バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

君が生きた証(2014)
【2015/11/27 22:05】 映画き
君が生きた証(2014)
 RUDDERLESS

ruder-1.jpg

上映時間 : 105分
製作国 : アメリカ

監督:ウィリアム・H・メイシー
脚本:ケイシー・トゥエンター
ジェフ・ロビンソン
ウィリアム・H・メイシー
音楽:イーフ・バーズレイ
音楽監修:リズ・ギャラチャー
出演:
ビリー・クラダップ / サム
アントン・イェルチン / クエンティン
フェリシティ・ハフマン / エミリー
セレーナ・ゴメス / ケイト
ローレンス・フィッシュバーン / デル
ジェイミー・チャン / リサ
マイルズ・ハイザー / ジョシュ
ウィリアム・H・メイシー / バーのオーナー

やり手のエリート広告マン、サムは、大学で起きた銃乱射事件で息子ジョシュを失う。
ショックから自暴自棄となり、隠遁生活を送るサム。
2年後、そんな彼にもとに別れた妻が現われ、生前にジョシュが
書きためていた自作曲のデモCDを手渡す。
曲を聴き、自分が息子のことを何も知らなかったことを痛感するサム。
そして自らギターを弾き、ジョシュの遺した曲を歌い始める。
ある時、彼は場末のライブバーで飛び入りで弾き語りを披露する。
すると、それを聴いていた青年クエンティンに熱心に口説かれ、
2人でバンド“ラダーレス”を結成することに。
クエンティンはサムが披露する曲を彼の自作と思い込み次々とバンドのレパートリーに加え、
ラダーレスは次第に人気を獲得していくが…。



ruder-2.jpg

ハリウッド代表する名脇役にして個性派俳優のウィリアム・H・メイシーが、初監督作品と聞いて、
あれっ、「トランスアメリカ」があったじゃん?と思ったら、あれは製作総指揮だったんですね。

ruder-6.jpg

ちなみに「トランスアメリカ」はとってもオススメの映画です。
「トランスアメリカ」はメイシーの嫁さんであるフェリシティ・ハフマンが主演でしたね。
「トランスアメリカ」はこちらをどうぞ。

それは兎も角、いつもお邪魔しているつかりこさんのブログでこの作品を紹介していて、
おーこれは観なくちゃとレンタル予約したら、もう予約していました・・・アホっすね(^_^;)。
でもつかりこさんのブログ、短くも観なくちゃと思ってしまう良い記事でしたよ。
つかりこさんのブログはこちらをどうぞ。

ruder-3.jpg

どう書いてもネタバレになるので、何も知らずに観て!としか言えません。
絶対知らずに観る方がいいです。
以上。

ruder-4.jpg

でもちょっと書きます。

音楽(歌)についての映画だし、当然のことながら歌が良いし、歌に対する比重は高い。
でも音楽映画ではありません。
音楽ファンには是非観てもらいたいけど、かなりヘヴィーな内容です。
ちょっと考えさせられる、なんてもんじゃないです。
でも、やっぱり音楽映画でもあるんですね。
音楽の力にやられる映画です。

ruder-5.jpg




映画の中で流れる歌の数々、フォーキーというか、カントリーっぽさを感じます。
聴いていて、フリート・フォクシーズを思い出しました。
パンクなフォークというかカントリーというか。

☆Rudderless / Stay With You



この曲↓はバンドじゃないです。

☆Billy Crudup / Sing Along



☆予告




関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

おお、ご覧になられましたねー。
僕のサイトをご紹介たまわり、ありがとうございます!
なかなか重いデーマですよね。
ネタバレ危険度が高いので、
感想を書きたいんだけどどう書こうかと、困りましたよ。(汗)

僕は、あのアントン・イェルチンくんくんがけっこう好きで、
この映画で歌を歌っているのを聴いて、さらにいいなーって
思うようになりました。
『Stay With Yo』はカントリー調ですが、
声質と歌い方がオルタナティブロックに合いそうだなー、
って好感度アップしました。

いまんとこワキ役が多いですが、
主役を張れる日を期待しています。
【2015/11/29 01:29】 URL | つかりこ #- [ 編集]

こ、これは?!
こ、これは?!

先日ブログ記事にもアップしていた『ブルックリンの恋人たち』をレンタルした際の、予告編として本作が紹介されていて、ものすごく見たくなっていた作品です!

正直、役者が楽しみすぎて・・・

アントン・イェルチェン:ロビン・ウィリアムズと共演した『最高のともだち』の演技がよすぎて、これは楽しみ。
ビリー・クラダップ:好きな映画『ウォッチメン』に出ていたということ、ただそれだけですが楽しみ
ローレンス・フィッシュバーン:まあ、『マトリックス』にはハマりましたから・・・十二分に楽しみ
ウィリアム・H・メイシー:いい役者ですよね~。普通のオヤジな感じですごくいいと思います。初監督作でもあって、これは楽しみ

とまあ、かなり予告編で心をつかまれました。

なので、バニーマンさんの言葉のままに、とにかく観ます!
音楽の良い映画つながりということもあって、『ブルックリン~』の後に見るにはちょうどいいかもしれませんね~。
【2015/11/29 17:48】 URL | ちょい若おやじ #6nHvXW6U [ 編集]


つかりこさん、コメントありがとうございます。

>おお、ご覧になられましたねー。
>僕のサイトをご紹介たまわり、ありがとうございます!

いえいえ、いつも貴重な情報ありがとうございます。

>なかなか重いデーマですよね。
>ネタバレ危険度が高いので、
>感想を書きたいんだけどどう書こうかと、困りましたよ。(汗)

そうなんですよ、何も書けなくて困りました(^_^;)。
何を書いてもネタバレになっちゃいますよね・・・。

>僕は、あのアントン・イェルチンくんくんがけっこう好きで、
>この映画で歌を歌っているのを聴いて、さらにいいなーって
>思うようになりました。

アントン・イェルチンは初めて見たわけじゃないんですが、
スタートレックでの彼が思い出せなくて、ほとんど初めて状態でした(笑)
歌手としても上手いですね。
というか歌手が本業の人だと思って観ていました(^_^;)。

>『Stay With Yo』はカントリー調ですが、
>声質と歌い方がオルタナティブロックに合いそうだなー、
>って好感度アップしました。

この映画の音楽は、全体としてはカントリー色が強いですよね。
主人公の年齢に合わせたのかな・・・?
でも良い曲ばかりで聴き応えがありました。
【2015/11/29 21:15】 URL | バニーマン #- [ 編集]


ちょい若おやじさん、コメントありがとうございます。

>正直、役者が楽しみすぎて・・・

それなら是非観てください。

ただ『ブルックリンの恋人たち』のようなロマンティック?なところはまったくありません。
つかりこさんも述べているように、重い映画です。

で、音楽繋がりということなら「はじまりのうた」をオススメしますが、
いろいろ考えさせられる作品ということでは、今作もオススメします。

とにかく、今作は何を書いてもネタバレになっちゃうので、予備知識無しで
挑んでくださいとしか言えません・・・(^_^;)。
【2015/11/29 21:22】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/493-931cd29f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB