バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

オデッセイ(2015)
【2016/07/26 21:18】 映画お
オデッセイ(2015)
 THE MARTIAN

the mart-1

上映時間 : 142分
製作国 : アメリカ

監督:リドリー・スコット
原作:アンディ・ウィアー『火星の人』
脚本:ドリュー・ゴダード
撮影:ダリウス・ウォルスキー
プロダクションデザイン:アーサー・マックス
出演:
マット・デイモン / マーク・ワトニー / アレス3ミッションのエンジニア兼植物学者
ジェシカ・チャステイン / メリッサ・ルイス / アレス3ミッションの指揮官兼地質学者
クリステン・ウィグ / アニー・モントローズ / NASA広報統括責任者
ジェフ・ダニエルズ / テディ・サンダース / NASA長官
マイケル・ペーニャ / リック・マルティネス / アレス3ミッションの操縦士
ケイト・マーラ / ベス・ヨハンセン / アレス3ミッションのシステムオペレーター兼原子炉技術者
ショーン・ビーン / ミッチ・ヘンダーソン / NASA〈アレス3ミッション〉フライトディレクター
セバスチャン・スタン / クリス・ベック / アレス3ミッションの航空宇宙医師兼生物学者
アクセル・ヘニー / アレックス・フォーゲル / アレス3ミッションの科学者兼天体物理学者
キウェテル・イジョフォー / ビンセント・カプーア / NASA火星探査統括責任者
ベネディクト・ウォン / ブルース・ン / JPLの所長
マッケンジー・デイヴィス / ミンディ・パーク / NASAの衛星制御エンジニア
ドナルド・グローヴァー / リッチ・パーネル / JPLの科学者
ニック・モハメッド / ティム・グライムズ / JPLの科学者
チェン・シュー / チュー・タオ / 中国国家航天局の副主任科学者
エディ・コー / グオ・ミン / 中国国家航天局の主任科学者
エンゾ・シレンティ / マイク・ワトキンス
ジョナサン・アリス/ ブレンダン・ハッチ / NASAの衛星制御エンジニア
ナオミ・スコット / リョーコ(マルティネスの妻?)

人類3度目となる火星の有人探査計画“アレス3”は、いきなり猛烈な
砂嵐に見舞われ、ミッション開始早々に中止を余儀なくされる。
さらに、クルーの一人で植物学者の宇宙飛行士マーク・ワトニーが、
撤収作業中に折れたアンテナの直撃を受けて吹き飛ばされ行方不明に。
事故の状況から生存は絶望視される中、リーダーのメリッサ・ルイスは
他のクルーを守るため、ワトニーの捜索を断念して急ぎ火星から脱出する。
ミッションの行方を見守っていた地球でもNASAのサンダース長官が、
ワトニーの悲しい死を全世界に発表する――。
ところが、ワトニーは奇跡的に命を取り留めていた。
しかし、通信手段は断たれた上、次のミッション“アレス4”が
火星にやってくるのは4年後。
残っている食料はどんなに切り詰めても絶望的に足りない。
そんな状況にもかかわらず、決して希望を失うことなく、
目の前の問題を一つひとつクリアしていくワトニーだったが…。



the mart-2

面白いです!
オススメ!
142分という長さも気になりませんでした。

そうか監督ってリドリー・スコットでしたね。
彼がこんなに普通に面白い作品を撮るなんて(笑)

the mart-11

科学的に正しいのかどうかは、僕がまったくそちらの知識に乏しいので何とも言えないけど、
どうもかなりツッコミどころ満載のような・・・(^_^;)
僕でも思わず“マジかっ!?”と叫んでしまう場面も多々ありですが、それもご愛嬌。

作品のジャンルがSF&冒険&コメディとなっているので、ツッコミどころ満載で問題なし(笑)
でも、とにかく観ていて、“おいおい!?”だらけですが・・・。

マット・デイモンの一人芝居の場面が多いのですが、彼が演じる主人公マーク・ワトニーの
ポジティブなキャラとユーモアたっぷりの台詞で、飽きることがありません。

実際のところは、地球の場面ってかなり多くて、言われるほどマット・デイモンだけの映画じゃないです。

しかし、僕は絶対こんな設定で、生き抜けないな。
ホント、知識って重要ですね。
ちゃんと勉強しないと(笑)
あと、諦めないこと!ですね。

自分一人で手術するのは無理ですね~。
百姓も出来ないし・・・。
そういうことが出来る人が、宇宙飛行士に選ばれるんですね!

the mart-3

ビックリが、中国に対するハリウッドの態度!
変わりましたよね。以前はメチャクチャ酷い扱いだったのに。
市場が変わると、こうも変わっちゃうのか(笑)

マット・デイモン以外の出演者についてあれこれ。

まずはクリステン・ウィグ。
“サタデー・ナイト・ライブ”で出世したコメディエンヌということと、
ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン”の印象が強すぎて、
NASA広報統括責任者という堅い役柄にビックリですが、良かったです。

the mart-5

キウェテル・イジョフォーは“それでも夜は明ける”の主人公ということに
まったく気が付きませんでした・・・(^_^;)

the mart-6

ケイト・マーラはルーニー・マーラの姉ですね。
って、それだけですが。
マーク・ワトニーにボロクソに言われる役でした(笑)

ジェシカ・チャステインとジェフ・ダニエルズのお二人は、まったく問題なく、違和感なく、
それぞれの役に馴染んでいました。

the mart-7

ショーン・ビーンは、どこがどうのということではなく、上手く言えないけど、今までの彼の
イメージとちょっと違った役柄だったような・・・。

the mart-8

ミンディ・パーク役(マーク生存を発見するNASAの衛星制御エンジニア)のマッケンジー・デイヴィス、
メガネ顔が可愛かった(笑)

the mart-9-1

そうそう、リョーコ役のナオミ・スコットって、誰?
というか、どこにそんな日本語名の人出ていた?

the mart-12

ルイス指揮官の趣味の悪い!?70年代のディスコ・ソングの数々は笑えるが、
ドナ・サマーの“ホット・スタッフ”、オージェイズの“ラブ・トレイン”や
アバの“恋のウォータールー(ナポレオン・ボナパルトのワーテルローのこと)”は
わかりました。

ルイス指揮官の夫がアバのアナログ盤を、妻のために入手したのは微笑ましいです。

デヴィッド・ボウイの“スターマン”は、あの場面での使用はベタながらよかったですね。

日本語題名の“オデッセイ”は、そりゃイメージとしてはわかりますが、“火星の人”でいいんじゃない?

☆予告






関連記事
スポンサーサイト


テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

映像のクォリティの高さには脱帽ですよね。
音楽の使い方も洒落ていたと思います。(駄洒落?)
科学的な知識も農業の知識もないけど、
物語にあまり悲壮感がないので、
火星ではなんとか生きていけそうに感じるようにできていたと思います。
火星行きの飛行士を募集していることだし、
NASAのPR映画として作られたのかもしれませんね。
【2016/07/27 23:44】 URL | つかりこ #- [ 編集]


いい映画ですよね。
シリアスな内容を明るめのタッチで進めていくのは素晴らしい演出だと思います。
明るいけどふざけすぎていないというバランスが見事でしたね。
編集の上手さに加えてナイスなタイミングでナイスなダンスミュージックが流れるので最後まで一気に観れますよね。

あ、リョーコさんというのはクルーの1人であるマルティネスの奥さん(テレビ電話でを男の子を抱っこしていた人)だと思います。どう見ても日本人ではない感じですが。

衛星担当のミンディさんは自分も「可愛い子だなあ」って思いながら観てました!!

中国の扱いなんですが、公開当時も「中国の扱いが良過ぎるのは違和感」みたいに言われてましたけど、原作を読んだら元々そういう扱いなので特別に中国をヨイショしているわけではないと思います。原作のWEB小説が先にあっての映画化なので。

やっぱりタイトルは「火星の人」の方がいいですよね?
自分もそう思います。



【2016/07/28 02:55】 URL | Takase #- [ 編集]


つかりこさん、コメントありがとうございます。

>科学的な知識も農業の知識もないけど、
>物語にあまり悲壮感がないので、
>火星ではなんとか生きていけそうに感じるようにできていたと思います。

僕は絶対無理だ~!と思いましたが、主人公のポジティブさは見習わないと(笑)
ほんと、悲壮感がないのがこの作品の評価すべき点のひとつだと思いました。

>火星行きの飛行士を募集していることだし、
>NASAのPR映画として作られたのかもしれませんね。

それが本当の目的のひとつかどうかは知りませんが、
アメリカはこういった宣伝は実に上手いですよね。
日本はこういう点は見習わないと!
【2016/07/28 20:48】 URL | バニーマン #- [ 編集]


Takaseさん、コメントありがとうございます。

>明るいけどふざけすぎていないというバランスが見事でしたね。
>編集の上手さに加えてナイスなタイミングでナイスなダンスミュージックが流れるので最後まで一気に観れますよね。

そうですね、そのバランスが良かったから、ダレずに最後まで楽しめたと思います。
音楽の趣味を、ルイス指揮官ひとりに押し付けましたけど(笑)

>あ、リョーコさんというのはクルーの1人であるマルティネスの奥さん(テレビ電話でを男の子を抱っこしていた人)だと思います。

あっ、そうなんですね。ありがとうございます。
絶対分かりません(^_^;)

>衛星担当のミンディさんは自分も「可愛い子だなあ」って思いながら観てました!!

よかった、同じ趣味の人がいて!

>中国の扱いなんですが、公開当時も「中国の扱いが良過ぎるのは違和感」みたいに言われてましたけど、
>原作を読んだら元々そういう扱いなので特別に中国をヨイショしているわけではないと思います。
>原作のWEB小説が先にあっての映画化なので。

やっぱり、そう思う人はいたんですね。
ちょっと前のアメリカなら考えられないですから。
でも原作がそうなら、原作に忠実だったというだけなんですね。

>やっぱりタイトルは「火星の人」の方がいいですよね?
>自分もそう思います。

これは結構多くの人が、そう感じたようです。
日本語題名も考えたな~とは思いますが、考え過ぎ?かな。
【2016/07/28 21:00】 URL | バニーマン #- [ 編集]


おもしろい映画ですよね!
バニーマンさん、映画館で観た方がさらに2〜3割増しだったと思いますよ。にひひ。

芸は身を助く・・・ならぬ、知識は身を助くですよね。
それと、諦めない精神! ←これだけは私もマネできそう。

『火星の人』 に私も1票☆
【2016/07/30 11:10】 URL | さとちん #- [ 編集]


そとちんさん、コメントありがとうございます。

>バニーマンさん、映画館で観た方がさらに2〜3割増しだったと思いますよ。にひひ。

認めます(^_^;)
こういったSF大作は、大画面ならではの作品ですよね。
劇場で観たかった!

>芸は身を助く・・・ならぬ、知識は身を助くですよね。
>それと、諦めない精神! ←これだけは私もマネできそう。

僕は諦めない精神もありません。
すぐ嫌になっちゃう、ひぇ~、ダメな奴だ・・・(>_<)

>『火星の人』 に私も1票☆

ここにも一票!
やっぱり皆さん、そう思うんですね。
【2016/07/30 20:53】 URL | バニーマン #- [ 編集]


さとちんさん、申し訳ありません。
名前、打ち間違えしていました。
今頃気が付いて、ごめんなさい。
【2016/08/04 20:31】 URL | バニーマン #- [ 編集]


タイプミス、よくあることです。
お気になさらずに〜。
【2016/08/07 16:16】 URL | さとちん #- [ 編集]


さとちんさん、ありがとうございます(^_^;)
【2016/08/07 20:40】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/550-5f88226f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オデッセイ 【映画】 = 邦題は原題通り『火星の人』で良かったのでは

 火星に独り取り残されて、創意工夫で生き延びた宇宙飛行士を助けに行くという内容の映画です。原題 THE MARTIAN製作 2015年・米、英 142分監督 リドリー・スコット出演 マット・ ... 映画と菓子パン、チャリとバンド【2016/07/27 12:19】


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB