バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

スキャナーズ(1981)
【2015/10/21 19:42】 映画す
スキャナーズ(1981)
 SCANNERS

scan-1.jpg

上映時間 : 104分
製作国 : カナダ

監督:デヴィッド・クローネンバーグ
脚本:デヴィッド・クローネンバーグ
撮影:ロドニー・ギボンズ
特撮:ゲイリー・ゼラー
マーク・アーウィン
音楽:ハワード・ショア
出演:
スティーヴン・ラック / キャメロン・ベイル
ジェニファー・オニール / キム・オブリスト
マイケル・アイアンサイド / ダリル・レヴォック
パトリック・マクグーハン / ポール・ルース博士
ローレンス・デイン / ブレードン・ケラー
ロバート・シルヴァーマン / ベンジャミン・ピアース

超能力者(スキャナー)を使って警護を行う警備会社に組み込まれた主人公ベイル。
科学者の手によってその能力をさらに開発されたベイルに与えられた任務は、
恐るべき力で世界を支配しようとする裏のスキャナー、レボックの追跡だった。



scan-2.jpg

変態監督?デヴィッド・クローネンバーグの代表SFホラー作を今更ながら初鑑賞。
1981年当時だったら???だらけだったであろうことも、今なら分かります。
電話回線使ってコンピューターに侵入って、絶対当時は何これ?だったと思う。
でも今観ると、そうとうレトロ感たっぷりというのも事実。
そこら辺の塩梅が難しいですね(^_^;)。

しかし何と言うか、ツッコミどころは満載ですが、面白いということには違いありません。
頭が吹っ飛ぶところとか、最後の戦いなんて今観てもスゴイです。

scan-3.jpg

「おもいでの夏」のジェニファー・オニールが出ていたのにビックリ。
相変わらずお綺麗で・・・。

scan-5.jpg

残念なのは主人公のスティーヴン・ラックが地味で、マイケル・アイアンサイドに完全に
喰われていること。監督の狙いなのかな? とにかくこの映画の凄さはアイアンサイドです!

scan-4.jpg

「スキャナーズ」って何?ということで、ちょっと調べてみました。Wikiによると↓

スキャナーズとは、本作に登場する超能力者達の総称で、登場人物のルース博士曰く「生来の能力奇型で、 ESPの一種」
「神経細胞をかく乱するテレパシーの持ち主」である。相手の神経系統と結合し行動や身体機能をコントロールすることが
可能で、この事をスキャン(走査)するという。
スキャンされた人間は鼻血が出るといった初期症状が見られる。
スキャンすることにより相手の行動や自律神経系などのコントロールや、感覚器を混乱させ幻影や錯覚を見せることもできる。
その他、発火やコンピュータをスキャンすることも可能。スキャナーはテレパシーによって相手の頭の中の考えが自分の頭の
中に入ってくる感覚を覚え、しばしば混乱をきたす。その場合、エフェメロルという走査鎮静剤を注射で体内に投与すると
一時的にテレパシーは止まる。
・・・だそうです。良く考えたよね(笑)。

知りませんでしたが、この映画は続編もあるんですね。

第1作「スキャナーズ」(81)に始まり、「スキャナーズ2」(90)、「スキャナーズ3」(91)と
続いた後、超能力警官を主人公とした新章「スキャナーズ ニュー・エッジ/ザカリアス」(93)、
「スキャナーズ5/ザカリアス・リターンズ」(94)の全5作が作られたらしい。

☆予告

なんと予告から頭吹っ飛ばしてる!




関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

面白そうですね^^
ただ、2枚目の写真を見て、ゾッとしました。笑
本当に脆弱なハートなのか、あれだけで、ゾッとしました。

デヴィッド・クローネンバーグは、『ザフライ』しか見たことがないです。
恐さでいうと、元のハエ男のほうが妙に恐かった記憶があります。
少年のころに見たので、かなり記憶が薄れています。

設定を読む限り好きそうなのと、ツッコミながら見るのは好きなので、
レンタル店で見つけたら借りてみようと思います。
【2015/10/21 22:55】 URL | ちょい若おやじ #6nHvXW6U [ 編集]


ちょい若おやじさん、コメントありがとうございます。

>ただ、2枚目の写真を見て、ゾッとしました。笑
>本当に脆弱なハートなのか、あれだけで、ゾッとしました。

そうですね、これはダメな人にはダメかも・・・。
ただ全体を通しては、そんなに血まみれという作品では無いのですが。
でも一応ホラーというカテゴリーなので。

>デヴィッド・クローネンバーグは、『ザフライ』しか見たことがないです。
>恐さでいうと、元のハエ男のほうが妙に恐かった記憶があります。
>少年のころに見たので、かなり記憶が薄れています。

フライはこの監督の中ではメジャー?な作品なので、一般的には見やすい作品だと思います。ハエになるという発想は変態的ですが、ビジュアル的にはそれなりに抑えられた作品だったと思います。

クローネンバーグの中では、バイオレンスものなら「イースタン・プロミス」、
エロ?なら「クラッシュ」がオススメです。

>設定を読む限り好きそうなのと、ツッコミながら見るのは好きなので、
>レンタル店で見つけたら借りてみようと思います。

無理はしないように(笑)
【2015/10/22 20:18】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/481-89c4ae6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB