バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

トゥルー・グリット(2010)
【2011/12/26 20:41】 映画と
トゥルー・グリット(2010)米国
 TRUE GRIT

上映時間 110分
映倫 PG12

監督: ジョエル・コーエン
    イーサン・コーエン
製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ
        ロバート・グラフ
        デヴィッド・エリソン
        ポール・シュウェイク
        ミーガン・エリソン
原作: チャールズ・ポーティス
    『トゥルー・グリット』(『勇気ある追跡』改題/早川書房刊)
脚本: ジョエル・コーエン
    イーサン・コーエン

出演: ジェフ・ブリッジス/ルースター・コグバーン
    マット・デイモン/ラビーフ
    ジョシュ・ブローリン/チェイニー
    バリー・ペッパー/ラッキー・ネッド・ペッパー
    ヘイリー・スタインフェルド/マティ・ロス

69年のジョン・ウェイン主演西部劇「勇気ある追跡」のリメイク。
若しくは、その原作であるチャールズ・ポーティスの同名小説の忠実な映画化。

どちらにしても映画は未見、原作は未読。
なので、あくまでもこのコーエン兄弟の作品に対する感想です。

タイトル・ロールでは主役じゃないけど、この映画の主役は14歳のマティを演じた
ヘイリー・スタインフェルドです。断言します(#^.^#)。
口から生まれたような生意気な少女(の役)が、ジェフもマットも喰っています。
アカデミー賞ノミネートも納得。

作品全体の印象は、堂々としていない西部劇で(それが如何にもコーエン兄弟らしい)、
どちらかというと淡々としているぐらいです。
所謂西部劇の定番といえる馬上の撃ち合いや、ネイティブとの争いも、
ガンマンの対決も、馬や牛のスタンピードもありません。
撃ち合いとかがないわけじゃないけど地味。
それがウリの映画じゃないってことですね。
少女一人とオヤジ二人によるロード・ムービーといったほうがいいかな。

“本当の勇気”とは?
主演の3人にはそれがあった(身に付いた)ということですね。

ウェイン作品を観た方にはちょっと評判が良くないようですが、
これしか観ていない僕は面白かったです。

星4
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/75-22269e19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB