バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

ころ
【2017/07/26 19:18】 グルメ
ご近所にうどん屋さんが出来たので、行ってきました。

市内で有名なうどん屋の弟さんが始めたお店です。

DSC_0161-11.jpg

頼んだのは、ぶっかけ天ぷら。

こちらでは冷たいうどんのことを、“ころ”というのですが、
ここのお店は、薬味がわさびと卵のものを(多分・・・)ころといい、
生姜のものをぶっかけといいます。

兄貴の店がそうなので、ぶっかけはしょうが?と尋ねたら、
そうですと言う返事だったので、ぶっかけを注文。

僕は、うどんはわさびよりしょうがのほうが好きなんです。
ただここのころが、わさびと卵なのかはちゃんと確認していません(^_^;)

讃岐うどんのぶっかけとは、つゆが全く違います。
ころの場合は色が濃く、しょうゆの味が強い。
子供頃からこの味に慣れているので、讃岐うどんは
あれはあれで美味しいと思いますが、どちらを選ぶかと聞かれたら、
僕はころですね。




多治見、信濃屋↓
うどんの写真がないので・・・(^_^;)

http://blog.livedoor.jp/oukei318/archives/51788372.html

瑞浪、いなむや↓

http://blog.livedoor.jp/oukei318/archives/51800054.html



関連記事
スポンサーサイト


テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

僕もうどんはしょうがが好きですねー。
写真の「ぶっかけ」は、冷たい汁うどんなんですよね?

> 讃岐うどんのぶっかけとは、つゆが全く違います。

↑おお、気になりますねー。
讃岐はたぶん、いりこだしに少しの甘味と醤油、
武蔵野は、かつおと甘味に醤油多め(しょっぱい)だと思うんですが、
そちらは、どんな風味なんでしょう?
麺も柔らかめなのにコシがあるんでしょう?
讃岐の麺は弾力があってコシが強めで麺自体の塩味も強め、
武蔵野は弾力がなくてコシがあるという感じです。(笑)
むむむー、食べに行きたい!
【2017/07/26 20:59】 URL | つかりこ #- [ 編集]


むむむ・・・ つかりこさんのように うどんに詳しくないけど

ただ単純においしそ〜〜〜!

そういえば最近うどん食べてないなぁ。

なんだか、とっても食べたくなってきました☆
【2017/07/27 15:46】 URL | さとちん #- [ 編集]


つかりこさん、コメントありがとうございます。

はい、冷たいうどんですよ。
僕は基本的に、うどん屋さんでは、一年中冷たいうどんを食べます。
家では作ってくれないので、仕方なく温かいうどんを食べますけど・・・(^_^;)
温かいうどんには七味です。
しょうがは冷たいうどん専門ですね。

>讃岐はたぶん、いりこだしに少しの甘味と醤油、
>武蔵野は、かつおと甘味に醤油多め(しょっぱい)だと思うんですが、
>そちらは、どんな風味なんでしょう?

こちらはカツオだしに醤油多めが基本だと思います。
色は真っ黒ですね。
甘い、辛い(しょっぱい)は店によって違います。
僕はちょっと甘めが好きです。
讃岐は色が薄すぎる(^_^;)
醤油が違うんでしょうね。

武蔵野は多分、こちらと近いかんじですね。
関ヶ原(三重県説も)あたりから、関西風と関東風の違いが
でてくるので、名古屋以東は関東風に近いと思います。
味噌とうなぎの焼き方は関東とは違いますけどね(笑)

僕は大阪に仕事でよく行っていたので、関西の味もそれはそれで
好きですし、讃岐うどんの味も美味しいとは思いますが、どちらか
一つを選べと言われたら、やっぱり慣れ親しんだ味ということですね。

麺は、これまた店によっていろいろで、かたいところもあればやわらかい
ところもあります。
僕はそれ程太くなくそこそこ柔らかいけど、ちゃんとコシがある麺が好きです。
味噌煮込みうどんはかたいものがいいです。
あれは別格ですね(笑)

ころで超有名店が、記事の下の方に付け加えている「信濃屋」です。
ここは甘い汁で柔らかい麺です。
美味いです。

東海地区に来られる機会があるなら、間違いが無いのは
名古屋駅の立ち食いきしめんですよね。
立ち食いとはいえ、地元でもファンが多い有名店で、
僕も名古屋に通っていた時はよく食べていました。
夏はきしころをメニューに加えるはずです。
ただコシはとくに無いです(笑)

そうそう、名古屋では“ころ”は季節メニューみたいなところがありますが、
岐阜県では通年メニューです。
特に多治見の人間は年中、ころを食べます(笑)
【2017/07/27 21:31】 URL | バニーマン #- [ 編集]


さとちんさん、コメントありがとうございます。

僕は、外食(麺関係)では、先ずはうどん、それも冷たいうどん。
次は蕎麦。これも冷たいというか、ざるそば。
その次はパスタ。これは別に冷たくは無いです(笑)
その次は冷やし中華。

温かいラーメンって、こと外食に関していうと、いつ食べたのか記憶が・・・。
多分、十年以上昔の話だと思います。
ラーメンだけじゃなくて、あたたかいうどんも、あたたかいそばも、外食では
いつ食べたのかな・・・?

これが、家での食事ということになると、ダントツであたたかいうどん。
その次があたたかいラーメンということになります。

夏は季節柄、そーめんや冷やし中華が増えますけどね。
【2017/07/27 21:41】 URL | バニーマン #- [ 編集]

まいどです
ずうーっと、たぶん40歳代くらいまで、うどん….自分はNGだったんです。
もう圧倒的な「蕎麦派!」。しかも嫁は大のうどん派で、特に好きなのが
京風?のマンマルイ細麺タイプ…これがまた自分は超苦手。

ところがそうした印象を見事に払拭したのが、まさに「ショウガのぶっかけ!」
そして今では、何と、あらゆるタイプにうどん….大好きなんですよ!。
理屈はね、まだまだ修行中で無理なんですけどね…食わず嫌いは、
ほんと、人生、損をしますね!!
【2017/07/27 23:49】 URL | pipco1980 #- [ 編集]


pipco1980さん、おはようございます。

>京風?のマンマルイ細麺タイプ

京都でうどんを食べたことが無いのでわかりません。
そばはありますが・・・。
へ~、細麺ですか。稲庭うどんみたいなものなんですかね・・・?
細くてもやわらかくても、ちゃんとコシがあればいいのですが。
ま~、コシがなくてもそれはそれで平気ですけどね。
うどんに関しては、かなり許容範囲は広いです。
そうそう僕もありとあらゆるうどん、好きですね。
最終的にどのうどんを選ぶか?ということを別にすれば(笑)

>食わず嫌いは、ほんと、人生、損をしますね!!

これは分っちゃいるけど・・・、ですね(^_^;)
【2017/07/28 10:18】 URL | バニーマン #- [ 編集]


こんにちは。
ころ、ですか初めて聞いた言葉ですわ。
私はうどん県の隣の県出身なので、讃岐うどんが全国区になった理由はなんとなく知ってるんですけど、それを基準にして「コシのないうどんはマズい」と勘違いしている人たちがいるのが許せないです。
以前名古屋郊外の新しい観光施設で、味噌煮込みうどんを注文したら、麺がカトキチの冷凍うどんみたいのでガッカリしました。
因みにわが故郷の名物うどんは、やや甘めのつゆにつるんとした舌触りがウリ(コシはやや少なめ)の鍋焼きうどんです。
【2017/07/29 21:19】 URL | ケフコタカハシ #oibKWSZc [ 編集]


ケフコタカハシさん、コメントありがとうございます。

>ころ、ですか初めて聞いた言葉ですわ。

岐阜麺、愛知県でしか通じないと思います。
三重県はどうかな・・・?

>私はうどん県の隣の県出身なので、讃岐うどんが全国区になった理由は
>なんとなく知ってるんですけど、それを基準にして「コシのないうどんはマズい」と
>勘違いしている人たちがいるのが許せないです。

コシはあったほうが良いとは思いますが、なくてもそれはそれで構わないという
立場ですね、僕は。
で、一度コシのないことで有名な福岡のうどんを食べてみたいと思っています。

>以前名古屋郊外の新しい観光施設で、味噌煮込みうどんを注文したら、麺がカトキチの冷凍うどんみたいのでガッカリしました。

えーと、それは麺の中心まで茹っているということでしょうか・・・?
麺の中心に粉っぽさが残っていないということをお嘆きなら、
そうとうの味噌煮込みフリークですね!
普通の?中部地区以外の人間は、味噌煮込みうどんを初めて食べて、
煮えていないと怒る人が多いらしいので・・・。

>因みにわが故郷の名物うどんは、やや甘めのつゆにつるんとした舌触りがウリ(コシはやや少なめ)の鍋焼きうどんです。

四国で鍋焼きうどんというと、“ことり”の鍋焼きうどんでしょうか?
って、食べたことはないのですが・・・
映画で観て、いつか食べたいな~と思っています。

徳島のなるちゅるうどんは食べたことがあります。
あれはホッとする懐かしい感じのやさしいうどんでしたね。
【2017/07/29 21:42】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/612-34fe95ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB