バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~(2013)
【2015/06/29 22:22】 映画あ
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~(2013)
 ABOUT TIME

at-1.jpg

上映時間 : 124分
製作国 : イギリス

監督:リチャード・カーティス
脚本:リチャード・カーティス
出演:
ドーナル・グリーソン / ティム
レイチェル・マクアダムス / メアリー
ビル・ナイ / ティムの父親
トム・ホランダー / ハリー
マーゴット・ロビー / シャーロット
リンゼイ・ダンカン / ティムの母親
リディア・ウィルソン / キットカット
リチャード・コーデリー / 叔父さん
ジョシュア・マクガイア / ロリー
ウィル・メリック / ジェイ
ヴァネッサ・カービー / ジョアンナ
トム・ヒューズ / ジミー

イギリス南西部コーンウォール。
何をやっても上手くいかない冴えない青年ティム。
いまだ恋人もいない21歳の誕生日、父親から思いも寄らぬ事実を告げられる。
それは、一家の男たちにはタイムトラベルの能力があるとうものだった。
驚くティムだったが、その能力を活用して恋人作りに奔走する。
やがてロンドンで働き始めたティムは、チャーミングな女性メアリーと出会い、
恋に落ちるのだったが…。



at-6.jpg

「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督らしいロマンティック・コメディ。
今回はSF作品でもあります。

オススメです。
最近はちょっと変わった作品ばかり取り上げていましたが、これは普通にオススメします(笑)。
もっともカーティス監督が嫌いではどうしようもないですけど・・・。

この作品、去年日本でも公開されていたようなんですが、僕はまったく知りませんでした(^_^;)。

DVDのレンタルが始まったのでようやく知ったのですが、雑誌でもラジオでもやたら褒めるので、
内容をよく知らずにレンタル予約しておいたら、意外と早く届きました。

上手く説明できませんが、如何にも英国風という趣も好いです。

at-2.jpg

何をやっても上手くいかない青年ティムは、21歳の誕生日に父からとんでもない告白を受ける。
それは一家代々、男だけにタイムトラベルの能力が備わっているというものだった。

で、一目ぼれした女性メアリーと上手くいくために、その能力を最大限活用する。
その努力(といっていいのか?)の甲斐あって、めでたくメアリーと結ばれるのだが・・・。

at-3.jpg

ただ、ここまでは普通にコメディーなんですけど、やっぱり人生いろいろで、厄介な問題もわんさか起きます。
いくらタイムトラベルの能力があるといっても、そうそうすべてが上手くいくわけではない。

で、主人公は気付くわけですよ、人生で大事なことって何か?

上手くいかない日を、タイムトラベルで戻ってやり直してばかりでいいのか?

そんなのはダメだ、その日その日を悔いの無いように生きよう!
戻ることのない時間が愛おしいのだと。

勿論ツッコミどころ満載の作品ではあります。
だいたいタイムトラベルで彼女を手に入れるって、ズルじゃん。
でも観終わって、どうでもよくなりました(笑)。

ティムの家族がかなり変わりものというのは、ちょっとなーと思いましたが、
父親のビル・ナイや叔父さんのリチャード・コーデリーとか憎めないです。
キットカットは可哀そうでしたが、そういうメンバーも一人はいないと・・・。

やっぱり英国の父親は、ビル・ナイですね!

レイチェル・マクアダムスは最初、誰か分からなかったんです。
誰が世界一の美女だよ?とさえ思いました(^_^;)。
弁解じゃないけど、メガネ女子だからじゃないですよ。
僕はメガネ女子、どちらかというとタイプですから・・・。
でも最後には彼女も可愛く見えてきました(笑)。

at-4.jpg

メアリーはケイト・モスのファンという設定なんですけど、誰の趣味なんだろう?
ケイト・モスが出現してからかな、痩せ過ぎモデルが売れっ子になったのって。
痩せているのはケイトの責任ではないですけどね・・・。

ティム役のドーナル・グリーソンは冴えない青年を好演。
でも、上手くいかない若者が、弁護士になれる?
その上不思議なのは、弁護士なのにお金がぜんぜん無いこと。
英国でも弁護士って余っている?

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」にも出ていたマーゴット・ロビーが、
ここでもセクシーな女性役で主人公をクラクラさせます(笑)。

at-5.jpg

この映画のもう一つの魅力は音楽。
サントラ買おうか悩んだぐらい。
まだ買っていませんが・・・(^_^;)。

カーティス監督は音楽のセンスいいですね。

テーマ曲いいですよ↓

☆About Time - Theme



☆予告↓





関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

どうも。ブログ「知らないって、新しい。」のkoyoと申します。
私は昨年映画館で見ました。
リチャード・カーティス最後?の作品ということで見に行きましたが、とてもよかったです。途中まで、上手くいかないとなんでもかんでもやり直せばいいという、自分勝手な主人公になかなかなじめませんでしたが、最後は上手くまとまったと思います。
How Long will I Love Youの挿入歌が結構物語の欠陥を補ってくれていたような気もします。
あとは、まっくらなバーでのやり取りとか、結婚式でスローモーションにカンツォーネ?っぽい曲と雨を合わせるセンスとか、よかったです。久々に映画らしい映画を見たって感じがしました。
これ以来、レイチェルマクアダムスにハマって彼女の作品は結構見ました。最近だと、きみに読む物語、パッションなんかがよかったです。
【2015/06/30 18:31】 URL | koyo #- [ 編集]


koyoさん、コメントありがとうございます。

koyoさんのブログ、題名通り知らないことばかりで勉強になります。

>リチャード・カーティス最後?の作品ということで見に行きましたが、とてもよかったです。

監督、まだそんなにお歳じゃないと思いますが、もったいないですね。

>途中まで、上手くいかないとなんでもかんでもやり直せばいいという、
>自分勝手な主人公になかなかなじめませんでしたが、
>最後は上手くまとまったと思います。

僕も最初はなんだこれって思いながら観ていましたが、結局はちょっと泣ける話で、
やられちゃいましたね(笑)。

>How Long will I Love Youの挿入歌が結構物語の欠陥を補ってくれていたような気もします。

この曲に限らず、音楽は良かったですね。
確かに、文句言いつつ楽しめたのは、音楽の力が大きいかも!

>これ以来、レイチェルマクアダムスにハマって彼女の作品は結構見ました。
>最近だと、きみに読む物語、パッションなんかがよかったです。

僕はまだ彼女にハマってはいませんが(^_^;)、この作品でちょっと見直したところです。
きみに読む物語、パッションもどちらも未見です・・・(^_^;)。
【2015/06/30 20:42】 URL | バニーマン #- [ 編集]


いきなり魔法使いかい、って感じで始まりますが、
だんだんファンタジーとしておもしろくなっていきますよね。

レイチェル・マクアダムスが、ホントめんこい!
僕もこの人の映画、もっと観たいと思って、
『きみがぼくを見つけた日』というやつも観てしまいました。
『アバウト・タイム』より、もう少しシリアスな内容ですが、
同じようなタイムループものでした。
タイムループものの女王になりつつあるのか?(笑)
けっこうおもしろかったですよ。
どっちのレイチェル・マクアダムスがかわいいかなあ。
【2015/07/02 03:40】 URL | つかりこ #- [ 編集]


つかりこさん、コメントありがとうございます。

>いきなり魔法使いかい、って感じで始まりますが、
>だんだんファンタジーとしておもしろくなっていきますよね。

この魔法はズルだよな~と思っちゃいますが、だんだんよくなりますね。
最後はしんみりとなって、良い映画だったなーなんて思っちゃいます(笑)。

ごめんなさい、僕はマクアダムスのことあんまりタイプじゃないみたい(^_^;)。
この作品では可愛いと思うようになりましたが・・・。
彼女の出演作では“ホット・チック”と“ミッドナイト・イン・パリ”の2作品だけですね、観たのは。
彼女が出ているということは関係なく、この2作品は面白かったですが。
そうそう、“ミッドナイト・イン・パリ”にはレア・セドゥが出ていました。
この作品の彼女は魅力的でしたよ。
【2015/07/02 21:38】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/454-a73e1657
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB