バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

第87回アカデミー賞授賞式
【2015/02/26 20:46】 映画ー賞
第87回アカデミー賞授賞式

2fd7dcb421ae4fb4109c4158c42ac496.jpg

早速、友人がDVDを貸してくれたので、鑑賞しました。

やっぱりオープニングは良く出来ています。
アメリカのエンタメ界はスゴイですね。

それとアメリカ政府を茶化すのも批判するのも立派です。
日本のメディアの酷いことと比べたら・・・。

あのおバカコメディ(らしい・・・)「ザ・インタビュー」もアメリカ人にとっては、アメリカ政府をバカにしている
のがとっても面白いとのこと(僕は観ていないので分かりませんが・・・)。

今回、長編ドキュメンタリー賞を受賞した「Citizen Four」はエドワード・スノーデンを題材にした作品で、
ポイトラス監督は「私たち全員に影響する最も重要な事柄が、秘密裏に決定されている。支配権力を
チェックする能力を私たちは失っている」と訴えました。

助演女優賞のパトリシア・アークエットは、「命を授けた全ての女性、納税者、そしてこの国の皆さん、
わたしたちは平等の権利のために闘ってきましたね。賃金平等への闘いはもうこれきり、アメリカの
女性たちは平等の権利を手にする時なのです」とスピーチした。

主題歌賞を受賞したたコモンとジョン・レジェンド。まずコモンが「まず、私たちと共に生きてくださる神様に感謝を。
先日ジョンと私はセルマに行き、キング牧師たちが50年前に行進したのと同じ橋に向かいました。この橋は、
かつてはこの国を南北に分かつ目印だったが、今は変化の象徴です。この橋のスピリットは、人種、ジェンダー、
宗教、性的指向、社会的地位を一変させました。この橋のスピリットは、よりよい人生を夢見ているシカゴの
サウスサイド出身のこの私を、表現の自由のために立ち上がっているフランスの人たち、そして民主主義を
求めて闘っている香港の人たちとつなげてくれた。この橋は希望によって作られ、同情によって溶接され、
全人類への愛によって高く架けられるのです」と語った。
続けてジョン・レジェンドは、「ニーナ・シモーンはかつてこう言っていた。いま我々が生きている時代を
反映させることは、アーティストの責務であると。私たちがこの曲を書いた映画は、50年前に起こったことを
基にした作品です。しかし、『Selma』に描かれていることは今も起こっている。公正を求める闘争は今まさに
起こっているからです」、「自由と公正を求める闘争は現実のものです。私たちは世界でもっとも投獄される国に
住んでいます。1850年に奴隷にされていた人たちよりも、さらに多くの黒人が矯正施設に入れられているのです」、
「私たちが伝えたいのは、私たちの曲と共に行進するとき、私たちはあなたたちと共にあるということです。
あなたたちを愛しています。そして行進を続けましょう。神のご加護を」などとスピーチした。

ナオミ・ワッツが以前、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の名前が上手く言えなかったことがあったが、
前年トラボルタが「アナと雪の女王」の主題歌を歌ったイディナ・メンゼルの名前を「アデル・ダズィーム」と盛大に
間違えてから1年。メンゼルが1年越しにリベンジを果たしました(笑)。

最近はアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督を筆頭に、ハリウッドでメキシコ人監督の活躍が目立ちますが、
イニャリトゥ監督がスピーチの中で移民政策の強化をしないでと訴えていましたね。

ハリウッドで凄いのは、今回「サウンド・オブ・ミュージック」の50周年記念ということで、なんとその歌手にガガを
抜擢!?したことですね。いや歌が上手いとかは問題無いのです。そのセンス(勇気?)がスゴイな~と(笑)。
そのあと、ジュリー・アンドリュースが登場したのも良かったですよね。

0ecf4e85524223a4bc4cf4486e8df2ec.jpg

以上、とりあえず簡単な感想を・・・(^_^;)。



☆作品賞は「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

30978c5e498c170d024ba7f84e2f6976.jpg

☆監督賞はアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」)

9c1fbefcc0bf76d619cc325e4c8f50cf.jpg

☆主演男優賞はエディ・レッドメイン(「博士と彼女のセオリー」)

aeffeb9d3fde59c33d36c6491ff23d68.jpg

☆主演女優賞はジュリアン・ムーア(「アリスのままで」)

75f31116f2496927efbb5bc1ef89a46a.jpg

☆助演男優賞はJ・K・シモンズ(「セッション」)

f7b61b15aa934b943e2aeadeeea13e89.jpg

☆助演女優賞はパトリシア・アークエット(「6才のボクが、大人になるまで。」)

4d052d31100080b539bea39f8fdc9ede.jpg

☆脚色賞はグレアム・ムーア(「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」)

☆脚本賞はアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・Jr.、
 アルマンド・ボー(「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」)

☆撮影賞はエマニュエル・ルベツキ(「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」)

☆編集賞はトム・クロス(「セッション」)

☆美術賞は「グランド・ブダペスト・ホテル」

☆視覚効果賞は「インターステラー」

☆音響編集賞は「アメリカン・スナイパー」

☆録音賞は「セッション」

☆衣装デザイン賞はミレーナ・カノネロ(「グランド・ブダペスト・ホテル」)

☆メイクアップ&ヘアスタイリング賞は「グランド・ブダペスト・ホテル」

☆作曲賞はアレクサンドル・デプラ(「グランド・ブダペスト・ホテル」)

☆主題歌賞は“Glory”(「セルマ(原題)」)

☆Common, John Legend - Glory



☆外国語映画賞は「イーダ(ポーランド)」

☆短編実写映画賞は「The Phone Call」

☆長編ドキュメンタリー賞は「Citizen Four」

☆短編ドキュメンタリー賞は「Crisis Hotline: Veterans Press 1」

☆長編アニメーション賞は「ベイマックス」

☆短編アニメーション賞は「愛犬とごちそう」



☆『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』日本版予告編





関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/420-b9080cf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB