バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

Black Magic Woman/Gypsy Queen - Santana
【2015/08/28 21:27】 音楽さ
先日BS-TBSの「SONG TO SOUL ~永遠の一曲~」でサンタナの“ブラック・マジック・ウーマン/ジプシー・クイーン”が
取り上げられていました。

ブラック・マジック・ウーマンはフリートウッド・マックのカバーということは知っていましたが、
ジプシー・クイーンの方は今回初めて誰の曲なのか知りました・・・(^_^;)。

因みにブラック・マジック・ウーマンはフリートウッド・マックのメンバーでギタリストのピーター・グリーンの作。
オリジナルはこっち↓です。

Fleetwood Mac - Black Magic Woman



で、今回初めて知ったジプシー・クイーンの方はというと、ガボール・ザボという人の作品なのですが、
この人はハンガリーのブダペストで1936年3月8日に生まれました。1982年2月26日没。
20歳の時にハンガリー動乱が起こり、アメリカに渡る。1958年から1960年にかけてバークリー音楽院で学び、
その後チコ・ハミルトン楽団で活動。後に脱退独立。
1966年5月に『Spellbinder』を録音。この中に“Gypsy Queen”が収録されています。

サンタナは友人からこのレコードを借りて、この曲を知ったそうです。

Gabor Szabo - Gypsy Queen



英国のブルース・バンドの曲と、ハンガリー人のつくった曲が組み合わさってラテン・ロックの
代表曲が生まれたというのも実に不思議な縁ですね。

その上、サンタナというのが人種の坩堝と言ってもいいバンドだったので、面白いです。
いや、そういうバンドだからこそ、こういうサウンドが出来たといってもいいのですね。

Black Magic Woman/Gypsy Queen - Santana



関連記事
スポンサーサイト


テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

こんにちは。
私もこれ見ました。面白かったですね。フリートウッドマックのオリジナルは知ってましたが、その元ネタのオーティス・ラッシュは初めて聴きました。
ガボール・サボも興味深いですね。
拙ブログでも何か書くつもりですので、こちらの記事をトラバさせて頂くと思います。どうぞよろしく。
【2015/08/29 12:03】 URL | yuccalina #T1u32VNQ [ 編集]


ユッカリーナさん、コメントありがとうございます。

>私もこれ見ました。面白かったですね。

ユッカリーナさんもきっと観ていると思いました。

>フリートウッドマックのオリジナルは知ってましたが、その元ネタのオーティス・ラッシュは初めて聴きました。

あっ、忘れていました、オーティス(^_^;)。
僕も元ネタのオーティス・ラッシュは今回が初めてです。
まーブルースは元ネタがあって当然みたいな音楽ですからね(笑)。

>ガボール・サボも興味深いですね。

今回の番組で一番興味を持ったのが、このガボール・サボです。
英語じゃないとあまり興味を持たないので、今までまったく無視していました(^_^;)。
これを知ることが出来て、ホント良かったです。

>拙ブログでも何か書くつもりですので、こちらの記事をトラバさせて頂くと思います。どうぞよろしく。

楽しみに待っています!
【2015/08/29 20:41】 URL | バニーマン #- [ 編集]


がはははー、番組観てなかったし、
どっちもカバーだって知らなかったです。
中1の時からギター小僧なので、
サンタナの曲としては2曲ともよく知っていますが。

旧ユーゴスラビアのポップスにハマッていたことがありました。
現代のハンガリーの音楽なんてのも興味深いですねー。
あそこは、東欧であり、トルコの影響を受け、ロシアの影響を受け
してきた国なので、建築物もおもしろいんですよ。
行ったことないんですが。
【2015/08/30 01:13】 URL | つかりこ #- [ 編集]


つかりこさん、コメントありがとうございます。

>旧ユーゴスラビアのポップスにハマッていたことがありました。
>現代のハンガリーの音楽なんてのも興味深いですねー。
>あそこは、東欧であり、トルコの影響を受け、ロシアの影響を受け
>してきた国なので、建築物もおもしろいんですよ。
>行ったことないんですが。

ユーゴのポップスというのが何と言っていいのやら、
想像もつきませんが、ギター小僧が不思議なものに
興味を持たれたんですね(笑)。
英国以外のポップスというと、アバやロクセットみたいな北欧か、
ドイツのダンス&ユーロビートとか、あとイタリアやフランスとかは
多少馴染みがありますが・・・。
そう言えば数年前に、ロシアの女の子グループのヒット曲がありましたね。

ハンガリーはまったく馴染みがありません(^_^;)。
へ~、建物も面白いのですね。
ロシアの影響は分かりますが、トルコというのは知りませんでした。
【2015/08/30 20:32】 URL | バニーマン #- [ 編集]

はじめまして
サンタナって、自分が中学生だった昭和時代にも同名のバンドグループがありましたが、同じグループならサンタナってかれこれ30年以上活動してることになるんですかね。

ジョジョ第二部にも、柱の男のひとりの、サンタナというキャラクターが登場してますね。

サンタナの楽曲では『シャンゴ』の収録曲の『ホールドオン』が好きです。
【2015/09/14 00:24】 URL | ponch #- [ 編集]


ponchさん、コメントありがとうございます。

同じバンドのことだと思います。
ウッドストックがデビューですから40年以上前ですね。

僕も『ホールドオン』は好きな曲です。
【2015/09/14 21:19】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/468-fe4a5774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『SONG TO SOUL ブラック・マジック・ウーマン編』からハンガリアン・ジプシー・ギタリストの話

またもや、私の大好きな音楽ドキュメンタリー番組『SONG TO SOUL』から。ジャズに疎いワタクシは、その名前すら初めて聞いたのですが、ハンガリー出身のジプシー(ロマ)で、アメリカで活躍したジャズギタリスト、ガボール・ザボ(1936~1982)について。ブダペシュト出身でハンガリー名はSzabó Gáborサボー・ガーボル(アクセント部が長音です)は、1956年のハンガリー動乱時にアメリカ... ユッカリーナのヨガ的雑記帳【2015/09/03 09:00】


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB