのことも忘れていましたが、
今年また突然思い出したのです!

なんと数年前にCD化されていました。
で、慌てて買っちゃいました(笑)。

実はこのアルバムどころかエリオット・マーフィーの作品って一度も聴いたことがなくて、
雑誌(多分FMレコパル)の新譜紹介で読んだのと、渋谷陽一氏がラジオで彼を紹介したのを
聴いたぐらいなんです。ラジオで紹介されたからには曲もかけたはずなんだろうけど、まったく
記憶にございません・・・(^_^;)。

というわけで、初エリオット・マーフィー(多分)なわけですが、一曲目を聴いて椅子から
落ちそうになりました。軽い・・・。まったく予想外の軽さでした。
77年の作品なので仕方ないけど、音もチープ・・・。

一曲目も軽いけど、タイトル曲も軽い(軽やかというべきかな・・・)。

いやいや、ホントにビックリで、最後まで聴き続けましたが、全体通して何だか軽い・・・(^_^;)。

でも軽い、軽いと書いていますが、出来はなかなか良いです。
買ってよかった(笑)。
でもジャケットデザインが気に入っていたので、紙ジャケならもっと良かったのにと思っていたら、
商品到着後に日本盤では紙ジャケがあることに気が付きました・・・(泣)。

歌声を聴いて誰かに似ているなーと考えていたら分かりました、トム・ペティです。
声の雰囲気が似ているんですよね、トムに。

アルバム発売当時、渋谷君はスプリングスティーンとかと比較して紹介していたような記憶があります。
その他、ジャクソン・ブラウンとか、所謂ロック系のシンガー・ソング・ライター達ですね。

今、ちょっと調べたらマーフィーもディランズ・チルドレンと言われていたそうです。

でも曲の感じは随分違います。
いや、曲の感じじゃなくて、音の感じが違うんですね。

この作品はアメリカっぽくないんですよね。ってジャケット見たらロンドン録音。
ドラムにフィル・コリンズ。ミック・テイラーが参加している曲もあります。
そういったところがアメリカ人っぽくない“音”に感じられるのでしょうね。

①Drive All Nightは日本のルースターズもカヴァーしたそうです。
それを知ると、なるほどアメリカっぽくないというのも納得です。

輸入盤なので歌詞カードは付いていません。何について歌っているのか分かりませんが、
曲の感じは切ないものも多いです(バラードが多いということもある)。

全曲捨て曲無しです。
何故売れなかった(僕の記憶では・・・)のかなと思いますが、
ポップとは言えないから、仕方ないか。

↓邦題が「真夜中の暴走」だそうです、オイオイですね。

drive all night



↓歌詞の内容は全然分かりませんが、曲だけならクリスマスっぽいです(笑)。
良い曲ですよ!

Anastasia



↓タイトルトラックのライヴ版。
邦題は“アメリカン・ヒーロー”。

Just a Story from America Live 1982



関連記事
スポンサーサイト


テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/402-ba3f58fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB