バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

インターステラー(2014)
【2015/06/08 21:45】 映画い
インターステラー(2014)
 INTERSTELLAR

inter-1.jpg

上映時間 : 169分
製作国 : アメリカ

監督:クリストファー・ノーラン
脚本:ジョナサン・ノーラン
クリストファー・ノーラン
撮影:ホイテ・ヴァン・ホイテマ
音楽:ハンス・ジマー
出演:
マシュー・マコノヒー / クーパー
アン・ハサウェイ / ブランド
ジェシカ・チャステイン / マーフ
エレン・バースティン / マーフ
マイケル・ケイン / ブランド教授
マッケンジー・フォイ / マーフ
ティモシー・シャラメ / トム
ジョン・リスゴー / ドナルド
デヴィッド・オイェロウォ / 校長
ケイシー・アフレック / トム・クーパー
マット・デイモン / ヒュー・マン(博士)
声の出演:ビル・アーウィン / TARS
     ジョシュ・スチュワート / CASE

近未来の地球。
環境は加速度的に悪化し、植物の激減と食糧難で人類滅亡の時は確実なものとして迫っていた。
そこで人類は、居住可能な新たな惑星を求めて宇宙の彼方に調査隊を送り込むことに。
この過酷なミッションに選ばれたのは、元テストパイロットのクーパーや
生物学者のアメリアらわずかなクルーのみ。
しかしシングルファーザーのクーパーには、15歳の息子トムとまだ幼い娘マーフがいた。
このミッションに参加すれば、もはや再会は叶わないだろう。
それでも、泣きじゃくるマーフに“必ず帰ってくる”と約束するクーパーだったが…。



inter-2.jpg

「アデル、ブルーは熱い色」のところでも書いたのですが、これとアデルの2本立てでツタヤから
DVDが送られてきた時には、ちゃんと考えて送ってくれと思ってしまいました。
レンタルの場合、一日で観るわけじゃないけど、169分と179分なので、ちょっとビビりました(^_^;)。

しかしブログを読まさせて頂いてる方々は、長さは気になりませんと皆さん書いているので、
安心して観ました。いやホント、長さは気になりませんでしたね。面白い!
でも短くしてよ!というのも本音です(笑)。

inter-3.jpg

賛否両論ある作品ですが、僕は楽しめました。
楽しめたどころか、SF映画というカテゴリーの中では、かなり上位に上がる作品とすら思っています。
クリストファー・ノーラン監督作品の中でも一番かも・・・。
「ダークナイト」「ダークナイト ライジング」より上かな?

あー、大画面で観たい(観るべき)作品ですね!

上映時間と共に心配していた科学知識も、そんなの無くても関係なかったし(勿論あった方がもっと
楽しめただろうけど・・・)。

inter-5.jpg

そうそうこの映画は、壮大なSF作品の顔をした愛情物語なんですね。
家族の愛、男女間の愛、何にせよ、それがテーマです。

でも愛をテーマにしたということはどうでもよいくらい、SF映画として面白いです。
この映像を体験できるというのが、やっぱりこの映画の凄さだと思う。

SF系の中でも宇宙を描いたものって、なんだかんだと言っても、行ったことが無い宇宙を
見せてくれる楽しさですよね、醍醐味は。

「2001年宇宙の旅」を初めて観た時のワクワク感、あれですよ。
2001年ってすでに過去なんだけどさ・・・(笑)。

だから自分に科学的知識が無いのが残念です。
って、勉強をしようとは思わないけど(^_^;)。

inter-6.jpg

マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、マッケンジー・フォイ良かったです。
マット・デイモンも予想外に良かった。
というか、最初はマット・デイモンって分かりませんでしたが・・・。
役名が“ヒュー・マン”というのが、重要ですね。

エレン・バースティン、お元気だったんですね・・・(^_^;)。

inter-4.jpg

↑この二人も良かったよ(^_^;)。

で、ここまで書いておいて、やっぱりこれはツッコミどころ満載の作品でもあります(笑)、と。

あらすじ読んで思ったのは、これは“宇宙戦艦ヤマト”か?と思ったこと。
ノーラン監督がヤマトを知っているとは思えませんが、よく似ている話だなと。

そもそも宇宙にこれだけ出ていけるなら、地球を救える科学は進歩しないんですかね?
しかし現在の人類の無節操な営みは、この映画で描かれる未来につながる可能性大です。

あの“幽霊”があれか・・・(笑)。
面白いけど、ちょっとあそこだけ何だか、オカルトもSFですね。
科学的に成り立っているんでしょうけど・・・。

あのロボット、良く言えばレトロでカワイイんだけど、子供の段ボール工作のようで、
もうちょっと何とかならなかったんですかね。
まー、味はありますが(笑)。

ブランド教授、長生きし過ぎというか、お年取らな過ぎじゃないですか・・・?
マイケル・ケインはピッタリですが。

でも兎に角、面白かったです!

☆予告





ここまで書いていてこんな映像↓を発見しました。。
とっても科学的につくっていたんですね。
っていうか、これ観て、あーこんなに凄かったのかと、いまさらながら理解しました(^_^;)。

☆『インターステラー』スペシャル映像




関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

幽霊の下りから様々なことが判明していくあたり、ちょっと頭がこんがらかりませんでした?
でも素晴らしい作品ですよね。
CGも素晴らしいのですがセットにもこだわりを持って制作したそうで、あの家やトウモロコシ畑は実際に映画のために数か月かけて作り上げたものだそうですよ。
やっぱり規模が違いますよね~。
【2015/06/09 10:20】 URL | タルトFC2 #- [ 編集]


タルトさん、こんばんは。

>幽霊の下りから様々なことが判明していくあたり、ちょっと頭が
>こんがらかりませんでした?

なにがなんだかよく分かりませんでした(^_^;)。

>CGも素晴らしいのですがセットにもこだわりを持って制作したそうで、
>あの家やトウモロコシ畑は実際に映画のために数か月かけて
>作り上げたものだそうですよ。

そうらしいですね。なるべく実写にこだわったようで、スゴイですね。
こういうのは今の日本では無理ですね・・・。
【2015/06/09 20:39】 URL | バニーマン #- [ 編集]


> そもそも宇宙にこれだけ出ていけるなら、
> 地球を救える科学は進歩しないんですかね?

↑そうですよねー。
時空を超えるより、そっちのほうが楽かもです。

> あらすじ読んで思ったのは、これは“宇宙戦艦ヤマト”か?と思ったこと。

↑そうですね。ヤマトと動機とやってることが一緒ですね。
まあ、“地球外で暮らす” 系は、たくさんありますが、
言われてみれば、そういう設定を最初に映像化したのは、ヤマトかなあ?

火星移住者を募集しているようです。
片道切符でいくんですよ。
火星居住のためのプランのコンペも行われているようです。
まじで、地球脱出を考えているんでしょうね、人類は。
【2015/06/16 02:05】 URL | つかりこ #- [ 編集]


つかりこさん、こんばんは。

>時空を超えるより、そっちのほうが楽かもです。

僕の感覚からすると、その方が簡単のような気がしますが・・・。
地球を良くするSFってあまり記憶にないんですよね。
不思議だな。

>言われてみれば、そういう設定を最初に映像化したのは、ヤマトかなあ?

ヤマト(TV版)を見たのが中学生の時なので、影響が大きいのかもしれません(笑)。
確か再放送を平日毎日放映していたような記憶が・・・。
学校でヤマトの話ばっかりでしたよ、男子は。

>火星移住者を募集しているようです。
>片道切符でいくんですよ。
>火星居住のためのプランのコンペも行われているようです。
>まじで、地球脱出を考えているんでしょうね、人類は。

らしいですね。
僕は遠慮しておきます・・・(^_^;)。
【2015/06/16 19:45】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/444-5b6511ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB