バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

スティーヴィー・ニックス
【2017/06/07 19:17】 音楽す
フリートウッド・マックのスティーヴィー・ニックスのソロ作品が
リマスター再発売されるというニュースを読み、懐かしくて・・・(笑)

この人、意外と!?女性に人気だったんですよね。
映画「スクール・オブ・ロック」での取り上げられ方とか、アメリカの女性アーティストからの
声援とか、みんなそんなにスティーヴィー好きだったのかとビックリした記憶があります。

それとこのソロ・アルバムで意外だったのが、カントリーな楽曲があること。
それ以前の彼女の作風からはちょっと予想もしなかったな~。

もっとビックリは、この作品、1000万枚も売れているそうです!

で、ドン・ヘンリーが参加しているこの曲が特に好きだったな~↓

☆Leather And Lace / Stevie Nicks and Don Henley



☆Stevie Nicks / After the Glitter Fades



☆Stevie Nicks / Edge of Seventeen






関連記事
スポンサーサイト


テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
まいどです
なんか、実に堂々たるカントリー歌手!?って感じに変貌してて、
相当に驚いております。マックの頃のDreamsでみせた可憐さ、
妖しくて儚げな浮遊感....いや存在感。

いやはやいやはや…だから女は恐ろしい!。

でも悪くないですよ!ただ熟女好きじゃないかもなあ自分…?
【2017/06/09 21:29】 URL | pipco1980 #- [ 編集]


pipco1980さん、コメントありがとうございます。

>なんか、実に堂々たるカントリー歌手!?って感じに変貌してて、
>相当に驚いております。マックの頃のDreamsでみせた可憐さ、
>妖しくて儚げな浮遊感....いや存在感。

マックで彼女を知った時から、顔姿と声のギャップは凄かったのですが、
楽曲がここまでカントリーをやるとはビックリでしたね。

可憐さ、妖しくて儚げな浮遊感、そうそうまさにそんなコピーがピッタリ!な
彼女でした。

>いやはやいやはや…だから女は恐ろしい!。

でもマックのアルバムでヨーロッパ的な暗い?作品を作っていたのは
スティーヴィーでしたね。
魔女的なイメージもあったんですよ。
女ってスゴイ(^_^;)

>でも悪くないですよ!ただ熟女好きじゃないかもなあ自分…?

それは僕もです(笑)
【2017/06/10 20:49】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/607-9c0fd13c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB